ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

四川飯店、満腹撃沈(+o+) 

物心ついたころに食ッカーとらわれ、秘密基地に連行。

その時、腹の中に埋め込まれた、食べ物レーダーの赴くまま。

今日は、山越エリアをうろついています 

20131110_135019

Ken-ta-roさんおすすめの中華屋さんがあったとの記憶をたどり、

住宅地の真ん中で「四川飯店」を発見します。

店の前の駐車場の唯一空いているスペースに滑り込み入店。

日曜日2時前なのに満席で、リストに名前を書いて待つこと10分。

201311011_2

迫力の高カロリー系メニューに目を通していると、

一番下の「満腹セット」に目が吸い寄せられます 

女性の店員さんたちが、元気よく整然と店内を回しており、

ほどなく、

20131110_140553

「満腹セットA:麻婆丼、ラーメン、サラダ、トリ天 900円が登場

セットなので、それぞれ0.7人前くらいの量で組み合わされると思いきや、

こちらのセットは、普通の一人前以上が組み合わさっている大迫力

201311011

まず、普通よりややご飯も多目な、1.2人前くらいの麻婆丼。

やや甘めで豆腐もたっぷり入ったアンを、

レンゲでがつがつと米に絡めながら、吸い込むように胃に送り込みます。

20131110_140642

そして、セットになっている一人前のラーメンで流し込みます 

大食いの私も一瞬躊躇 

から揚げを間に挟むという、メタボ三角食べを駆使しながらどうにか攻略。

ふと、目の前の学生風のお兄ちゃんをみると、

ランチ(ドリンク付き650円)を注文し、ライス大おかわりしています。

今日のメニューは麻婆豆腐と鳥天で、これもまた魅力的 

大学のグラウンドがこの近くにあるそうで、体育会系のメッカのようです。

20131110_142012

強敵との戦いを終え店を出ると、2時過ぎなのに7~8人が外で行列

いや~、まだまだあるものですね、松山ガッツリグルメ 

この駐車場の充実ぶりにも納得なのです 

----------------------------

 今年も、「いけちゃんブログ」をご愛顧いただき、

 ほんとうに ありがとうございました   

来年も、「ダイエットと食べ歩き」の両立という幻の経典をさがして、

さまよう猪八戒がのんびりやってまいりますので、

引き続きのお付き合いを、よろしくお願い申し上げます 

2013年12月27日 (金)

ダイキ ワイン電車2013 

朝生田ダイキナーサリーにあるカリフォルニアワイン専門店「壱」

 開店壱周年イベント 

Dsc_0266

なんと、

市内電車を貸し切ってワインを飲むという企画に参加しています。

まずは、市駅前に集合 

Dscn5007

二本の6Lボトルが鎮座しています。

Dpedsc_0276_296

市長さんも来られていますが、偉い人は一両目の電車 

電車は二台用意されており、市駅ー道後間を二往復の予定 

Dpedsc_0305_298

会費壱万円を支払って、二番目の電車に乗り込みます 

Dpedsc_0322_301

高校卒業までのほとんどを長崎で育った私は、

今まで数えきれないくらい路面電車に乗ってきましたが、

車内がデコレーションされている姿を始めてみて感動です

さて、

Dpedsc_0329_302

グラスが倒れないのか心配ですよね 

机は床に固定されており、

グラスは、カードケースに切り込みを入れたものでテーブルに固定。

飲むときは手に持ち、飲まないときはこの切れ目に差し込んでおきます。

スタッフさんが考えられた、オリジナルアイディアらしいのですが、

ぜひ社長賞をあげていただきたいものです 

Dpedsc_0306_299

市駅を出発したら、

「DUCKHORN VINEYARDS Sauvignon Blanc 2012」

Dpedsc_0335_304

お弁当がついており、壱で売っているチーズなどのおつまみ主体

二両目は気楽なもので、車窓から外を眺めながらワイワイと盛り上がり、

Dpedsc_0337_305

まだ目的地の道後駅につかないうちに、

一往復目の帰りに飲む予定の「GOLENEYE Pinot Noir 2010」に手を付けます。

Dpedsc_0339_308

いい感じに揺られるし、非日常的な雰囲気も手伝ってクイクイ 

Dpedsc_0341_306

あっという間に道後駅について、トイレ休憩 

通常ダイヤの間を縫って走っているので、あまり時間がありません。

一往復目の帰りでは、

Dpedsc_0310_300

お待ちかねの「PARADUXX Red Wine Z Blend」

二往復目にあける指示が出ていますが、またまたフライング

Dpedsc_0355_307

二往復目の道後駅からの帰りには、そのPARADUXXも空いてしまい、

万が一の予備に用意されていた「GHOST BLOCK」まで完飲です。

一車両目はここまでたどり着かなかったらしいので、二車両目でよかった

今回の企画は、カリフォルニアにあるワイン列車をモチーフに、

松山でもと企画されたとのこと。

準備・運営はたいへんそうですが、定期化して観光の目玉や

忘年会の定番になれば、必ず人気の企画になるでしょう 

*本日登場したワインにご興味がある方は、ワインショップ「壱」まで

2013年12月23日 (月)

笑福で、ワインを飲む 

今日も今日とて専務のお供 

松山で評判のすし屋の一つ、東野の「笑福」まで歩いて向かいます

店に入ると、大きなカウンターに職人さんが並んでおり、

「ああ、すし屋に来たな!」って軽い高揚感 を覚えます。

奥の個室に通され、

Dpedsc_0044_277

本日の主役を眺めながら、上着を脱いでリラックス。

「REALM CELLARS」 Cabernet Sauvignon 2008 1500mL

Dpedsc_0050_278

「MOUNT EDEN VINEYARDS」 Cabernet Sauvignon-Estate 2009

「AU BON CLIMAT WINERY」 Mission Label Pinot Noir 2010

さて、

メンバーも時間通りあつまり、すし屋でワインを飲む会が開演です 

Dpedsc_0058_279

一品目は、「かぶ温スープ」

ふんわりした舌触りに、あっさりしたかぶの甘みと出汁の香りが広がり、

あっというまに消えていきます

上にのっているかぶの葉の苦味がアクセントで、

今夜はすごいことになるぞと、期待が興奮にかわりつつあります。

サワーなSANDHI Chardonnay Sta. Rita Hills 2011を合わせましょう。

Dpedsc_0067_280

「刺身盛り」

柔らさのなかに弾力のあるアジ

サクサクとした歯ごたえで、透き通った脂ブリハラミ

軽くあぶったタイラギ貝サワラは、旬のうまみが引き立ちます。

ねっとりとしたイカに、あまいウニを合わせて、たまらんとです 

Dpedsc_0070_281

「シメサバ」

ぶっとくて脂がのっており、しまった身が溶けます。

Dpedsc_0083_283

「里芋コロッケ」は、初体験 

やや大きめの丸い物体にサクリとかぶりつくと、

とろりと官能がねっとりと口いっぱいに広がっていきます。

小さくなって入っているミンチの肉味がアクセントに

これも、めちゃくちゃうまい  

Dpedsc_0087_284

「あわびのバター焼き」

肉厚でたわわとした身に、コクの塊の肝を合わせてレモンでさっぱり。

コリコリと奥歯でかみしめながら、幸せエキスを抽出 

カリフォルニアでありながら、ブルゴーニュスタイルで作られた

Au Bon Climat落ち着いた透明感と、舌の上でマッチします

Dpedsc_0090_285

「牡蠣の揚げ出し」

まさに瓢箪から駒の一品。

揚げることにより閉じ込められた牡蠣エキスが、

濃いめの醤油出汁と吸い込んで、口の中でその実力を一気に解放 

Dpedsc_0091_286

箸休めに、「サザエのくちばし」

出入口管にあたる部分を半分にカット。

コリコリを楽しんだ後に、磯の香りが一気に鼻腔に立ち上り、

海へと連れて行ってくれるのです。

Dpedsc_0096_288

「大将の実家の玉ねぎの天ぷら」も、驚愕 

なんとみずみずしくて、甘いんでしょう。

塩をつけて、大地の恵みをぐいぐいと吸収 

Dpedsc_0108_290

いよいよ真打REALM

フランス人醸造家ミシェル・ロランが、

セントヘレナの大地で濃縮感のある小さい実を育て上げ、

ミネラル感が加わった堂々としたゆるぎないワインを作り上げています。

Dpedsc_0111_291

タイラギ貝の薄皮の歯ごたえと塩気が、深みを増していきます。

Dpedsc_0117_292

すし屋さんで、芋天のトリオって、贅沢ですね 

手前のムラサキ芋はあっさり。

奥のサツマイモ、そして濃厚な甘みのアンノウイモと食べ比べ。

季節の芋をほっこりと揚げたやつを、思い切りかじって頬を膨らませます。

Dpedsc_0130_293

〆は、なんと漬物のにぎり寿司

基本に裏打ちされた大将の、食への遊び心に演出される最高の舞台。

もう、言葉がでないほど、満足なのです

*今回ご紹介したワインにご興味がある方は、

朝生田ダイキナーサリーの、ワインショップ「壱」へお問い合わせください。

2013年12月20日 (金)

上半で、ガチのてんやわんや

ライバル業者が集まった「ガチの会」

一色触発の緊張感を持つだろうと、この名前にしたのですが、

蓋を開けてみると和気あいあいとした流れになり、二次会に発展です。

二軒目は、

Dpedscn4853_176

JR松山駅ちかくの「上半」へ。

Dpedsc_0048_174

駅前らしく、地酒を組み合わせた「三種飲み比べセット500円

内容は、華姫桜、純、松山三井 

それに合わせるのは、「上半おすすめ三品セット980円

刺身三種盛り、日替わり小鉢、

そして、

Dpedsc_0058_175

「揚げたてのじゃこ天」 

真ん丸のかわいいやつを、口に放り込んでアツアツふんわりジュワ

さて、

日本酒と地元のおつまみでリラックスした一行は、

盛り上がりすぎて、三次会まで進展。

Dpedscn4863_177

「てんやわんや 久万の台店」

飲まない方の車で移動です 

Dpedsc_0076_180

純けい、かわ、たん、牛ロースなどを、どんどん注文 

どれもしっかり焼いてあり、塩気がきっちり

純けいは、鳥の味がと歯ごたえがしっかりしていて、お気に入り。

さてさて、

南予の食べもの話で盛り上がり、宇和島出身の方から、

串は「権兵衛」、おむすびは「ふるさと」(多分ここ?)がお勧めと伺い、

酔っぱらいながら、聞き逃さないようにメモをとります。

Dpedsc_0081_179

タンはしっかり焼しめられて、表面までうま味がにじみ出ています

鳥以外の焼き物があるので、バリエーションが楽しいですね。

さてさて、

その名に反して、和やかに盛り上がった「ガチの会」 

次はどこでやるのでしょうか?

はたまた、次回はあるのでしょうか  

2013年12月17日 (火)

ガチの会、酒肴あけ味からはじまる!

呉越同舟、四面楚歌、魑魅魍魎 

お互い顔見知りでありながら、ライバル同業者であるために、

普段は一緒に食事をしたり、飲んだりすることのない面々 

でも、実は働いているエリアや年代が似通っているので、

プライベートで会うと、本当はもりあがるんじゃないの?っていうことで、

その名も「ガチの会」が発足です。

Dpedscn4849_173

指南役を甘南備さんにお願いして、

一軒目はJR松山駅ちかくの「あけ味」へ 

店内は個室に分かれており、少~中人数の飲み会には最適の造り。

料理だけで2,000円のコースを予約していただいています。

Dpedsc_0004_164

突き出しの「きびなごのフライ」をつまみながら、乾杯 

カラリと上がっていて、サクサクといい香り。

この時期のきびなごって、いくらでもいけますね 

Dpedsc_0021_168

県外出身のメンバーが半分を占めているので、

「かめの手」の登場で盛り上がります。

「何匹の亀から採ってんねん!」と、ぼけるのは関西出身Nくん。

眼鏡コレクションが趣味で、縁の太いおしゃれなのをかけてきています。

関西出身の人がすべて面白いわけではないことを、教えてくれます

Dpedsc_0012_166

タタキになっているので、カンパチをサワラと間違えているのが、新婚Tくん。

得意の「勢いだけ作戦」で頑張っていますが、

スマホの中の超美人奥さんの写真をまわし見らて、

自分自身が、飲み会のサカナになってしまっています。

タチウオは、新鮮だからこその生であっさり 

イカも、ねっとりとしていて、すっきりした後味です 

Dpedsc_0035_170

揚げての「じゃこ天」は、やや甘めでふっくら。

未確認ですが、このラインナップからして大将は南予の方でしょうか?

Dpedsc_0018_167

鰹節でコクをました「焼きそば」

シンプルですが、麺も程よく炒められており、クイクイ喉を通過 

香川出身イケメンNくんは、普段とはちがい口数少なく合いの手側へ。

もうすぐ転勤も近いそうなので、次回は送別会かな 

Dpedsc_0028_169

脂が乗りはじめた「アジの塩焼き」

ほっくりした身を夢中にほじって、あっという間に骨だけ

Dpedsc_0039_171

先ほど刺身にしたものと思われる「イカげその天ぷら」

ジューシーさを閉じ込めた絶妙な火通り 

鳥のからあげや、ポテトフライは折に入れてお持ち帰りです。

Dpedscn4851_172

家族の方もこのブログを読んでいるので、

ここでは書けないようなことを中心に、話が盛り上がります。

さて、指南役の号令で、

ちょっと早めのタイミングで二次会へ移動開始なのです

2013年12月14日 (土)

万味鳥にはしご

AKIRA459で勢いのついた一行は、昔からの癖で食べ物屋に梯子

Dpedscn4777_163

笑顔の素敵なN君の先導で、彼の行きつけの「万味鳥(かずみどり)」へ 

一度見たら忘れない、顔相のよさそうな大将がお出迎え。

奥の桟敷に通してもらい、広めにゆったりします 

Dpedsc_0045_159

皮焼を中心としたラインナップを眺めながら、ドリンクオーダー 

まずは、

Dpedsc_0051_160

看板メニューの「皮焼」 

皮のカリカリと、身や脂のグミグミが共存しているタイプで、

今治風に甘めのタレで絡めてあります。

もうこの時間になれば、何を話したかまったく覚えていませんが、

そこにいて笑っているだけで、心地よい感覚に浸れます

Dpedsc_0062_161

「手羽万味揚 450円

クリスピーにかる~く揚げた仕上がりに、甘辛のタレ。

さくっと歯を立てて、骨膜ごと身と皮を食いちぎっていただきましょう。

サイズは違いますが、世界の山ちゃんに似ているとはN君の弁。

Dpedsc_0066_162

「親どり炙り焼 750円

最初から一口サイズにきってあるので、その中でも大きいのをパクリ

奥歯でぎゅんぎゅんと戦って、少しづつ攻略していく快感 

ハゴタエスキーとしては、たまりません 

N君によるとカウンターに座れば、

大将のつかず離れずの距離感が絶妙らしく、

次は、ちょっと遅い時間に一人できてみようかな 

2013年12月11日 (水)

鉄板AKIRA459

今夜は、久しぶりに前の職場の仲間と飲み会 

先輩も後輩もいますが、いつも幹事は私の役目なので、

Dpedscn4774_157

魚も肉もおいしいと聞いていた「AKIRA459」をチョイスします。

店に入ると正面にL字のゆったりとしたカウンターと、

奥に大きさの違う座敷が二つあり、奥の広い方に通されます。

Dpedsc_0004_149

きびきびとしていて、笑顔の対応の素敵なイケメンスタッフ揃いで、

店のやる気や気配りのレベル高さを肌で感じます。

Dpedsc_0008_150

一眼カメラにフラッシュ、小さいディフューザーとレフ版を取り出して、

一番ライトが当たる場所に陣取って、撮影のセッティングにとりかかります。

「デジカメで写真撮っていたのが、こんなに道具が増えたのですか?」と、

この話をもちかけてくれたK君が苦笑い  

Dpedsc_0011_151

「フラッシュをたくと、写真がきれいに撮れるんよ」と説明しますが、

「ふ~ん」って感じで、

カメラの撮影方法や写真には、あまり興味はないようです 

Dpedsc_0013_152

「牛たん塩焼 1,000円

奥歯でぎゅうとかみしめ、濃縮牛舌エキスをぎゅんぎゅんと抽出 

鉄板で、水っぽさが飛んで、香ばしさが増しています。

愛妻家のY君は、もうすぐ家が建つようで、仕事も家庭も脂がのりのり 

Dpedsc_0018_153

「刺身の盛り合わせ」

エッジがキレてますね~  

地酒と合わせて、徐々に酔度も上がってきます。

Dpedsc_0026_154

「甘とろ豚の生ラー油かけ 1,000円

焼しめられ香ばしくなった脂が、さっぱりピリリのラー油で後味すっきり。

気が付けば一番上の先輩が、入り口の近くで注文を取ってくれていて、

幹事としては、入り口に座るべきだったと反省 

とってもフランクな昔の雰囲気を思い出し、懐かし話に花が咲きます

Dpedsc_0038_155

「深浦日帰り鰹の塩たたき 1,200円

小ぶりで味の濃い中心部と、外のぴりっと効いた塩を咀嚼しながら攪拌。

皮の焦げた部分のかおりが、鼻腔にぬけてにんまりです

Dpedsc_0043_158

「ハモと松茸の天ぷら 1,500円

はしりの松茸は今年初めて 

お互いの胸元をつくような、忌憚のない口撃を飛ばし合いながら、

大笑いして盛り上がっていたので、食べるの忘れたかも

社会に出てから、ひたすら前に向かって突っ走ってきましたが、

この年になると、昔を懐かしむこんな時間も大切なんだなあと、

せつに感じる年になってきたようです 

2013年12月 9日 (月)

なげやり、楽しい!

先日、「時安」に行ったときに気になっていた、横の「なげやり」

店名と外観になんとなく物おじしていましたが、

「やっぱり、一度は覗いてみんわけにはいかん!」と、

後日、24時を少し回った時間帯に突入を試みます 

Dpedscn4876_202

店名や外観の印象とは違い、店内は白基調で、明るく清潔な空間 

まず目を奪われるのは、棚と畳の上にずらりと並べられた本の数々 

Dpedsc_0157_195

いっしゅうさんが、棚の中から「憚(はばか)りながら 後藤忠政」を発見

大将が、「いや~、この本をご存じの方は初めてですよ」と、

やくざの元組長の自伝の話しで、一気に距離が縮まります

Dpedsc_0162_196

サラリーマンを定年退職して、この店を始めた大将を相手に、

瓶ビールとピーナツをつまみながら、静かに会話を楽しみます。

私が気になったのは、

Dpedsc_0164_197

1981年3月のメンクラ(MEN'S CLUB)

Dpedsc_0169_199

なんでもマスターの中学校の同級生が、モデルとして載っているとのこと。

かなりのイケメンですね 

あの頃は、イケメンなんて言葉はなかったけど、ハンサムって言ってたっけ?

さて、

Dpedsc_0171_200

専務が、「他になんか無いん?」とお願いして、出てきたおでん

あっさり出汁で、煮込みすぎず上品な味付けで、またびっくり

あとは、

だらだらと棚の中の本で気になるものを流し読みしたり、話題にしたりして、

知り合いの家のようにリラックスしてきます。

なんでも、畳の上で寝てしまう人もいるとか。

ふと窓の外を見ると、常連さんと思しき数人が手を振って入店。

時計は1時半を回ろうとしていますので、我々は退散 

いや~、またふらりと足が向きそうなお店なのです 

2013年12月 5日 (木)

旬美亭からの、時安  

「お好み焼き わすれんぼ」で、軽めの(ゼロ)次会を済ませた一行は、

専務が「部室」といつも呼んでいるので、店名を思い出すのに苦労した、

Dscn4684

次会会場、「旬美亭」に伺います 

Dscn4690

いつものようにメニューはお任せで、一品目は芋たき風鍋 

めちゃくちゃ具だくさんな上に、しいたけなどのキノコ、根菜と栄養たっぷり

体の芯から温まって、パワーが全身にみなぎります 

Dscn4698

お次は、新鮮なせせりをコンロで調理 

さっと両面を炙った後にしっかりを通し、

最後は、山のように積み上げてじっくり焼き上げるのが好み。

自分で味付けするときは、塩はひかえ目です 

サイズの大きな身を、ぐんぐんと奥歯でかみしめて、

鶏首の周囲のよく動かす筋肉の味をたのしみましょう 

さて、

次会は街中に移動して、「時安」

Dscn4703

最初に専務が様子をうかがって、女将さんから入店許可。

Dscn4704

大将は、常連さんが脱サラして横ではじめた「なげやり」にいるようで、

店の奥では、なにやら指導らしき声 

この二店の間には、

Dscn4702

お地蔵さんがあり、

Dscn4707

大将は信心深いので、こんな心の広いことができるのだなあと、感心

しばらくして、

Dscn4710

自分の店に戻ってきた大将と、ゆっくり雑談が始まります。

Dscn4720

ズリは、きっちり焼しめられて、塩コショウであっさり 

Dscn4725

こちらは、うずらを肉で巻いて甘辛タレで焼いたもの。

肉の香ばしさと、うずらの食べ応え、玉ねぎの甘さがナイスバランス

Dscn4731

レバーも、しっかりサイズで、さっくりした歯ごたえと、ねっとりしたコク

最後は、

Dscn4736

出汁の上品なつるりとしたアツアツ茶碗蒸しで、おもてなし。

本日は、三軒とも鳥肉をいただき、焼き鳥星人としては、最高の夜。

PS: それにしても「なげやり」、気になりますね

2013年12月 2日 (月)

お好み焼き わすれんぼ 

 今夜も専務とおでかけ 

19時からの約束なので、家でのんびりしていると、

「行く前に軽く寄る所があるから、おいでと、18時に集合がかかります

Dscn4660

立花駅で待っていると、前の職場で一緒に仕事をしていた先輩も、

専務に連れてこられています

その先輩は休日なのにもかかわらず、

「忙しいからおいで」と、いままでお仕事の手伝いをされていたとの事。

 おそるべし、RG(リアル・ジャイアン) 

さて、

Dscn4664

「わすれんぼ」は、17年の歴史をもつ鉄板お好み焼きの店

Dscn4670

キンキンに冷えたジョッキに、大好きなキリンの生 

最高のスタートを切ります 

Dscn4666

女将の鮮やかな手さばきが、鉄板の上で焼きそばを乱舞 

家庭の味がベースにあり、鉄板でカリッと仕上がっています

Dscn4673

「エジプト焼き」

そのネーミングに、専務が喰いついて注文 

うどん、ニラ、明太子などが入ったもので、ポン酢であっさり。

エジプトから帰ってきた人に教えてもらったのが、名前の起源 

Dscn4683

お次は、キュンキュンと焼しめられた「セセリ」 

1次会へ向けての準備段階の0次会でありながら、

思わず二杯目の生ビールをキュ~~ウ と空けて、

さあ!っとタクシーをよんで、1次会に向かいましょう 

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近の写真