« 秩父@八幡浜  | トップページ | THE HACHIKINZAN  »

2013年10月22日 (火)

鮨一心@八幡浜 

秩父で勢いをつけた、会長、まこちゃん、私の三人は、

以前から名店とうかがい、とっても行きたかった「鮨一心」に向かいます。

Dpedsc_0089_107

座敷はありますが、荷物がおいてあって使われておらず、

事実上カウンターだけの店内に、年配の大将がゆったりと立っており、

初めての私は、心地いい緊張を感じますthunder

Dpedsc_0092_108

まだ前のお客のお皿が置いてありますが、大将の間合いでかたずけるのを

ゆっくり待ちながら、まず瓶ビールをいただきます。

カウンターの常連さんは、会長と以前からネットでつながりがあり、

このブログのこともご存じなので、にわかに話が盛り上がります。

Dpedsc_0105_109

「上にぎり」

新鮮なネタと、ほどける酢飯のコンビネーションが素晴らしく、

どれをとっても、口全体にネタと素材の良さが程よく広がる快感 happy01

ウニ甘くてすがすがしい clover

ヒラメねっとりと白身の安堵 crown

マグロこの艶が舌の上で官能快感 heart04

お勧めの冷酒と交互に、夢中で食べ進めます。

Dpedsc_0109_110

「サバのばってら」には、まず目を奪われます eye

Dpedsc_0110_111

脂がのったサバが軽く締められており、凛と直立notes

口の中に放り込むと、唾液腺全開で、喉がうひょひょと喜んでいますhappy02

とても好きなあじで、お店との出会いにうれしさがこみ上げます wink

あまりの感動に、「もう一品 sign01と、なきを入れると、

Dpedsc_0115_112

いけすのアジをその場で締めて、会長いわく「なきのアジ」

硬直前の柔らかく、室温に近い身が、口の中でこれでもかと存在感を示し、

やはりシャリと絶妙なバランスで混じりながら、呑み込まれていきます。

fuji 鮨一心、最高の最高 fuji

Dpedsc_0141_100

満月を眺め上げながら、これぞ求めていた鮨だとうなるのです shine

« 秩父@八幡浜  | トップページ | THE HACHIKINZAN  »

和食」カテゴリの記事

コメント

座敷はありますが、荷物がおいてあって使われておらず・・・の記述にどんな店なんだ?と突っ込みを入れましたが、ばってらの緑が美味しそうです。
母が実家の秋祭りのお土産に大きな鯖寿司を何本も持って帰って来た事を思いだします。
鯖が美味しい季節、さぞや美味しいばってらだった事でしょう。
座敷が使えるように整理して欲しいですね。

座敷というか、どうにか4人座れるくらいの畳の小上がりって感じで、大将一人では、カウンターだけ使っている感じでしたhappy01
「港の寿司屋」ってかんじで、かなり気に入ったので、おすすめですよgood

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/58259628

この記事へのトラックバック一覧です: 鮨一心@八幡浜 :

« 秩父@八幡浜  | トップページ | THE HACHIKINZAN  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009