« utaco drip | トップページ | 萬ぼうの、移転新装開店 »

2014年2月 5日 (水)

Nくんの会@寿浬庵

昔の同僚Nくんを中心とした人脈で、

同世代異業種男子4人で立ち上がった「Nくんの会」

第二回目の幹事は私で、自宅houseかと思うくらい通っている「寿浬庵」を選択。

奥の座敷が、昔の駐車場をぶち抜いて広くなり、ゆったりと過ごせます。

Dpedscn5447_335

「生かき」

大将がとっておきの産地から取り寄せ、

ひとつひとつ仕込みで殻むきしているこだわり。

ぷりっとした豊かな身からは、磯の香りが一気に放たれます happy01spa

年末年始、この牡蠣を30個は食べていると思いますが、

そのせいか風邪もひかずに乗り切れた気がします。

さて、

Dpedscn5452_336

揚げたてでアツアツ、中心はちょっとレアーの肉汁怪獣crown

このわらじのような、柔らかい「牛ヒレカツ」も600円。

いつも大繁盛で待つこともありますが、

余裕のある時は、ピークの去った9時以降の入店もおすすめですscissors

実は、

日本酒bottleの揃いもかなり良くて、飲みすぎてしまいます。

あの品薄の獺祭ですら、一杯600円なのが寿浬庵マジック drama

Dpedscn5460_337

〆は、イクラ丼(600円)に、板ウニ(600円)を半分のせて、

900円のウニ・イクラ丼を勝手に作り上げます。

大将が筋子から丁寧に仕事をしているので、

一粒一粒が出汁を吸い込んでパッツンimpact パッツン impact

これをワシワシとかき込む快感は、罪悪感さえ感じますsmile good

酔いもまわり、話もくだけて盛り上がっています。

積極的なM君が、

「次回からは芸術的要素eyeglassも入れて、N会を発展させていこうgood

張り切っています。

私は、

「野郎だけじゃ、むさくるしいけん、女性メンバーboutiqueも誘おうや」と、

至極まともな意見を主張します。

さて、この会はどんな展開になっていくのでしょう?

« utaco drip | トップページ | 萬ぼうの、移転新装開店 »

和食」カテゴリの記事

コメント

安くていいお店の様ですね。
900円の丼なんて最高じゃないですか。
街の中心部だとこうはいかないでしょう。

獺祭が全国で大流行ですね。

あ~行きたい、食べたい、飲みたい寿浬庵さん!
新鮮・安い・上手い★三拍子そろったお店ですね。
こんなお店が近くにあればいいな~♪

こちらのメニューは600円以上のものがありません。このウニイクラ丼も、こちらが勝手に、600円のイクラ丼にウニ板一枚600円の半分をのせたものですhappy01
獺祭もいいですが、私は山陰地方の鷹勇やこなきを飲んでいますpouch
機会があれば、ぜひ!

この店の最大の欠点は、CP,味とも良すぎて他の店に行けなくなることですwink
お近くにお越しの際は、ぜひともgood

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/58963289

この記事へのトラックバック一覧です: Nくんの会@寿浬庵:

« utaco drip | トップページ | 萬ぼうの、移転新装開店 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009