ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« やっぱり麺って素敵\(^o^)/ | トップページ | 榎@内子  »

2014年4月26日 (土)

Zum schwarzen Keiler@内子

日頃は一緒に飲むことなどあり得ないライバル同士が、

ひょんなことから同席することになって発足した「ガチの会」

名前に反して、和気あいあいと会を重ね、

Dpedsc_0039_368

今回は、内子までミニ遠征です 

Dpedsc_0045_370

「Zum schwarzen Keiler(ツム・シュバルツェン・カイラー)」

ドイツ人のご主人と、愛媛出身のご夫婦でされている、ドイツ料理の店。

店名は、野生の黒いイノシシの意味のようです。

落ち着いた色合いの木で統一された店内は、ゆったりとした空間。

Dpedsc_0050_369

ご主人の趣味の、兵隊の人形を眺めながら、オーダーを考えます。

Dpedsc_0065_371

この店のこだわりは、なんといってもドイツビール 

一杯目は「シュナイダーバイセ 850円

香り高いキレのある味わいと、両奥歯の奥にぐいっとくる味わい 

Dpedsc_0081_372

「ソーセージ盛り合わせ 2500円

ドイツで修業した、内子在住のソーセージ作りマイスターの方に特注

はじける肉汁をゆったりとかみしめながら、濃厚なビールと合わせます。

Dpedsc_0089_373

「カリーブルスト 700円

ドイツでカレーとは意外ですが、向こうではポピュラーな

カレーケチャップとカレーパウダーをソーセージにまぶしてあります。

「クラウトサラダ 300円

ホワイトビネーガーであえてある千切りキャベツ。

刺激的な酸味が、ソーセージの脂をすっきりさせてくれる箸休め 

Dpedsc_0090_374

二杯目は「フランシスカーナ バイスピア 950円

存在感のあるのど越しと、深いコクでがっつり 

日本の生ビールのスピードで飲むと、いつもより酔いが早く回ってきたので、

二杯目はゆっくりと味わいながらいただきます。

地元の方なのか、若い女性が2グループ入ってきて、

店内もあっという間ににぎやかになってきます 

内子にある、ドイツの異空間。

今日のガチ会も、盛り上がってまいりました 

« やっぱり麺って素敵\(^o^)/ | トップページ | 榎@内子  »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

内子に表れたドイツの世界を堪能されましたね。
広島では旧市民球場跡で昨年の秋に行われ好評だった世界のビールが再集合、5月2日から11日までの10日間「世界のビールとグルメスタジアム2014」が開催されます。
どこかで行って来るつもりです。

うわわ~、さすが広島。スケールが大きいですね。
コストコにも行きたいので、カーフェリーで渡ってみたくなりました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Zum schwarzen Keiler@内子:

« やっぱり麺って素敵\(^o^)/ | トップページ | 榎@内子  »

最近の写真