ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 骨太BUTAMEN 平和通り店 | トップページ | 英語cafe @ナマステ ダイニング  »

2013年11月13日 (水)

IVY HOUSE

休日昼間に、ぽっかりと自分だけの時間sandclockが手に入ったとき、

あなたなら、どうしますか?

私は、スマホを指ですいすいして、行きたい店リストpencilを開き、

長年いけていなかった店をピックアップし、わくわくして車rvcarに乗り込みます。

20130915_135222

ということで、今日は、北条のふわりを少し超えたあたりにある

20130915_135304

「IVY HOUSE」

1981年オープンのカレー、ピザ、コーヒーの店。

休日ではありますが、もう2時過ぎなのに駐車場一杯で、

店内も、かろうじてカウンターが空いているだけの大人気。

瀬戸内海が一望できるウッドテイストの広い店内。

若いカップル、子供つれ、熟年カップルなどがリラックスしており、

こちらの幅広い歴史ある人気を物語っています。

カウンター正面にある大きなブラウン管テレビtvを見ながら新聞をめくると、

自宅の洋間でくつろいでいるような居心地のよさ chair

さて、

今日の目標は、メニューにも「アイビーハウスと言えば」って書いてある、

20130915_140516

ゴールデンカレー650円

ポークかつやチキンカツをのせたものもありますが、

初めてなので、シンプルなデフォをおねがいします。

野菜たっぷりの地中海カレーは次回ですね。

20130915_140606

瀬戸内海に浮かぶ黄金の島 wave

ルーは裏ごししているのか、具が見当たりません eye

舌で探ってみると、スムーズなコーンスープのような舌触り。

優しく甘いタッチであとからからさと旨味がじんわり訪れます。

米も立っていて、はらりとほどけて絡みもよし。

トッピングの生玉ねぎスライスもいいピリリアクセント。

シンプルですが、長年ファンをつかんでいるのも納得 delicious

平たいお皿に何度もスプーンを滑らせて、

最後の一滴まで名残惜しいshine魔法shineがかかっているのです。

« 骨太BUTAMEN 平和通り店 | トップページ | 英語cafe @ナマステ ダイニング  »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

松山に住んでいた頃ですから20数年前に行った事が有るお店です、昨年久し振りに行きました。
もちろんゴールデンカレーを食べて来ました。
昔からのお店がいまだに繁盛しているのはうれしいです。

IVY HOUSE・・・永いですよね。
青春してたころ?(笑)よく行っていました。
落ち着けるいいお店ですよね。
あの具なしカレー食べたくなりました。
近いうちに出かけてみます~♪

歴史はあるけどけっして古ぼけていない、現役人気店で、感激しましたhappy01
ロケーションもいいし、地元の方々に愛されている感じが伝わってきますshine

こういう素敵な店に思い出があるのは、羨ましいですwink
ほかのメニューもきになるので、あのあたりを通るときは吸い寄せられるでしょうcafe

免許取りたての頃、ドライブルートは196で(現国道の「バイパス」は、まだ開通していなかった)、「アイビー(ビーが下がるイントネーション)」か「オレンジハウス」が中継地でした。
懐かしいなー

バイパスがなかった頃は、当然海沿いを北条から上がっていくルートしかなかったのですね rvcar
いまでもバリバリ現役のアイビー、いつまでもこのままでいてほしいものですgood

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/58297391

この記事へのトラックバック一覧です: IVY HOUSE:

« 骨太BUTAMEN 平和通り店 | トップページ | 英語cafe @ナマステ ダイニング  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2