ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« お好み焼き 笑福  | トップページ | いろは亭  »

2014年5月 6日 (火)

草間彌生 Suuri Taiga@宝荘ホテル

GWとはいえ、連休でもないので遠出はできず、

近場で観光気分を味わおうと、奥さんと道後に出かけます。

先日、本館でのプロジェクションマッピングをお伝えしましたが、

現在、道後温泉は「アートにのぼせろ」spaとのコピーで、

diamond「道後オンセナート2014」 diamondというイベントをやっています fuji

Dscn6070

路面電車で商店街につくと、いつもに増してのにぎわいfuji

アーケード入り口左の観光案内所で地図をもらい、

常設展の場所を巡っていきましょう。

Dscn6071

見慣れた椿の湯の壁にも、大きな時計がかかっており、

中に入ると「LASTing WAVE」thunderという、光のオブジェがあります。

さて、

Dscn6077

今日の一番の目的は、山の手ホテル前にある「宝荘」

一室で常設されている草間彌生の作品 fullmoon

11:00-14:00の間に見学できるので、直接か電話で予約を取ります。

私たちは直接ロビーに行ったのですが、GWまっただ中でも40分待ち。

ツアーは15分程度で1000円ですが、オリジナル缶バッチもくれますwink

20140504_123218

一階フロアーにある、彼女の作品「水玉強迫」sign03を眺めたり、

Dscn6092

テーブルまでが水玉になった水玉カフェで、

「水玉タルトセット 800円などをいただきながら、順番を待ちます。

Dscn6090

このカップを眺めているだけで、アートな時間clockは過ぎていき、

ほどなく名前を呼ばれて、数名単位で部屋入っていきます。

20140504_130518

エレベーターで部屋のあるフロアーに行き、大きな荷物を置いて、

スリッパに履き替え入室。写真撮影cameraは、自由。

20140504_040459

直島でみたことあるなあ happy01

20140504_130804

押入れを開けると、おおお coldsweats01

Dscn6108

部屋の備品は、隅々まで水玉化しており、

Dscn6106

畳のへりまでって、凝っていますね happy02

中でも、一番シュールだったは、

Dscn6104

小さい箱を開けると、奥に草間さん。

耳を澄ませば、彼女のオリジナルソング notes

「マンハッタン 自殺未遂常習犯の歌」を、本人が歌っています karaoke

連休の真ん中でも、思っていたより混雑していなかったので、

ご興味のある方、気軽に行けそうですよ good

ちなみに泊まりたい方は、部屋代+ルームチャージ7万円。

最大4人で泊まれるので、ルームチャージは人数割りも可能です。

北海道から独りで泊まりにきたファンもいれば、

記念に仲良しで、女子会がてらの4人組もいたそうです present

Dscn6116001

次に古湧園でアラーキーの作品を見ようとしたのですが、

宿泊客がいるからとNG coldsweats02

このように、ホテルの一室を芸術家の作品として宿泊・見学するのが、

Hotel HORIZONTALshineと呼ばれている企画。

効率よく回ろうと思ったら、前もって電話予約しておくのがベスト。

道後オンセナート自体は、今年の大みそかまでやっており、

シーズン中はしばらく、まだいろいろと楽しめそうなのです happy01

« お好み焼き 笑福  | トップページ | いろは亭  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

一時はさびれた感じが否めなかった道後温泉も随分元気になって賑わっている様子、うれしいです。

おもてなしの街として宣伝もしているので、最近の道後はかなりにぎわっています。
一足で観光気分が味わえるのは、うれしいものですねhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/59594530

この記事へのトラックバック一覧です: 草間彌生 Suuri Taiga@宝荘ホテル:

« お好み焼き 笑福  | トップページ | いろは亭  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2