ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 東温市の一戸建てイタリアン Pettirosso | トップページ | おでん屋アルファ  »

2013年9月24日 (火)

いっしゅうさんのうどんツアー・2013夏編 

さあ、今日は久しぶりにいっしゅうさんの讃岐うどんツアー

前の日、けっこう遅くまでやりあげたので、

やや二日酔いの中、朝5時過ぎの甘南備号に乗り込みます。

Dpedsc_0259_059

一軒目 上杉食品

鉄板の朝うどんの店で、だいたい毎回ここから始まります。

今朝の麺は、少し硬めの仕上がり。

太さが微妙に違うことを口の中で味わいます。

お決まりの、このためだけに揚げられた天かすと、七味をぱらり。

やさしい出汁を飲み干すと、二日酔いと寝不足だった胃袋と腸が、

ゆったりと動き出すのがわかります。

Dpedsc_0261_060

二軒目 大平製麺

Dpedsc_0267_061

ご夫婦とも骨の怪我をされたと伺っていましたが、

おばさんが以前と変わりなく応対してくれます。

おじさんも先ほどバイクで配達に行かれたとのことで、お元気で一安心

病気が治ったらじっとしていられないと働く姿に、尊敬の念がわきます。

Dpedsc_0270_062

釜揚げをかるく水で締めた、通称「半殺し」状態に醤油でいただきます。

ふんわりした麺が口の中でグミッとしたあと、ほどけていくのが快感

一玉70円は変わらず、一日でもお元気で長くやっていただきたいものです。

Dpedsc_0272_063

三軒目 よしや

Dpedsc_0279_065

道を挟んだお店の前にインド料理屋さんができていて、ちょっと気になります。

この大きな箱は、その名も「高濃度うどん排水処理施設」

株式会社CNT、讃岐ならではのシステムですね。

Dpedsc_0276_064

今日は小雨で少し肌寒いので、いつもの冷や系ではなく、アツアツを選択。

おでんのスジも食べて、340円。

あっさり出汁でありながらコクがあり、

官能的ねじれぐみぐみ麺と一緒に、心から求めていた味を吸収します

温かいものが体に入り、ここで二日酔いからの完全復活宣言 

Dpedsc_0280_066

四軒目 しんせい

Dpedsc_0282_067

最近一番好きなお店 

ねじれつるつる麺に、切れの良いきっちりエッジの効いた出汁が最高。

揚げたてのさっくりアジフライや、名物タコの天ぷらと交互にいただくと、

外の雨脚が強まるのに刺激され、うどん感動がどんどん高なります

Dpedsc_0285_069

五軒目 馬渕手打製麺所

Dpedsc_0286_068

先代はやめられたそうですが、近所のうどん屋さんが継いだとのこと。

Dpedsc_0291_070

カウンターで玉だけもらい、あとは自分で温めたり冷やしたりするセルフ。

テボで温めて、いただきます。

ストレートのソフト麺がとてもやさしく、かるくゴマ油を絡めて、

その香りほぼ満腹になりかけていた胃袋を、スムーズに動かしてくれます。

とても、おいしい  

Dpedsc_0293_071

六軒目 はゆか

すでに雨は本降りで、外観写真は車のフロントガラス越しに撮影

Dpedsc_0303_073

肉ぶっかけうどん(冷)450円+半熟卵

いっしゅうさんに「うどんはここで最後ですよね」と確認し、

肉と卵で最後の仕上げにかかります。

トウガラシちりめんは汗がじわり出でくる辛さなので、

癖になりますが、かなり辛いのでのせすぎ注意。

味はうす目とこい目が選べるので後者を選択。

甘めの肉うどんと、半熟卵の黄身、甘めの出汁が

腰のある均一的グミグミ麺に絡んで硬めの触感に引き込まれます 

Dpedsc_0296_072

お土産セットもしっかりしていて、うれしいポイントです。

Dpedsc_0305_074

最後は、なぜかJA和田

いっしゅうさんは到着まで、目的を教えてくれません 

Dpedsc_0308_075

梨ソフト 250円

シャーベット状で、ナシそのものを食べているようなフレッシュ感 

うどんで満たされた胃袋の隙間に、気持ちよく入り込んでいきます。

それにしても、

何度連れてきていただいても驚くのは、いっしゅうさんの引き出し

けっこう町はずれなのですが、この時期ここでこれが食べられることを

当たり前のようにご存じなこと自体に、改めて驚かされます。

その上、

くるたびに、その奥の深さが見えなくなっていく讃岐のうどん文化。 

これ、やっぱりかなり楽しいのです  

« 東温市の一戸建てイタリアン Pettirosso | トップページ | おでん屋アルファ  »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

ゎたしが前に紹介してもらった千舟町のバー松岡か松田さんだったか忘れましたが、情報が見れないのです
気になっていたので探していたのですが
ゎたしのパソコンで見れないようになっているのでしょうか
パソコンも10年選手なので問題だらけなので

こんにちは 
ページ左の検索ボックスに「bar matsuda」と入力していただければヒットしましたよ。9月6日の記事なので、9月のバックナンバーから探すこともできます 
10年前のPCとは物持ちがいいですね

ぁりがとうございました
みつかりました
すし屋の「一心」さんのことが気になっていたのですがこちらの検索機能を使ったらヒット
これすごく便利ですね

さぬ一には行かれなかったんですか?
年内にお会いできるといいのですが…

んで…私は一度いか行ったことがない
大阪では有名なお店なんですが
来年1月にご主人の故郷の松山に移転するという話をききました。
機会があれば情報仕入れて食べにいってみたくださいませ。
http://suika.blog.eonet.jp/default/2013/09/lapi13-8bb9.html

日曜日に高松に行ったばかりの僕。
もう少し早く知っていたらディープなさぬきうどんを体験できたかも。
朝2時間しか食べることのできないお店にはとっても行きたいとブログを読むたびに思っているのですが朝早すぎで・・・

お役に立てて何よりです
カテゴリーやキーワード別の検索もできるので、また使ってみて下さい 

今回は初めてさぬ一にはいかないで、量的にも初心者向きのツアーでした  

大阪の有名なお店、どこに移転されるのでしょうね?
とっても美味しそうなので、わかり次第突入してみます

朝のお店に間に合うためには、遅くとも6時には松山インター出発くらいのスケジュールになります
みんなでワイワイ行くのなら、早起きもどうにかなりますよ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いっしゅうさんのうどんツアー・2013夏編 :

« 東温市の一戸建てイタリアン Pettirosso | トップページ | おでん屋アルファ  »

最近の写真

  • 20170402_9_36_45_2
  • Dsc_0034_00003
  • Dsc_0014_00001
  • Dsc_0037_00004
  • Dsc_0025_00002
  • Dsc_0041_00005
  • Dsc_0045_00006
  • Dsc_0048_00007
  • Dsc_0027_00001_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0055_00008_2
  • Dsc_0058_00009