ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 博多滞在23時間・うまかもん編 | トップページ | 博多滞在23時間・ 翌昼編  »

2013年7月20日 (土)

博多滞在23時間・夜らーめん編 

さあ、

夕方に博多についてから、息つく暇もなく食べ回ったとけど、

いよいよ、おまちかねの締め博多ラーメンnoodleの時間ばい smile

Xdsc_0100_2

「八ちゃんラーメン 薬院店」

タクシーの運転手さんに、「ここはだれに聞いたと?」と尋ねられ、

地元出身の従弟お勧めだけあって、地元に根付いた名店の様子。

遅い時間時も関わらずスーツ姿の人で満席。

たこのマークば眺めながら、わくわくならぶとさ。

Xxdsc_0101

店内はカウンターだけで、流れ作業で空いた席にすわるったい。

すえていない、ここちのよい豚骨臭いなんともいえんさね~ catface

Xdsc_0107

「ラーメン 700円」

うわっ、濃厚スープでうまか smile rock

県外のイメージの九州豚骨のように白濁しとらんで、

濃縮エキスが溶け込んでとろみのある、不透明なスープ。

アツアツのどんぶりに口をつけると、ねっとりしたうまみがたまらん。

「固め」でたのんだ細麺にも十分からむ粘度で、ズビズビ smile

替え玉して最後の一滴まで飲みほしたかったとばってん、

次があるけん、さあて wink 

ラーメン言えばの長浜に移動ばい car

Xdsc_0109

「元祖長浜屋」

2006年に来た時とは、場所が変わってあたらしくなっとるったい。

数年前に長浜「屋」から長浜「家」が分裂して、

その「家」が二つに分かれたとか、せからしかことがあったらしかばてん、

まあ、そがんことは、食べるほうには、どがんでもよかっさ。

タクシーさんは「屋(やね)」とか、「家(いえ)」とか言い分けとったね。

従弟がさ、「入店してすぐ、固め!って注文せんば柔らかい麺が来るよ!

そがんことになったら、恥たい。」みたいに脅かすとさ。

緊張して入店したばって、すいとー時間帯やったけんかしらんけど、

丁寧に、麺の固さまでききんしゃったよ bleah

Xdsc_0117

長浜のラーメンは、もともと港の人の朝食から発展したもんやけん、

かた麺をあっさり食べるっちゃんね。

腹はいっぱいやったとったけど、うまかけん全部たべきったばい penguin

Xdsc_0118

あとは、

ホテルでシャワー浴びて、丸なった腹をさすりながら爆睡たいsleepy

« 博多滞在23時間・うまかもん編 | トップページ | 博多滞在23時間・ 翌昼編  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

スゴいです..。八ちゃんからの元祖長浜。


理想的な梯子では有りますが、八ちゃんラーメンのあのスープまで完食するなんて。


博多っ子もビックリです。


まさに「食べねば(生きねば)」ですね。昨日観た『風立ちぬ』風に(笑)。

八ちゃんラーメン、美味しそうですね。私が20年以上前に行っていたお店と一緒でしょうか。以前はシャッターがいつも半分降りていて、スープの下半分にとん骨がざらざら沈んでいました。

食べねば!には間違いないけど、さすがにスープは完食しとらんよ。こってりうまかったけん、次がなかったら間違いなく飲みほしていたでしょうけどね delicious

へ~、そんな時代があったのですか?
長年の歴史が店の雰囲気に溶け込んだ、再訪確実なお店です happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/57687092

この記事へのトラックバック一覧です: 博多滞在23時間・夜らーめん編 :

« 博多滞在23時間・うまかもん編 | トップページ | 博多滞在23時間・ 翌昼編  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2