« 和日輔@宇和島 | トップページ | 博多滞在23時間・夜らーめん編  »

2013年7月17日 (水)

博多滞在23時間・うまかもん編

生まれてから高校までのほとんどを、長崎で暮らしたおいどんが、

久しぶりに九州の地を踏むことになったとけど、時間がなかったい。

ばってん、その与えられた時間ば最大限に有効に使って、

うまかもんば食べてて回った話しばするけん、よく見とかんばよ wink

*子供の時に九州ば転々として育ったけん、

おいの九州弁は、いろんな所のがごちゃまぜやけんね happy01

Xdscn3634

さあ、ご存知松山空港から、土曜日夕方にプロペラで出発 airplane

Xdscn3636

天気も良かったけん、あれが呉かな?北九州なか?とかながめとる間に、

福岡空港についたっちゃんね。

昔はここから国鉄博多駅まで、バスでしか行けんかったとけど、

地下鉄であっという間に天神までいけるごとなって、便利になったばい。

Xdscn3640

博多に初めていく連れもおったけん、まずは最近新しくなった駅ビルshine

大きなビルの9階と10階に、食べもの屋さんがめちゃくちゃ出店しとっとよ。

その2フロアーに、「くうてん」って名前がついとっとさ。

Xdscn3641

「Toc-Toc」

福岡はなんでもうまかとけど、魚fishもうまかってしっとった?

予約しとったとにちょっと待たされて、どげんなっとるとやって

思うたばってん、ここは待つだけの価値はあったとばい good

Xdsc_0007

「刺身の盛り合わせ」

数品の刺身盛りしか頼まんかったとに、

「今日はお待たせして、本当にすみませんでした」と、

全種類の刺身を人数分もってきんしゃて、恐縮するばいcoldsweats01

右下のクジラのさえずりやら、貴重なもんまでくれてから。

初めて食べる人は、いつまでも噛みきれんってこまっとたけど、

おいなんか、これば食べてやっと九州に帰ったってきがするっさね。

アジねっとりプリプリイワシ脂がのっとるっちゃん delicious

乾杯beerしながら、一気にテンションは上がっていくとさ up

Xdsc_0016

「ウニ」

こいも甘かね~、口ん中で溶けるごとしてなくなるちゃけん smile

Xdsc_0037

「キンキの酒蒸し」

プリップリの身ば、上手に取り分けて、豆腐とかとポン酢であっさり。

八幡浜や南予育ちの連れは、頭の骨をしゃぶるごとして楽しみよるhappy01

Xdsc_0031

うわっ、「あわびのステーキ」

でかさ~~~ eye crown

身が分厚くて、ぐいぐい噛みしめると温かいアワビエキスが溢れて、

苦みの効いた肝も食べてから、地酒の冷酒を流し込んでキューgood

デパートの中の居酒屋値段で、このレベルにはほんと驚きばい。

1,890円からの時価やったけど、びっくりするほど高くなかったよ。

さあ、

この店から離れたくないけど、食べんばらんもんがたくさんあるけん、

腹4分目くらいで、移動移動 car

Xdscn3656

「鉄なべ 中洲本店」

博多で大学まで過した地元の従弟が勧めてくれた、鉄鍋餃子の店。

二階席の最後のテーブルに、滑り込むごとして座れたっさ sweat01

Xdsc_0047

分厚い熱々の鉄板が、どか~んと運ばれて来たよ。

外はパリパリ、中は熱々エキスがじゅわ~~~ happy02 sweat01

「おいひいねえdelicious」と、口の中で転がしさましながら、むしゃむしゃ。

もちろん、ここで冷え冷えの生 beer ぐびりんぐびりん diamond

この組み合わせ、永久に食べ飲み続けることができるったい。

ばってん、従弟からの次のミッションがあるけんね。

腹ごなしに、てくてく run歩きながら、移動すると。

Xdscn3666

「博多とりかわ大臣 住吉串房」

Xdsc_0079

一本90円の鳥皮串が、タレでも塩でもよう味がきいとるんよcatfacenotes

串の半分くらいまでくいついて、皮を「くいっdelicious」てひっこぬいてさ、

焼きしまったグミグミした食感から、鳥脂エキスがしみでる~。

Xdsc_0074

「ダルム」は、ドイツ語で腸のことばい。

薄めでも歯ごたえのある腸をさ、ちょっと酸っぱいタレにつけて、

ぐいぐいいけるっちゃん。

うまか~~~~ happy02 crown

これ、みんなにおおうけで、お代りぐいぐいって盛り上がるばい。

芋の水割りでも合わせてさ、これもまた無限に食べきるとよ。

さあ、

いい感じになったけん、ぼちぼち締めのラーメンにいかんばらんねnoodle

« 和日輔@宇和島 | トップページ | 博多滞在23時間・夜らーめん編  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いやいや次から次から美味しそうな物ばかり、〆は当然ラーメンですね。
次回の記事で紹介ですか?

きんき、松山で買うことできず、帰省時川崎の市場で釧路産のつりきんきを買って持って帰ります。萌屋の大将に煮付けにしてもらいます。

ラーメンの印象がつよい博多ですが、魚も肉も旨いんですよね。もちろん、次と次の記事はラーメンnoodleしか出てきませんbleah

釧路のきんきは脂が乗っておいしいでしょうねえhappy01
次回帰国時は、わたしもご相伴にあずかりたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/57663027

この記事へのトラックバック一覧です: 博多滞在23時間・うまかもん編:

« 和日輔@宇和島 | トップページ | 博多滞在23時間・夜らーめん編  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009