ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 速報!愛媛すごいもの博2013 ダイジェスト | トップページ | アポロ@大洲  »

2013年11月25日 (月)

進化し続ける、海鮮とんこつ家

我が家のラーメンローテーションの一角を担う、

椿さん通りの「海鮮とんこつ家」 のメニューが変更されています。

20131013_130943

いつものように、休日昼間に嬉々として訪問 

20131013_124046

こちらが新メニューですが、豚そばや潮とんこつがなくなっており、

魚介とんこつと醤油とんこつの二本立てになっています。

20131013_124434

「魚介とんこつ 優味(ゆうみ)700円

奥さんの味見をさせてもらいますが、いりこととんこつのダブルスープ

がっつりのイメージだった今までには、なかったあっさり仕上げ

スープは体にしみいる優しさですが、後味のうまみが後を引きます。

奥さん、かなりお気に入りです  

20131013_124643

「魚介とんこつ 濃口 780円

季節限定メニューとつけ麺以外は、

同じ値段で麺の量を増やせるので、中にしてもらいます。

201310014

中太自家製麺も、滑らかな舌触りと、ほどよい腰。

濃厚ないりこの香りをまとって、するするといくらでも入ってきます 

うわ~、これたまらんわ~~ 

柔らかくて味もしっかりした焼き豚と交互に、夢中に食べすすめ、

この丼の中の世界に、いっきに吸い込まれていきます 

20131013_124819

「魚介とんこつ かつお 650円

小食だった長男も、中盛をお願いしており、

とり皿が必要だったころから通っているので、成長をたくましく感じます。

以前からある定番ですが、やはりかつおの香りがいいですね。

この味で育った彼も、たくましくあっという間に完食 

帰りの車中でも、家族みんなが笑顔で味の反芻なのです 

------------------------------------------------

平成26年7月14日~17日は休みで、

18日から魚介とんこつらーめんオサカナトンチャンに屋号が変わります。

« 速報!愛媛すごいもの博2013 ダイジェスト | トップページ | アポロ@大洲  »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

僕も先日食べましたが
美味しくなってましたね。

うちの子どもは小4ですでに
ラーメン+チャーハン+餃子を完食してました。
大食い一家まっしぐら!

取り皿が必要だった息子さんが麺増しを食べられるようになって、進化し続けるいけちゃん一家ですね。
家族そろって仲良く行動出来るのは残り何年でしょう?
今のうちにせいぜい一緒にいろいろ体験されて下さい。

我が家もラーメン一人一杯に、チャーハンシェアーのパターンです。昔は子供の残した麺を食べていましたが、今はくれなくなったので、一人前を食べています
ああ、思い出したらまた行きたくなってきました

アドバイス、ありがとうございます
仰る通り近いうちに子供たちは離れていくでしょう。考えるだけで、寂しいですね。
そう思って、最近はデジカメで動画をとったりしています

ご無沙汰してます。海鮮とんこつ家の大将です。この度メニューの方が昔と変わった事もありリニューアルする事にしました14日~17日は休みで18日から魚介とんこつらーめんオサカナトンチャンに屋号が変わります。今後ともよろしくお願いします。又家族の皆さんにもよろしくお伝え下さい!!私事で失礼しました!!

プチリニューアルされるのですね 
私はタイミングが合わないのですが、家族がちょくちょくお世話になっております。トマトのラーメンが出たとの張り紙を見たので、近いうちにまた伺わせてください。店名変更、本文にも加筆しておきました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進化し続ける、海鮮とんこつ家:

« 速報!愛媛すごいもの博2013 ダイジェスト | トップページ | アポロ@大洲  »

最近の写真

  • 20170402_9_36_45_2
  • Dsc_0034_00003
  • Dsc_0014_00001
  • Dsc_0037_00004
  • Dsc_0025_00002
  • Dsc_0041_00005
  • Dsc_0045_00006
  • Dsc_0048_00007
  • Dsc_0027_00001_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0055_00008_2
  • Dsc_0058_00009