ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 鮨一心@八幡浜  | トップページ | 珈琲館 天秤  »

2013年10月25日 (金)

THE HACHIKINZAN 

湊町にある、明らかに周囲の雰囲気とは別世界の建物 

Dpedsc_0309_076

ずっと気になっていた「THE HACHIKINZAN」

今夜は、頑張ったみんなで豪勢に行こうと、意気揚々と乗り込みます

Dpedsc_0313_077

そのスマートな建物はニューヨークスタイル 

どことなく近寄りがたかったのですが、

玄関で自然な笑顔で迎え入れられ、緊張が緩みます。

Dpedsc_0320_078

店内は想像以上に洗練された空間で、徐々に緊張が昂揚に変化  

さて、

Dpedsc_0315_099

真ん中の、ザ・ハチキンザンコース 6,000円/一人 

飲み物は別料金で、まずはシャンパンをお願いしましょう。

Dpedsc_0325_079

サーブしてくださる方も、写真を撮りやすいようにゆっくりとした気遣い。

所作から、一期一会を大切にしていこうという、心地い気合を感じます 

Dpedsc_0333_080

前菜

ねっとりとしたサーモンで、宴のはじまりです 

Dpedsc_0337_081

赤身はA5ランク

Dpedsc_0340_082

軽くあぶって、岩塩をちょっとつけてパクリ 

上品な脂が解けてなくなり、一同顔を突き合わせて目をぱちくり

「ザ・贅沢してます感」は、微妙な後ろめたさも加わっていいですね

Dpedsc_0342_083

ほれぼれするタン 

Dpedsc_0350_084

タンは、しっかり炙るのが好み 

かみしめるたびに、ジュンジュンと香ばしいうまみがほとばしります

Dpedsc_0356_095

美しいハラミは、

Dpedsc_0366_096

豚ばら肉とともに、じっくり炙り仕上げていきましょう。

Dpedsc_0369_085

豚がカリッとなったら、キムチと合わせて、サムギョプサル~ 

アチアチの豚脂と、発酵香と適度な酸っぱさを併せ持った白菜キムチ。

この二つが手を組んだら、最強コンビです 

Dpedsc_0389_086

ホルモンも雑味がなく、透明感のあるプリプリ。

お酒を飲まない人は、ライスを注文しています 

肉は何品か追加しましたが、普通のお腹のサイズなら適量。

Dpedsc_0397_097

〆は、目の前で石焼きビビンバ 

Dpedsc_0405_098

デザートまでしっかりついて、大満足です 

けっしてお安くはないですが、雰囲気込みでハレの日にはぴったり。

デートカップルや、打ち上げの学生さんたちもいます。

高い天井のホールにはバーカウンターがあり、一階には個室も完備。

次は、奥さんと結婚記念日にこようかな  

« 鮨一心@八幡浜  | トップページ | 珈琲館 天秤  »

肉・焼肉」カテゴリの記事

コメント

シャンパングラスがとってもおしゃれですね。

まるで銀座あたりかのような雰囲気ですね。
煙にいぶされるような焼肉屋とは大違い、松山も変わったものですね。
玄海の焼肉、ビビンパ、クッパが懐かしいです。

ですね~

松山も変わったというか、この店が突出しておしゃれだという感じです
玄海って行ったことないですが、三番町にあるみたいですね。
さがしてみます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THE HACHIKINZAN :

« 鮨一心@八幡浜  | トップページ | 珈琲館 天秤  »

最近の写真