« 創作@大洲 | トップページ | 骨太BUTAMEN 平和通り店 »

2013年11月 9日 (土)

MIMOCAと、麺三軒!!!

今日は所用で、朝から奥さんと讃岐へ rvcar

遅めの朝食を讃岐うどんでいただく予定でしたが、途中で突然ひらめきflair

高速を降りて、「ひかり食堂」 noodleへ向かいます。

開店15分前に到着したのですが、外には10人近い行列。

田舎道に忽然と現れた、大きなボーリングのピンがたっている小さい店に、

開店前から行列ができる異様な光景に、奥さんが素直に驚いていますeye

20131012_110141

店に入ると注文は一番最後でしたが、15分後にはお待ちかねnoodle登場。

20131012_111442

手前、私の「ひかりそば」

向こうは、奥さんの「鳥塩そば」

詳細は、初訪問goodと、おとなの遠足編scissorsをご参照ください。

さて、

お腹を満たした後は、

Dscn4606

MIMOCA; Marugame Genichiro-Inokuma Museum of Contemporary Art

(宇和島駅ではないですよ coldsweats02

Dscn4609

丸亀市猪熊源一郎現代美術館へ pen

MOMA: The Museum of Modern Art ニューヨーク近代美術館に似た名前ですね。

Dscn4612

小さい丸亀駅の前の一等地に、かなり大きな存在感の美術館。

思い切った再開発に、思わず敬意を表したくなります。

それにしても、どうして建物の屋上には「宇和島駅」の看板なのでしょう?

Dscn4621

カメラ禁止の掲示が見えないので、座っている職員さんに尋ねたところ、

フラッシュなしなら、撮影自由 camera との事。

Dscn4631

一眼レフの格好の練習にもなるのですが、今日はデジカメのみ持参。

「写真は道具ではなくて、構図であるcloverなんて、

Dscn4638

美術館の雰囲気にすっかり飲まれて、

にわか芸術家気取りの写真にしばしお付き合いを coldsweats01

Dscn4639

さてさて、

芸術のあとは、はやり食欲 penguin

讃岐うどんツアー初の奥さんにぜひ感動して欲しいので、

20131012_135719

一軒目 よしや  delicious

二時過ぎなのに、初めてみる番号札を渡されて3分ほどの待ち。

待つってことは、まさに打ち立ての茹で立てが食べられる証 crown

20131012_135936

手前あつあつ中と、奥あつあつ小

微妙に細めな印象の麺は、魔法のようなねじれ曲線を描き、

まるでそのために計算されたかのように、

幸せ出汁をらせん状に一気に喉の奥まで巻き上げます typhoon sweat01

奥さんは小食なのですが、自分が味見をしたら私によこすので、

二軒目もいけるわよ rock と、他力本願寺 wobbly

それならと、ちょっとテイストを変えて、

Dscn4650

剛麺で有名な「はゆか」へ。

Dscn4652

今日は二軒と決めているので、冷たいのと揚げ物に銀シャリまで delicious

箸で持っただけで、しっかりとした存在感が伝わってくる麺は、

グミングミンをかみしめるたびに、ギュインギュインと喉からお迎え。

脳内に中毒物質サヌキトール急速分泌させます sweat01

Dscn4656

奥さんは、ここでも半分以上は私に回して、

すっかりうどん遍路気分を満喫されています。

讃岐晴れの飯山のもと、天高くフードブロガーも肥ゆるのです fuji

今度の休みは、瀬戸内海の島でもまたいってみようかなあ happy01 note

« 創作@大洲 | トップページ | 骨太BUTAMEN 平和通り店 »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

この企画展で久しぶりに猪熊美術館へ行きました。
この建物が好きで、気になる企画展の時には
ここに行って回りのうどん屋さん(飯野屋やおか泉や山下など)で食べて帰る
というのが僕のさぬきうどん巡りのはじまりでした。
いけちゃんさんのブログを参考に次回はもう少しディープなお店にも行ってみます。

丸亀と言うと丸亀城と一鶴位しか思い出しませんが、おしゃれな美術館が出来たのですね。
何故、宇和島駅なのでしょう?
ラーメンに始まってうどん・うどん、しかもおでんや揚げ物・おにぎり付きとはびっくりの量ですね。
立冬を過ぎ、季節は冬なのに天高く・・・ですか?ご自愛を。

この美術館、けっこう前からあるんですねhappy01
今回とっても興味深かったので、次の企画の時には一眼レフもって行ってみますwink
うどんやさんは、いっしゅうさんツアーの時に教えていただいたお店ばかりで、逆に飯野屋はいったことないですrvcar

しらべてみると1991年にできた美術館でした(http://www.mimoca.org/ja/about/mimoca/)pencil
宇和島駅は、宇和島在住の大竹伸朗氏の作品だったようです。
今は彼の企画展は終わったので、たぶん美術館の上の「宇和島駅」の文字はなくなっているのでしょうねsmile
天高く、、、、体重測らず、現実逃避、、、pigpig

私も、高松出張のさいは、羽床に良く寄ります♪
麺がほのかに甘いですねぇ…smile
平日は大型トラックがよく止まってますよ♪

剛麺で有名で、お土産もきちんとしているので、選択肢としては選びやすいですよねsmile
屋島ですが、わたしはしんせいも好きですhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/58426922

この記事へのトラックバック一覧です: MIMOCAと、麺三軒!!!:

« 創作@大洲 | トップページ | 骨太BUTAMEN 平和通り店 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009