« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月30日 (金)

miima espresso and coffee

暑いけどsun家の中にいてもしょうがないので、奥さんと街ブラ。

それでも、炎天下はいやなので、アーケード街を散歩します。

銀天街の「赤乃れん」で、宇治金時を狙っていたのですが、長蛇の列。

この調子じゃ、「あたりや」も行列だろうねと、半ば涼をとるのをあきらめます。

あ!あそこで、おいしいアイスコーヒーでも飲もうrunと、ジュンク堂方面へ。

Dscn4266

「miima espresso and coffee」

いろんな賞をもらっている、腕利きのコーヒー屋さん cafe

時々、狭いけど心地いい空間で、ゆっくりするのですが、

今日は、イタリアの冷たいデザート「グラニータ」の看板に吸い寄せられます。

店内は、いつものように上品なコーヒーの香り catface heart04

注文すると、グラインダーで氷を砕く音が「ガリンガリンnotes

素敵なグラスで登場し、奥さんもワア~happy01と、テンションUPup

Dscn4260

「梅酒とマンゴー」 700円

ばあちゃんちの梅酒を思い出す甘酸っぱさと、すっきりマンゴー。

きめ細かい氷が舌の上で、さ~と溶けて、体の熱を冷ませてくれます
snow

Dscn4264

「エスプレッソ」

豆の粒が入っていて、その苦味がおしゃれうまい逸品。


コーヒーのいい香りも立ち上ってきて、ほどよい甘さ。

こちらの氷はやや粗挽きで、その冷たさがキーンと染みわたりますsnow

これ、かなり癖になりそうな出会いなのです wink

2013年8月28日 (水)

三津浜でBBQと仮装パーティー!

「三津へバーベキューに行こうよ happy01

Chipさんの声かけで、毎週土曜日に三津の商店街で開かれている

バーベキュー大会に出かけます。

伊予鉄の三津浜駅trainで降りて、まっすぐ海の方に向かっていくと、

Dpedsc_0194_045

商店街に並ぶテントが見えてきます。

小雨で心配でしたが、すべての席にテントが張ってあり一安心。

Dpedsc_0195_046_2

この日は、年に一度の仮装大会もあり、いいテンションでもりがっています。

私が「すみません、写真撮っていいですか?」と、尋ねると、

スーツの方が、恥ずかしそうにお辞儀をしならが、「ええ、どうぞ」

クールな格好と、慣れていない本人のギャップがとてもツボ happy01

Dpedsc_0200_047

ステージの上で、地元の方々がゆるめの仮装をして、

あいさつのあと歌が始まり、懐かしい昭和のムードnoteが漂います。

Dpedsc_0204_049

一人前1,000円にしては多めの、七輪に乗り切らない海産物を焼きはじめ、

Dpedsc_0201_048

チケットを買って、生ビールを仕込みます。

横からジョッキを持ったオジサンが、「おかわりね」とやってきて、

現金で1,500円払うと飲み放題で、ジョッキgoodbeerを渡してくれるシステム

気が付きます。

もちろん、二杯目からは遅ればせながら飲み放題ジョッキに変更 happy02

Dpedsc_0214_050

さあ、遠赤外線でじわりと火が通ってきました spa

Dpedsc_0219_058

notes うわ~、ステージも盛り上がってきましたね~ notes 

Dpedsc_0227_053

セミエビ、でか happy02

プリプリと口いっぱいに頬ばっていると、甘みがじわり~good

Dpedsc_0230_054_2

背の高いミイラかとおもったけど、何者なのでしょう?

Dsc_0210

目の前ですり身から揚げたてじゃこ天油と交わった魚アツアツエキス fish

これ、無限に入ります good

Dpedsc_0246_055

Florさんバジリコスパゲッティー delicious

屋台のレベルを超えた本格派で、フレッシュな香りがたまらんです happy02

さて、一回りして席に戻り、

Dpedsc_0249_056

七輪の上をみると、別売りの坊ちゃんアワビがたくさん載っています。

遅れて横のテーブルにこられた団体さんは、BBQセットが売り切れていて、

別売りのアワビだけを焼いていたそうです。

そこでいっしゅうさんが、テーブルで持て余していたwink食材と物々交換。

さすがの交渉力に、うれし驚きです happy02

Dpedsc_0252_057

アワビで昂揚したのか、ブロガーでありながらChipさんが、

私が真剣に一人箸上げをしているところへ、ピースで妨害 bearingsweat01

気が付けば雨もすっかり上がって、心地よいほろよいのまま電車で、

市駅方面に二次会へと流れるのですtrain

-----------------------------------------------

今年は、あと8月31日、9月7日、14日の三回で今年は終わり。

お仲間でワイワイ、いかがでしょうか?

予約の申込:三津浜商店街・男子専科ヤング(TEL089-952-0700)


2013年8月27日 (火)

かめ福でプチオフ会 

日ごろの暴飲暴食のせめてもの帳尻合わせに、

休日の午前中は、スポーツクラブに水泳mistに行くようにしています。

泳いだあとは、お風呂に入ってゆったり一時間。

さあ、どこにお昼ご飯を食べに行こうかと、FBに書きこめば、

Xdscn4091

「かめ福にいるよ~happy01と、AZAさん。

Xdscn4095

すでにラーメンをいっぱい食べ終えていた彼女と、

冷しつけ麺をはんぶんこする算段で、追加注文します。

Xdscn4098

「冷しつけ麺 小サイズ(麺1.0玉)720円

Xdscn4107

つけタレは、酢のきいたしっかり・すっきり味 kissmark shine

ゆる縮れ麺ともやしに絡めながら、するすると呑み込みます。

AZAさんとは、しょっちゅう夜に飲み会で会ってるのですが、

しらふで会うのは久しぶり paper

近況報告をして、これからクレー射撃impactの見学に行くと伺って、

相変わらずのパワフルさに圧倒されます smile

さて、

Xdscn4102

私の目的は、ひさしぶりの「冷しラーメン(670円)

醤油がきいた油少なめのあっさり出汁 happy02 good

Xdscn4103

出汁を凍らせた大きな氷の塊が入っており、

食べ進めるにつれて、冷たくなっていくし、味も薄まりません happy01

Xdscn4105

ツルシコ麺に、キムチも合わせて一気につるつる。

チャーシューは冷えているのに、脂身が固まっておらず、

口の中で、スープと一緒に温めて噛みすすめます note

老舗ならではの、ベースがぶれない独自の冷たいラーメンを確立しています。

いいにおいがするので、振り返ると、

隣の席には、いい湯気spaを立てながらチャーハンが運ばれており、

次は、温かい普通のラーメンとチャーハンを食べようと心に誓うのですdelicious

2013年8月25日 (日)

大洲のうかい 

今日は義理の両親が、愛媛にやってきたので、大洲のうかいに出発rvcar

Xdsc_0045

平成病院前の河原にある、乗り場に6時半に集合。

せっかくなので、一人4,000円の料理をお願いします。

Xdsc_0056

「鯛そうめん」

 迫力の存在感。

Xdsc_0058

「刺身のもりあわせ」も、かなり豪勢ですねえ happy01

Xdsc_0061

船が出発直前にとどく、焼きたての鮎 spa

Xdsc_0067

全部並んだら、明るいうちからの宴会のはじまりです bell

Xdsc_0082

焼きたての鮎は、私が世の中で一番好きな焼き魚 good

はらわたの苦味が、ビールにあうんです。

Xdsc_0096

身をほぐして薬味を乗せて、鯛のあらを使った出汁でいただきますsmile

Xdsc_0097

最後はいもたきまで登場。

肥沃な大洲盆地で育ったねっとりした里芋は、じみだけどうまいんですscissors

Xdsc_0108

観光ミシュラン一つ星の臥龍山荘の下を通るころは、あたりも暗くなり始めます。

Xdsc_0113

臥龍山荘の下で、トイレ休憩を済ませたら、いよいよ本番。

Xdsc_0148

たいまつを照らした鵜舟が、上流からゆっくりと降りてきます。

Xdsc_0156

川の中から上がってきた鵜の口には、鮎がくわえられていますよeye

Xdsc_0165

望遠レンズは使っていません。

川を下りながら漁をする鵜飼船に、客船も並走しながら、

この近距離でみられるのは、全国でも大洲だけだと聞いていますpencil

Xdsc_0182

鵜庄さんが投げ入れてくれた鮎には、

段階的に鵜が呑み込んだ歯形がしっかりついています。

スイカのような、えも言われる香りがたまりません catface heart04

Xdsc_0176

あとはライトアップされた大洲城の下をぐるりと回りながら、

興奮が収まるのを待ち、全行程の終了です。

さて、

今回9人の内訳は、以下の通りdownwardleft

20130805_080810

うかい観覧+10人乗りの船に船頭さんがついて、2万5000円。

あとは料理と飲み物の明朗会計で、料理代は好みで上下可能。

JR等で行かれるなら、お店の送り迎えもあります。

舟遊び、豪華川料理と目の前でじっくり鵜飼見物。

時間と自然を、贅沢に堪能できるこの遊び fuji

まだ体験されていない方は、ぜひ足を運んでみてください shine

お問い合わせは、大洲観光総合案内所へどうぞ。

2013年8月23日 (金)

韓国料理あん 

笑顔がトレードマークの看板 happy01 で、

韓国人のあんさんが本場の料理を食べさせてくれる「韓国料理あん」crown

Xdscn3944_2

石手川の山本ワインの軒先を借りるようにやっていた店から、

すこしだけ南松山病院の方に移動して、一軒家になってパワーアップ

広くなって、ゆ~たりとできるスペースです happy01

Xdscn3946

今日は、その新しくなったあんに、専務ご一行と突入です。

Xdscn3947

メニューの内容は、前のお店と大きな変りはありませんね。

前の大家さんも一家で夕食を食べてきておられ、

そちらの奥さんが、自然体で忙しいお店をちょっと手伝っています。

この人間関係が、アンさんの店がはやる要因なのだなあと感心smile

さて、

本日一人目のゲストは、横河原の「かどみせ」こと門田商店の女将さん。

Dsc_0003 

親交のある専務が、かどみせのロゴupを作ったのをきっかけにお食事会。

このかわいらしいセンスがと、豪放磊落な性格が共存しているのが、

専務の不思議な一面です coldsweats01

X

広くなった店内にコンロを並べ、予約しておいたサムギョプサルを頂きます。

Xdscn3952

特製の鉄板は斜めに傾いており、一番低くなる四隅の一か所に穴があいて、

溶けだした油は、その穴を通って下にあるどんぶりにたまっていきます。

脂ののった三枚豚肉の両面を、軽くあぶって食べようとすると、

カウンター奥のあんさんが、「もうすこし、しっかり焼いた方が美味しいよsign01

Xdscn3959

お勧め通り、両面がしっかり焼けるまでしあげたら、

サンチュにのせて、キムチと白髪ねぎと一緒にくるんで、お口へ happy02 good

カリっと仕上がったアツアツ豚エキスが飛び出して、 

サンチュが優しく温度を下げてくれるので、そのまま大きく咀嚼。

キリリとした薬味との相性が抜群で、生ビールグビグビ。

Xdscn3963

「トッポッキ」は、長細い韓国餅と、ソーセージの炒め物

グミグミした歯ごたえを楽しんでいると、見た目通りの辛さが襲撃。

辛さのピークにもだえると、また一口欲しくなる魔法のお皿 shine

さて、

2人目のゲストは、東京から来られた柔道家永瀬さん

「スポーツひのまるキッズ」という全国レベルの活動をされています。

大会には震災にあった子供たちも親子で招待しており、

親と一緒にイベントに参加する時の子供の笑顔が、彼の原動力 rock

柔道界の後輩にあたる、かの「おどるうどん永木」の大将も同席。

Xdscn3967

「ニラチヂミ」

表面サクサクで、中身はもっちりの官能的仕上がり。

ピリっとした醤油たれにつけて、むしゃむしゃと箸が止まりませんhappy02 scissors

Xdscn3968

「チャプチェ」

太めの韓国風春雨が、海鮮、肉、野菜、山菜のエキスをたっぷり吸収。

ちょっと多めにとって、チュルチュル~とほおばって、モグモグ delicious

複雑な旨みが味蕾を全開放、ゴマ油の香りがにおい細胞を興奮

これも、なんぼでもはいるや~ん happy02 sign03

Xdscn3973

「冷めん」は、あっさりですが、うまみがたっぷり

Xdscn3977

大汗かきながら、ずいずい食べ進めた「おぼろとうふチゲ」は、

あまりのうまさhappy01に、最初の状態を写真に撮り忘れてしまうほど。

締めに中華めんをぶち込んで、その野菜肉唐辛子エキスを

たっぷり吸わせて、ズビズビ~~~~smile

熱いのか、暑いのかわからんけど、うまか~~~~~~happy02

場所が変わって、さらにグレードアップあんさんに、感激なのです crown

2013年8月20日 (火)

田中戸氷菓子

怒和島(ぬわじま)出身のご主人がつくる、

忽那諸島や松山の名産品をかけた、とってもおしゃれなかき氷。

ここ、diamond特大のすごいけん!diamondです fuji

「あかり」でお腹一杯いただいた一行は、三津駅に向かいながら、

Xdscn4198

店の前に大きなタープをかけた、木を基本としたシンプルな建物を発見sign01

Xdsc_0124

店に入ると、こちらの絵が迎えてくれます。

(東温市の、はやさきさん作)

Xxdsc_0177_edited1

「田中戸氷菓子」  happy02 shine

その小躍りしてしまうほどの、おいしいラインナップを、

Xdsc_0127

メニューの順番にすべてgoodおねがいします wink

こちらのメニューに、とてもわかりやすく書いてあるので、

そちらを参考にして(ほぼそのまま?)、ちょっと説明を加えております。

Xdsc_0146

「苺」

松山市上野の苺農家、白方さんの紅ほっぺにきび砂糖、ワインを

加えてさっと火を通したコンポートのせ。

雷にうたれたような、初体験鮮烈ショック  thunder 

めちゃくちゃおいしい~~~~~~ happy02

Xdsc_0149

「はちみつ檸檬」

怒和島の有機栽培レモン果汁に、みつばちダンスさんのはちみつ。

甘さ控えめにすこしだけ、てん菜糖を加えています。

レモンの酸味と、すっきりした切れ味に人間もダンスします notes

Xdsc_0152

「甘夏」

怒和島、オーナーの実家の甘夏ミカンの皮と果汁を使用。

仕上げにミントをいれることで、よりさわやかに。

皮の苦味と、ごろごろ感がいいんです delicious

Xdsc_0175

「桃」

興居島でとれた白桃(よしひめ)を大きめにカットして、てん菜糖とワインで。

甘い香りが、暑さを完全に忘れさせてくれます delicious

Xdsc_0158

「梅」

砥部七折梅に氷砂糖を加えて、一か月ほどねかせたシロップ。

透明なのに、口の中でむかしおばあちゃん家で食べた梅酒の香りが、

鮮烈にたちのぼります smile

Xdsc_0137

途中で、先ほどの「あかり」さんご夫婦も合流。

永木の大将同様、ご近所なかよしなので、和やかにワイワイ club

Xxdsc_0162

「キウイ」

北条産のキウイを、てん菜糖とかるく火を通してつぶしています。

トロピカル感と、程よい酸味が抜群の存在感 smile

Xdsc_0156

「生姜」

生姜に、数種類のスパイス、きび砂糖、てん菜糖でじっくり煮詰めています。

これは、まったく初体験の味。

とにかく、実際お店にいって、食べてみて下さい ok

Xdsc_0185

「四国の美しい店」 book にも、紹介されています。

どれも、シンプルな素材と冷たすぎず、柔らかすぎずの氷。

洗練されシンプルな空間で、安らぎを与えてくれる魔法の店 diamond diamond diamond

三津浜、間違いなくこれから目が離せないのです eye note

2013年8月18日 (日)

三津のフレンチ あかり

三津ブームの到来を予感させてくれる、カジュアルフレンチ restaurant

Xdscn4193

お互いをいつくしむように会話をする、若夫婦 heart04

この大きな白黒顔写真ポスターは、三津商店街のイベントで、

普段はないらしいのですが、店の看板にしてほしいくらい仲良し。

地元「踊るうどん永木」の大将の先導で、専務、いっしゅうさん一行で入店です。

メニューは、

Xdsc_0107

三津だからの、リーズナブルプライス。

さあ、今日はお任せで、出していただきましょう restaurant

Xdsc_0055

「豚足と豚バラ・鶏ムネ肉のゼリー寄せ」

豚足のコリコリした食感と、瞬時にとけるゼリーの組み合わせに歓喜 happy02

Xdsc_0062

「オニオンのタルト」

まだ温かく、玉ねぎの甘みと、タルトのカリッと感が絶妙 happy01

「豚肉のリエット」

ねっとりしたパテが、舌の上でゆっくりと伸び広がる快感 catface

Xdsc_0064

「パテ・ド・カンパーニュ」

分厚い迫力で、周囲には脂網?をまとっています。

舌と顎に挟んで押しつぶすと、濃厚な肉味の広がりが魅惑 wink

Xdsc_0070

「エスカルゴ・ブルゴーニュ風」

こりっとした歯ごたえのエスカルゴに、ニンニクたっぷりソース上等 delicious

このソースは、パンに吸い込ませてすべていただきます。

三津で採れるサザエとかの方が、地元の感が出るのでは?と、質問。

「みなさん、そうおっしゃるのですが、

三津で本物のエスカルゴが食べられるのが、いいんですよ」と、笑顔。

heart01 地元愛です heart01

Xdsc_0081

「牛リブロースのステーキ カフェ・ド・パリ風」

レアーの柔らかい肉に、バターとパセリたっぷりのソースをからめ咀嚼 smile

瞬時に皿の上から消えてしまう、興奮 bleah

Xdsc_0120

ほぼ貸切状態だったので、お店のご夫婦にもワインをおすすめします。

専務といっしゅうさんが、前もってお願いして持ちこんだワインwineも、

あっという間に空いてしまいます。

Xdsc_0102

「ヴァンテ産 カモ肉のロースト」

奥歯でゆっくり楽しむ、肉と脂身が内包した滋味に、感涙 crying shine

Dsc_0114_001

「リングイーネ・ジェノベーゼ」

フレンチですが、パスタの、自由な発想。

バジルのフレッシュな香りと、パスタのつるつるもっちりに玉砕 lovely

カップルや、少人数の気の合う仲間に激crownおすすめ。

ヌーボ三津グルメから、絶対に目が離せないのです eye scissors

2013年8月15日 (木)

あゆみ商店@興居島で酒盛り

「いけちゃん、興居島にタコ食べに行こうやhappy01

四半世紀の付き合いの友人Sから、私のツボをついたお誘いがあります。

Dscn4128

あいにく当日は雨 rain

夜半からの大雨警報が、注意報にランクダウンされ、

めったに休みも合わないし、子供たちも楽しみにしてるから行こうか!

ってことで、高浜からフェリーshipに乗ります。

Dscn4130

最終的に行くことを伝えた「あゆみ商店」さんには、

「本当に来られるのですか?」と最終確認されたそうですが、

フェリーには、元気な若者グループも乗っていて、ちょっと不安が弱まります。

Dscn4133

傘を差しながら、桟敷席に降りていきます。

冒頭の一行しか伝えていなかった奥さんは、

島の料理屋さんに行くと思っていたようで、ちょっとたじろいでいますsweat01

少し湿った席にバスタオルを引いて、

Sが持ち込んだ缶ビールのプルトップをプシュ~とあければ、

あとはどうでもよくなります happy02 scissors

Dscn4144

きた~、「タコぶつ」

地元のタコで、太めでブリブリ delicious

海の家らしく塩気がきいていて、いいですね happy01

Dscn4141

「たこの天ぷら」

野菜もついていて、けっこう本格的にさっくり揚がっています。

日本酒bottleを継ぎあい、奥さんたちにハンドルキーパーを任せ盛りあがりup

Dscn4159

雨も上がって、沖ではバナナボートが大きな音を立てながらグワーンsign04

子供たちも、そわそわし始めて、海に突撃~~ run mist

Dscn4147

「刺身盛り」

いや~、海の家でここまでおいしい刺身が食べられるのは驚き。

毎年来ているSによると、この時期は桟敷や海岸も人があふれているらしく、

結果的に貸切状態になった今日は、逆に運がいいかも bleah

Dscn4162

若者たちはワイワイと盛り上がっていますが、

男子はビーチバレー、女子は海でぷかぷかと別行動。

意外におぼこい行動パターンで、おじさんには少しかわいくみえますshine

Dscn4138

これこれ、「タコめし」 notes 

少し濃いめの味付けが、酒のつまみにもなって、

体の中と外から、磯イオンmistにつつまれて、幸せ~note

201307029

ごろりと横になると、いつも私にほえてくるS家のマルちゃんが、寄ってきます。

家にいるときは強気なのに、外では弱気なので、

ゴーグルのサングラスをかけてあげましょう eyeglass

Dscn4156

海でもやはり締めは、ラーメン

醤油ベースのベーシックなあじですが、何気においしい delicious

気が付いたら、

「そろそろ帰るよdiamond」って、起こされるまでゴザの上で爆睡 sleepy

食べ物、飲み物の持ち込めるので、気軽にリラックス。

フェリーで15分で渡れる別世界。

最高の、最高なのです fuji

2013年8月14日 (水)

ルミエール@東京第一ホテル松山 

今回のEcafeは、ビアホール happy01 beer

Xdsc_0011

料理がおいしくて、つくりたてをオーダーバイキングできる

「東京第一ホテル松山」の一階、ルミエールに集合。

暑い気候も後押ししてか、店内から一階ホールまできっちり満席 fullです。

Xdsc_0017

サラダ、肉魚、炭水化物からデザートまでフルセットで充実 crown

Xdsc_0012

最初からテーブルにセッティングされており、待たせません wink

Xdsc_0015

定番枝豆に、がっつりサラミ。

Xdsc_0016

もちろん、ドリンク飲み放題で、かんぱ~い beer

Xdsc_0022

サラダ新鮮シャキシャキなのがうれしいです。

Xdsc_0025

ステーキに、エビってどんだけ贅沢。

今年は、屋内で涼しい方が、そとよりいいですね。

Xdsc_0031

二次会はKeep Onカクテル wine

夏まっさかりsun 

正面からがぶり四つで、楽しんでおります notes

2013年8月11日 (日)

FLAT BURGERS 

休日の午前中は、地方情報誌をじっくり眺めて、新店情報収集 new

ポーンと目に飛び込んできた、千舟町のバーガーショップclover

Dscn3855

「FLAT BURGERS」に、足が向かいます。

間口はあまり広くないのですが、縦長なので奥行きがあり思ったより広め。、

入り口近くのカウンターで支払いを済ませて、テーブルで待つシステムです。

Dscn3856

メニューを見ると、夜はたくさんのバリエーションがありますが、

今日はランチメニューから選択。

大まかに、ハンバーガー、ホットドック、パンケーキを選んで、

その中から種類を決めていくかんじですね。

ソフトドリンクもついてきます。

Dscn3859

ウノのカードが、順番待ちのカード。

英字新聞をもした、おしゃれな「FBS TIMES」book

中をめくってみると、きれいにメニューがまとめられています。

店内もカジュアルアメリカンな雰囲気で、こだわりを感じますね。

この日は、小さいお子さん連れのヤングカップルが多く、

かわいい赤ちゃんを抱いた若お母さんと、

その彼女にかいがいしくする旦那さんは、今風で心が和みます。

さて、

Dscn3865

私が選んだのは、「FLAT DOG」 750円 

ドリンクは、ウーロン茶をチョイス scissors

こちらのデフォホットドックで、細長いドッグ。

最初からケチャップとマスタードがかかっており、

トマトやオニオン、レタスのシャキシャキ感といっしょに、

大口で、むしゃむしゃと食べ進めます delicious paper

Dscn3863

奥さんは「AVOGADO BURGER」 950円 

ドリンクはアイスティーを注文 wink

内側にはっ水加工の施してある小さなナプキンサイズの紙袋にいれて

かぶりつくので、とても食べやすいように工夫がしてあります eye

注文を受けてから、カウンターの奥で生地を手ごねして焼いたバーガーは、

りっぱなボリュームで、焼しめられた肉塊から肉汁があふれます。

リング状に切られた焼き玉ねぎの甘さと香りがアクセント。

素材を正面から味わえるザ・バーガーに、大満足なのです happy01 diamond

2013年8月10日 (土)

第48回松山祭り 食べ物速報!

夏真っ盛り sun

8月9日(金)、10日(土)、11日(月)

堀之内公園で、松山祭りのイベント「まつこいパーク」が開催中です fuji

Dscn4210001_3

南堀端から、公園に入っていくと、

Dscn4206001

音響調整や、各出店の仕込の真っ最中です。

Dscn4207001_2

地元の方もたくさん出店しておられます restaurant

Dscn4205001_2

大好きな「ハノイカフェ」

マスティー自ら、汗をぬぐいながら、

いろんな種類のベトナム風屋台料理の準備中。

Dscn4204001_2

「ケンタッチクラブ」

今日みたいな暑い日は、こちらの果肉たっぷりかき氷もいいですね~snow

夜遅くまでやっているので、涼しくなってからでかけるのもありかも。

楽しみですね~~~ happy01

2013年8月 9日 (金)

INTI @ 南堀端

今日はめずらしく娘とふたり wink

年頃の娘を、メタボおとうさんとのランチに連れ出すために、

最近できた話題でおしゃれな店を選択 ring

Dscn3725

市駅方面から南堀端にはいり、左折。

Dscn3726

道を歩いている人に、笑顔で声をかけている店員さんに誘われて、入店。

Dscn3727

本日のランチメニューはこちら up

ランチタイム禁煙はうれしいですね。

Dscn3730

「INTI」はシンプルな内装で、落ち着いた空間。

小さい間口から想像していたより、ひろいスペースには、

ランチ前で忙しそうな料理の音とにおいが漂っています notes

Dscn3732

夜は、お手頃な値段でコース料理もあるみたい restaurant

さて、

Dscn3739

ランチメニューから私が選んだのは、

B マグロとアボガドのマウンテンライス 650円

これにサラダもついてきます。

ライスのサイズが大中小から選択できることですが、今日は普通で good

Dscn3745

すっきりしたマグロをライスにのせて、エノキ、ネギ、大葉、アボガドなど

沢山の種類の具をマヨネーズがまとめ、黒コショウがピリリ。

口いっぱいに頬ばるdeliciousと、醤油が和のテーストを追加。

サイズも、マウンテンだけあって普通盛でも十分満足です penguin

+100円のアイスコーヒーも、しっかり大きなサイズでゆっくり飲めます。

娘のチョイスは、

Dscn3741

A. 自家製ダレつけ込みカラアゲ 580円

Dscn3749

箸の先ににじみ出ている、アツアツ透明鶏エキスが見えますかeye

一番のメインに挙げるだけあって、外カリ・内ジュワ・味ウマの三拍子 notes

娘のすきなアニメから普段の生活の話など、

やはり女の子は子供の頃から、話すのが得意なので退屈しません clover

もう少し年頃度合いが進行しても、

一緒についてきてくれるような、おしゃれな店情報を集めておこうっとnotes

お父さんはこんな短い時間でも、けっこううれしいのです happy01 scissors

2013年8月 6日 (火)

加賀 博多屋 

辻が花で大満足の一行は、習性でロープウェー街を南下します。

Xxdscn3771

「加賀」

その前は何十回と通っているものの、観光地の真ん中にあるので

なかなか入るタイミングがなかったお店です。

石川出身の女将さんが切り盛りしている、カジュアルな居酒屋 bottle

北の方のお酒も揃っています。

Xxdscn3776

大皿のメニューから、かるく頂くことにしましょう。

Xxdsc_0066

「万願寺唐辛子」

ししとうに似ているので、ちょっと辛いのかと構えて食べてみるのですが、

肉厚でも軟らかく、その甘さに驚かされます happy02

Xxdsc_0061

冷え冷えの生ビールを、くい~~happy02

Xxdsc_0070

「鰹のたたき」

みょうがやニンニクなどの薬味がきいていて、あっさり。

次はカウンターで、東北のお酒を頂きたくなります wink

さて、

Xxdsc_0080

最後は「元祖もつ鍋 博多屋 本店」にわか焼き

見た目ほど辛くなくて、甘みのある唐辛子。

食欲を激そそるニンニクの匂いと、ホルモンの脂がジュウジュウspa

思わず、「ライス大」good

横の同体系のT君と半分越して、真夜中のホルモン・オンザ・ライス。

秒殺なのです smile

2013年8月 3日 (土)

料理 辻が花

専務が私をさそってくださるときは、毎回「いけちゃん、ココすごいけんpunch

すごいには大小があるのですが、今回の「すごいけん」は特大fujiです!

Dscn3767

「料理 辻が花」は、ロープウェー街の東雲神社をこ超えたところを左折。

そのまま緑町に入っていくと、住宅街の角に静かにたたずんでいます。

Xdscn3769

店内は普通のテーブルと椅子が置いてあり、さながら食堂。

どちらかで修業をされた大将が、ご夫婦でのんびりとやっておられます。

ランチもあって、基本年中無休らしいのですが、そのあたりの情報から、

「うまいもんアンテナ」が、ピピピッと反応 thunder

Dscn3769_2

メニューはお任せ。

このラインナップ、うれしくて身震いがします happy02

Xdsc_0011

季節のものを自然に取り入れた「突き出し」のうつくしさ。

Xdsc_0013

適度な歯ごたえを残しながら仕上がったタコが、

上品な味わいを残しながら、繊維にそってほぐれていきますdelicious

Xxxdsc_0017

「御造り こち薄造」

みごとに切りそろえられた身に、ちょっとポン酢をつけて口に投入。

こりこりとした食感の奥から、上品な白身のふんわりした旨味 happy01

ひやのコップ酒と合わせて、淡々と夢中に食べ進めます。

この店に行くなら是非と、同席された道後の大きな旅館の調理長さんが、

こんな風にくさみを出さないように料理するのは難しいんですよと、

さりげなく教えてくれます。

一品目から、「うっわ、ここええなあ~happy02」と、わくわくわく scissors

Xxdsc_0024

「はも」は、ちょうどいいサイズのやや小ぶりで、酢味噌で頂きます。

身がキュイーンと締まっていますが硬すぎず、味が濃縮。

いままで食べたことあるものと明らかにレベルの違う味 notes

はもも仕事次第でここまでうまくなるのかと、驚きます eye

イカの甘みも、ぐんと増しています。

Xxdsc_0027

はっと目をうばわれるeyeのが、「茄子はも巻揚げ治部煮」

向かって左は、茄子に太めのはもがぐるりとまいて、揚げてあります。

半分にして口にいれてもほほばり感があり、上品な出汁がじわ~ happy01

左のひろすうには、とうきび、椎茸がはいっており、大豆のかおりを

たっぷりと残した生地と一緒に、ガブリ。

最後に生姜がぴりっと効いてきて、これまためちゃくちゃ美味しい happy02notes

日本料理の素晴らしさを、舌をとおして教えてくれます。

Xdsc_0035

「だし巻玉子」

シンプルにして、この絶対なる存在感。

Xxdsc_0041

全体は締まっていますが、口の中ではふんわり。

つまみ用にすこしエッジの効いた味付けで、これも1ランク上 bell

Xdsc_0046

「豚バラ串焼き」

こげめが香ばしさを引き立てて、黒コショウがしまっています。

ガブリと喰らいつくと、焼しめられた豚旨成分がジンワリ。

なに喰ってもうまいぞ~~~~~~happy02 sign03

Xxdsc_0059

ちょっと洋風もはいった「夏野菜のサラミグラタン」

黄色や緑のズッキーニ、トマト、じゃがいもなどがごろごろ。

やさしいホワイトクリームがたっぷりのっていてバジルがトッピング。

この料理と結婚したくなるくらい、安らぎとパワーを与えてくれます。

ああ、しあわせ heart04

お値段も手ごろで、メガ満足。

これで、年中無休って驚き。あるんですね~、こんな素敵なお店。

久しぶりに、ちょっと出し惜しみしたくなるのです。

2013年8月 1日 (木)

「おるがん 大街道店」男だけじゃ、NG!

ban 男性だけでは入店できない!って言われると、

女性同伴でもなんとなく入りづらく、今まで未食。

Xdscn3305

今日は、女性二人を同伴しているので、勇気をもって階段を上がります。

「おるがん 大街道店」は、三番町と大街道の角の二階にあります。

休日昼間という事もあり、店の前には三組ほど椅子に腰かけています。

太めの四角い黒縁メガネをかけ、スタイリッシュで歯切れのいい女性が、

慣れた様子で待ち客をさばき、注文を聞いてくれます。

奥さんはグラタンを頼んだのですが、

時間がかかるからと先にオーダーを通してもらい、

その様子に、「これは、あまり待たなくてもよさそうだなあ」と一安心

まずは、

Xdscn3313

セットでお願いした「アボガドとフレッシュトマトサラダ」

ジュレ状のドレッシングをかけて、よく熟れた二つの果物を混ぜます。

アボガドのクリーミーさが、トマトの酸味と合います。

店内は想像していたようなgirlyさはなく、レコードが並んでいたり、

ジャズが流れていたりnotesと、いたって中性的。

Xdscn3326

娘が頼んだ「たらマヨスパゲッティ」

明太子の小さい粒が、まんべんなくパスタに絡んでおり、

その舌触りと、ピリ辛感を口腔内全体に撹拌しながら味わいます。

どうして女性専用にするのか?と、ミニ家族会議 clover

奥さんの意見は、「女性は一人で入りにくい店が多く、

そういう人も気楽に好きなものを食べてもらおう」ということ。

ラーメン屋とか焼肉屋なら、一人で入りにくいのは解らないではないですが、

こんなおしゃれなお店なら問題ない気のするのが、私の反駁。

娘が奥さんに一票投じて、この話は決着です wink

Xdscn3315

私は「ハンバーグとクリームコロッケ」

コロッケは、エビ入りもあって、ホワイトソースの口どけがスムーズ

Xdscn3320

ハンバーグフワトロで、ケチャップベースのソースで、ライスにぴったり。

私のライスは「大盛りにしときましょうか?」とお気遣いいただき、

けっきょく普通盛をお願いしたのですが、男子疎外感が和らぎますwink

奥さんの、

Xdscn3312

「ミートスパのふわオムグラタン」が、ジュウジュウと登場。

一旦しあげたスパゲッティーにオムレツを載せて、

ホワイトソースとチーズをのせて焼いてあります。

柔らかめの麺に、ソースと卵を絡めてパクリ!

見た目ほどこってりはしておらず、あっという間になくなります。

Xdscn3330

さて、

女性1人に男性5人とかの人達もいるのかなあと、

どーでもいいことを考えながら、大満足で大街道に戻ります。

ちなみに、

市駅前の「おるがん」は、女性同伴でも男性は入店禁止なのでお間違えなく。

でも、絶対入れんとおもったら、めちゃくちゃ気になるのです delicious

のけるか!

えっ、なにを?coldsweats02

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009