« おにぎり工房 銀むすび | トップページ | 古川屋台 ソウヅ  »

2013年9月12日 (木)

熱帯魚とハンバーグの店 樹理絵水族館

10年前に松山にやってきたときから、その存在は知っています。

熱帯魚を観賞しながら、ハンバーグが食べられるお店「樹理絵水族館」

南環状線を通るたびに、高架になっている道路から見下ろして、

いったいどうやったらあの店に行けるのか?

南環状線のどこを降りていいのか?と悩み続けておりました。

カーナビだと、環状線の上から眺めて通るだけだし。。。。weep

今回、地図とにらめこして、やっと簡単な行き方を発見 eyeglass

まずは、

Xdscn3942

56号線を松山市内から伊予市方面に南下。

左手におんまく寿司を超えて、南環状線の高架が見えてきましたね。

その高架の下を超えてすぐに右折すると、

Xdscn3912

長年、来たかったお店の看板が正面にどか~ん scissors

環状線沿いとの概念にとらわれすぎていたようです。

手前の駐車場に車をとめたら、

Xdscn3913

待った歳月が長かったわりに、拍子抜けするくらいあっさり入店です wink

Xdscn3918

おお、います、います熱帯魚 fish

Xdscn3919

をを、なんか高そうだぞ shine でも、うまくなさそうsweat01

ゆったりしたテーブル席で、お店の名前の付いたのを注文しましょう。

Xdscn3920

来た~~ sign03

「樹理絵風ハンバーグステーキ(850円)

(サラダ、ライスorパン付き)

Xdscn3924_2

箸を軽く入れるだけで、割れるように切れる柔らかさ。

自慢ではありませんが、箸上げ写真を何百枚と撮ってきた私。

今日は、どうしても持ち上げたお肉が微妙にぶれてしまいます downwardrightupwardleft

なぜなら、あまりにもこのハンバーグが柔らかすぎて、

左端のほうがプルンプルンと揺れるからなのです happy02

Xdscn3927

とうとう持ち上げるのはあきらめて、お皿に置いて断面写真 wink

口の中に慎重に運び入れたら、まさにふんわりと崩壊。

たっぷりとしみこませたデミグラスソースが、口中に広がります。

Xdscn3933

半熟目玉焼きの流れ出る黄身を絡めて、

Xdscn3938

たっぷりのライスに、パイルダ~オ~ン good

これを一緒にもぐもぐすると、味蕾ぜんか~い happy01

柔らかい食感にこだわったお肉に、味わい深いソースの熟年コンビheart04

あきらめずに、たどり着いてよかったのです crown

   

« おにぎり工房 銀むすび | トップページ | 古川屋台 ソウヅ  »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

近所なので、聞いてくれたら行き方くらい教えられたのに!
と言いつつ、実家に30年住んでて2回しか行った事ないんですけど・・・・。ww
同級生の親の店なので・・・。(^^;

コメは久しぶりだけどいつも更新見ています。
ここは素朴に美味しいですよね。

あら、近所でお知り合いなのですね、びっくりflair
どうしてあれだけの熱帯魚がいるのか、こんどこっそり教えてくださいfish

いつも見ていただき、本当にありがとうございますwink
松山グルメを代表する、歴史のあるお店ですねdiamond

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/57902929

この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯魚とハンバーグの店 樹理絵水族館:

« おにぎり工房 銀むすび | トップページ | 古川屋台 ソウヅ  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009