ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月29日 (火)

珈琲館 天秤 

最近の休日の楽しみは、喫茶店でのブランチめぐり rvcar

Dscn4343

今日は、高井町の「珈琲館 天秤」を目指します。

Dscn4341

駐車場も広くて、大きな道からのアクセスも良好。

店内はプライベートスペースが保てるように、小さいセクションに分かれています。

マスターはロマンスグレーの紳士 eyeglass

理想の喫茶店アイテムが揃っています good

さて、

Dscn4348

メニューから気になっていたパスタを選択。

「ガーリックと赤唐辛子のパスタ」 単品サラダ付き 750円

Dscn4351

まず目を奪われるのは、初めて見る太めの麺

独特のモチモチした触感で、短めで食べやすい delicious

ピーマン、パプリカ、ほうれん草にガーリックも効いていて好み。

やや強めの塩と唐辛子の辛み、オリーブの香りで、最後まで刺激継続thunder

トースト、ホットドック、ホットサンドなど定番のモーニングメニューや、

11時からは野菜やカレーのハンバーグのラインナップ。

居心地も今までいったモーニングの店の中でもトップレベルで、

しばらく通ってしまいたくなるのです wink

さて、

Dsc_0001001

家に帰る途中で立ち寄ったところでいただいた、

「幸せの黄金鯛焼き」

ダイキEX美沢の中に出店されています。

Dsc_0003

手のひらサイズで、しっぽがピーンと立って生きがよさそうですねup

Dsc_0008

中の黄金のあんはなんと、安納芋 spa eye

サツマイモの焼きいものような甘さとコク、

スイートポテトのようななめやかな舌触り smile

ちょっと甘みが強くて、薄い皮のしっぽの先端までつまっており、

この鯛焼き、一口ぼれしてしまうのです heart04

2013年10月25日 (金)

THE HACHIKINZAN 

湊町にある、明らかに周囲の雰囲気とは別世界の建物 thunder

Dpedsc_0309_076

ずっと気になっていた「THE HACHIKINZAN」

今夜は、頑張ったみんなで豪勢に行こうと、意気揚々と乗り込みますrun

Dpedsc_0313_077

そのスマートな建物はニューヨークスタイル good

どことなく近寄りがたかったのですが、

玄関で自然な笑顔happy01で迎え入れられ、緊張が緩みます。

Dpedsc_0320_078

店内は想像以上に洗練された空間で、徐々に緊張が昂揚に変化 happy02 note

さて、

Dpedsc_0315_099

真ん中の、ザ・ハチキンザンコース 6,000円/一人 crown

飲み物は別料金で、まずはシャンパンをお願いしましょう。

Dpedsc_0325_079

サーブしてくださる方も、写真を撮りやすいようにゆっくりとした気遣い。

所作から、一期一会を大切にしていこうという、心地い気合を感じます shine

Dpedsc_0333_080

前菜

ねっとりとしたサーモンで、宴のはじまりです wink

Dpedsc_0337_081

赤身はA5ランクcrown

Dpedsc_0340_082

軽くあぶって、岩塩をちょっとつけてパクリ delicious

上品な脂が解けてなくなり、一同顔を突き合わせて目をぱちくりeye

「ザ・贅沢してます感」は、微妙な後ろめたさも加わっていいですねdiamond

Dpedsc_0342_083

ほれぼれするタン smile

Dpedsc_0350_084

タンは、しっかり炙るのが好み delicious

かみしめるたびに、ジュンジュンと香ばしいうまみがほとばしりますsweat01

Dpedsc_0356_095

美しいハラミは、

Dpedsc_0366_096

豚ばら肉とともに、じっくり炙り仕上げていきましょう。

Dpedsc_0369_085

豚がカリッとなったら、キムチと合わせて、サムギョプサル~happy02 shine

アチアチの豚脂と、発酵香と適度な酸っぱさを併せ持った白菜キムチ。

この二つが手を組んだら、最強コンビです delicious

Dpedsc_0389_086

ホルモンも雑味がなく、透明感のあるプリプリ。

お酒を飲まない人は、ライスを注文しています bleah

肉は何品か追加しましたが、普通のお腹のサイズなら適量。

Dpedsc_0397_097

〆は、目の前で石焼きビビンバ impact

Dpedsc_0405_098

デザートまでしっかりついて、大満足です happy01notes

けっしてお安くはないですが、雰囲気込みでハレの日にはぴったり。

デートカップルや、打ち上げの学生さんたちもいます。

高い天井のホールにはバーカウンターがあり、一階には個室も完備。

次は、奥さんと結婚記念日にこようかな  fuji

2013年10月22日 (火)

鮨一心@八幡浜 

秩父で勢いをつけた、会長、まこちゃん、私の三人は、

以前から名店とうかがい、とっても行きたかった「鮨一心」に向かいます。

Dpedsc_0089_107

座敷はありますが、荷物がおいてあって使われておらず、

事実上カウンターだけの店内に、年配の大将がゆったりと立っており、

初めての私は、心地いい緊張を感じますthunder

Dpedsc_0092_108

まだ前のお客のお皿が置いてありますが、大将の間合いでかたずけるのを

ゆっくり待ちながら、まず瓶ビールをいただきます。

カウンターの常連さんは、会長と以前からネットでつながりがあり、

このブログのこともご存じなので、にわかに話が盛り上がります。

Dpedsc_0105_109

「上にぎり」

新鮮なネタと、ほどける酢飯のコンビネーションが素晴らしく、

どれをとっても、口全体にネタと素材の良さが程よく広がる快感 happy01

ウニ甘くてすがすがしい clover

ヒラメねっとりと白身の安堵 crown

マグロこの艶が舌の上で官能快感 heart04

お勧めの冷酒と交互に、夢中で食べ進めます。

Dpedsc_0109_110

「サバのばってら」には、まず目を奪われます eye

Dpedsc_0110_111

脂がのったサバが軽く締められており、凛と直立notes

口の中に放り込むと、唾液腺全開で、喉がうひょひょと喜んでいますhappy02

とても好きなあじで、お店との出会いにうれしさがこみ上げます wink

あまりの感動に、「もう一品 sign01と、なきを入れると、

Dpedsc_0115_112

いけすのアジをその場で締めて、会長いわく「なきのアジ」

硬直前の柔らかく、室温に近い身が、口の中でこれでもかと存在感を示し、

やはりシャリと絶妙なバランスで混じりながら、呑み込まれていきます。

fuji 鮨一心、最高の最高 fuji

Dpedsc_0141_100

満月を眺め上げながら、これぞ求めていた鮨だとうなるのです shine

2013年10月19日 (土)

秩父@八幡浜 

きれきれの鳥足chickの写真を、八幡浜のまこちゃんがfacebookに上げてて、

「これ、うまそうsign01」ってコメント good

「じゃ、セッティングしますよsign03ってことで、

Dpedsc_0058_101

鳥津会の会長fuji も参加して、「秩父」に突撃しています run

このお二人が特別になのかもしれませんが、

浜の人は、気持ちがいいくらい決断と行動がはやいです dash

Dpedsc_0068_102

飛び込みの仕事で、まこちゃんがちょっと遅れるとわかると、

会長が「じゃあ、鳥足二本ね」って注文を入れます。

「えっ、いきなりメイン食べちゃうの?」と心でつぶやきますが、

とにかく地元の先達の流儀に従います。

親鳥の足はすでに切り目が入った状態で焼かれて登場。

がぶりとかぶりつくと、身がしっかりしており、

一口分を食いちぎると、奥歯でガジガジdeliciousかみしめながら深い味わい。

塩が口に軽くまわったあたりで、生ビールをグイ~~ン beer

こりゃ~、たまらんこつうまか~ smile note

Dpedsc_0070_103

ちょっと遅れてまこちゃんが登場すると、会長は二本目の鳥足を注文。

私が、「えっ、ほかのもの食べないんですか?」とたずねると、

ここでは、鳥足chickを食べる店のだsign03とのお返事。

鳥足が売り切れるとお店を閉めちゃうし、5本くらい食べる人もいるとかeye

Dsc_0060

八幡浜らしくイサキやアマギの塩焼きのメニューもあるのですが、

ほとんどの方が、当たり前のように鳥足に食らいついています。

Dpedsc_0079_104

「から揚げもあるよ」と言われて注文しますが、

これも親鳥で、歯ごたえがあって、骨からかじりとるようにいただきます。

さて、

Dpedsc_0085_106

湯気ふんわりの「焼きナス」で休憩しながら、思い出を伺います。

「昔の人は、秩父の鳥足を腹いっぱい食べたいって、

贅沢で憧れだったんよ」と、会長。

「僕が高校生時代部屋で勉強していると、飲み会から帰った親父が

鳥足を買ってきてくれて、楽しみな夜食だったんだよ」と、まこちゃん。

今日は初めてだったので、ほかのメニューに浮気しましたが、

次回は、右手に鳥足、左手に生ビールで、三本食べようと決め、

会長先導で、二次会に移動するのです wink

2013年10月16日 (水)

WAKUSEI 

名前はよく聞いていて、気になっていたお店 eye

20130831_125923

オイルフォンデュやチーズフォンデュで有名な「WAKUSEI」 night

道を挟んだところにも、広い駐車場があります。

20130831_125946

この日はランチに惹かれて入ったのですが、

43年の歴史を持つと説明された「ハンバーグステーキコース1100円」に変更します。

20130831_130653

ミネストローネ

マカロニ、キャベツ、トマト、ハム、じゃがいもと具だくさん。

熱々で、野菜の甘さを兼ね備えたしっかりした旨味。

20130831_130819

サラダ

店内には、豪華なクラッシクピアノがかかっています。

子供のころのハレの日に連れて行ってもらっていた、

本当は大人しか入れない、高級な洋食屋さんって感じかな?

さて、

201308032

メインのハンバーグ平べったく大きいサイズ

ナイフをのせると、きれいな断面で塊が切れていきます。

ピリ辛トマト系ソースをからめて、ライスと一緒にモフッ happy02 shine

焦げ目がしっかり香ばしく、洋食にしては結構辛みが効いています。

20130831_130421

次は、ゆっくりディナータイムに再訪して、

北欧風オイルフォンデューのコースをいただきたくなるのです bleah

2013年10月13日 (日)

三津バル+からの、踊るうどん

三津バル+のパンフレットを眺めていると、

あの「踊るうどん永木」さんも参加されています。

Dscn4428_2

二代目の大将とは、専務と一緒に数回飲んだことがあるのですが、

お店はいつも混んでいるので、なかなか実食に至っていません。

この日も、バルとは関係ないとおもわれるお客さんでにぎわっており、

14時を回っているのに、名前を書いて外で十数分待ってからの入店

大将の笑顔と大きな声の「いらっしゃいませ」で、気持ちよく迎えられます。

Dscn4432

娘が選んだのは、「しょうゆうどん(冷)500円

この上に、自分でおろした大根おろしと醤油をかけて混ぜていただきます。

Dscn4435_2

奥さんは、「玉ぶっかけ(ぬる)400円

Dscn4439

そして私は、「かけうどん ひやひや(350円)

表面が滑らかでねじれがあるために、舌の上で官能的に踊る麺happy01

かみしめると、ほどよい弾力のグミ感。

上品ないりこ出汁の香りで、丼から口が離せない自然な心地よい魅力。

喉を通る麺が、さらに興奮させてくれますhappy02 good

強すぎない絶妙な塩梅ゆえに、後味もすっきり。

噂に聞いていましたが、ここまとは驚きを超えて感動ですsmile fuji

さて、駅に帰る前に、

Dscn4441

こちらも三津バル+に参加されている「メルヘン洋菓子店」  cake

Dscn4447

県内の食材もふんだんに使ったケーキを持ち帰り。

楽しかったイベントを振り返る、最高の休日 wink

あれっ、我が家は4人ですが、ケーキは5つ eye

初めての店だったので、どうしてもチョコも食べてみたかったのですwink

 

2013年10月11日 (金)

三津バル+ たのしい!

三津の町中を、共通のチケットで食べ歩きができるrunwine

「三津バル+」って楽しそうな企画があるって、前日facebookで知り、

Dscn4381

9月22日日曜正午の伊予鉄道高浜線三津駅に、奥さんと娘と降り立ちます train

電車には、パンフレットを広げて相談している同世代おじさん三人組。

あの面子なら飲み中心で楽しそうだなnoteと、他人事ながらうれしくなります。

駅に着くと、当日券も午前中で売り切れてしまったと聞いて、愕然bearing

まあ、せっかく来たから見学だけでもと

橋を渡ってすぐの「FLOR」を覗いてみます eye

Dscn4393

なんと、運よく、こちらではバルメニューと同じものを現金でも注文可dollar

これにワインなどのワンドリンクがついて700円。

それならチケット要らないじゃんsign01と一瞬思うのですが、 

この後、ほとんどの店がチケットじゃないと買えないことが判明sweat01

田中戸のタコ焼きや、遊覧船などはあきらめることになったので、

次回は前売り券を買ってから行こうと、誓うのです good

Dscn4386

こちらお好み焼きの「みよし」のように、バル企画には参加していないけど、

通常通り営業している店もあるので、

Dscn4445

「広島風お好み焼き 肉卵台付き 580円

息子の土産と、私のおやつはこちらで現金購入します。

Dscn4395

商店街を港の方に進んでいくと、「密バル」fullと呼ばれるエリアへ

将来三津でお店を出したいと思っている店が集まっていますが、

チケット制なので泣く泣くスルー。

オイシそうな匂いがしています coldsweats01 shine

Dscn4405

奥さんと娘が乗ったことがなかったので、三津の渡しで対岸へ。

小林一茶も乗ったこの船が、途中180度回転するのが、醍醐味ですね。

Dscn4407

ここから港山駅に出るんだ!と、お決まりのリアクションを聞いたら、

来た道をのんびりと商店街に戻っていきます。

Dscn4421

ふと細い道をのぞくと、大きな白のタープがたなびいています。

海で拾って来たような角材を、テーブルや椅子に仕立てた楽しそうなお店。

Dscn4420

猪の肉をいろんな味付けをして販売しています。

Dscn4417

角材の上に座り、即興音楽noteを聞きながら三津ムードに浸ります。

私にとっては、普通の古い街並みにしか感じませんが、

中学生の娘は「これは、いいねnotes」としきりに感心しているので、

これが新しい感性なのでしょう cherry

さあ、いったん駅まで戻って、もう一つのエリアに移動してみましょう run

2013年10月 9日 (水)

三人の名物おかみさんに癒される日曜

「明日の朝は、グールマンでモーニングやな rock

Dpedscn4298_030

「グールマン」は、北梅本にある専務行きつけの喫茶店 cafe

飲み会の席で私が知らないわかると、「ぜひ明日の朝に行きなさいsign01

そういうことで、

翌日も朝からいっしゅうさんとご一緒にモーニングへ rvcar

店内は漫画も充実しており、理想の環境 shine

かき氷を食べている人もいます eye

Dpedsc_0149_029

「和モーニング 600円

かぼちゃの味噌汁、ウリのつけもの、卵焼き、みょうがと多彩なおかず。

おかかののった豆腐は、しっかりとしまっていて食べ応えがあります。

28年目の女将さんはとても明るい方 notes

最初はコーヒーにスプーンをつけることも知らなかった素人だったそうです。

「わざわざこんな田舎までありがとうございます。また寄ってください。」

と、笑顔で送り出されます wink

さて、このまま帰るのももったいないので、

Dpedsc_0155_031

その足で、横河原の「門田商店 かどみせ」へ。

昭和11年からの操業で、今は二代目のアットホームな女将さん

親戚のうちに遊びに行ったように迎えてくれますclub

Dpedsc_0165_034

「ソフトクリーム」

まだザラメを感じるですが、昼過ぎになるともっと滑らかになるそうで、

それを狙ってくる常連さんもいるようです。

Dpedsc_0156_039

「アイスキャンディー」は、ご覧のラインナップ。

酒粕をつかった「甘酒アイス」と、

Dpedsc_0158_032

「抹茶アイス」が売れ筋だそうです good

Dpedsc_0169_037

次々と売れていくので、次々と作られていきます。

Dpedsc_0168_036

小豆のしこみももちろん店内。

Dpedsc_0166_035

壁には、専務作成のかどみせのオリジナルロゴ fuji

Dpedsc_0162_033

販売期間は10月半ばくらいまで。

基本その時期は休みなしですが、疲れたらお休みされるらしく、

Dpedsc_0173_038

バイトのかわいい看板娘さんたちも頑張っています wink

さてさて、

いっしゅうさんと私が、これで帰るわけもなく、

Dpedsc_0175_040

看板の新しくなった樽味の「みうら」へ。

食べログなどをみて、県外のお客さんも来られるようで、

おばちゃんは、会うたびに若返っている美魔女 shine

Dpedsc_0181_042

試作中の、イリコ入りかめ風焼きそば

オリジナルは、私が松山に来たときには既にありませんでしたから、

似てるかどうかはわかりませんが、

イリコの塩気とうまみがしっかり浸みたカリカリ食感で、昼から飲みたいclover

Dpedsc_0182_044

お好み焼きも、がっつりウマウマでさすがに満腹full

Dpedsc_0186_043

おみやげのアイスクリームで、鉄板前で暖まった体をクールダウン。

朝から名物おかみさんたちに癒され、最高の休日なのですfuji

2013年10月 5日 (土)

楽家でやきとり 

二つ前の記事からの続きです clover

おでん屋アルファ家紋と梯子をした一行は、

酔ってエリアを拡大したグルメ探知機thunderで、さらなる未訪問店を探索eyeglass

Dpedscn4291_027

「ここも前から気になっとったんよ」と、専務がぐいぐいと進んでいきます。

「楽家(らくや)」は、高砂町電停近くにある赤提灯の焼き鳥屋さん。

Dpedsc_0096_018

お若い生真面目そうな大将が、せっせと注文を焼いています。

Dpedsc_0103_020

お勧めの冷酒「澪(みお)」は、日本酒のスパークリングワイン

本日三回目の乾杯で、歩いて火照った体を少しクールダウンさせましょう。

突き出しの半熟卵きっちり冷えていて、しっかりした味付けと、

口の中でねっとり広がる黄身が、うれしいお出迎えdelicious

Dpedsc_0117_021

「自家製チーズ」

サワークリームのようなさっぱりした口どけと、透明感が新鮮 delicious

いきなりの先制パンチに、うれしくなります。

Dpedsc_0127_023

「ヤゲン軟骨(2本260円)

塩コショウがたっぷり効いていて、こうばしい歯ごたえ。

Dpedsc_0130_024

「甘い唇炙り焼き(380円)

分厚い豚タンをしっかり焼き上げ、太めにきって登場。

しゃきしゃきした歯ごたえと、くさみのないタン本来の味をじっくり。

Dpedsc_0135_025

世間話をしながら、大将の手は忙しく止まりません wink

壁には、調理師免許とふぐ取扱者免許証までがかざってあり、

大将の引き出しの多さをうかがい知ることができます。

Dpedsc_0137_026

「軟骨つくね(2本260円)

今まで食べた中で、圧倒的に軟骨の比率が多いつくね。

たっぷりのコショウと、こりこり軟骨のダブルインパクト。

これで焼酎ロック二杯は飲めますね happy01

最後は、梅干しと白シメジのスープが締めのサービス eye

もう、液体も固体もお腹に入るすきもなく、お勘定。

さて、

その1時間後には、

Dpedsc_0144_028

「寿浬庵」で、「冷やし沖縄風そば」をいただき、

こんやも、満腹撃沈、ちゃーならんなのです penguin penguin penguin

2013年10月 2日 (水)

花咲むまちhanae開幕からの週末

今年も、花園町がライトアップされ、オープンテラスが登場 shine

Dscn4487

昨年は、イタリア人の料理研究家ベリッシモさんをお迎えして、

華やかなオープニングセレモニーがあったのですが、

Dscn4474

今年は、

Dscn4490

7時になると、一斉にライトアップされ開始を告げますbell

情報は、事前にネットで探せた範囲ではfacebookのみ pc

当たり前の年中行事になったということなのでしょうが、

また芸能人が見たかったなあ。

そうそう、

市長さんとすれ違いましたが、背の高い足の長いシュッとした方で、

テレビでのずんぐりした感じと違うので、ちょっとミーハー感激wink

ポロシャツをスラックスの内側に入れる世代のようです bleah

Dscn4481

昨年は、西側の通りにウッドデッキのオープンテラスが設置されましたが、

今年は、東側の通りに簡単な簡易テーブルやテントの出店。

Dscn4494

「伊予 源氏車」の前でかわいいお嬢さんから生ビールを人数分買って、

比較的空いているテーブルに腰掛けます。

このころになると、空いていた席も徐々に埋まり、

市駅方面から、家族連れやカップルなどがぞろぞろrunと流れてきます。

Dscn4501

屋台で買ってきたのは、筑前煮風の煮込み。

イチョウ並木の花園町にちなんで、ぎんなんが入っているのがアクセント。

Dscn4505

パンやコーヒーcafeの屋台も出ています。

2013年9月28日(土曜)から、2014年1月31日(金曜)まで、

毎週金曜土曜に行う予定で、出店も変わるとのこと。

21時半くらいになると、Staffのネームカードとぶら下げたお兄さんたちが

テーブルや椅子の撤収を始めて、お客さんも三々五々消えていきます。

道沿いの店は普通に営業しているので、そちらに流れるものいいでしょう。

こじんまりとしていますが、気楽に夕涼みをするのには最高の雰囲気。

本格的に寒くなる前に、一度お出かけされてはいかがでしょう wink

PS:

翌朝は、

Dscn4508

堀之内で準備中の「大神輿総練」

Dscn4512

軽くフードコートをチェックした足で、

10時半から三越の北海道展で遅めのブランチ。

Dscn4520

富良野からやってきている唯我独尊

各日30食限定 「牛タン+ソーセージ付きカレー1,710円

フレンドリーな大将で、いろいろと話しかけてくれます。

ルーのお代りは「ルールールーnotes」って呼んで下さいsign01ですって。

Dscn4530

牛タンもメガサイズで、自家製サンバルをちょっと入れて、

汗だくになってもスプーンは止まりません。

札幌ラーメンや寿司のイートインに梯子する予定でしたが、

その気も失せてしまうほどの、お腹いっぱい大満足 happy02

こちらの「第7回三越秋の北海道展」は、10月6日(日曜)までですよgood

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2