« 栞(しおり) | トップページ | おでんや 呑気 »

2014年4月 8日 (火)

ゆたかでしょっつる鍋 大洲花園会 

今夜の花園会は、名幹事・大洲のHideさんの気合いが少し違います happy02

Dscn5783001
「ゆたか」は、大洲の肱北の飲み屋街にありながら、
地元の若い人にはあまり知られていない料理屋さんです。
国道から有名な美ゆきに入る道を、奥へ奥へと進みます。
この会発祥の地である花園通りを、怪しい温泉を越えて、また奥へ。

  

住宅街との境にあたる場所に、ひっそりとたたずんでいますwink
20140226_213516
本日の主役は「しょっつる」
秋田名物で、魚を発酵させた魚醤
味見させていただくと、塩辛さの向うから、それに負けない魚の香りが攻めてきます。
Sdim2022
ハタハタが出るのかと思いきや、嬉しい誤算でズワイガニの登場scissors
他にも白身の魚や、甘みをたっぷりと含んだ野菜を鍋に投入。
Sdim2030
日本酒が大好きなKapuyaくんが、鍋に合わせて飽きたから生酒を取り寄せて持ち込み。きりっとした切れの中にも、唸るほどの旨みを含んだ芸術品に、くいくいと杯が進みます
Sdim2035
沸騰した鍋のふたを開けると、蟹さまが美しく真っ赤に変身
しょっつるにて深みを増した素材たちをとりわけて頂くと、

食べるのが忙しく、おいしいものを食べるときの定番の無言タイムが始まります。

Sdim2029
私は内子の横田酒店で見つけた新政を持参 shine
若い時からのトラウマで日本酒があまり好きでないメンバーに、
最近の日本の酒の仕上がりの素晴らしさを、また聞きの知識ですが熱く語り、

勧めて行きますbottle

Sdim2039
最後の雑炊 wink
「もう、入らない」と苦しそうな表情すらみせている人でも、

「もう一杯くらい」とお玉で注いで渡されると、あっという間に平らげています。

男女を問わず、みんな2杯以上はぺろり。
二次会ではとても喉が渇いたので、塩分は多い調味料だと思うのですが、それを感じさせないインパクトの魚の発酵エキスの旨み成分。
初体験でありながら、すっかりとりこになってしまうのです good

« 栞(しおり) | トップページ | おでんや 呑気 »

和食」カテゴリの記事

コメント

大洲で何故秋田のしょっつるなのか?何故ずわいなのか?少々不思議ですが、会話が無くなる位美味しかった事は想像出来ます。
新政の「6」もさぞや美味しかった事でしょう。

私を含めてほとんどのメンバーが初体験のしょっつるでしたhappy01
幹事のhideさんが、偶然この店の前を通って「しょっつる」の文字に惹かれたのがことの発端です。オリジナリティーを出したのでしょうね。
新政は、内子の横田酒店で買いましたnote

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/59257029

この記事へのトラックバック一覧です: ゆたかでしょっつる鍋 大洲花園会 :

« 栞(しおり) | トップページ | おでんや 呑気 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009