« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

ふくめん@宇和島田中

「秘密のケンミンSHOW」で紹介されてから、

ずっと気になっていた、宇和島の名産「ふくめん」なるものを求めて、

Dpedscn6318_418

「割烹田中」に突入です。

「ふくめん」は、要予約 telephone なので、事前にお願いしておきましょう。

Dpedsc_0020_410

大皿に10人前がのって、見事に登場 notes

ケンミンSHOWでは、印象深かったミカンの皮は、中央に少しだけ。

この模様は、こちらのオリジナルで、

テレビ放送の時は、このお店の方も手伝いに行っていたとのこと。

歓声のなか、記念撮影cameraを済ませて、いよいよ混ぜる段階に。

Dpedsc_0023_411

素人がやるとこぼしそうなので、お店の人にお願いしますが、

きれいな模様があとかたもなく崩れていくと、

あああ~と、なんとなくもったいない雰囲気が漂います coldsweats01

味は、薄味出汁と、すこし酢がはいっていて、さっぱり。

いくらでも食べられます。

大将に伺うと、

今では宇和島=海のようなイメージですが、

それは、最近になって真珠や魚の養殖が盛んになってから。

一昔前の宇和島は山の文化で、米も採れにくかった土地。

少しでも華やかに見せるために、こんにゃくを代用品として

この料理が生み出されたそうです。

同じような理由で生まれたのが、

Dpedsc_0038_413

こちらの「丸ずし」

中予では、いずみやなんて呼ばれていますね。

これも、おからがコメの代用品だったころの名残。

さて、

Dpedscn6320_417

今の宇和島は海と山の幸の宝庫。

「片っ端から、食べてみようsign01ってことで、宴会が盛り上がってきます。

Dpedsc_0033_412

もちろん、刺身

Dpedsc_0046_414

「ふかみがらし」

ぷりっとした瑞々しい身に、甘いみがらしが南予に来たなあって実感happy02

Dpedsc_0040_419

「ぜんごから揚げ」

しゃくしゃくと骨まで、手が止まらないで、ビールbeer ぐびりんこ。

「豚角煮」

肉も、トロトロして唾液腺崩壊警報発動 sweat01

そして、おおとりは、

Dpedsc_0054_420

「鯛めし」

まずは、鯛の刺身を、卵と出汁の入った液体にしばらく浸して、

Dpedsc_0061_416_2

熱々ご飯にのせて、いっきにかきこみます happy02 impact

しまった身と、卵のまろやかさと、出汁のうまみが、

押し寄せてきて、麦みそ味噌汁で追っかけます。

「ひゅうが飯とも呼ばれますよね」と尋ねると、

「いいえ、鯛の身を使っているから鯛めし。

ひゅうが飯はアジのような鯛以外の魚を使うときにそう呼ぶんですよ」と、

教えていただきます。

最後は大将・女将がそろって、丁寧にお見送り。

このお店、郷土料理もそろっていて、地元の常連さんもがっちり。

遅くまでやっているので、

出張などで仕事が長引いた時も、ゆっくり安心。

宇和島、最高のさいこう smile scissors なのです。

2014年6月26日 (木)

手打蕎麦せんり

「コミセンの横に、本格的蕎麦屋ができたって、おまえさんnote

「おお、じゃあ、ちょっと覗きに行ってみるかい、おまえ」

「えっ、おとっちゃん、あたいも食べたいnotes

Dpedscn6199_405

ってなことで、

親子三人でセッタをひっかけて、「せんり」にやってきたってことよ。

緑の暖簾をくぐると、

かわいいおねえちゃんたちが、緑のほっかむりと前掛けでお出迎えhappy01

大将だけ、白い職人の格好をしてるから、すぐわかるね。

ここは仏蘭西の巴里かい?って感じのあちゃらの音楽が粋だねえhappy02

Dpedscn6207_406

「鴨ざる蕎麦(980円)の大盛り(200円増し)

Dpedscn6212_408

たっぷりのたれに、これでもかってのでっかい鴨肉が三枚もへーてるぜ。

最初は江戸っ子らしく、つゆをつけずに蕎麦の香りを楽しんでっと、

あとは、焼いてあるネギと一緒に、さくっとたぐってやろう。

口の中で、うめーもんがまざりあって、こりゃあ、贅沢だね~happy02

Dpedscn6209_407

昼飯時だけ、ちいせえ大きさの天丼を頼めるみたいだね。

ちょっと娘のやつを、横から食ってやったけど、

ふんわりさくさくで、火の通りが丁度いいじゃねーかー shine

こりゃあ、これからも贔屓にしたくなるってもんだぜ wink

2014年6月23日 (月)

loco

休日に久しぶりに夫婦二人scissors

大すきな銀天街・大街道散歩をしながら、おいしそうなお店を発見eye

Dscn6120

locoは大街道から中央郵便局方面に曲がってすぐ eye

Dscn6121

さっそく、ランチセット(1280円)を注文します。

Dscn6123

カジュアルな店内で、ポップな音楽を聴きながらしばし待つと、

Dscn6128

前菜が、登場します。

サーモン、チーズ入りハム、砂肝のコンフィ、ほうれんそうのキッシュと、

真ん中の小さいお皿にはチリコンカンと盛りだくさん。

柔らかいほうれんそうの舌触りや、チリコンカンの豆感を堪能していると、

昼間からワインが欲しくなります wink

Dscn6133

奥さんが選んだハンバーグ分厚くパンパンのボリュームたっぷりsweat01で、

季節の野菜と一緒にガッツリ delicious

Dscn6138

私はパスタを選択し、ソラマメとトマトが入ったあっさりした仕上がり smile

初夏の香りが心地いい一品です。

フォカッチャもついてくるので、わたしでも満腹・満足 penguin

Dscn6139

奥さんの別腹には+380円でデザートを追加 cake

HPを見ると、こだわりの地元素材を使ったdinnerも気になります。

ドリンクを飲みながら、リラックスした休日ランチを楽しむのですshine

2014年6月20日 (金)

富久重 

銭湯、焼き鳥、ビールと最高のスタートを切った専務と私が、

次にどこに梯子をしようかと思案。

突然、このあたりで行ったことのない名店が頭に浮かび flair

「いけちゃん、ここには絶対行かんといかんやろpunchと、

Dscn6156

焼肉の名店「富久重(ふくしげ)」に突入します run

Dscn6158

専務が「これも、あれも食っとかんといかんpunchと注文し、

Dscn6167

大量の肉がテーブルに届きます sweat01

いっしゅうさんと、先輩のTさんが合流し、臨戦態勢が整ってきましたgood

Dscn6172

ハラミ、バラ、ツラミ、センマイが、ジュウジュウ spa

昔からの焼肉屋さんに多いパターンの、甘いタレにつけてあり、

Dscn6174

普段は最初から注文しないライスを頼んでしまいます。

バリバリの肉汁と甘いタレが、口の中でライスと攪拌されて、

文字通り箸が止まりません happy02 good

今日のメンバーはみなさん私より年上なので、

肉は数切れでいいって感じで、うれしいかな半分くらいの肉が回ってきて、

先ほどの焼き鳥と米がきいて、さすがに腹いっぱい penguin

そこに、

Dscn6178

常連の専務に、お店からサービスの霜降り肉taurusが届きます。

これも、みなさん一切れ召し上がるくらいで、残りは私へ。

旨いので、限界を超えても入っていくのですが、

肉脂エキスの怒涛の攻撃に、気を失いそうになります coldsweats01

Dscn6183

最後は、街までいって「六五呂」へ。

Dscn6187

戦後の松山の歴史を知る、この店40年以上常連で財政界の重鎮に 

激動の人生のお話を伺いながら、焼酎をごちそうになるのでした happy01

2014年6月16日 (月)

やきとり処 yumedori

専 「いけちゃん、最近わしのところに、苦情が20件くらい来とるぞpunch

いつものように、専務から、唐突な電話phonetoがかかります。

私 「はあ? どういった?(20件って、また大げさな。。。)

専 「最近のブログはつまらん!文が短いし更新が遅いってpunch

私 「ブログも9年目に突入したし、書くのってけっこう時間かかるので、

   気楽に続けるために、4月からさらっと書くことにしたんですよ coldsweats01

専 「それは、いかん!楽しみにしてくれている人もおるんぞpunch

私 「まあ、そういっても、ネタもたくさんはないんですよ。

   昔みたいに何軒も食べ歩く元気もないし。」

専 「よしわかった、これから居酒屋探検に行こうpunch

私 「いや~、風邪の病み上がりで、やっと抜けてきたって感じで、

   ひさびさの休みで、家でのんびりしたいし、、、wobbly

専 「よしわかった、5時に集合なpunch

Dscn6145

そんなこんなで、指定された場所に到着です。

Dscn6144

「祇園湯」は、昭和初期のおもむきをそのまま残した銭湯spa

番台にはおばさんが座っており、玄関から男性の更衣エリアは丸見えeye

マッサージ器も、背中から棒が二本突き出していて、その先にドーナツみたいな丸い指圧部分が付いている、なつかし~やつbleah 

当然のように、破れた部分はガムテープで補修してあります。

まず、

ナウナに入ろうと言われて見回すと、なんと脱衣場の隅っこに、1畳半くらいの木製の箱があり、ドアを開けて頭をかがめて入ります。

しばらくして洗い場に行くと、まあまあ広い洗い場の中心に、直径2mほどの湯船があり、そこがメインの風呂。奥には「電気風呂」って看板のかかげてある、小さい浴槽があり常連らしきひとが、のんびり浸かっています。なんとなく感電しそうでthunder恐くて近寄れません。

洗い場のお湯の蛇口は、赤の熱湯と青の水二種類。それを手桶の中で自分好みの温度に調節する、これまた、なつかし~いタイプ。シャワーもあるのですが、蛇口は一つついているのみ。ためしにひねってみると、ややぬるめのお湯が出てきますが、当然温度調節はできません。

すっかり、小学生に戻ったみたいにリラックスして、お店を出ますcatfacenotes

出る時にちらりと女風呂方向に目をやると、そこはしっかり仕切りがあって中は見えませんでした coldsweats01

さて、

Dscn6148

うろうろしていると目に飛び込んできたのが「Yumedori」 chick

南松山病院のすぐ北側で、元気のいい女性二人がやっておられます。

Dscn6149

八剣伝で10年働いてたオーナーが、5月6日にオープンしたばかりのほやほや。

突き出しの鶏のハツやキモの煮込みをつまんで、乾杯 beer

あっさりしてるけど味のある確かさに、「ここは、うまいなあ」とニヤリ happy01

Dscn6151

一番手前から、

ぼんじりは、ふんわり焼きあがっており、脂がはじけます。

後半は一味をつけて、ぴりりといただきましょう。

はつも、ほっこりと柔らかく仕上がってます。

せせりでは、鳥肉本来のうまみをかみしめます delicious

気が付けば、カウンターもテーブルもあっというまに若い人たちで満席eye

Dscn6155

かわも、しつこくない甘さのたれと、しっかり焼いたかりっと食感いい smile

つくねは、テリマヨ味を選択し、味にアクセントをつけてみます。

専 「よし、ここはこの辺にして、次にいこう sign03

「ありがとうございました。今度は、ゆっくり来てくださいね」との笑顔に見送られます。

あてもなくふらりと立花駅方面に歩きはじめるころには、

すっかり風邪も抜けてしまったようなのです happy01


2014年6月13日 (金)

和敬 

人望あふれるNくんを慕う仲間が集まる「N君の会」

Adsc_0125

今回は、

東京の名店「分とく山(わけとくやま)」で修業され、

本格的懐石だと伺っている「日本料理 和敬」 shine

それでは、夜のコースが始まります。

Adsc_0134

「空豆の葛よせ」

春の息吹が舌の上でしばし遊んだあとに、ふわりと消えていきます。

雲丹、水前寺のりが磯の風味を加えて、一番上の生姜ですっきりdelicious

「本格的」の秘める静かなる力強さとやさしさに、ゾクリとしますclover

Adsc_0137

「蒸しアワビ」

二口分くらいのもち米に、味の濃縮したアワビがのっています。

口に運んでかみしめると、蒸された米の甘みとアワビの旨味成分爆発。

たっくさん乗った佐賀有明海苔のかおりspaが、ぐわっと立ち込めますhappy02

アワビの肝の下の湯煎された卵が、全体に丸みをあたえています。

Adsc_0140

「あいなめの葛うちと、よもぎ団子」

つるりとした葛の官能的食感につつまれた、あいなめのふんわり感。

濁りひとつない和の出汁の真髄が、全身の大和細胞を揺さぶります notes

Adsc_0143

「刺身の盛り合わせ」

華やかでありながら、落ち着きのある金色の器にもられての入場。

手前左の分厚いこちは、これぞ白身のもっちりとした旨み。

旬の真鯛王様の存在感

炙りたての香ばしさと、かすかに温かいねっとりとしたと、続きます。

Adsc_0146

一番奥はホタルイカの沖漬けで、日本酒を追加注文。

二番目のは、梅肉でアクセントをつけていただき、

あえてある卯の花が、まろやかさな舌触りをあたえます。

四角い白いものは、ピータンとゆり根のチーズよせ

一番手前のはしりの小鮎は、ほのかな初夏の香りを運び、

土筆と、その下のよめ菜のにがみは、大人の味わい。

Adsc_0148

「鯛の白子とふきのとうの東寺揚げ」

端に多目の塩をつけて、さくっとした湯葉とねっとりした白子の組み合わせ

は、さきっぽのいいとこだけを贅沢に、しゃくしゃく delicious notes

Adsc_0152

「桜鯛と山菜の小鍋」

和の安らぎがするりとのどを通過して、出汁を最後の一滴まで感激。

Adsc_0156

〆は、

一席一席に時間を合わせてかまどで炊いた、「筍ごはん」

浅くつかってコリコリした香のものにひきつけられ、

三杯もお替りをしてしまいます coldsweats01 heart04

Adsc_0160

水菓子は、イチゴと抹茶

粒あんの甘みと、蜜煮されたゆずのほのかな苦味

食後はお茶をいただきながら、こころゆくまで話し込みます。

今夜はおまかせコース8,000円のコース+飲み物代。

他のテーブル席もすべて埋まっており、

大将においしかったとお礼をいいながら満足そうに帰っています。

ハレの日にぜひ一度経験してみてください。

fuji ひさしぶりの、心と舌が震える経験なのです fuji

2014年6月10日 (火)

男そば屋KABA 

鍋焼きうどんアサヒの目の前に、個性的な蕎麦専門店が登場sign03

Dscn6052

暖簾をくぐると、気合の入った威勢のいい掛け声noteで出迎えられます。

Dscn6053

メニューは、完全そば押し一途

Dscn6057

フードブロガーにはうれしい、こんなポップにニヤリbleahとします。

Dscn6058

「温 カバ鶏そば 888円

野菜と鶏肉がたっぷり入った温かい出汁に絡めながらいただきます。

Dscn6060

「冷 カバそば 777円

麺の量はたっぷり。

葱の入った甘めの出汁につけて、口いっぱいに頬ばります。

腰のあるエッジの効いた麺は歯ごたえもマックスdelicioussweat01

ガシガシガシと戦うように噛みこみますが、相手にとって不足なし。

ごまとのりの香りが、アクセントになっています。

Dscn6066

後半は、無料の生卵を入れて、マイルドにして攻略

Dscn6069

「韓国おにぎり 162円

口の中で、キムチ味の米がここちよくバラけますdelicious

お店のお勧めのとおり、残り半分は出汁にいれて、完食。

とてもコンセプトのわかりやすいお店で、

今までになかった新たな食の登場に、わくわくするのですhappy01notes 

2014年6月 7日 (土)

中島 with 写真家浅田政志さん

安居島のあと、一行が次に向かったのは、「中島」 ship

トライアスロンも招致するような、人口3千200人の大きな島です。

Asdim2098

ちょうどミカンの花が咲く時期で、畑に顔を近づけると、

そのえもいわれぬ甘酸っぱい香りが広がってきます spa

島の中心地にある、大きく立派な「中島総合文化センター」に移動して、

まずは、浅田さんの写真作品を見ながらレクチャー。

そして、

Asdim2104

レクチャーの後は、お楽しみの昼食会が始まります wink

Asdim2109

人数に対して、一目見て食べきれないほどの量が並んでいます。

なんでも、多目の料理でもてなすのは島の風習とのこと。

テンションあがってきましたね~~ happy02 good

Asdim2111

タコ飯、鯛飯、ウニ飯、サザエ飯、いなり寿司 up

あまった分は最後にパックに詰めて、一つ100円で販売されているので、

奥さんが、子供たちへのお土産にと三つも買っています club

Asdim2116

今朝締めたびりびりの鯛を、食べたいだけ sign03

次々と追加で切ってくれます。

Asdim2133

島特製のミカンジュースも飲み放題 scissors

この後、島内を巡るフォトラリーがあるのですが、

ついついお代わりしてしまうの、わかりますよね sweat01

さて、

Adscn6298

手作りの急な山道を、途中で何回も呼吸を整えながら登ると、

Asdim2143

島が一望できます happy01 shine

高校は松山北高の分校があるけど、大きな校舎に生徒は約20人。

島の方によると、ほとんどが島出身の子ではなくて、

不登校などの様々な事情がある子が、本土からやってきているとのこと。

大自然の中で集団生活を行い、

卒業するころには立派になって、帰っていくそうです。

さてさて、

Asdim2155

センターに戻ると、みんなでそれぞれの幟(のぼり)つくり

左下のへたくそなタコは、タコ星人私の仕業 coldsweats01

最後は、

Asdim2158

建物の前で、浅田さんによる記念撮影 camera

練習をした後に、みんなで一斉に「しまのわ」ポーズをして、ぱしゃり。

先ほどの手作り幟がずらーと並んで、迫力の一枚。

しまのわ関連の、なにかしらのパンフレットに載るとのこと。

帰りは、

チャーターならではで、20分ちょっとで観光港へ。

瀬戸内海島めぐり、かなり癖になっていまうのです wink diamond

2014年6月 2日 (月)

安居島 with 写真家浅田政志さん 

先日このブログでもご紹介した、

新進気鋭の写真家camera 浅田政志さんとの忽那諸島クルージングship

朝早く観光港に集合して、チャーター船に乗り込み出発です。

Asdim2045

最初の目的地は、島民20人の安居島  clover

最近、若い一家が引っ越してきて、

島民の平均年齢が13歳も下がったとのこと smile sign01

通常なら北条から一日二便の定期便でしかいけないのですが、

今日はチャーターなので、観光港から高速艇で直接40分で到着。

Dpedscn6261_403

島の周囲は3.5kmの小さくて細長い形。

まず、

最初の浅田さんからの写真の課題は、

島を自由にめぐって、好きなところで自由に撮ること
 wink

では、島の尾根伝いに端から端まで歩きましょう。

Asdim2053

向こうに見えるのは、無人島の「小安居島」 shine

Asdim2062

なにの卵でしょうね?

Asdim2065

このキノコ、食べられるのかなあ?

Asdim2073

細長い島なので、尾根の高い所につくと、島の裏側が見えてきますeye

さて、

小一時間で島を一周した後は、唯一の公民館でお茶のおもてなし spa

Asdim2087

島の特産品をごちそうになり、奥さんは乾燥ひじきをさっそく購入。

酢の物のような味付けで、繊維がこりこりしていて、日本酒が欲しくなります。

Asdim2092

時間が止まっているかのような島の雰囲気に、思わずのんびりcatface note

予定より20分遅くなり、次の島に向かうのですが、

チャーターだから、高速艇でもこちらのペースに合わせてくれるのは、

かなりの快感なのです diamond diamond diamond

-------------------------

蛇足承知で、

Dpedscn6257_400

船窓から何気に撮ったこの一枚の写真

拡大してみると、

Dpedscn6257_401

こんなものが写っています eyesweat01

あまりに楽しそうなので、宇宙人も見物に来たのでしょうか smile

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008