ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 韓国料理あん  | トップページ | かめ福でプチオフ会  »

2013年8月25日 (日)

大洲のうかい 

今日は義理の両親が、愛媛にやってきたので、大洲のうかいに出発rvcar

Xdsc_0045

平成病院前の河原にある、乗り場に6時半に集合。

せっかくなので、一人4,000円の料理をお願いします。

Xdsc_0056

「鯛そうめん」

 迫力の存在感。

Xdsc_0058

「刺身のもりあわせ」も、かなり豪勢ですねえ happy01

Xdsc_0061

船が出発直前にとどく、焼きたての鮎 spa

Xdsc_0067

全部並んだら、明るいうちからの宴会のはじまりです bell

Xdsc_0082

焼きたての鮎は、私が世の中で一番好きな焼き魚 good

はらわたの苦味が、ビールにあうんです。

Xdsc_0096

身をほぐして薬味を乗せて、鯛のあらを使った出汁でいただきますsmile

Xdsc_0097

最後はいもたきまで登場。

肥沃な大洲盆地で育ったねっとりした里芋は、じみだけどうまいんですscissors

Xdsc_0108

観光ミシュラン一つ星の臥龍山荘の下を通るころは、あたりも暗くなり始めます。

Xdsc_0113

臥龍山荘の下で、トイレ休憩を済ませたら、いよいよ本番。

Xdsc_0148

たいまつを照らした鵜舟が、上流からゆっくりと降りてきます。

Xdsc_0156

川の中から上がってきた鵜の口には、鮎がくわえられていますよeye

Xdsc_0165

望遠レンズは使っていません。

川を下りながら漁をする鵜飼船に、客船も並走しながら、

この近距離でみられるのは、全国でも大洲だけだと聞いていますpencil

Xdsc_0182

鵜庄さんが投げ入れてくれた鮎には、

段階的に鵜が呑み込んだ歯形がしっかりついています。

スイカのような、えも言われる香りがたまりません catface heart04

Xdsc_0176

あとはライトアップされた大洲城の下をぐるりと回りながら、

興奮が収まるのを待ち、全行程の終了です。

さて、

今回9人の内訳は、以下の通りdownwardleft

20130805_080810

うかい観覧+10人乗りの船に船頭さんがついて、2万5000円。

あとは料理と飲み物の明朗会計で、料理代は好みで上下可能。

JR等で行かれるなら、お店の送り迎えもあります。

舟遊び、豪華川料理と目の前でじっくり鵜飼見物。

時間と自然を、贅沢に堪能できるこの遊び fuji

まだ体験されていない方は、ぜひ足を運んでみてください shine

お問い合わせは、大洲観光総合案内所へどうぞ。

« 韓国料理あん  | トップページ | かめ福でプチオフ会  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

鵜飼行ったことないので、いつか行ってみたいです。
10人いたほうがいいんですね。

一人でも10人でも、10人のりの船を一艘お願いして、うかいをみる料金は一緒です。なので、10人で割った方がお得ですねhappy01
少人数なら込みこみで一人6000円の乗合船もおとくですよhappy01
Ecafeで行きたいですねcrown

RECEIPT、消費税が安いと思ったらう飼い観覧料金は、消費税込みの価格ですね。鵜が天然うなぎを捕るとかできないのでしょうか?

鵜飼いのご利用ありがとうございます!
大洲の郷土料理も堪能されたようで良かったです。
乗れば分かる鵜飼いと肱川の素晴らしさ。未体験の方々には是非とも乗っていただきたいです!!!

ははは happy01
鵜がうなぎを採る話は聞いたことがないです。入り口が一方通行になっている筒状の仕掛けでとるようです。
鵜の漁は、実際的な側面より、ショウの要素が大きいと感じました。アラブからのゲストがあれば、お供いたしますよfuji

まったくその通りですねhappy01
個人的には、川の料理にこだわらずに、ワインとイタリアンみたいな店も参入して、若者のリピーターを狙ったらいいのにと感じましたwine
あと、大洲観光総合案内書のHPは、文字が小さく情報がひたすら詰め込んであり、要点がわかりにくいと思いますwobbly

大洲の鵜飼い・・・松山の人間にとってはなかなか行けそうで行けないんですよね。
私も今まで3回経験がありますが、時々はこんな情緒も良いのではと思います。実は、この鵜飼いをやっている屋形船の1つの「寺尾」さんは私のいとこがお嫁に嫁いだ先で、彼女は今では女将さんとして切り盛りしてるようです。

有名な料亭「寺尾」さんと、ken-ta-roさんにそんな縁があったとは、愛媛も狭いものですねhappy01
昔は30そう近い屋形船がでて、鵜飼いのあとは大洲の旅館に泊っていたようですが、交通の便が良くなったので、道後泊まりで鵜飼いだけ、みたいなパターンになりお客さんも減っているようです。
今のこの時代においてこそ、貴重で贅沢な遊びだと思うのですが、また機会があればお出かけくださいねwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/57928840

この記事へのトラックバック一覧です: 大洲のうかい :

« 韓国料理あん  | トップページ | かめ福でプチオフ会  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2