« 花咲むまちhanae開幕からの週末 | トップページ | 三人の名物おかみさんに癒される日曜 »

2013年10月 5日 (土)

楽家でやきとり 

二つ前の記事からの続きです clover

おでん屋アルファ家紋と梯子をした一行は、

酔ってエリアを拡大したグルメ探知機thunderで、さらなる未訪問店を探索eyeglass

Dpedscn4291_027

「ここも前から気になっとったんよ」と、専務がぐいぐいと進んでいきます。

「楽家(らくや)」は、高砂町電停近くにある赤提灯の焼き鳥屋さん。

Dpedsc_0096_018

お若い生真面目そうな大将が、せっせと注文を焼いています。

Dpedsc_0103_020

お勧めの冷酒「澪(みお)」は、日本酒のスパークリングワイン

本日三回目の乾杯で、歩いて火照った体を少しクールダウンさせましょう。

突き出しの半熟卵きっちり冷えていて、しっかりした味付けと、

口の中でねっとり広がる黄身が、うれしいお出迎えdelicious

Dpedsc_0117_021

「自家製チーズ」

サワークリームのようなさっぱりした口どけと、透明感が新鮮 delicious

いきなりの先制パンチに、うれしくなります。

Dpedsc_0127_023

「ヤゲン軟骨(2本260円)

塩コショウがたっぷり効いていて、こうばしい歯ごたえ。

Dpedsc_0130_024

「甘い唇炙り焼き(380円)

分厚い豚タンをしっかり焼き上げ、太めにきって登場。

しゃきしゃきした歯ごたえと、くさみのないタン本来の味をじっくり。

Dpedsc_0135_025

世間話をしながら、大将の手は忙しく止まりません wink

壁には、調理師免許とふぐ取扱者免許証までがかざってあり、

大将の引き出しの多さをうかがい知ることができます。

Dpedsc_0137_026

「軟骨つくね(2本260円)

今まで食べた中で、圧倒的に軟骨の比率が多いつくね。

たっぷりのコショウと、こりこり軟骨のダブルインパクト。

これで焼酎ロック二杯は飲めますね happy01

最後は、梅干しと白シメジのスープが締めのサービス eye

もう、液体も固体もお腹に入るすきもなく、お勘定。

さて、

その1時間後には、

Dpedsc_0144_028

「寿浬庵」で、「冷やし沖縄風そば」をいただき、

こんやも、満腹撃沈、ちゃーならんなのです penguin penguin penguin

« 花咲むまちhanae開幕からの週末 | トップページ | 三人の名物おかみさんに癒される日曜 »

焼き鳥」カテゴリの記事

コメント

いけちゃん、おはようござんした。
外は雨が降りよるぜsprinkle
夕んべは、付きおうてもろてだんだん!
あれから、酔うてしもうて・・・
今度、一杯やろやぁ。happy01

こちらこそ、昨夜はおいしい情報たくさんありがとうございました。
昨夜教えて頂いたメアドの方には、今朝メールさせて頂いています。
これからも、楽しくよろしくお願いしますwine

高砂町界隈にも新しい美味しいお店が出来ているんですね。
こういったお店が近くに有ると重宝するでしょうね。
メニューには2本の値段が表示されていますが1本でも注文できるんですか?

学生街らしく、若者が集まっていましたpencil
値段も抑え目で、私が学生なら通うと思います。
一本から注文できるかどうかは、次回確認してみますねwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/58049566

この記事へのトラックバック一覧です: 楽家でやきとり :

« 花咲むまちhanae開幕からの週末 | トップページ | 三人の名物おかみさんに癒される日曜 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008