« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

家紋で、あこうと酒

一軒目おでん屋アルファでエンジンをかけた一行は、まだ明るい街に。

「ぼちぼち、どっかの店が開いとるやろう」と、当てもなく歩いていると、

「いけちゃん、ここ知らんのか!」と、専務が立ち止ります。

Dpedscn4288_017

「家紋」は、45年の歴史を持つ料亭。

女将さんの「おかえりなさいhappy01」の言葉に迎えられての入店です。

Dpedsc_0054_009

海産物を中心とした品が、黒板に書いてあります。

いつもは娘さんがおられるそうなのですが、今日はお休み。

Dpedsc_0057_010

中くらいのアコウに狙いを定めて、半身刺身、半身煮付けでお願いしましょう。

Dpedsc_0065_011

突き出しの豆腐は、豆乳ごと固めたもの。

大豆の甘い香りと、プリンのような柔らかい食感を塩で楽しみます。

何気ない一品にも他とは違う工夫があり、ムフフの期待感上昇up

Dpedsc_0068_012

「初めてだから、プレゼント」と、女将さんの手作り果実酒が登場。

手前は「なつめ」で、独特のいいかおり。

左奥は「青シソ」で、継ぎ足して作っているのでコーヒーのような色。

漢方薬のような匂いですが、お腹の調子をすっと整えてくれる感じ。

右奥は「イカリ草」

花の形が船の錨(いかり)に似ているからだよと、ものしりいっしゅうさん。

強壮剤の働きrockがあるとの説明でしたが、調べてみるとバイアグラと

同様の薬理作用
があるようで、おどろきです wobbly 

Dpedsc_0075_013

「あこうさしみ」

生かしなので身がプリプリで、ゆっくりかみしめるとうま味がふんわりcatfaceshine

湯引きにした皮のこりっとした歯ごたえとともに、夏の魚を堪能。

Dpedsc_0082_014

暑い日に、あこうで冷酒ってたまらんですね~ happy02 diamond

脚の部分に漆器が施してある、いきなグラスでくいっと thunder

今治の桜井漆器で、自宅にも一つ欲しくなるほど、手になじみます。

酒は、西条市武田酒造のDraft生。

ラベルのポップ感とのギャップに驚きwinkの、きりっと完成度の高い辛口。

ご自分でもお酒を楽しまれる女将のおすすめ notes

「昔は、すもりとか、きよたけとか、いくつも料亭があったのにね」と、

奥さんと、いっしゅうさんが昔話に花を咲かせているところへ、

遅れて甘南備さんが合流です。

Dpedsc_0089_016

半身の煮付けも、ほっこりとした身離れと、くどすぎない味付け。

ああ、いい店に出会えたなあ~ smile

Dpedsc_0085_015

顔や唇のゼラチン質を、なめるようにかぶりつきながら、

内子京ひな「隠し剣」を合わせましょう good

気が付けばカウンターは、三々五々いらした常連さんで埋まっています。

割り勘で一人3,000円ほど。

後ろ髪をひかれる思いで、一行は再び街へと舞い戻るのです happy01

2013年9月27日 (金)

おでん屋アルファ 

愛媛にやってきた10年前は、まだブログがなんぞやさえ知らず、

その頃、夜中によく寄っていたお店「おでん屋アルファ」 bottle

さて、

いつものように、専務といっしゅうさんとの飲み歩き bottle

せっかくだから、みんながフリーになった5時clockから飲もうsign01ってことで、

まだ空が明るいうちに、街をほっつき歩いております。

Dpedscn4285_008

その早い時間から空けている店が、懐かしのアルファ wink

Dpedsc_0040_005

私が遅い時間に行っていたころは、いつも大将が酔っぱらっておりtyphoon

おでん食べ放題、生ビール飲みまくりで、2,000円くらいの記憶 club

社交的な大将の後ろで、いつもニコニコ笑っていた女将さんですが、

この時間は、彼女がひとりで店をあけています bottle

Dpedsc_0029_003

店内には、野球関係者が来店されたときの写真が飾ってあり、

専務は、「これはだれだれやね、おばちゃんhappy01」と、

さっそくに顔の広さと記憶力の良さで、溶け込んでいきます。

Dpedsc_0037_004

「一軒目だから軽く」ってことで、店名にもあるおでんを少しいただきます。

左から牛すじ、アキレス、大根 smile

生き字引いっしゅうさんから、牛すじとアキレスは違うものだと教わり、

その違いを確認するための組み合わせ。

アキレスは出汁をしっかり吸い込んで、好みのぐみ感 delicious

こういうお店には、瓶ビールが合いますね note

Dpedsc_0048_006

「豚肉のもやし炒め 500円

鉄板は角が取れており、かなり使い込まれています。

箸で持ちあげると、たっぷりの汁があふれ、シャキシャキ野菜と、

豚肉のうまみがたっぷり溶け込んでいます。

味もしっかりしているので、「一軒目だから軽く」の約束はどこへやら、

「やっぱ、コメriceballがいるやろうと、専務がライスを注文して、

野菜炒めライスの、ベスト・コラボレーションを堪能しています。happy01

Dpedsc_0051_007

「山いもだけのスタミナ焼 800円

目の前ですりおろされた山芋が、お好み焼き風に焼かれており、

とろーりした舌解けがたまりません diamond

勢いがついて、ここでしっかりやりあげたくなるのを我慢して、店を出ます。

「おお、まだ外が明るいなあ~sun

不良おじさん三人組は、あてもなくふらふらと街に戻るのです foot

2013年9月24日 (火)

いっしゅうさんのうどんツアー・2013夏編 

さあ、今日は久しぶりにいっしゅうさんの讃岐うどんツアーnote

前の日、けっこう遅くまでやりあげたので、

やや二日酔いの中、朝5時過ぎの甘南備号rvcarに乗り込みます。

Dpedsc_0259_059

一軒目 上杉食品

鉄板の朝うどんの店で、だいたい毎回ここから始まります。

今朝の麺は、少し硬めの仕上がり。

太さが微妙に違うことを口の中で味わいます。

お決まりの、このためだけに揚げられた天かすと、七味をぱらり。

やさしい出汁を飲み干すと、二日酔いと寝不足だった胃袋と腸が、

ゆったりと動き出すtyphoonのがわかります。

Dpedsc_0261_060

二軒目 大平製麺

Dpedsc_0267_061

ご夫婦とも骨の怪我をされたと伺っていましたが、

おばさんが以前と変わりなく応対してくれます。

おじさんも先ほどバイクで配達に行かれたとのことで、お元気で一安心happy01

病気が治ったらじっとしていられないと働く姿に、尊敬の念がわきます。

Dpedsc_0270_062

釜揚げをかるく水で締めた、通称「半殺し」状態に醤油でいただきます。

ふんわりした麺が口の中でグミッとしたあと、ほどけていくのが快感wink

一玉70円は変わらず、一日でもお元気で長くやっていただきたいものです。

Dpedsc_0272_063

三軒目 よしや

Dpedsc_0279_065

道を挟んだお店の前にインド料理屋さんができていて、ちょっと気になります。

この大きな箱は、その名も「高濃度うどん排水処理施設」thunder

株式会社CNT、讃岐ならではのシステムですね。

Dpedsc_0276_064

今日は小雨で少し肌寒いので、いつもの冷や系ではなく、アツアツspaを選択。

おでんのスジも食べて、340円。

あっさり出汁でありながらコクがあり、

官能的ねじれぐみぐみ麺と一緒に、心から求めていた味を吸収しますdelicious

温かいものが体に入り、ここで二日酔いからの完全復活宣言 sign03

Dpedsc_0280_066

四軒目 しんせい

Dpedsc_0282_067

最近一番好きなお店 crown

ねじれつるつる麺に、切れの良いきっちりエッジの効いた出汁が最高。

揚げたてのさっくりアジフライfishや、名物タコの天ぷらfujiと交互にいただくと、

外の雨脚が強まるのに刺激され、うどん感動がどんどん高なりますup

Dpedsc_0285_069

五軒目 馬渕手打製麺所

Dpedsc_0286_068

先代はやめられたそうですが、近所のうどん屋さんが継いだとのこと。

Dpedsc_0291_070

カウンターで玉だけもらい、あとは自分で温めたり冷やしたりするセルフ。

テボで温めて、いただきます。

ストレートのソフト麺がとてもやさしく、かるくゴマ油を絡めて、

その香りほぼ満腹になりかけていた胃袋を、スムーズに動かしてくれます。

とても、おいしい smile notes

Dpedsc_0293_071

六軒目 はゆか

すでに雨は本降りrainで、外観写真は車のフロントガラス越しに撮影camera

Dpedsc_0303_073

肉ぶっかけうどん(冷)450円+半熟卵

いっしゅうさんに「うどんはここで最後ですよね」と確認し、

肉と卵で最後の仕上げにかかります。

トウガラシちりめんは汗がじわり出でくる辛さなので、

癖になりますが、かなり辛いのでのせすぎ注意。

味はうす目とこい目が選べるので後者を選択。

甘めの肉うどんと、半熟卵の黄身、甘めの出汁が

腰のある均一的グミグミ麺に絡んで硬めの触感に引き込まれます happy01

Dpedsc_0296_072

お土産セットもしっかりしていて、うれしいポイントです。

Dpedsc_0305_074

最後は、なぜかJA和田

いっしゅうさんは到着まで、目的を教えてくれません wink

Dpedsc_0308_075

梨ソフト 250円

シャーベット状で、ナシそのものを食べているようなフレッシュ感 sweat01

うどんで満たされた胃袋の隙間に、気持ちよく入り込んでいきます。

それにしても、

何度連れてきていただいても驚くのは、いっしゅうさんの引き出しflair

けっこう町はずれなのですが、この時期ここでこれが食べられることを

当たり前のようにご存じなこと自体に、改めて驚かされます。

その上、

くるたびに、その奥の深さが見えなくなっていく讃岐のうどん文化。 

これ、やっぱりかなり楽しいのです happy02 good

2013年9月21日 (土)

東温市の一戸建てイタリアン Pettirosso

Araoさんや、chipさんのblogで気になっていた、東温市のレストラン

イタリアで4年間修業し愛媛に戻ってきた、八幡浜出身の若いシェフrestaurant

Xdscn4211_2

「Pettirosso」は、愛媛の県鳥「こまどり」から命名。

フジグラン重信から11号線を挟んで反対に少し入ったところにあります。

店内はゆったりとしたスペースで、4人のんびりと座れる大きな机が3脚

ワンフロワーで、キッチン前には5-6人が座れるカウンターもありますが、

この日は、各方面からのお祝いの胡蝶蘭の鉢が並べてあります。

Xdscn4213

夜はこのコースのみで、コース4,500円に、パン代、席料300円。

さあ、とっても楽しみな「夜のコース」が開演です smile notes

(料理の詳細は、口頭で説明頂いたものなので、間違っていたらゴメンナサイ)

Antioasto-misto 前菜の盛り合わせ

Xdscn4217

時計の針の位置でしめすと、

12時鳥もも肉のツナソース

    冷やされ旨味の締まった鶏肉に、なめらかなソースの舌触りbleah

2時ズッキーニのオムレツ

4時しいたけのゴルゴンゾーラソース

   和で親しんだしいたけのグアニル酸が開く味蕾と、

   ブルーチーズの香りが刺激する嗅細胞が、未体験の組み合わせhappy01

6時ゼッポリーネ

   アミエビの潮の風味が効いている、ふんわりしたさつま揚げみたいdelicious

8時ペペロナータ

   肉厚のパプリカをマリネしてあり、素材の存在感scissors

10時ヒヨコマメのサラダ

   茎わさびみたいな野菜と合えて苦みが美味しいnote

中心ナスと玉ねぎをトマトソースベースでで、ちょっとぴり辛

Xdscn4220

パンは手作りで、お店の開店時間から逆算してこねているこだわりclock

フォカッチャとチャバッタの二種類があり、食べ盛りの息子と共に、

ソースにつけたりしてどんどん食べていたら、三回も持ってきていただきます。

「普通は追加料金ありますよね」と驚くと、シェフがそうなんですかと驚き。

300円でこれは、大食漢には嬉しい限りです penguin

Primi piatti 本日のパスタ2種

Xdscn4223

「オレキエッテ エビとズッキーニソース」

厨房の奥で、シェフが一心にフライパンを振っている姿みえてからの登場。

猫の耳の形をしたパスタで、舌触りツルリ、かみごたえモッチリ delicious

エビのあまさと、ズッキーニのさっぱり感をオリーブオイルとニンニクの

シンプルな一品。

それだけではない深みを感じたので、最後にシェフに伺ったのですが、

フライパンで振ることで、オイルが空気を含んで乳化thunderするとのこと。

以前テレビで同じような説明を聞いたことを思い出しますが、

実際それを意識して食べたことはなかったので、ちょっと感動です happy02shine

夜は手打ちパスタを出すようにされれおり、

二皿目は、

Xdscn4229

「ウニのパスタ」

麺は「トンナデリ」と聞こえたのですが、調べも出て来ないので聞き間違い?

押し出して作る細長い麺で、独特の歯ごたえと腰があります。

ウニのねっとり感と、トマトのフレッシュな酸味も初組み合わせ。

ソースは、きれいにパンでぬぐっていただきます bell

Second-piatto メイン

Xdscn4234

「牛リブロース炭火焼き バーニャカウダソース」

たっぷりの柔らかい赤味のtaurus登場に、卓上に歓喜の声 crown

Xdscn4232

他の食器はイタリア製ですが、肉のナイフだけは蝉のマークのフランス製。

ソムリエナイフなどで見かける、Laguiole(ライヨール)いうメーカで、

その切れ味のおかげで、好きなサイズに切り分けて楽しめます。

柔らかく火通りした牛肉のじっくりしたあじわいを、奥歯で圧搾していると、

表面の網目状の焦げた香りが心地よく立ち上ってきます spa

コースすべてにおいて、安心できる味の素晴らしいセンスが一本貫いています。

Dolci デザート

さて、

デザートは、パティシエールの奥様にバトンタッチ cake

Xdscn4240

左上のシュークリームは、たった今シュウを詰めたばかり。

丸のまま口に頬ばると、生地のサクサク感が最高。

中からは、あふれるように上等なバニラの香りがするクリームがひろがり、

これは、ほんとうにたまらん happy02 heart04

パンナコッタは、キレのいい甘酸っぱいパッションフルーツソース

マナー違反かもしれませんが、最後のパンでぬぐって食べたいくらいcrown

カカオとお酒のしっかりした、おとなのティラミス

濃厚な果実が効いている木イチゴアイス

さてさて、

「あせって作りたくないので」と、夜は一回転だけにされており、

気が付けば私達だけが残ります。

最後のCaffeをいただきながら、しばし雑談。

店内に豚の置物が多いのは、シェフが好きだからですって pig

最後は丁寧に外まで見送っていただきます paper

若くして実力派カップルの夢が詰まったレストラン。

これからこの地での成長や変化に、自然と期待が膨らみます。

心の底と胃の底から、幸せにしてくれるお店なのです diamond diamond diamond

2013年9月18日 (水)

まつや 空港通店 おいし~い

「麺と出汁のバランスが絶妙」とは、この店のためにある表現 sign03

心の琴線に触れた一杯を、ご紹介させていただきます note

Xdscn4109

この辺を通るたびに気にはなっていたのですが、

この辺まで来るときは、用もなくうろうろしているわけではないので、

急に突撃することもなく、

本日土曜日休日に、満を持しての初訪問です run

Xdscn4110

笑顔の素敵な元気いいお姉さんの「いらっしゃい」に迎え入れられます。

店内は背の低いテーブルと小上がりで、思ったより広め。

心地よい出汁の香りが、いきなり昭和の世界に連れて行ってくれます notes

Xdscn4113

「いなり寿司(180円)

ごぼう、人参、かまぼこなど具だくさん。

おいなりさんにふんわりと詰めてあるので、口の中でほどけますdelicious

甘味も強すぎずだしもきいており、しあわせ~~ heart04

Xdscn4114

「すうどん(300円)

まずは、たっぷりの量に驚きます happy02

出汁をすすると、醤油の香りがたったのちに、深いあじわい。

日ごろはあまり使わない「おいしいhappy01notes」の形容詞がピッタリの

安心感をあたえてくれます。

Xdscn4116 

たっぷりの麺をとって、大口でずずず~ sweat01

ソフトなファーストタッチでありながら、歯ごたえ十分。

先ほどの最高の出汁をたっぷりふくんでいるので、

あとは、一心不乱に箸を動かすだけです happy01

Native Matsuyamanがよく、

「うどんは(讃岐のように)麺メインより、出汁と一緒に食べるのがすき」

とおっしゃっているのを聞きますが、

まさにこの一杯のことを言うのだなと、納得 wink

いや~、このうどんとの出会いは、心がふるえるのです fuji

2013年9月15日 (日)

古川屋台 ソウヅ 

「昔NHKで見た、矢沢永吉大ファンの店にいこうgood

時々、専務とともにご一緒する師範は、永ちゃんの大ファンbell

以前、テレビの特集でこの店が紹介さえたことを覚えておられ、

最近、その場所が分かったとのこと。

店名の「ソウヅ」は、大将の名字です。

Xdscn4056_2

専務はいい感じに出来上がって、行進のように暖簾をめくって入店note

Xdscn4061

店内には軽トラックがそのまま入っている屋台で、

屋根が店の外に張り出す形で、オープンスペースになっています。

Xdscn4066

さあ、まずは鉄板のおつまみをお願いしましょう。

Xdscn4072

「煮こみ(350円)は、やや甘めのあっさり出汁

硬めのアキレスけんを、こりこりと楽しみましょう delicious

Xdscn4078

「とん足大(700円)

食べやすいように一口サイズにさばいてあるのがうれしい。

キャベツと一緒に、カリカリの皮と、ねっとりした皮の下の部分を楽しみます。

Xdscn4076

絶品なのが、「鳥皮大(700円)

皮下の脂身がついていて、皮のカリカリ、グミグミ notes

まぶしてある青のり、ゴマがアクセントになり、いくらでも入ります。

Xdscn4068

トイレを借りるために店内に入ると、YAZAWAを中心とした

ロックンロールの世界が広がっています。

大将の手がすいた時は、YAZAWAの弾き語りnotesも聞かせてくれるそうです。

Xdscn4085

「中華そば(500円)

Xdscn4089

麺がたっぷり入っていて、複雑なコクのスープを絡めながら、ずるずる。

いろんなところに、いろんな店があるのものですねえ catface ok

2013年9月12日 (木)

熱帯魚とハンバーグの店 樹理絵水族館

10年前に松山にやってきたときから、その存在は知っています。

熱帯魚を観賞しながら、ハンバーグが食べられるお店「樹理絵水族館」

南環状線を通るたびに、高架になっている道路から見下ろして、

いったいどうやったらあの店に行けるのか?

南環状線のどこを降りていいのか?と悩み続けておりました。

カーナビだと、環状線の上から眺めて通るだけだし。。。。weep

今回、地図とにらめこして、やっと簡単な行き方を発見 eyeglass

まずは、

Xdscn3942

56号線を松山市内から伊予市方面に南下。

左手におんまく寿司を超えて、南環状線の高架が見えてきましたね。

その高架の下を超えてすぐに右折すると、

Xdscn3912

長年、来たかったお店の看板が正面にどか~ん scissors

環状線沿いとの概念にとらわれすぎていたようです。

手前の駐車場に車をとめたら、

Xdscn3913

待った歳月が長かったわりに、拍子抜けするくらいあっさり入店です wink

Xdscn3918

おお、います、います熱帯魚 fish

Xdscn3919

をを、なんか高そうだぞ shine でも、うまくなさそうsweat01

ゆったりしたテーブル席で、お店の名前の付いたのを注文しましょう。

Xdscn3920

来た~~ sign03

「樹理絵風ハンバーグステーキ(850円)

(サラダ、ライスorパン付き)

Xdscn3924_2

箸を軽く入れるだけで、割れるように切れる柔らかさ。

自慢ではありませんが、箸上げ写真を何百枚と撮ってきた私。

今日は、どうしても持ち上げたお肉が微妙にぶれてしまいます downwardrightupwardleft

なぜなら、あまりにもこのハンバーグが柔らかすぎて、

左端のほうがプルンプルンと揺れるからなのです happy02

Xdscn3927

とうとう持ち上げるのはあきらめて、お皿に置いて断面写真 wink

口の中に慎重に運び入れたら、まさにふんわりと崩壊。

たっぷりとしみこませたデミグラスソースが、口中に広がります。

Xdscn3933

半熟目玉焼きの流れ出る黄身を絡めて、

Xdscn3938

たっぷりのライスに、パイルダ~オ~ン good

これを一緒にもぐもぐすると、味蕾ぜんか~い happy01

柔らかい食感にこだわったお肉に、味わい深いソースの熟年コンビheart04

あきらめずに、たどり着いてよかったのです crown

   

2013年9月 9日 (月)

おにぎり工房 銀むすび

大街道と千舟町の、たぬきの像からちょっと南下したところに、

Dscn3870

おにぎり専門店「おにぎり工房 銀むすび」ができています。

今年の3月に開店されてから、「おにぎりだけじゃ足りんなあ」って感じで、

なかなか入るタイミングがなかったのですが、ちょっと早めの三時clockです。

店内にはビートルズが流れていますが、雰囲気は西予市のアンテナショップ

食事コーナーの奥には、ミカンジュース、はちみつから、

地元のコメを使ったガトーショコラや、ソフトアイスなどのスイーツも充実です。

Dscn3880

「鮭&めんたい(300円)

寒暖の差が激しい西予市で鍛え上げられた銀シャリ delicious

一粒一粒が立っていて、引き締まった甘みをほんのり感じます。

丁寧につくってあるので、少し時間がかかります。

Dscn3883

「十五穀むすび(250円)

おコメ自体のほのかな香りは、初体験 catface notes

雑穀との粒の大きさのバリエーションが、食感に幅を与えてくれます。

奥に見える「竜田揚げ(200円)も、パリジュウでご飯とあうな~。

甘い麦みそ味噌汁と交互に口に運び、和のオアシスに浸るのですdiamond

 

2013年9月 3日 (火)

大洲ランチマニュアル・駐車場情報付き!

先日、県内各所で仕事をしているてっくんと、寿浬庵で飲んでいると、

「大洲にも仕事で行くけど、どこで昼飯を食べていいか分からんwobbly

とのことで、同じ店ばかり行ってしまっているそうです。

大洲には地元密着型のお店がたっくさんsign03あるのですが、

場所や駐車場rvcarが分かりにくかったりするので、入りづらいのも確か。

それではもったいないので、私の知っている範囲のお店を、

エリア別、駐車場情報を付けて、ご紹介していきます。

それでは、さっそく

【高速大洲インターエリア】

<十夜ヶ橋食堂>

20130712_124624

大洲インターを降りて、左折upしてすぐ。

弘法大師が、橋の下で寝ている像がある「永徳寺」の目の前。

rvcarは店の前におきましょう。

ラーメンから定食までそろっていて、漫画も充実、ゆったりスペース。

20130712_123156

金曜限定sign01のカレーライスもお勧め。

20130712_123402

オムカレー700円

にんにくたっぷりの甘い家庭的カレーに、とろ~り卵。

*この道をまっすぐ内子方面に行き、すぐ右手に見える「大洲亀屋」も、

だしのおいしい、ボリュームたっぷり「ちゃんぽんうどん」が、お勧めです。

<第八さつき丸>

Dscn2393

大洲インターを降りたら、右折downして国道56号線を肱川橋方面へ

宮脇書店大洲店の横にあり、店舗前の駐車場rvcarもゆったりです。

夜は新鮮な魚を中心とした、おいしい居酒屋さんですが、

昼間の日替わりランチも充実していて、思わず一杯やりたくなります。

Dscn2406

旬刺舟盛り定食1000円

宇和海からの新鮮な刺身のみを厳選。

いいものが入らないときは、無理に仕入れて出さないこだわりの大将です。

<もり幸>

私の一番のお気に入り店 happy01

大洲農業高校前にあったお店は閉めており、

大洲インターを降りたところの大洲メッセの中にあります。

その為、駐車場はとっても広く、アクセスも良好。

もっちりの麺は最高で、わたしのおすすめは、

Cimg1613

「おろしうどん」の冷たいやつです。

お腹に余裕のある方は、細ざるもつるしこでいいですよ smile

<NYAGO>(現在ランチなし)

最近new開店した、穴場的secret実力店 good

松山でまるきん食堂をされていた、きんさんのつくるランチは絶品restaurant

国道56号線沿線、愛媛県大洲庁舎の近くです。

店の前と、道を挟んですぐに十分の駐車場 rvcar

Dsc_0011

ランチは、自慢のタルタルソースと肉メインの二種

Dsc_0013

一回きりですが、サラダはたっぷり取れます tulip

Dsc_0018

私が好きなのは「鉄板ナポリタン」

懐かしい味がボリュームたっぷりで、最後までアツアツ spa

夜は、手作りピザ酒乃さわだ監修のワインwineを、23時30分まで楽しめます。

<ごちそうさま>(現在、閉店)

Dscn4279

ホテルオータの一階にあるレストラン。

駐車場はホテルの前と、ホテル向かって左の道から入った後ろにも、

かなり広いスペースがあり、アクセスが便利 rvcar

Dscn4281

ランチ650円は日替わりで、一押し good

今日のカツも、注文を受けて揚げるアツアツで、満足度はかなり高いですfuji

20130731_122022

これが、また別の日のランチ up

ランチはある程度数を見越して準備してあるので、待ち時間watchが短く、

漫画も充実で、一人でも数人でもOKです。

【大洲城エリア】

大洲小学校前に、diamond広くて無料の観光駐車場diamondがありますので、

このエリアのお店は、そこから歩いていきましょう。

<羅り瑠れ櫓>

手作りケーキも充実しており、喫茶にもおすすめ cafe

20130404_134204

観光駐車場から大洲城方面に歩いて行き、

大洲郵便局の目の前にあります。

20130404_132142

おすすめは、羅ランチ700円、平日限定15食 delicious

20130404_130823

一品一品素材にこだわったヘルシーでありながら、ガッツリ delicious

Dscn2816

おすすめ2は、イタリアチーズハンバーグセット950円

Sdim0567

手作りケーキは、イートインもテイクアウトも可ですよ。

<さおや>

Sdim0745

観光駐車場から本町に入って、すぐ右。

噂の県民ショウでも取材された、大洲ちゃんぽんで有名ですが、

ランチもやっています。

Sdim0765

ハンバーグ定食 850円

大将の仕事の丁寧さがわかる、シンプルだけどおいしい一品 wink

Sdim0769

焼きそば定食(700円)

長めのそばにしっかりソースが絡んでうまうまの、がっつりday向き。

大洲ちゃんぽん(そば飯)を食べることもできるので、未食の方はぜひnote

<姫だるま>(現在、閉店)

Dscn2837

観光駐車場の目の前、松楽旅館の一階。

Sdim0805

激安メニューに、ご飯:・漬物おかわりし放題と大サービス sign03

その上、味にも安定した安心感があります smile

Sdim0804

漫画充実、外せないポイント sign01

Sdim0811

刺身定食(650円)

刺身のエッジが新鮮さを証明。

これがサービスランチ(450円)のときは、お得感倍増です。

<肱川食堂>(現在、閉店)

観光駐車場から、大洲市役所にまっすぐ。

市役所の横にあり、市役所の昼休みに合わせて営業しています。

Dscn3223

昼だけの短時間営業で、地元密着度高い!

Dscn3228

早くいけば、戸棚の中のおかずを選んで、めしを頼んで定食へ。

Dscn3230

チャンポン500円

具だくさん、いっぱいで幸せになります penguin

Dscn3231

中華そば450円

シンプルですが、豚バラのコクとスープのほのかな甘みが、懐かしおいしdelicious

*このエリア、

大洲市民会館近く、手延べうどんの「しらいし」も、昭和の感じが最高です。

【お花はん通りエリア】

大洲の観光の中心地なので、老舗もあります。

歴史ある正統派大洲グルメ、敷居も高くなく、味は折り紙つきです crown

<四季の窓@あさもや>

Dscn3782

大洲・道の駅あさもやにあるレストラン。

Dscn3777

この日は、冷麺をいただきますが、

Xxsdim1636

こんな感じupの、日替りランチ(800円)もあります。

<いづみや>

Dsc_0005

おはなはん通りちかく。

あさもやからまっすぐ大洲神社に突き当たり、右カーブの角を左に入ります。

この店をいったんやり過ごして、お店の横に広めの駐車場ありcar

Dsc_0006

鮎、サトイモなどの大洲の名産品が食べられ、落ち着いた雰囲気。

お得意先とのランチなどに最適ですし、一人で気軽に行っても全くok

Dsc_0009

「伊予さつま御膳 1575円

Dsc_0016

焼いた魚、キュウリ、こんにゃくなどに出汁と味噌を溶いたタレをかけて

冷汁風にかきこみます。

Dsc_0013_2

今日の日替わり定食(840円)は、なんと真鯛のかぶと煮 eye

<油屋>

Dsc_0298

赤煉瓦館の目の前で、専用の駐車場が広々。

ちょっと場所がわかりにくいので、要予習 pencil

大洲駅方面から肱川橋を超えて、一つ目の信号を左。

伊予銀行大洲本町本店を超えた角を、左に曲がるとあります。

二階への吹き抜けて、大洲城や肱川を眺める絶好の環境fuji

Dsc_0284

ランチは季節によって変わります。

Dsc_0290

「さつま定食800円

Dsc_0295

お手軽に地元の郷土料理を味わえます。

Dsc_0294

鯛飯定食は、刺身をご飯にのせて生卵と出汁を溶いたもの

夜には居酒屋になりますが、贅沢な和の空間に浸ることができますよ happy01

<との町 たる井>

鮎やウナギなどの川魚を食べるなら、忘れていけないのはここscissors

20130724_124616

大洲城側から肱川橋を渡りすぐ左折、殿まち商店街に入ってすぐ左側です。

駐車場も完備 rvcar

20130724_124645

老舗で高級店のイメージがありますが、ランチはお得感あり delicious

20130724_131338

うな丼 735円

心配しなくても、

20130724_131621

うなぎさんは、お米の下に隠れています。

20130724_131451

かつ丼 630円

二階席からは大洲城も一望でき、個室もあるので、

大切なお客さんとゆっくり過ごせます。

【西大洲エリア】

<Ridi>

Sdim0817

私が大好きな、超おしゃれで、激おいしいスイーツのお店。

場所はちょっと分かりにくいので、よく予習していってくださいねpencil

西大洲の大洲病院にいったん入って、すぐ左折し、

そこから時計回りに病院の裏に回った土手沿いにあります。

Sdim0844

今日のスイーツはなにかなぁ~と、わくわくしながらメニューをみます。

季節替わりなので、いつ行っても新しい出会いに感激happy02

Sdim0842

大洲産苺のグラススイーツ(480円)

クリームからいちごまで、素材にこだわって丁寧なつくり。

Boltさんデザインで、ヨーロッパから空間を切り取って持ってきたようです。

Sdim0836

オーガニックレモンのタルト(480円)

さくっと香ばしいタルトに、甘酸っぱいレモンケーキ、かんげきhappy02

そのセンスのよさに、毎回驚くばかり eye

大洲から八幡浜に移動する休憩に、ぜったい寄ってくださいsign01

*この辺でランチなら、平野のアポロが一押しです。

さて、

ほかにも過去に紹介した大洲のお店をおさらいすると、

<わか宮食堂>

過去ログ参照。

ドコモ大洲店横で、大きなボーリングのピンが目印。

ゆったり定食やオムライス、カツ丼などを楽しめる、

好みの味のがっつり系店。

Xxsdim1545

この巻きずしは、地元でかなり有名 crown 

<浜の家>で、炊き込みご飯。

<道草>の、グリルチキン。

<Roy's><デュエット>は、こちらの記事。

<正山珈琲館>の、ヘビー級料理も必須ですね。

今までの店、全部しっとるわいsign03ってつわものがおられたら、

大洲城横のつぼね、大洲農協の農協食堂などはいかがでしょうか?

そうそう、

20130822_134849

東大洲の「シャトル」の550円ランチwinkも、忘れてはいけません。

バランスいい品数多いおかずに、メインもしっかり。

この日は、鳥カラ3つにイワシのフライで、お得感満載なのです。

PS: 地元ぐーたさんおすすめのいろは食堂(現在閉店)を追加します。

大洲記念病院を肱川方面にむかって右手ですよ happy02

2013年9月 1日 (日)

北浜大島屋のあじづくし@八幡浜 

アジだけのフルコース happy02

冬はふぐメインの北浜大島屋ですが、夏はアジ。

Xdsc_0003

今年はアジが品薄なので、予約がベスト sign01

この日も、焼き物用のサイズがないといわれましたが、

実際行ってみると、「海のいけすにいいサイズが居ったよ」ということで、

アジフルコース(料理だけで3500円)の始まりです。

Xdsc_0008

「刺身」は、まるごと一匹このサイズが一人前 eye

おろしにんにくを、醤油に溶かしていただきます。

Xdsc_0015

いかったようなプリプリの身が、口の中ではじけ、

 

発達した筋肉から、純粋なうまみがにじみ出てきます crown

日本人DNAを、ゆっくりと活性化させてくれる感動 shine

 

あじのパワーをしっかり咀嚼して吸収するように、かみしめます。

めちゃくちゃうまい happy02

 

これは、八幡浜まで食べにきたかいがあります good

Xdsc_0023

「フライ」は、さっくりした衣のなかで、ほっこり柔らかの白肌。

梅肉で味がついているので、そのままサクサクと無限に食べられます smile

素材の良さをしりつくした料理法で、驚くばかり crown

Xdsc_0030

「塩焼き」

熱がしっかり通ることで、うまみが際立ち凝縮 spa

ちょっと焦げた表面の香ばしさと、塩気にぐいぐい引き込まれます。

Xdsc_0040

「あじめし」

日向飯風で、溶き卵にこれでもかと何枚も刺身が入っています。

Xdsc_0045

白飯が見えなくなるまで整然と引きつめて、すこし温めましょう spa

あとは、乱暴に箸と顔とを丼につっこみ、ワシワシsweat01とかきこみ。

 

地付きの立派なあじだからこそできる、このフルコース。

これは、毎年夏の定番決定です bell

さて、

大満足の奥さんと、年ごろの長男を連れてRONデビュー notes

1950年代のモノクロと、1970年代のステレオレコードを聞かせていただき、

店内の大きなスピーカーの中にジャズバンドがいるようなリアル感note

寡黙な息子も、しずかに背中で感動を表しています。

レコードと真空管アンプは、CD世代の知らない音を出すのですね。

少しばかり、大人の世界の入り口をのぞけたようなのです eye

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008