ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« アネットでアメリカンブレクファスト  | トップページ | 石ヤキ製麺所 冷たいの熱いのも旨い! »

2013年7月 7日 (日)

「一食入魂」うどん@リンジーズ 

愛媛うどん部の主催者で、ブログ「一食入魂」の管理人。

趣味が高じて、玄人はだしのうどんを作り上げるまーな師匠

Dsc_0030_0091

彼のうどんを、心行くまで対面で堪能できる夢のような会が

某日某夜、「リンジーズ」を貸し切って開かれています。

カウンター越しに師匠の料理する姿を拝見しながら、まず乾杯 beer

写真撮り忘れましたが、つまみまでお手製なのがすごい wink

Dsc_0002_002

いきなりの、「冷やし中華」

中華麺までその手中に収めているとは、驚きの先制パンチ punch

スープもまろやかで、優しい仕上がり。

麺の腰も丁度よく、全体のバランスが素晴らしいため、

一杯目から一滴も残さず、取りついたように頂いてしまいます。

5時間前に純でラーメンを三杯やっつけて乗り込んできた、

筋金入りの麺人「SHIMO-G」さんも、感動の声をもらしておられます。

(何気に書いてますけど、この前に昼ラーメン三杯ってドユコトwobbly

Dsc_0005_003

数日前からその仕込の過程がfbで公開されていた「煮鶏」

甘辛のたれが、しっかりと味を締めており、おつまみにも最高。

ほとんどの方が、純粋に師匠のうどんを堪能するためノン・アルですが、

カウンターの中でお手伝いしているハーレー乗りのカワユイNちゃんと、

ちゃくちゃくとワインwineを空けていきます。

Dsc_0011_004

出ました、「明太子釜バター」

熱いうちにぐるぐると混ぜて、明太子と黒こしょうをまんべんなく。

醤油は使わず、明太の塩気だけでぐいぐいと吸い込まれていきます。

師匠の麺って、本当にふんわりしていて腰があって、おいしいなあ smile

Dsc_0014_005

おお、「ジャージャー麺、キムチのせ」

甘辛のひき肉たっぷり、二杯目の中華麺登場 bell

しゃっきりキュウリとの味と食感のバランスが、たまらん happy02

とり皿に残ったひき肉をつまみに、缶ビールをグングン開けていたのは私です。

業界関係のUさんは、普段はお酒を召し上がるようなのですが、

車で来てしまって、ちょっと後悔なかんじです。

Dsc_0018_006

「和風だし大集合うどん」

これは、DNAに響く一品 delicious

甘く煮つけられたお揚げからしみ出すあのエキスと、椎茸のグアニル酸が、

締められてプルン感をました麺と、田舎の結婚式状態 wink

「奮闘絵日記 食べてばっか。」の魚菜っ葉さんともすっかり意気投合し、

翌日寿浬庵で連荘の飲み会となります fuji

Dsc_0022_007

「バター風味ボンゴレうどん」

いや~ん heart04

麺がアサリ汁で煮込まれているので、うまみを吸っています。

海の塩とバターの塩気の塩梅が、また絶妙。

テーブルに座っている、KさんやWさんはもう満腹サインが点灯flair

Dsc_0025_008

「豚バラキムチうどん、食べるラー油仕上げ」

もう入らん!と言いながらの、締め。

師匠はご自分専用の調味料を小さいバスケットに入れて持参。

おもむろにとりだしていると見ていたら、食べられるラー油。

あっさり豚に、ピリリとカリリのアクセントで、瞬時につるん happy01

fuji まさに、うどん懐石 fuji

これだけ出すためには、どれだけの準備がかかるでしょう?

食べ物を通して気持ちを頂いた素敵な夜の興奮を、

しばらく夜風で落ち着かせたら、三々五々解散。

最高のうどんナイトなのです happy02 good

Dさん、街まで送っていただき、ありがとうございました rvcar

« アネットでアメリカンブレクファスト  | トップページ | 石ヤキ製麺所 冷たいの熱いのも旨い! »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

たくさんの食べ方を楽しませてもらいました!
如何様にも楽しめる懐の深さ、うどん最高^^
しかもそれを趣味として、というか趣味を超えた趣味に昇華させてる師匠のスゴさも最高^^!

え?bearing
わたしの読み間違いならすみません。
あの場所に「らっきい♪」さんがおられたのですか?
師匠が共通なのも驚きです smile

Blog掲載、ありがとうございます<(_ _)>

毎回どんな出し物にしようか(笑)いろいろと迷うのも楽しいんです。
「美味しい」なんて言っていただくと単純な本人はもっと喜びます(笑)

また次回のご参加、お待ちしておりますww

@らっきぃ♪さん
旧Blogの頃にコメントいただいたらっきぃ♪さんでしょうか。
同じiyoブログで書かれていた記憶が・・・
拙いBlogですが、新Blogの方にも遊びに来て下さいね(^^)v

※ややこしいコメントですみません^^;
記事を読んで楽しませてもらったって意味でした。

このコバラが空く時間にまた読んじゃった^^;

いけちゃんさん、お世話になりました。師匠のうどんの美味しさもさることながら、集まったみなさんのトークも楽しいこと、楽しいこと。
最高の夜でした!!
なんて思っていたのに、
翌夜の寿浬庵がまたもや最高に楽しかったです!!しかも美味しいこと、美味しいこと!!
いけちゃんさんをはじめ、みなさんのおかげで最高の2夜を過ごすことが出来ました。
また、誘ってくださいね!! よろしくお願いしますm(__)m

うどん自体も美味しい上に、出汁、トッピング。はたまた、中華ソバまで独学であのレベルまでしあげてしまう研究熱心さとセンスに、ただただ驚くばかりでしたwink
いつも食べる専門で恐縮ですが、これからもよろしくお願いしますscissors

イエイエ、こちらの読み間違えでした。すみませんhappy01
私もいつもらっきい♪さんのブログを見ながら、その場に自分がいる気になるので、そういうことですね。

二夜連続の食べ飲み会noodlebottle
がっつりやりあげましたね。
フードブロガーさんは、初対面でも共通話題が多くて、初めての気がしません。
今後ともよろしくお願い申し上げますfuji

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/57554197

この記事へのトラックバック一覧です: 「一食入魂」うどん@リンジーズ :

« アネットでアメリカンブレクファスト  | トップページ | 石ヤキ製麺所 冷たいの熱いのも旨い! »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008