« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月30日 (金)

Verish 

Hanoi-cafeでのEcafeがひとしきり盛り上がった時に、

笑顔が素敵なMisaさんが、「野菜とワインの店が出来たんですよ」

最近は、EnglishよりEatに熱心なメンバーから、

「それは今から行かねば run」ってことになります。

Adscn6016

場所は、八坂通りのインディーズカシマシ対面のビル3階。

広い店内は、イケメンのお兄さんたちが元気よくお出迎えです。

Adsc_0233

すっきりとした白ワインで、興奮した舌と胃袋が落着くのを待ちます。

Adsc_0242

「農園バーニャカウダ 900円

すべての野菜を説明していただくのですが、失念失礼。

たっぷりのクリームソースをつけて、サクサクと頂きます。

この時間からの野菜摂取は、体が求めている感がありアリです。

Adsc_0250

香りが華やかな赤のフルボディーを挟んで、

女子トークがガンガン炸裂 impact

生フルーツを使ったカクテルや、生姜たっぷりのジンジャーエールなど、

しっかり頂いているはずなのですが、

その迫力に、本能的に防御反応がでるのか、酔いが回ってきません。

「いけちゃん、酔いがたりん」とのダメ出しで、美魔女たちの底力を感じます。

Adsc_0251

「旬野菜のMIXピザ 1,000円

手作りのソフトな生地に、たっぷりの野菜とベーコン。

あっさりとヘルシーにいただきます wink

メニューを見ると、

鶏の唐揚げやハンバーグなどの肉料理も充実しており、

野菜だけという訳ではない、広い範囲の料理がそろっています。

しっかりの上に、たっぷり盛り上がった一行penguinは、

いい香りのするエレベーターに乗り、ふたたび街へと戻るのですshine

2014年5月27日 (火)

Hanoi-cafe

英語で世間話をしながら、美味しいものを食べる月一の会。

今回のE(English)-cafeは、ベトナム料理です club

Adsc_0201

ご存知 Hanoi-cafeですが、八坂通りのビルから、この場所に移転。

オススメのグルメ通りに、また一つ新しい名店が加わります。

本日は4,000円で、呑み放題付きコースをお願いしています。

Adsc_0204

「クリームチーズの黒蜜かけ ベトナムごませんべい添え」

歯ごたえのある厚めのせんべいを奥歯で噛みしめると、

ゴマの香りがガツンと攻めてきて、

コクのあるチーズと上品な甘みのあるソースが広がります。

二品目の「すり身揚げ」は、揚げたてのあつあつ。

三品目は、

Adsc_0206

「生春巻き」

ピーナツの入った濃厚なソースをたっぷりつけて、

大ぶりの春巻きに一気に齧り付きましょう delicious

Adsc_0214

「ワタリガニのほぐし身のアボガドソース」

ふんわりと浮き上がりそうなかる~い煎餅を割り、

ねっとりしたディップすくって口に運びます。

中から、蟹の甘い旨味やアボガドのこってりがガツンと攻めてきて、

これ、めっちゃ大好き happy02 good

生ビールがすすみます beer

Adsc_0216

「媛っこ地鶏のベトナム式炭火焼き(ガー・ヌォン)」

食べごたえの切り身のサイズで、

じっくりかみしめると、ベトナムの調味料の異国感が堪りません smile

もう、お腹は限界に近づいているのですが、

Adsc_0223

「フォー」は、麺から自家製のこだわりの締め。

つるつるした食感と、香味野菜の刺激と、あっさりしたキレ味のスープ。

後半はニョクマム(魚醤)を追加して、独特の香りと塩気を楽しみます。

最後の別腹スペースに

デザートの、揚げバナナとアイスクリームが飛び込んできてコース完遂。

移転して広くなった店内は、今日も満席 scissors

ますてぃー(こちらのマスターの愛称) happy01

いつもわくわくする本場仕込みの美味しい料理と、

フレンドリーなスタッフとの最高のおもてなし、ありがとうございます happy02

2014年5月23日 (金)

UGGLA(ウグラ) 

中央郵便局近くに、オシャレなワインバーが登場 wine

Adsc_0095

宝くじ売り場で有名な竹村商店のある交差点をワンブロック北上すると、

暗闇の中に「UGGLA」が浮かび上がっています shine

Adsc_0092

店内はシックなウッドテイストでまとまっており、

入口近くのワインセラーと、カウンター前にもお勧めワインがずらり。

Adsc_0100

イタリアワインがメインで、同行した詳しい方にチョイスはお任せ。

Tignanelloは、濃い赤色でじわりと渋みを感じる大人の味。

Baroloは、鮮やかな薄い赤色で、果実味を楽しめる印象。

Adsc_0096

二次会で訪れたので、アラカルトから数品お願いしましょう happy01

Aadsc_0115

「自家製田舎パンとチーズのムース」

ゴルゴンゾーラとパレッジオ、生クリームなどを混ぜたクリーム付き。

しっかりしたパンの歯ごたえと素朴な香りを楽しみ、

途中からクリームの濃厚さがくせになる旨さ wink

ナイフ・フォークrestaurantには蝉のマークがついだラギオール。

Adsc_0123

ピッツァは、チーズたっぷりで、バジルの生感が心地いい一枚 delicious

アメリカウイスコンシン州に5年住んでいたマスターの、

おしゃれかつフランクな接客で、居心地のいいワインバーなのですwine

2014年5月20日 (火)

Le Caboulot ル・カブーロ

市駅前松山楽器の三階にあり、

松山のフレンチ・カフェレストランとして定着している「カフェ カバレ」 cafe

Adsc_0014

常に新しい事に挑戦し続けているマスターが、

同じ建物の四階に、新たな空間を自らが内装を手がけ、作り出しますcrown

Adsc_0076

その名は「Le Caboulot(ル カブーロ)」

簡素なレストランの意味。

今夜はプレオープンのお祝いもかねて、専務を中心としたメンバーで

ワイン持ち込みでディナーコースをお願いします。

shine 四階まで階段を上がると、そこは全くの別世界 shine

小さなバーコーナーもあり、内装工事のいきさつなどをひとしきり伺ったら、

お待ちかねのコースの開幕です notes

アミューズは,

Dpedsc_0037_396

シャンパングラスに入った、イカのヌイユとニシンの卵のせ notes

続いて、

Aadsc_0042

「生ハムとイチゴのクレソンサラダ」

シンプルなクレソンの苦みに、イチゴの酸っぱい甘み。

それに生ハムの塩気と燻製香が加わり、

口腔内と鼻腔に存在する、各種味蕾と臭覚器を一気に刺激される快感 catfaceheart04

次は透明な皿に、

Dpedsc_0046_398

甘とろ豚とイノシシのパテ、マトウダイのマリネ、ネギのポワレのアラカルト。

そして、

Adsc_0057

「新玉ねぎのポタージュ」

玉ねぎの上品な甘みがまろやかで、皿に乗っているフォアグラのパテが

絶妙な火加減で、濃厚に舌の上で切れ良く溶けていきます delicious

Aadsc_0064

「タラの白子のムニエル」

焼かれることにより、表面に非常に薄いカリッとした層ができており、

はかなく割れた瞬間に、中から濃密なクリーム状の白子が飛び出します。

付け合せの甘いキャベツと、刺激的なブルーチーズが、

味わいにも深みを与え、香り高きTORとの組み合わせにうなります。

Adsc_0071

メインは「土佐あか牛」

大きなカットの赤味の野趣味歯ごたえを楽しんでいると、

中からワインソースに誘われ、力強い肉汁が染みだしてきます。

BOND Matriarchの底力と正面から肉とガブリ四つで組み合う瞬間を

口の中で確かめるように咀嚼します。

デザートは、

Dpedsc_0084_399

「キャラメルバナナナッツタルト ピスタチオアイス」 shine

冷たくて、ガツンと甘くて、温かくて、快楽物質が全身を駆け巡ります happy02

オーナーシェフにこれだけの引き出しがあったのかと、

失礼ながらお見それしておりました。

素材の選択から、火の通し具合と味付けの塩梅に感動 heart04

日曜月曜が休みで、ランチは予約なしでもOK

ランチは税込2700円で、11:30-14:00 clock

夜は、予約のある時のみですが、現在はオープニングイベントで、

5月末まで、ランチと同じ内容のものを予約なしで提供中 restaurant

階段を一階のぼり、ワンランク上の贅沢な世界を、楽しんでみませんか?

notes 5月31日、6月1日は気軽に楽しめるイベントもありますよ wink notes

2014年5月17日 (土)

興奮する~! 三越イタリアフェアー

今年も5月16日から「三越イタリアフェアー」開幕 happy02 shine

エレベーターが7階で開くと、一気に高揚感が襲ってきますcute

201405022

女子率90%以上。

上品な雰囲気の奥様方から、ほとばしる気合 spa

201405018

10g162円のさくっとしたチョコレート菓子ヴィエネッズィを、0.1gほど試食。

さくっとした歯触りに、お上品な甘み~ delicious

Dscn6234001  

250mLで7128円のバルサミコ酢ポッテ・ピッコラ0.2mLほど試食。

味わったことのない、濃密なブドウの甘みとコク深い酸味~ smile

Dscn6238001

オリーブオイルも、パンにつけて色々なめてみましょう happy01

Dscn6237001

イタリアワイン、お買い得セットもありまっせ~ wink

 
そして今日のメインイベントは、

201405021

イートインで、片岡シェフのアルポルト。

「限定50食」の文字sign03に、反射的にお願いした、

「鴨肉のラグーソースと空豆のタリアテッレ トリュフ風 1,941円

線維が形をしっかり残したままほどけた鴨肉は、

こく深くピリッとしたソースで煮込まれても、その存在を主張。

これでもかとたっぷりの量で、平たい麺い絡んでいます。

歯ごたえしっかりで、時期のほっくりとした空豆が爽やかなアクセント。

口いっぱいに、幸せが満ち溢れてきた快楽~ happy02crown

あえて今風にいうと、「コレ、鬼やばい」っす punch heart04

Dscn6248001

食後は、ジェラート

私はジャンドゥーヤとピスタチオをダブル。

奥さんと娘が選んたチョコソルベ

味の濃縮されたあま~い生チョコ風で、かなりオススメなのです。

Dscn6243001

500mLで8,640円「グラッパ ローズ」

瓶の中にバラが咲いているなんて、オシャレすぎばいnotes

5月26日月曜までに、あと何回こられるかな~。

ぐるぐる巻きのソーセージみたいなんや、チーズたっぷりピザも試食したけど、

今度は丸ごと買って、口いっぱいに入れて、食べてみた~いのですpenguin

2014年5月15日 (木)

ラッキー@東温市

今日は、専務、いっしゅうさん、甘南備さんとの最強オジサンズで、

東温市まで遠征 rvcar にきています。 

Dpedscn5835_392

「ラッキー」は、昭和47年開業のバス食堂 bus

市内から旧道で東温市に向かうと、バイパスと交差する手前にあり、

その存在は知っていましたが、なかなか突撃する勇気がありませんでしたsweat01

Dpedsc_0006_393

74歳の大将に店名の由来を尋ねると、

「ほら、なんとなくエエかなあと思って」なんて感じのお返事wink

若いころこの辺に住んでいたことのある専務とは、旧知の仲です。

Dpedsc_0013_394

まずはおでんをつつきながら、昔話に花が咲きます。

なんでもご存じのいっしゅうさんと、あそこにあんな店があったなあとか、

この辺は、何にもなかったなあなんて盛り上がっています。

開店当初は周囲にお店が無かったので、かなり繁盛したとのことfuji

のんびりした時代だったのでしょうね。

Dpedsc_0028_395

ラーメンあっさりした醤油味

少し塩っぱい焼豚も自家製の、こだわりの一杯で、

程よいコクもあり、するすると入ってきます noodle

時代がついているので、決してきれいとは言えない店内ですが、

四十年を超える歴史に、それを超越した何かを感じるのです wink

2014年5月12日 (月)

大洲純米蔵部 in ROY's

日本酒好きっていうだけが唯一の共通点の集まりbottle

Dscn5871

BOLTさんデザインの大洲のおしゃれスポットを貸し切って

Dscn5868

「大洲純米蔵部」 in ROY's に初参加です。

企画幹事は、燐道楽綴りのkapuyaさんと、友人のSくん。

Dscn5875

酒乃さわだbottleセレクションの純米酒4本が並びます。

Dscn5877

乾杯用のお酒がグラスに一気に継がれていきます。

会長Sくんが開幕のあいさつをして、唯一のルール「お酌禁止」を説明。

自分のペースで飲める、大人の規則に深く感心します wink

Dscn5880

山海の珍味が豪華に並んでおり、行ったり来たり。

初対面の人との会話も徐々に盛り上がってきて、

ほどよく体のねじが緩むような日本酒独特の酔いが回ってきます。

年を取ったのか、酒が進歩したのか、

最近、めっきり純米酒に傾いてきているのです smile

2014年5月10日 (土)

写真家浅田政志さんと瀬戸内海クルージング

crown 新進気鋭の写真家 浅田政志さんと忽那諸島をクルージングし、

直接、写真撮影cameraのレクチャーを受けられる、夢のような企画
 crown

ship「忽那ロマン探訪クルージング」ship5月18日(日)8時30分 松山観光港発

詳細は、一番下 ↓↓↓ 

まだ、定員に余裕があるそうなのですが、参加されませんか?

問い合わせは、石﨑汽船 水野さん(089-951-0128)

(*5月8日締切になっていますが、ぎりぎりまで大丈夫との確認済です)

------------------------------------------------------

浅田さん(オフィシャルサイト)は、

若くして写真界の芥川賞といわれる木村伊兵衛写真賞を受けた方。

代表作「浅田家」は、自分の両親と兄弟を巻き込んだ、

ユニークなシチュエーションでセルフタイマーをつかった作品。

愛媛県にもゆかりが深く、バリーさんの写真集「いまバリィ散歩」

南予の魚養殖にかかわる人の生活を切っとった「南予写真 NANYO」

などを、手がけておられます。

私は、note昨年COMSに講演に来られた時noteにお話ししたのですが、

穏やかに人の言葉に耳を傾ける姿が印象的な、好青年 happy01 good

今回の企画は、ご自分のデジカメかカメラ付携帯を持参して、

彼と一緒に忽那諸島の安居島、中島を巡ります。

*カメラ初心者からセミプロの方まで、めったにないチャンスですので、

ぜひ、参加してみてくださいね
 happy02 bell

----------------------------------------------------------

「報道資料pencil」の詳細を下記に添付しておきます。

事業名:

『写真家 浅田政志さんと行く忽那ロマン探訪クルージング』

開催日時:

平成26年5月18日(日)8:30~16:30

内 容:

新進気鋭の若手写真家 浅田政志さんと行く、忽那諸島をめぐるクルージングを開催します。

 北条沖の安居島は、忽那諸島で一番人口の少ない島。でも、特産品の生ひじきを島を挙げてブランド化するなど、今もっとも、輝いている島かもしれません。普段はなかなか行けない安居島の散策は今回の目玉。

 そして次は、かつて忽那水軍の居城のあった中島。泰ノ山城祉を望む中島総合文化センターを拠点に、浅田さんの写真講座、バイキング形式のしまめし昼食、忽那水軍や中島の名所をたどるフォトラリーを開催。成績優秀者には島の豪華景品をご用意。最後は、浅田さん撮影のしまのわ記念の大集合写真にみんなで収まります。

 カメラを片手に、初夏の風薫る忽那のしまなみに、あなたも出かけてみませんか。

参加費:

中学生以上 4,000円(昼食・保険代含む)

小学生   3,000円(昼食・保険代含む)

未就学児  無料(保険には加入いただきます)

昼食    1,000円

お申込み:

石崎汽船(水野)へ電話で申し込み(℡089-951-0128)

携行品等:

・デジタルカメラか、カメラ機能付き携帯を持参してください。

・動きやすい服装、歩きやすい靴でご参加ください。


2014年5月 9日 (金)

いろは亭 

天気がいい日は、麺行脚 sun

今日は、先日愛媛マラソンの応援にいった北条方面へrvcar

Dscn5757

「いろは亭」

バイバス沿いのモール近くにポツンと現れます。

12時半過ぎでも、4卓の座席、10人くらいのカウンターがほぼ満席。

若者、家族連れ、ママさんバレー帰りの奥様達と、地元密着型ですwink


20140216_123142

いろいろと悩ましい選択の多さですが、

20140216_123326

最初なので、デフォの
「いろはラーメン470円

シンプルは細目のストレート麺に、こってり醤油で甘さ抑えめスープsmile

さて、プラス200円でセット。サラダがついて、

A 餃子と白ご飯

B ハーフの焼豚玉子飯

C ハーフのチャーハンから選択可能 good

20140216_123734

私が選んだのは、
焼豚玉子飯のハーフのBセット

20140216_123757

焼豚は香ばしくパリッとあぶってあり、米が立っていて香り良く、旨い
delicious

小さいサラダもついて、ハーフでも量的にも満足でお得。

この郊外で、大繁盛の理由がみつかり納得です wink

満足して何気にウロウロすると、

Dscn5767

堀江港に、
「うみてらす」という名前の道の駅ができてきます。

Dscn5763

屋上で海風を全身で吸収しながら、ぐるりと見渡すと、

Dscn5768

「みなと食堂」

未訪ですが、鍋焼きうどんが名物の様子

また、To Go Listがふえるのです wink

2014年5月 6日 (火)

草間彌生 Suuri Taiga@宝荘ホテル

GWとはいえ、連休でもないので遠出はできず、

近場で観光気分を味わおうと、奥さんと道後に出かけます。

先日、本館でのプロジェクションマッピングをお伝えしましたが、

現在、道後温泉は「アートにのぼせろ」spaとのコピーで、

diamond「道後オンセナート2014」 diamondというイベントをやっています fuji

Dscn6070

路面電車で商店街につくと、いつもに増してのにぎわいfuji

アーケード入り口左の観光案内所で地図をもらい、

常設展の場所を巡っていきましょう。

Dscn6071

見慣れた椿の湯の壁にも、大きな時計がかかっており、

中に入ると「LASTing WAVE」thunderという、光のオブジェがあります。

さて、

Dscn6077

今日の一番の目的は、山の手ホテル前にある「宝荘」

一室で常設されている草間彌生の作品 fullmoon

11:00-14:00の間に見学できるので、直接か電話で予約を取ります。

私たちは直接ロビーに行ったのですが、GWまっただ中でも40分待ち。

ツアーは15分程度で1000円ですが、オリジナル缶バッチもくれますwink

20140504_123218

一階フロアーにある、彼女の作品「水玉強迫」sign03を眺めたり、

Dscn6092

テーブルまでが水玉になった水玉カフェで、

「水玉タルトセット 800円などをいただきながら、順番を待ちます。

Dscn6090

このカップを眺めているだけで、アートな時間clockは過ぎていき、

ほどなく名前を呼ばれて、数名単位で部屋入っていきます。

20140504_130518

エレベーターで部屋のあるフロアーに行き、大きな荷物を置いて、

スリッパに履き替え入室。写真撮影cameraは、自由。

20140504_040459

直島でみたことあるなあ happy01

20140504_130804

押入れを開けると、おおお coldsweats01

Dscn6108

部屋の備品は、隅々まで水玉化しており、

Dscn6106

畳のへりまでって、凝っていますね happy02

中でも、一番シュールだったは、

Dscn6104

小さい箱を開けると、奥に草間さん。

耳を澄ませば、彼女のオリジナルソング notes

「マンハッタン 自殺未遂常習犯の歌」を、本人が歌っています karaoke

連休の真ん中でも、思っていたより混雑していなかったので、

ご興味のある方、気軽に行けそうですよ good

ちなみに泊まりたい方は、部屋代+ルームチャージ7万円。

最大4人で泊まれるので、ルームチャージは人数割りも可能です。

北海道から独りで泊まりにきたファンもいれば、

記念に仲良しで、女子会がてらの4人組もいたそうです present

Dscn6116001

次に古湧園でアラーキーの作品を見ようとしたのですが、

宿泊客がいるからとNG coldsweats02

このように、ホテルの一室を芸術家の作品として宿泊・見学するのが、

Hotel HORIZONTALshineと呼ばれている企画。

効率よく回ろうと思ったら、前もって電話予約しておくのがベスト。

道後オンセナート自体は、今年の大みそかまでやっており、

シーズン中はしばらく、まだいろいろと楽しめそうなのです happy01

2014年5月 5日 (月)

お好み焼き 笑福 

私の休日は、飲食店の情報を足で探しながらの街歩き run

ブランチをどこで食べようか、想像力と記憶をMAXに働かせます。

20140302_103656

「あづま家 千舟店」

噂は聞いていますが、フレッシュネスバーガーの通りに出来たんですね。

ちょっと時間が早くて準備中 catface

20140302_104931

噂のセブンイレブン、覗くだけ eye

オリジナルブランドがおいしいらしいですね wink

20140302_111309

カレーのクーリーの跡

長い間、行きたい店リストにあったのに、未訪問のまま閉店されていて残念crying

空腹の勢いに任せて、ぐんぐんと小坂交差点から南環状線時計回り clock

20140302_113227

環状線高架下に、お好み焼き「笑福」を発見、そして突入 dash

20140302_023435

おばあちゃん一人の、自宅的雰囲気の店内。

開業5年目で、水曜休みの昼間だけ3時までの営業です

20140302_025628

「関西風 肉玉 450円

肉は中に混ぜ込むタイプ。

マヨネーズを聞かれたので、半分だけかけてもらいます。

ふんわりしてボリュームもあり、満足 delicious

食べ終わる頃には、お子さんがお孫さんかが帰ってこられ、

テーブルを囲んでスーパーの特売の話などで盛り上がりはじめます。

完全に、呼ばれてもいない家の食卓にお邪魔した状態に coldsweats01

さて、

充電終了後は、再び食べ物や探索再会 run

この店もうまそうだなあ~、和牛専門店なんですって smile

後半は、

20140302_135749

偶然やっていた雄郡神社の餅まきに参加して、

Dscn5806

「菊月本舗」で、

Dscn5814

古代餅や、雄群(おぐり)餅のニッキやくるみ味を仕入れて帰宅。

楽しすぎて、この趣味やめられません happy02 scissors

PS: 

「アルハンブラ」が置いてあるので驚いたのですが、実はあの店と姉妹店。

愛媛グルメ、カルトQレベルの情報をゲットするのです crown

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009