ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« お好み焼き わすれんぼ  | トップページ | なげやり、楽しい! »

2013年12月 5日 (木)

旬美亭からの、時安  

「お好み焼き わすれんぼ」で、軽めのzero(ゼロ)次会を済ませた一行は、

専務が「部室」といつも呼んでいるので、店名を思い出すのに苦労した、

Dscn4684

one次会会場、「旬美亭」に伺います rvcar

Dscn4690

いつものようにメニューはお任せで、一品目は芋たき風鍋 fuji

めちゃくちゃ具だくさんな上に、しいたけなどのキノコ、根菜と栄養たっぷりshine

体の芯から温まって、パワーが全身にみなぎります rock

Dscn4698

お次は、新鮮なせせりをコンロで調理 spa

さっと両面を炙った後にしっかりを通し、

最後は、山のように積み上げてじっくり焼き上げるのが好み。

自分で味付けするときは、塩はひかえ目です wink

サイズの大きな身を、ぐんぐんと奥歯でかみしめて、

鶏首の周囲のよく動かす筋肉の味をたのしみましょう notes

さて、

two次会は街中に移動して、「時安」 clock

Dscn4703

最初に専務が様子をうかがって、女将さんから入店ok許可。

Dscn4704

大将は、常連さんが脱サラして横ではじめた「なげやり」にいるようで、

店の奥では、なにやら指導らしき声 ear

この二店の間には、

Dscn4702

お地蔵さんがあり、

Dscn4707

大将は信心深いので、こんな心の広いことができるのだなあと、感心happy01

しばらくして、

Dscn4710

自分の店に戻ってきた大将と、ゆっくり雑談が始まります。

Dscn4720

ズリは、きっちり焼しめられて、塩コショウであっさり delicious

Dscn4725

こちらは、うずらを肉で巻いて甘辛タレで焼いたもの。

肉の香ばしさと、うずらの食べ応え、玉ねぎの甘さがナイスバランスscissors

Dscn4731

レバーも、しっかりサイズで、さっくりした歯ごたえと、ねっとりしたコク

最後は、

Dscn4736

出汁の上品なつるりとしたアツアツ茶碗蒸しで、おもてなし。

本日は、三軒とも鳥肉をいただき、焼き鳥星人chickとしては、最高の夜。

PS: それにしても「なげやり」、気になりますねsmile

« お好み焼き わすれんぼ  | トップページ | なげやり、楽しい! »

焼き鳥」カテゴリの記事

コメント

一軒目でせせりを食べた後に二軒目のせせりの山、こう来れば三軒目もせせりで攻めるかと思いきやさすがに出ませんでした。
それにしても鶏がお好きなんですね。
夏に駿河台へ行って以来焼き鳥屋さんには行っていません。
というか、素浪人の身はほとんど外食無しです。

大昔、義兄がやっていた店が、
この2軒のどちらかだったような気がします。
そんなこともあり「時安」さんは
遠くから見て気になっている店でした。
今度、伺ってみます♪

0次会・1次会・2次会・・・・・とこんなに鳥ばっかり食べよったらそのうち羽が生えるんやけんね。まぁ他の肉に比べたらヘルシーなんやけど、あまりにも量が・・・・ご愁傷様です。
寿浬庵の忘年会までには私も胃袋を鍛えて、最後の闇カレーまでがんばるけんね・・。ファイト

三軒目にでもせせりを頂いたような気もしますが、写真が残ってないので、たぶん食べていないのでしょうsmile
焼鳥はカテゴリーを作ってしまうくらい好きです。駿河台は内装があたらしくなったそうですが、そのあとですか?

あの一角だけ昭和にタイムスリップしたような外観ですよね。よこの「なげやり」も、本好きの方にはたまらないと思いますbook

羽は生えませんが、前足が生えてきておりますpig
この日は珍しくメンバー揃って休みだったので、ちょっと行きすぎてしまいました。
では、忘年会でscissors

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/58433457

この記事へのトラックバック一覧です: 旬美亭からの、時安  :

« お好み焼き わすれんぼ  | トップページ | なげやり、楽しい! »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2