ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 竹ばやし  | トップページ | Paradiso @Ecafe »

2014年2月17日 (月)

そば 町谷

さて、

甘南備号は、ゆっくりと桜三里超えて重信方面に戻ってきます。

20140119_130531

二軒目の「町谷(まちや)」は、東温市国道11号線沿いにある田舎蕎麦の店。

20140119_130554

地元産にこだわったお店で、店員のおばさんたちも活気notesがあります。

20140119_130657

地元産こんにゃくを使ったおでんは、人工的なプッツンとした歯ごたえではなく、

ゆっくりとかみ切れる食感。

きめの粗さと全体の柔らかさが、おでんのつゆをしみ込むのに最適happy01

甘い味噌たれをつけていただきます。

20140119_131143

桜三里の水で育ったあきたこまちを、大きめにふんわり握ってあり、

軽く上下の歯で挟むだけで、はらりと解けるように口で広がります。

噛み進めると、塩気がコメの甘さを引き出してくれ、しあわせ~~happy02

20140119_131506

蕎麦は太めで、折りたたんだ角が残っているくらいの固さ。

きっちり効いたかつお出汁に、ちょっと多目につけて、

両方の奥歯でしっかり噛みながら、鼻にそば粉の香りを抜いていきます。

十数年間住んでいた山陰でよく食べていた、

わりごや皿そばの麺に似ているので、ひさしぶりだねっpaperって感じで、

親しみのある味わいです。

20140119_132657

としさんは、店の近くの地産店のどぶろくに興味津々。

一番右のピンクは、麹自体の色だそうです。

さてさて、

「蕎麦は、うどんより腹にこたえるなあ」ってことで、蕎麦ツアーはここで終了。

でも、三津まで行って、踊るうどんで中盛りを食べたことは、

ここだけの話にしておいてくださいね wink note

« 竹ばやし  | トップページ | Paradiso @Ecafe »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

うちの子供はここのおにぎりが好きで
あの大きいものを2個食べます。(゚ー゚)
数年前にここのどぶろくを戴いたのですが
常に発酵していて微炭酸の刺激がいいです。
どぶろくってペットボトルで作れるようで
今度挑戦してみようと企んでいるところです。

ここのおにぎりのおいしさがわかるって、さすがお父さんのグルメの血を継いでいますねwink
わたしも、ほんとうにおいしいと感じましたsmile
どぶろくが完成した暁には、ぜひ味見させてください。
そう言えば、あの日からもうすぐ1年ですねwobbly
http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2013/04/post-bf1f.html

東温はどぶろく特区ですけんねー
「どぶろっく」じゃないよ^m^

もしかしてだけど、
県内には宇和島市、東温市、内子町、鬼北町の四つの特区があるんじゃないの~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/59015924

この記事へのトラックバック一覧です: そば 町谷:

« 竹ばやし  | トップページ | Paradiso @Ecafe »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008