ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 中島 with 写真家浅田政志さん | トップページ | 和敬  »

2014年6月10日 (火)

男そば屋KABA 

鍋焼きうどんアサヒの目の前に、個性的な蕎麦専門店が登場sign03

Dscn6052

暖簾をくぐると、気合の入った威勢のいい掛け声noteで出迎えられます。

Dscn6053

メニューは、完全そば押し一途

Dscn6057

フードブロガーにはうれしい、こんなポップにニヤリbleahとします。

Dscn6058

「温 カバ鶏そば 888円

野菜と鶏肉がたっぷり入った温かい出汁に絡めながらいただきます。

Dscn6060

「冷 カバそば 777円

麺の量はたっぷり。

葱の入った甘めの出汁につけて、口いっぱいに頬ばります。

腰のあるエッジの効いた麺は歯ごたえもマックスdelicioussweat01

ガシガシガシと戦うように噛みこみますが、相手にとって不足なし。

ごまとのりの香りが、アクセントになっています。

Dscn6066

後半は、無料の生卵を入れて、マイルドにして攻略

Dscn6069

「韓国おにぎり 162円

口の中で、キムチ味の米がここちよくバラけますdelicious

お店のお勧めのとおり、残り半分は出汁にいれて、完食。

とてもコンセプトのわかりやすいお店で、

今までになかった新たな食の登場に、わくわくするのですhappy01notes 

« 中島 with 写真家浅田政志さん | トップページ | 和敬  »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

先日、Kさんの記事にもコメントしましたが最近の松山は新しいおしゃれなお蕎麦屋さんが増えている様ですね。
こちらのお店はおしゃれなうえに量的にもしっかり盛って有る様でうれしいですね。
何故カバなのか?♂マークの意味する所は?不思議感も有ります。

> 今までになかった新たな食の登場に
港屋を真似ているだけのお店かと

話題になっていたので僕も早々に行きました。
噛み応えのあるそばに出汁。
ちょっと荒っぽい感じが僕向き。
韓国おにぎり・オン・ザ・出汁もなかなかでした。

こちらのお店は、おしゃれというよりガッツリ系です。
♂マークは、たくさん食べたい男性をターゲットにしているのか、
店名にちなんだものだと推測しますwink
マンさんの書き込みにあるように、モデルとなるお店が東京にあるみたいですねflair

東京港区にあるこちらのお店のことでしょうか↓
http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13009740/
勉強になりました。教えていただきありがとうございますhappy01

相変わらず新店情報早いですねhappy01
今まで見たことのない形式で、とても面白かったです。
ところで、ぼちぼち、探訪魂がうずいてきませんか?

そうなんですよ!!
旅行や飲み会の後にはぼちぼち歩いているのですが松山探訪してないですねえ。

鷹ノ子から平井にかけて

横丁酒場 テイスト
やきとり初陣
海鮮もりかわ寿司

等々のお店が気になっているんですけど・・・

季節がよくなる秋口くらいに、ぜひCassandreさんプレゼンツで、お願いしますdelicious

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/59580128

この記事へのトラックバック一覧です: 男そば屋KABA :

« 中島 with 写真家浅田政志さん | トップページ | 和敬  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2