ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« Ecafe @韓国料理あん  | トップページ | めじろ食堂  »

2014年7月11日 (金)

パストジータ

県医師会館の目の前に、おいしいイタリアンができたとのうわさで、

満を持して、奥さんとさっそくランチに突入です run

建物二階の「パストジータ」に階段を上っていきます。

カウンター6席とテーブルが4人席2つのゆったりした空間。

カウンターの向こうには調理場もよく見え、

機能的でシンプルなオープンキッチンで、

若いシェフがきびきびと動いています。

店の入り口付近には、ワインセラーとワイングラスが整然と陳列。

笑顔が素敵な奥さんと思しき女性がホール担当です。

1,500円のランチを違うパスタで二人分お願いして、

私は+800円でメイン料理を追加していただきます。

Dpedscn6519_442

Antipasto 「カルピオーネとコッパ」

カルピオーネは、魚をあげたもののマリネ。 

素材の魚の身もしっかりして、ほどよい酸味と甘味 delicious

コッパは、豚生肉の生ハム。

注文を受けてからカットしているので、薄いけど旨味が深くしっとり

塩がいい感じで切れているので、ワインが欲くなります happy02

自家製フォカッチャは、ふんわりして、ハーブのにおいが素敵です。

Dpedscn6524_443

Primo Piatto

「ジャガイモとインゲンのジェノベーゼ メッツェリングイネ」

麺はストレートでやや細めの乾麺で、

ジャガイモとパスタが上手に乳化して絡み合っています。

たっぷりの優しいバジルの香りが、鼻腔までさわやかに広がりますbell

Dpedscn6527_444

「イカのラグーとブラックオリーブのタリオーニ」

こちらは、奥さんがえらんだパスタ。

取り皿を二枚持ってきてくれ、二種類とも味わえるさりげないサービス。

イカの身を細かく切ったもので、初体験の味付け。

細いけどしっかりした存在感の手打ち縮れ麺と、一体化しています shine

Dpedscn6532_445

「鶏肉のロースト パプリカソース」

バスクの唐辛子ビメントがアクセントで散らしてあります。

肉はふんわりして、表面カリカリ。

自然な甘味のパプリカソースと、岩塩の切れ、唐辛子が最高 scissors

ちょっと冷えた白ワインと合わせたくなります。

Dpedscn6537_446

「ビアンコ マンジャーレ」

イタリア語で、白い食べ物の意味。

アーモンド風味のほどよい甘味と、ミルクのマイルド感。

さらりと溶けるように舌の上でなくなり、後味もほのかにさわやかです。

Dpedscn6539_447

コーヒーかエスプレッソが選べるので、後者を選択。

コーヒーがあまり得意でない奥さんには、オレンジジュース wink

締めのエスプレッソで、まさに非の打ち所のないランチ。

早く、夜のアラカルトとワインwineをいただきたくなるのです happy01

« Ecafe @韓国料理あん  | トップページ | めじろ食堂  »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

ランチにしてはゴージャスなメニューですね。
特別な日のメニューで日々このランチでは財布が軽くなりますね。
松山も昔からのお店で無く若い感覚の新しいいいお店がどんどん進出ですね。

福岡・佐賀のミシュランはご覧になりましたか?

最近、このエリアではプチ贅沢なランチを出すお店が増えてきているようですrestaurant
福岡・佐賀ミシュラン読んでいませんが、次に福岡旅行するときに買って勉強してみますwink先日福岡にはちょっと寄ったのですが、近日中に記事に上げますねshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/59779716

この記事へのトラックバック一覧です: パストジータ:

« Ecafe @韓国料理あん  | トップページ | めじろ食堂  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2