ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

しんで、愛媛うどん部新年会 

まーな師匠と、その弟子が集まる「愛媛うどん部」

Xdscn5466

師匠おすすめの「しん」で、新年会です。

Xsdim1961

持ち込みの西条の天然海苔は、磯の香りが凝縮されており、

自然の迫力を感じさせるインパクトで、新年らしく酢のものでいただきます。

今日はブリ尽くしfishで、飲み物込の4,000円。

和風タタキに続いて、

Xsdim1976

メインのブリしゃぶが、見事な美しさで登場 fuji

Xsdim1989

シンプルな出汁に、たっぷりの野菜を入れてひと煮立ち spa

Xsdim1994

鍋の真ん中の沸騰した部分で、しゃぶしゃぶしゃぶと三振り notes

表面に軽く霜がふったようになった瞬間にとりだし、

たっぷりのネギと一緒に、口の方から迎えに行きます。

うわっ happy02 

上品な脂がジュワっと広がり、甘みを残しながら消えていきます。

食いしん坊の弟子たちも、しばし言葉を忘れて一心にしゃぶしゃぶ shine

Xxsdim2009

最後は、焼きおにぎりに炙ったブリをのせたものに、

たっぷりのわさびを入れて、鍋の出汁で溶かしながらさらさら delicious

師匠をしたって集まったアットホームな雰囲気で、

最後は笑顔の素敵な大将と雑談をしたり、ちょっとお酒をねだったりして

体の芯から温まった部員たちの笑い声は絶えません notes

残念ながら、この愛媛うどん部も1月末で解散活動休止の方針。

愛媛うどん部さん、いろいろとありがとうございました wink

2014年1月27日 (月)

麺屋 なかむら 谷町店 

街中の締めのラーメン noodle の代表的なお店の一つで、

20140104_111349

あっさり塩味でファンの心と舌を鷲掴みにしている「麺屋 なかむら」が、

谷町で昼も食べられるお店を出したと聞いて、突入です run

ラーメンは塩、醤油、ピリ辛、カレーなどから選択可能。

街中の本店では塩を食べており、カレーは何回か売り切れに遭遇しているので、

今日こそカレーと考えたのですが、やはり初回はデフォを選びます。

20140104_111924

塩ラーメン 690円

細めのツルツル麺に、程よい塩梅と心地いい余韻のコク delicious

これからは、この味が昼から食べられると思うと、ワクワクします。

20140104_111935

セットでお願いした、半チャーハン+200円

厨房の奥から、三番町の北京で聞こえるような上級の中華鍋の音 notes

パラパラと柔らかいご飯に、ふんわりと卵が絡みついており、

口の中でここちよい香りを放ちながらほどけていきます。

ここのチャーハン、かなり好き good

次は、カレーラーメンと頂こうと、ワクワクがドキドキに変わるのです。

2014年1月24日 (金)

川新@長浜

普段は、一緒に食事をすることなどはありえないライバル同士impact

ふたを開ければ、業績、転勤、家族のことから将来への展望など

多くの共通点があり、仕事抜きでその辺をとことん語り合う、

その名もpunch 「ガチの会」  bomb

Dpedsc_0028_334

今夜は少し遠出をして、長浜「川新」で二回目が開催されます。

Dpedsc_0003_327

フグで有名な店ですが、料理+酒4,000円でお願いしているので、

「皮はぎの刺身」でスタート。

肝を溶かしたポン酢につけて、あっさりコリコリ delicious

Dpedsc_0011_329

小柄ですが、煮付けのなかでは一番好きな「メバル」

ほろりとした身離れと、漁師まちらしいさっとした味付けが最高 scissors

気分だけでもフグを味わいたいので、「ヒレ酒」を追加。

しっかり予算内に収めてくれる太っ腹なお店です。

Dpedsc_0015_330

店の外のいけすに泳いでいた「アジの中華風」

さっくり揚がっているので、頭からしっぽまでサクサク delicious

Dpedsc_0018_331

新婚の新人さんは、旅行中のフェリーの中で奥さんと知り合ったロマンチスト。

彼に触発されるように、ほかのメンバーも若い時の恥ずかし話で盛り上がっていると、あっという間に〆のとろろご飯が登場。

サザエの苦味をアクセントに、官能的な舌触りと香りcatfaceに酔いしれいます。

Dpedsc_0024_333

最後に、これでもかと「鳥のから揚げ」

そして、小さいシュークリームのデザートが可愛い心使いですwinkclover

言い出しっぺの一人の転勤が決まり、2回目にして送別会も兼用。

メンバーは楽しいし、盛り上がっては来ているのですが、

さて3回目はあるのでしょうか?

2014年1月20日 (月)

鳥ぎん@花園会 

大洲の食べ物好きが集まった「花園会」 cherryblossom

Hideさんや、おっさんのブログを見てからの参加者が増加 up

最近は、常に10人を超える大所帯scissorsに盛り上がってきています。

さて、

今日は大雨のなか、山道を入っていきます。

Dpedscn5032_323

「鳥ぎん」さんは、かつて市内で営業されたいた焼き鳥屋 chick

うっそうとした山の中でお店を移転して、十数年のお店です。

コースをお願いして、いつものように突入です run

Dpedsc_0372_318

イノシシの心臓のタタキ

驚くほど柔らかい肉質で、噛んでいくにつれ滋味深い味 delicious

ネギとニンニクが効いていて、癖もなく箸が止まらない珍しい一品です。

じゃこ天サラダに続いて、お待ちかねの、

Dpedsc_0385_319

串盛り

タレは甘みを抑えたコクの深い味わい。

つくねも軟骨入りが主流になっている今となっては新鮮に感じる肉の塊。

柔らかい食感と肉自体のうまみを楽しめますsmile

後半は、鳥のから揚げ、アスパラの豚肉巻などに続いて、

Dpedsc_0408_320

手羽先

表面はしっとり、全体的にふっくらと仕上がってます。

この骨を手でつかんで歯で引きちぎるときって、

一瞬、縄文時代からの遺伝子がざわつきませんか thunder

Dpedsc_0419_321

最後の楽しみは、釜めし happy02 scissors

Dpedsc_0432_322

もっちりふっくらと炊きあげられた銀シャリは、甘みを感じます。

釜と接する部分が程よく焦げており、えも言われない香り catfacespa

コースも、単品も予約制。

場所も中心地からは離れており、歩いて行くのはちょっと遠い距離。

マイペースでのんびりと営業されているからこそのゆったり感。

団体での予約をおすすめします pencil

2014年1月17日 (金)

AJI10(あじと)

麺もスープも店内で自家製 happy01

chickをベースとしたラーメン専門店が大洲に旋風を巻き起こしています。

Dpe20131128_140342_316

「AJI10」は、高速大洲インターを降りて右折してしばらくすると、

ダイレックスと同じ敷地内に現れます。

Dpe20131128_133642_313

このときは開店間もない時期だったので、ウエイティングリストに名前を書いて、

自家製麺の機械を眺めながら、期待を高めます good

20131128_134258

つけ麺一種類に、ラーメン二種類。

それぞれにチャーシューをたくさんのせたバリエーションが選べます。

Dpe20131128_134729_314

「香味鶏ラーメン 600円

厨房では寸胴からはみ出さんばかりに、鳥がらが投入されており、

スープはコクを残しながら上品に仕上がっています。

表面がつるりとした細縮れ麺の優しさとのバランスが最適 delicious

Dpe20131128_134833_315

「鶏白湯チャーシュー麺 850円

スープは鳥味濃厚で、お米がほしくなります。

丼が深いので、最後まで冷めずにたっぷりの麺を絡めながら堪能。

65度の真空状態で調理したチャーシューは、

うまみが閉じ込められており、とてもやわらかい触感 smile

赤身が残っていますが、しっかり火は通っています。

半分このままで柔らかさとレア感を楽しみ、

あとの半分は丼の底に沈めておいて、違う温度帯で味わいます。

サイドメニューも充実しており、

Dpedsc_0437_309

柔らかくて肉々しいその名も「肉汁餃子 十ヶ400円

小さい肉汁爆弾bombが、口腔内で爆発し、生ビールぎゅい~んbeer

Dpedsc_0461_310

女性のこぶしくらいはある、「からあげ 三個300円

外側は歯の立て方を一瞬考えてしまうくらいカリカリ。

大きくても味が詰まっており、専用のスパイスでバリエーションをつけます。

+200円で、からあげ2個+ごはん平日11-15時限定セットもかなりお得。

shine これからの進化も含めて、かなり楽しみなのです shine

早速、この時からラーメンのメニューが一部変更になってますよwink

 

2014年1月14日 (火)

燕 

今夜は、ちょっと前から気になっていた、

街にできた新しい九州ラーメン系のお店に、〆の突入です noodle

Dscn4950

「燕」は、北山軒の近くにできたラーメン屋さんで、

松山ラーメンの看板は、まえに在ったがんばりやのなごりです clover

Dscn4953

まず、デフォルトの「豚骨らーめん650円

あっさりした九州豚骨系で、定番の細麺に絡みます。

飲んだ後でも、すっきり入る食べやすさ。

Dscn4958

そして、冬季限定で売り出し中の「赤燕あかつばめ750円

一日30食限定 sign01

結構辛いですよ!といわれましたが、私にはそこまで困ることのない辛さ。

基本のあっさり豚骨は残っていますが、

唐辛子が加わることによってコクが際立ちます wink

松山にまた一つ九州ラーメン系ができて、

九州育ちとしては、どんどん発展していってほしいのです noodle

2014年1月11日 (土)

最近感激したこと 3つ

遅筆なので、忘れないうちに最近感動したことthree

1.内子の観光に対する姿勢がエライ happy01

Dscn5446

先日、内子に小春団治の落語会を聞きにいったのですが、

Dscn5424

この町にきていつも感心するのは、

イベントの時に、役所が駐車場をわかりやすく解放していること。

Dscn5435

上芳我邸も新しくなって、グレードアップした通りには、

Dscn5439

噂の、

Dscn5440

ドイツの方がやっているドイツ料理の店、発見。

こんど、夜に気合入れて行かんば run

2.海鮮とんこつ家 新メニュー

20131229_113759

「追い煮干し 中華そば」 noodle

20131229_112525

書いてる通りにして食べたら、

20131229_114108

コク深煮干しと、ピリ辛ミソが、一杯で楽しめてうみゃ~~。

辛子味噌はかなり辛いので、ちょっとずつ溶かさんばよ smile sweat01

3.グーグルの車の大群に会った。

20140109_131522

大洲の愛たい菜にいったら、

Googleマップのストリートビューを撮影する車の団体に遭遇。

撮影許可をお願いしたら、「外はいいけど、中はだめですよ」

車内には、どがん秘密があるとやろうね  smile shine

2014年1月 8日 (水)

華泉

ここは松山notes 二番町と八坂通りの交差点 note

昔の職場でいっしょだったNくんが、大切な友達を紹介してくれるというので、

Dpedscn4886_211

彼の行きつけの「華泉」に向かいます。

Dpedscn4888_212

豚珍行の前の玉井ビルの二階に上がっていくと、

カウンターと個室数個の、こじんまりと落ち着いた雰囲気 wink

先に来ていた彼らに急いで挨拶をして、乾杯です delicious

Dpedsc_0003_203

突き出し

ほうれんそうと蟹が上品な出汁に包まれており、

しゃきしゃきした歯ごたえと、すっきりした切れの良さに、期待が高まります。

Nくんの友人Mさんは、彼の高校の同級生。

スーツが制服のカターイ仕事をされており、

所作と言葉使いの一つ一つから、社会での鍛錬がにじみ出ていますdiamond

Dpedsc_0008_204

刺身盛り

弾力性のあるタチウオの身からは、ほんわりした香りが立ち上ります。

Dpedsc_0016_206

真ん中の半透明な天然鯛で、ほのかな甘みと乗りはじめた脂を堪能 catfaceshine

Dpedsc_0013_205

右下のしま鯵は、ねっとりとしたうまみで、わくわくしてきました。

福島の純米酒を合わせながら、ゆっくりと席があったまります。

笑顔の素敵な元気のいい女将に伺って酒を選んだのですが、

自己紹介すると、うちの奥さんともプライべートで面識があるようで、

改めて世間の狭さを痛感します。

Dpedsc_0026_207

ほごの煮付け

身離れのよいほくほくした仕上がり。

あっさりした味付けで、骨の髄まで吸い付くしましょう delicious

Dpedsc_0027_208

サワラの焼き物

表面の脂ががてかりを放っています shine

箸を入れると、閉じ込められたうま味エキスがはじけます。

焦げ目の香りも調味料にしてしまう大将、職人ですね good

付け合せの、あっさりしたかぼちゃの寒天寄せで箸を休めます。

話題は、

Mさんの東京時代のはなしや、松山に帰ってこられてからも

それまでの人間関係を上手に使って、イベントを展開してきたことなど、

世の中の仕組みに疎い私には、刺激的なことばかりです。

Dpedsc_0036_209

湯葉にまかれたエビが、X状にピーンと立っています sign03

上下の歯で挟んで、外側のカリリと、身がプリンとはじける瞬間最高sweat01

先につけた塩が、エビの甘みを浮き立たせます。

Dpedsc_0041_210

〆は、山椒の刺激とほどけるような米を、出汁でつつんでさらさら smile

味付け、タイミング、量とも、まさに絶妙。

大切な人と素敵な時間を楽しむのに、知っておくべきお店です。

料理の素晴らしさも手伝ってか、すっかり盛り上がった三人は、

「Nくんの会」の設立を宣言し、年内の二回目の日取りを決めるのですscissors

2014年1月 5日 (日)

うどん坊 

衣山を通るたびに気になっていたうどんやさん happy01

Dscn5041

今日は絶妙にタイミングが合って、「うどん坊」に初入店ですrvcar

Dscn5064

老夫婦と、その娘さんくらいの年齢の女性が切り盛りされており、

小上がり二席に、四人掛けのテーブル四席のゆったり構成。

Dscn5058

奥で、トントンと小気味よく麺を切る音notesを聞きながら、

おでんをいただき、ゆっくり待ちます。

Dscn5050

肉うどん 500円

柔らかくねじれのある細めの麺。

薄味で甘いあっさり出汁との優しいコンビ。

Dscn5055

鍋焼きうどん 600円

前半は、具だくさんで色とりどりの素材を、出汁とともにいただき、

後半は、卵を絡めながら、フーフーと楽しみます smile

外観が新しいので、比較的最近できたお店かと思いましたが、

店内は歴史を感じる、居心地のいいうどんやさんなのですsmile

2014年1月 1日 (水)

大人の日帰り遠足 久礼大正町市場 

fuji  明けましておめでとうございます fuji

2006年1月から始めたこのブログも、もうすぐ8年が過ぎ9年目に突入 run

振り返ってみると、この8年間の1,200を超える記事に、

私からのお返事を含めて9,000件のコメントを頂戴しています。

ブログをしなければ決して知り合うことのなかった方々とのお付き合いも、

広く長く深くなり、最近は食の話よりお互いの家庭や健康の話。

縁とは不思議なもので、感謝して大切にしていかなければならないなあと、

年末にまた一回り大きくなったお腹をさすりながら、

新年の気持ちを新たにするのです smile

さて、

2014年の一発目は、青空の下、その友人たちと高知に出かけたお話です。

------------------------------

今日は天気sunがいいので、いっしゅう隊長の号令で、

33号線で高知まで遊びにきています rvcar

Dscn5218

まずは、定番。

Dscn5222

引地橋おでんで、体をゆっくり温めて、目を覚ましていきます spa

Dscn5274001

二時間ばかりで、おお!太平洋 fish

見渡すばかりの地平線と、全く島が見えない景色に圧倒 happy01

日頃不足ている日光を、大きな顔と体でめい一杯吸収ですsun

さて、

今日の目的地に向かいましょう run

Dscn5231

先ほどの駐車場から歩くこと1分。

漁村の中にある、リアル竜宮城探検の開始。

Dscn5233

普通の道で、おばあさんたちが魚の干物を売っています。

Dscn5235

diamond とうちゃ~く diamond

ほどなく「久礼大正町市場」の入り口が見えてきます。

Dscn5237

中には生の魚を中心とした地元の魚介類がわんさか。

昼時という事もあって、小さい漁村とは思えない人ごみです。

Dscn5240

ヤガラ、でか~ eye

魚や切り身を買って帰ることももちろんできるのですが、

お店にたのんで、ご飯とみそ汁代を払って場所を借りることもできます。

Dscn5244

「これと、これを、刺身にお願いしますwinkなんてお願いしておくと、

席が空いたら教えてくれるシステム。

Dscn5258001

うひょ~、刺身の大皿が登場 happy01 shine

定番のカツオのたたきは、お店が塩とニンニクスライスを付けてくれます。

はまちには、テーブル真ん中にみえるニンニクと味噌が効いたぬた味噌

今朝どれのあおりイカコリコリした食感 deliciousや、

醤油を多めにつけてをご飯にのっけてかき込みます。

きびなごの天ぷらや海草のフライなどにも、夢中。

お店ではアルコールは売っていませんが、

近くのお酒屋さんで缶ビールや日本酒をかって小宴会のはじまりです delicious crown

さて、

Dscn5263

お腹も膨れていい感じになったので、久礼の町並みをぶらぶら。

Dscn5269

でも、根がいやしいので、気がつけば西岡酒造さんで試飲、そしてお土産購入。

Dscn5271

砂糖、水あめ、小麦粉を練って焼き固めた「中菓子」

どんな味がするのでしょうね?

さてさて、

Dscn5275_2

締めは「はるのの湯」で、砂風呂 spa

人工的に造られたものですが、

すっぽんぽんに浴衣をまとって、男女とも同じ部屋に入ります。

めざし方式で、横並びに6-7人ゆったり並ぶことができる砂湯が二つ。

我々は順番に砂に掘られた穴に入り、上からたっぷりと砂でおおわれます。

熱いのと狭いのが嫌いなメタボおじさんには、ちょっと重圧感がつらいですが、

しばらく我慢していると、体中から汗が噴き出してきますsweat01 sweat01

「15分くらいで効果がでます」と説明されたので、15分で重たい砂を払い、

専用のシャワールームで砂を洗い落として温泉に入浴します。

家に帰って夜になっても、ポカポカとして汗がにじみ出ます。

漁村で魚食べて、初体験の砂風呂 spa

これ、最高の、最高なのです wink

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2