ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 三人の名物おかみさんに癒される日曜 | トップページ | 三津バル+からの、踊るうどん »

2013年10月11日 (金)

三津バル+ たのしい!

三津の町中を、共通のチケットで食べ歩きができる

「三津バル+」って楽しそうな企画があるって、前日facebookで知り、

Dscn4381

9月22日日曜正午の伊予鉄道高浜線三津駅に、奥さんと娘と降り立ちます 

電車には、パンフレットを広げて相談している同世代おじさん三人組。

あの面子なら飲み中心で楽しそうだなと、他人事ながらうれしくなります。

駅に着くと、当日券も午前中で売り切れてしまったと聞いて、愕然

まあ、せっかく来たから見学だけでもと

橋を渡ってすぐの「FLOR」を覗いてみます 

Dscn4393

なんと、運よく、こちらではバルメニューと同じものを現金でも注文可

これにワインなどのワンドリンクがついて700円。

それならチケット要らないじゃんと一瞬思うのですが、 

この後、ほとんどの店がチケットじゃないと買えないことが判明

田中戸のタコ焼きや、遊覧船などはあきらめることになったので、

次回は前売り券を買ってから行こうと、誓うのです 

Dscn4386

こちらお好み焼きの「みよし」のように、バル企画には参加していないけど、

通常通り営業している店もあるので、

Dscn4445

「広島風お好み焼き 肉卵台付き 580円

息子の土産と、私のおやつはこちらで現金購入します。

Dscn4395

商店街を港の方に進んでいくと、「密バル」と呼ばれるエリアへ

将来三津でお店を出したいと思っている店が集まっていますが、

チケット制なので泣く泣くスルー。

オイシそうな匂いがしています  

Dscn4405

奥さんと娘が乗ったことがなかったので、三津の渡しで対岸へ。

小林一茶も乗ったこの船が、途中180度回転するのが、醍醐味ですね。

Dscn4407

ここから港山駅に出るんだ!と、お決まりのリアクションを聞いたら、

来た道をのんびりと商店街に戻っていきます。

Dscn4421

ふと細い道をのぞくと、大きな白のタープがたなびいています。

海で拾って来たような角材を、テーブルや椅子に仕立てた楽しそうなお店。

Dscn4420

猪の肉をいろんな味付けをして販売しています。

Dscn4417

角材の上に座り、即興音楽を聞きながら三津ムードに浸ります。

私にとっては、普通の古い街並みにしか感じませんが、

中学生の娘は「これは、いいね」としきりに感心しているので、

これが新しい感性なのでしょう 

さあ、いったん駅まで戻って、もう一つのエリアに移動してみましょう 

« 三人の名物おかみさんに癒される日曜 | トップページ | 三津バル+からの、踊るうどん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

昔はもっと賑やかな地区だったのでしょうが高浜港や観光港のせいで今は静かな田舎町と言った風情の三津浜ですが色々な催しをやっているんですね。
前売り券を買っていなかったのは残念ですが中学生の娘さんが付き合ってくれるとは良い育ち方をされていますね。

こまちを読んでいると、東京西荻窪で長年フレンチをされていたご夫婦が、三津の商店街で「三津浜サンジャック」というお店を始められたとの記事を発見しました
明らかに三津ブームの幕開けを、勝手に感じております 
そうそう、娘だけでは来ません。奥さんと一緒だからです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三津バル+ たのしい!:

« 三人の名物おかみさんに癒される日曜 | トップページ | 三津バル+からの、踊るうどん »

最近の写真

  • 20170402_9_36_45_2
  • Dsc_0034_00003
  • Dsc_0014_00001
  • Dsc_0037_00004
  • Dsc_0025_00002
  • Dsc_0041_00005
  • Dsc_0045_00006
  • Dsc_0048_00007
  • Dsc_0027_00001_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0055_00008_2
  • Dsc_0058_00009