ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« Zum schwarzen Keiler@内子 | トップページ | お好み焼き 笑福  »

2014年4月30日 (水)

榎@内子 

明治時代の街並みの中で、ドイツビールを堪能した一行は、

せっかくだからもう一軒と、内子の街をふらふら run

Dpedsc_0096_382

もう暗くなった街中に、ぽつりと看板が見えてきます。

Dpedsc_0097_383

「榎」は魚や季節のものを中心としたラインナップ。

大きなL字のカウンターで、常連らしき方が空けてくれた席に着きます。

Dpedsc_0103_384

松山で修業と積まれた大将が、実家でこのお店を始めたのは8年前。

Dpedsc_0105_386

刺身盛りとお任せでお願いすると、

城辺から直送の、惚れ惚れするサイズのカツオにぐいっと包丁を入れます。

Dpedsc_0117_387

「刺身盛り」に、土筆とたけのこ

山に囲まれた内子で、このレベルの刺身がそろっていることに驚愕happy02

には上品な脂がのり、深いうまみにすっきりしたきれ。

カツオねっとりとした味わいと、赤身独特のコクに感激。

季節ものの山菜も、上品に柔らかく仕上がっており、

笑顔で自然体のここの大将、只者ではありませんね smile

Dpedsc_0119_388

「春野菜の天盛」

ふきのとうの苦味で、日本酒すすみます wink

Dpedsc_0123_390

「カルボナーラ」

上品な薄味で、さらりと入るおいしさ。

Dpedsc_0130_389

「さば寿司」

肉厚の脂ののったサバが、程よい柔らかさで締められて、

 

口いっぱいにほろりと広がるおコメとのコラボが、

 

和食最高の組み合わせかと思わせるほど。

これだけの実力店なので、地元では有名なのでしょう。

ここ、かなりお勧めなのです  happy01 good

« Zum schwarzen Keiler@内子 | トップページ | お好み焼き 笑福  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/59394895

この記事へのトラックバック一覧です: 榎@内子 :

« Zum schwarzen Keiler@内子 | トップページ | お好み焼き 笑福  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2