« 「おるがん 大街道店」男だけじゃ、NG! | トップページ | 加賀 博多屋  »

2013年8月 3日 (土)

料理 辻が花

専務が私をさそってくださるときは、毎回「いけちゃん、ココすごいけんpunch

すごいには大小があるのですが、今回の「すごいけん」は特大fujiです!

Dscn3767

「料理 辻が花」は、ロープウェー街の東雲神社をこ超えたところを左折。

そのまま緑町に入っていくと、住宅街の角に静かにたたずんでいます。

Xdscn3769

店内は普通のテーブルと椅子が置いてあり、さながら食堂。

どちらかで修業をされた大将が、ご夫婦でのんびりとやっておられます。

ランチもあって、基本年中無休らしいのですが、そのあたりの情報から、

「うまいもんアンテナ」が、ピピピッと反応 thunder

Dscn3769_2

メニューはお任せ。

このラインナップ、うれしくて身震いがします happy02

Xdsc_0011

季節のものを自然に取り入れた「突き出し」のうつくしさ。

Xdsc_0013

適度な歯ごたえを残しながら仕上がったタコが、

上品な味わいを残しながら、繊維にそってほぐれていきますdelicious

Xxxdsc_0017

「御造り こち薄造」

みごとに切りそろえられた身に、ちょっとポン酢をつけて口に投入。

こりこりとした食感の奥から、上品な白身のふんわりした旨味 happy01

ひやのコップ酒と合わせて、淡々と夢中に食べ進めます。

この店に行くなら是非と、同席された道後の大きな旅館の調理長さんが、

こんな風にくさみを出さないように料理するのは難しいんですよと、

さりげなく教えてくれます。

一品目から、「うっわ、ここええなあ~happy02」と、わくわくわく scissors

Xxdsc_0024

「はも」は、ちょうどいいサイズのやや小ぶりで、酢味噌で頂きます。

身がキュイーンと締まっていますが硬すぎず、味が濃縮。

いままで食べたことあるものと明らかにレベルの違う味 notes

はもも仕事次第でここまでうまくなるのかと、驚きます eye

イカの甘みも、ぐんと増しています。

Xxdsc_0027

はっと目をうばわれるeyeのが、「茄子はも巻揚げ治部煮」

向かって左は、茄子に太めのはもがぐるりとまいて、揚げてあります。

半分にして口にいれてもほほばり感があり、上品な出汁がじわ~ happy01

左のひろすうには、とうきび、椎茸がはいっており、大豆のかおりを

たっぷりと残した生地と一緒に、ガブリ。

最後に生姜がぴりっと効いてきて、これまためちゃくちゃ美味しい happy02notes

日本料理の素晴らしさを、舌をとおして教えてくれます。

Xdsc_0035

「だし巻玉子」

シンプルにして、この絶対なる存在感。

Xxdsc_0041

全体は締まっていますが、口の中ではふんわり。

つまみ用にすこしエッジの効いた味付けで、これも1ランク上 bell

Xdsc_0046

「豚バラ串焼き」

こげめが香ばしさを引き立てて、黒コショウがしまっています。

ガブリと喰らいつくと、焼しめられた豚旨成分がジンワリ。

なに喰ってもうまいぞ~~~~~~happy02 sign03

Xxdsc_0059

ちょっと洋風もはいった「夏野菜のサラミグラタン」

黄色や緑のズッキーニ、トマト、じゃがいもなどがごろごろ。

やさしいホワイトクリームがたっぷりのっていてバジルがトッピング。

この料理と結婚したくなるくらい、安らぎとパワーを与えてくれます。

ああ、しあわせ heart04

お値段も手ごろで、メガ満足。

これで、年中無休って驚き。あるんですね~、こんな素敵なお店。

久しぶりに、ちょっと出し惜しみしたくなるのです。

« 「おるがん 大街道店」男だけじゃ、NG! | トップページ | 加賀 博多屋  »

和食」カテゴリの記事

コメント

いけちゃん、今度連れてって!

美味しそうですね!
行ってみよう!
写真も美味しそう!!
ムム!ライト?

ここのランチは最高ですsun
飛竜頭でかい!

金曜日の、限定10食・スリランカカレーannoy
いつも売り切れなので、何とか食べたいニャウcat

ここって・・・・何かお店のご主人のセンスの良さを感じますよね。季節感もそうだし、ジャンルにしたって多国籍軍のような全部任しときっ・・・って言われそうなバラエティに富んだお店のように思います。近々行ってみようかなぁ。

ぜひ、行きましょう!
(って、どなたでしょうか?coldsweats01

気楽に向かって言ったら、有段者でびっくり!って感じです。
写真、気がついて頂いて、とってもうれしいですhappy02heart04
引きは、左からフラッシュ、右にレフ板。箸上げは、左からフラッシュで、やまけん師匠のまねをして練習中ですcamera

あの純和風の店で、スリランカカレーが食べられるとは驚きwobbly
大将にいろんな引き出しがあるのですね。
ランチも行ってみたいものです。

外観と内装は、定食屋さん happy01
出てくるものは、料亭 happy02
でも、値段は居酒屋レベル smile
素晴らしいお店です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/57733934

この記事へのトラックバック一覧です: 料理 辻が花:

« 「おるがん 大街道店」男だけじゃ、NG! | トップページ | 加賀 博多屋  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009