ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月27日 (木)

カルコバのカレー 

北条にあるこだわりのカレー専門店restaurant

30Kg以上のダイエットに成功した脱めたぼさんの、

愛媛マラソン応援のため、AZAさんと電車で北条駅まで来ています。

17km過ぎのチェックポイントを過ぎた雄姿を見届けたら、

お腹もすいたし、次のポイントはまあいいかcoldsweats01ってことで、駅前に戻ります。

Dpedscn5729_355

風早カリーのカルコバ restaurant

店の前には、

そのカリールーができてから何日目notesかが書いてあり、この日は4日目。

Dpedsc_0003_352

手前は、自家製ポテトサラダ 300円

しっかりとポテトの食感を残した、やや酸っぱめの味付けsmile

奥は、今治のタコとクスクスのサラダ 300円

初めて口にする食べ物ですが、クスクスの小さいつぶと

豆のあまさ、タコの歯ごたえが、異国のものとは思えない親しみdelicious

お待ちかねの、

Dpedsc_0013_353

ハンバーグカリー 800円

迫力の登場です good

ルーにも肉のミンチが溶け込んでいて、食べ応え十分。

最初はなんともないのですが、ジワリと汗がにじみ出てきて、

スプーンの動きが止まらない魅力なのです。

ハンバーグは、このあと一人前で売り切れだったみたいで、ギリセーフok

さて、

Dpedsc_0022_354

おなかいっぱいで、こあせもかいて満足した後は、JRで帰松 train

天気もいいし、JRで近場の小旅行って、けっこう楽しいのです happy01

2014年3月24日 (月)

永和で刀削麺 

天気のいい休日sunは、飲食店情報を足で稼ぐために市内をうろうろrun

平和通りを歩いていると、

Dscn5571

噂では聞いたのですが、刀削麺専門店の溢香が閉店しています weep

Dscn5572

平和通りを道後に向かって進み、中華料理「永和」平和通り店へ。

Dscn5575

これも、噂には聞いていましたが、

永和のメニューに、溢香の刀削麺メニューがそのままプラスされていますhappy01

20140126_115015

醤油刀削麺 550円

もちもちの歯ごたえに、麺のエッジにびらびらがついて、

場所によって舌触りが違うのが、な~んか癖になる快感 happy02

Dscn5577

プラス200円で、半チャーハンセット

これからも、ここで刀削麺を食べられるのはうれしい限りなのですgood

2014年3月22日 (土)

ふくみ寿し 

「としより二人 がんばって 営業中」scissors

Dscn5688

こんな看板に引き寄せられて、

Dscn5684_2

本日の二軒目は「ふくみ寿し」です。

Dscn5689

カウンターと、小上がりに、奥に広めの宴会場まである広い店内。

Dscn5704

小上がり奥にある、こたつスペースに陣取り、

「いけちゃん、ここはすごいなあ~」と、

専務のテンションが、いつも以上に上がっています up

Dscn5703001

いりこ酒

だしの代表格なので滋味がしみだして、香も増してくいくいといけます smile

Dscn5705

ホワイトボードには、今日のおすすめ。

さっそく、お勧めの中から、

Dscn5692

タコ煮付 500円

さっと煮た仕上がりのやわらかい歯ごたえで、さすがすし職人の大将。

淡々と仕事をこなしていくおかみさんとのコンビが、最初の一行につながります。

Dscn5709

アゲダシドーフ 400円

専務はこれで、その店の力量を計るとおっしゃるのですが、

小ぶりで軽く揚がった表面と、甘めのタレのバランスに満足のご様子です。

Dscn5720_2

このストーブ、なんか昔見たことあるなあ~ spa

ここ、昭和博物館です。

あれ、そういえば、寿司を食べてないので、

お次は寿司までたどり着かんといかんですね。

2014年3月20日 (木)

我家茶間 やまもと 

地元の人でも知らないような、見つけにくい場所 eye

ワンコインのランチや、三津の市場から直送の魚料理がおいしい

素敵なお店にご一緒しましょう。

今日は、久しぶりに専務と居酒屋探検 run

伊予鉄三津浜駅を降りて、専務の記憶を頼りにsign02目的地を探します。

Dscn5645

途中、目に入った模型屋「パキ・ドン」にいったん吸い込まれます。

壁と棚一面にぎっしりと箱が積んであり、人ひとりやっと通れる通路。

ガンダムや軍艦関係のプラモデルが、めちゃくちゃ充実しています。

さて、

社会勉強を終え、店を出た後、なかなか見つからんなとさまよっていると、

途中合流予定のいっしゅうさんから、お店の場所を示したメールphoneto着信。

すぐにスマホのGPSで検索shineすると、

自信たっぷりに歩いている専務が向かっている180度違う方向を、

矢印が示しています sweat01

きびすを返し、

Dscn5646

細い道を、だいじょうぶかな?とナビに従って歩いていると、

Dscn5650

「我家茶間 やまもと」に無事到着sign01

カウンターには常連さん二人が座っており、奥の部屋に通されます。

Dscn5652

シックな店内にエアコンが効いて、暖まったころに、いっしゅうさん合流。

「いっしゅうさんからのメールが無かったら、まだついていなかったと思いますよcoldsweats01」と伝えると、そうだと思ったとのお返事。

いつもながらの、この親切なお心に感謝です。

さて、

Dscn5656

メニューは、こんな感じ

Dscn5667

「鶏もつ煮込み 400円

酒のつまみらしく、ちょっと醤油を効かせたしあがり。

「タラの子煮付 500円は、中からふっくらとした子が出てきて、

舌の上でねっとりととろけます。

Dscn5653

各地地酒で、くいっと流し込みましょう bottle

Dscn5673

刺身の盛り合わせには、活かしのイサキがのっていて、プリプリdelicious

Dscn5675

サービスでいただいた、ほうたれの天ぷら

ほうたれとしては大振りで肉厚。

アツアツのところを、サクッといただき、ホクホクの蒸し揚げ状態。

行儀悪く手でつまんで、二つ三つと口に吸い込まれます。

東北の日本酒bottleで、ほろ酔いになったところで、

これもまた、とってもディープな二軒目のお寿司屋さんに向かうのです。

へへ、今日はかなりいい感じですよ smile

2014年3月15日 (土)

富そば@砥部 

続いて一行は、二年半ぶりに砥部町の「富そば」へ note

Dscn5612

落ち着いた雰囲気で、のんびり注文をします。

Dscn5614

最初に薬味が登場。

Dscn5620

「せいろ盛り840円は、こちらのデフォルトで、最初から二枚セットscissors

カツオの効いたやや甘めの出汁で、

しっかりした歯ごたえと腰のある麺を、たぐります wink

食後は、出汁に蕎麦湯を入れて、七味を加えるのが富そば流。

柑橘皮のきりした香りが、何とも言えない癒しを与えてくれます。

腹からすっかり体が温まり、休日の最高のひと時なのですhappy01

2014年3月12日 (水)

ぎやてい@砥部 

砥部にある、ボリュームたっぷり本格手打ちうどんgood

Dscn5602

「ぎやてい」

今日も、いっしゅうさん、AZAさん、としさんと、

松山近郊を、軽めのsweat01麺ツアーに出かけています rvcar

Dscn5605

日曜昼過ぎのお店は、回転良く回っています。

入り口横の券売機で食券を買ったら、お冷をいただきながらしばし談笑。

ほどなく、完成したうどんがカウンター越しに渡されるので、

そこで、ネギや生姜などの薬味をのせて、席まで運びましょう note

Dscn5607

ちくわのトッピング 100円

表面は軽めに上がっていますが、中はもっちり delicious

Dscn5610

かけうどん 300円

麺は、やや太めで適度な歯ごたえ。

やや甘めの出汁と一緒にゾゾゾと啜りあげます。

うれしいボリュームで、歯切れがいいので、滑らかにいくらでも喉を通過 clover

味見をさせていただいたAZAさんの温かいかけは、

ラー油の香りと、あとからじんわりとやってくるピリ辛感が癖になります。

さあ、

胃袋のエンジンがかかった一行は、二軒目へと車を走らせるのですrvcar

2014年3月 8日 (土)

カフェテリア KONG 

今日は、娘とふたりでふらりと郊外へ rvcar

インドネシア料理と大きなドッグランが目玉の「KONG」に突入します。
Dscn5513

建物はちょっとした体育館なみに大きく、ちょっとびっくり eye

もともと体育館だったところを改造したのでしょうか?

ドックランを目的に、最初からこの建物を建てたのであれば、

オーナーさんは、かなり気合の入ったワンちゃん好きの方だと、想像します。

Dscn5516

ガラスで仕切られたかなり広いスペースにドックランがあり、

次々と愛犬を連れた常連さんが訪れてきます。

年配のご夫婦、おひとり、家族連れなど様々な顔ぶれが、

ペットを通して和気あいあいと交流されています notes

建物の後ろには、外にもつながるワンちゃんスペースがあり、

かなりの奥行きがあります。

さて、

娘は「かわいい~」と、犬を眺めて喜んでいますが、

私の目的は、100%インドネシア料理restaurant

Dscn5535

ナシゴレン 750円

全体的にしっとりとした仕上がりで、中までアツアツで登場 spa

少しづつスプーンにとって、冷ましながらいただくと、

ピリ辛で複雑な香辛料の香りが立ち上ります happy02 good

後半は、黄身と混ぜながらマイルドにして、夢中に完食 delicious

Dscn5530

ワンちゃんも気になるのかな?

ドックランのスペースでも飲食はできるし、

メニューには、なんとワンちゃん専用のプレートまで dog

ペット連れの方と、私たちのように食事だけをする人のスペースは入り口も違い、その間は完全に仕切られています。

Dscn5546001

ソトアヤム 880円

チキンスープにカレー粉を溶かし込んだようなスープ spa

しっかり皮目を焼かれたチキン、ゆで卵、茹でキャベツなど

具だくさんで、レモンを絞っていただきます。

見た目よりしっかりスパイスと出汁が効いており、

春雨に吸わせながら、つるつる入っていきます。

本格インドネシア料理をいただきながら、

ガラス越しにワンちゃんたちが遊び姿を眺めるのは、

ペットがいなくても、けっこう楽しいものです。

ここ、ちょっと癒されるのです wink shine

2014年3月 5日 (水)

アムールでモーニング

バタバタとした平日から解放された喜びを、私がもっとも感じるのは、

休日朝のモーニングをいただく瞬間 diamond

20140125_102704

南堀端から高島屋の方にすぐ入った花園町にある

「アムール」は、8時からモーニングが食べられる貴重なお店です。

20140125_102054

A-Dのセットから、

20140125_101406

丸いホットドックが二個ついたDセットをチョイス good

ホットコーヒー+250円で650円。

20140125_101426

カットされたパンの上には、アツアツのソーセージ。

表面がパリッとトーストされたパンとともにかぶりつきます。

下には、軽く火が通ってしんなりしたキャベツの千切りが詰まっており、

肉のうまみとキャベツの甘みが甘辛のソースでまとまります。

そこにコーヒーcafeをぐいっと流し込んで香りが湧き上がると、

「ああ、今日は一日何して過ごそうかなあ」と、幸せホルモン分泌sweat01

高島屋や三越の企画展、美術館から図書館めぐり、

公園でのんびりと日向ぼっこ、ジムで水泳など選択肢が浮かびます。

中でも私が一番好きなのは、入ったことのない飲食店を探して、

お城を中心に足で探索 run

そのまま、お昼ご飯に突入して昼寝sleepyをしたら、

休日はあっという間に終わってしまうんですよね~ smile

2014年3月 1日 (土)

三津の朝市 春の陣

Photo

今日は三津の朝市があるとの情報を、moscatさんに書き込みで教えて頂き、、

いつものようにいっしゅうさんと、電車で三津にtrain向かいます。

Dsc_0125

会場は、伊予鉄三津浜駅からしばらく港の方に歩いた卸売市場。

駅から歩いている人がほとんどいないので、

日にちを間違ったかcoldsweats01と一瞬思ったのですが、会場前には、車の列。

中に入って気が付いたのですが、そこで何かを食べるというよりは、

市場に新鮮な魚を直接買いに来るという方が多く、必然的に車rvcarって訳。

Dsc_0070

初めてきましたが、三津の市場は広いなあ happy01

Dsc_0075

ポップには出ていなかったので、別企画での来場なのでしょうが、

松岡修造さんが、うどんを食べてレポートされています。

背が高くて、顔も小さく、体もシュッと引き締まっていて、

私が勝手に抱いていた二枚目半のキャラではなく、

とてもカッコいい方でびっくり wink

Dsc_0077

と、いう事で、かれが美味しそうに食べていたうどんで腹ごしらえをして、

会場を見て回りましょう run

Dsc_0115

今日はいっしゅうさんの可愛いお孫さんと三人連れ。

人ごみの中に入ると、私がはぐれないようにいつも探してくれる、

やさしくて、子どもらしい笑顔の良い子です diamond

Dsc_0086

丸万さんがだしている、松山鮨

オニギリ型になっているやつを、悩まず買えばよかった happy02

Dsc_0097

お孫さんは、知り合いの方から頂いたお菓子を食べながら、

Dsc_0099

私のことを「おじちゃん」と呼んでくれます。

おじちゃんと一緒に、大きな魚に大興奮 lovely

Dsc_0116

マダラもトロ箱いっぱいの大きさ。

Dsc_0124_2

この太刀魚、指6本以上!

Dsc_0093

このサザエやアワビも、二回目に前を通ったら、ほとんど売れてます。

このエリアに、高知のひろめ市場みたいな、

食べて飲めるところを造ろうとの話もあるようですが、

なかなか現実的には進んでないとのこと。

こんなににぎわっているので、

せめて一般公開の市場だけでも、月一か週一くらいでやってくれたら、

昔住んでいた山陰の境港みたいな感じで、いいのになあ~fish

次は、絶対に車で来て、なんか一本大きな魚に挑戦してみようっと。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2