ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« ふくみ寿し  | トップページ | カルコバのカレー  »

2014年3月24日 (月)

永和で刀削麺 

天気のいい休日sunは、飲食店情報を足で稼ぐために市内をうろうろrun

平和通りを歩いていると、

Dscn5571

噂では聞いたのですが、刀削麺専門店の溢香が閉店しています weep

Dscn5572

平和通りを道後に向かって進み、中華料理「永和」平和通り店へ。

Dscn5575

これも、噂には聞いていましたが、

永和のメニューに、溢香の刀削麺メニューがそのままプラスされていますhappy01

20140126_115015

醤油刀削麺 550円

もちもちの歯ごたえに、麺のエッジにびらびらがついて、

場所によって舌触りが違うのが、な~んか癖になる快感 happy02

Dscn5577

プラス200円で、半チャーハンセット

これからも、ここで刀削麺を食べられるのはうれしい限りなのですgood

« ふくみ寿し  | トップページ | カルコバのカレー  »

韓国・中華・アジア」カテゴリの記事

コメント

刀削麺という名を知ったのはいつだったか?中国の名人の手によるものとの認識だった。
東京に住んだ時、池袋に刀削麺の店を見かけ入って見るとTVでみたとおりの麺を削り出す職人の技にびっくり、もう一つ食事をする人がスープの跳ね散り防止用の紙エプロンを着けているのにもびっくりだった。
麺は永和さんと同じく食べる所によって均一で無く端の方は薄くぺろぺろした感じ、この変化も面白かった。
池袋のお店は永和さんと違って痲辣味、久し振りに食べたくなりました。
お店の話しでは無いですが、最近では刀削麺を切り出すロボットもあるとか、これまたびっくりです。

三越や高島屋のイベントでしか食べられなかった刀削麺が、松山でもいつでも食べられるようになったときは、とてもうれしかったものですhappy01
麺の端っこの食感が、時々無性に食べたくなるのですdelicious

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/59051343

この記事へのトラックバック一覧です: 永和で刀削麺 :

« ふくみ寿し  | トップページ | カルコバのカレー  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2