ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« なげやり、楽しい! | トップページ | 万味鳥にはしご »

2013年12月11日 (水)

鉄板AKIRA459

今夜は、久しぶりに前の職場の仲間と飲み会 beer

先輩も後輩もいますが、いつも幹事は私の役目なので、

Dpedscn4774_157

魚も肉もおいしいと聞いていた「AKIRA459」をチョイスgoodします。

店に入ると正面にL字のゆったりとしたカウンターと、

奥に大きさの違う座敷が二つあり、奥の広い方に通されます。

Dpedsc_0004_149

きびきびとしていて、笑顔の対応の素敵なイケメンスタッフ揃いで、

店のやる気や気配りのレベル高さを肌で感じます。

Dpedsc_0008_150

一眼カメラにフラッシュ、小さいディフューザーとレフ版を取り出して、

一番ライトが当たる場所に陣取って、撮影のセッティングにとりかかります。

「デジカメで写真撮っていたのが、こんなに道具が増えたのですか?」と、

この話をもちかけてくれたK君が苦笑い catface note

Dpedsc_0011_151

「フラッシュthunderをたくと、写真がきれいに撮れるんよ」と説明しますが、

「ふ~ん」って感じで、

カメラの撮影方法cameraや写真には、あまり興味はないようです sweat02

Dpedsc_0013_152

「牛たん塩焼 1,000円

奥歯でぎゅうとかみしめ、濃縮牛舌エキスをぎゅんぎゅんと抽出 taurus

鉄板で、水っぽさが飛んで、香ばしさが増しています。

愛妻家のY君は、もうすぐ家が建つようで、仕事も家庭も脂がのりのり fuji

Dpedsc_0018_153

「刺身の盛り合わせ」

エッジがキレてますね~  smile

地酒と合わせて、徐々に酔度も上がってきます。

Dpedsc_0026_154

「甘とろ豚の生ラー油かけ 1,000円

焼しめられ香ばしくなった脂が、さっぱりピリリのラー油で後味すっきり。

気が付けば一番上の先輩が、入り口の近くで注文を取ってくれていて、

幹事としては、入り口に座るべきだったと反省 coldsweats01

とってもフランクな昔の雰囲気を思い出し、懐かし話に花が咲きますtulip

Dpedsc_0038_155

「深浦日帰り鰹の塩たたき 1,200円

小ぶりで味の濃い中心部と、外のぴりっと効いた塩を咀嚼しながら攪拌。

皮の焦げた部分のかおりが、鼻腔にぬけてにんまりですdelicious

Dpedsc_0043_158

「ハモと松茸の天ぷら 1,500円

はしりの松茸は今年初めて eye

お互いの胸元をつくような、忌憚のない口撃footを飛ばし合いながら、

大笑いして盛り上がっていたので、食べるの忘れたかもsweat01

社会に出てから、ひたすら前に向かって突っ走ってきましたが、

この年になると、昔を懐かしむこんな時間も大切なんだなあと、

せつに感じる年になってきたようです happy01

« なげやり、楽しい! | トップページ | 万味鳥にはしご »

和食」カテゴリの記事

コメント

写真を撮っている間に消えたのかグラスの洗い方が悪かったのか?いずれにしてもビールの泡が少ないのが気になります。
刺身やその他の料理も美味しそうなお店だから後者って事は無く、機材のセッティング時間の問題でしょうね。
ハモと松茸の天ぷらだなんて、今年も松茸を食べる事の無かった自分にはうらやましい限りです。

泡がすくない理由は、「我慢できず、先に飲んでしまってから写真を撮った」が、正解ですbeer ふんわり泡の美味しい生でした。
写真は食べる前に撮っていますが、そのあと5-6人くらいで分けているの、実際食べているのは一切づつって感じですdelicious

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/58447963

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄板AKIRA459:

« なげやり、楽しい! | トップページ | 万味鳥にはしご »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2