ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 丸山@八幡浜  | トップページ | 松前町のオモニで、満腹満足 »

2013年6月 7日 (金)

八十八か所のお参りの作法 

いつもこのブログを読んでいただいている方は、

食べ物に関係ないこの題名に、「なんでっ?」って思われたかも?

それを払しょくするために、一枚目の写真は、

Sdim1238

先日いただいた、「今治登泉堂」「いちごsign01の写真をお届けします。

今年も甘すっぱくて、果肉味たっぷりの最高の出来です。

さて、

私も昔から知っている、奥さんの友人2人が愛媛に遊びに来ています。

彼らは普段、大阪と岡山に住んでいるのですが、

8年前に思いたち「四国八十八か所巡り」を開始 run

一番札所から始まったお遍路は、仕事の合間を縫ってとぎれとぎれなので、

やっと松山近辺に到着し、せっかくなので私たちも一緒にお寺参りをします。

Sdim1219

何気に見てきたお遍路さんのお参り。

今回同行して、実は決まったやり方があることを知ります。

彼らも最初は自己流のお参りだけをしていたのですが、

途中でどこかのご婦人に「あんた達、ちゃんとせんといかんよ!」と、

指導を受けたとのこと。

私も初めて知って、とても興味がもてたので、ご紹介しましょう pencil

Sdim1221

1.手を洗う。

山門で一礼して敷地内に入ったら、まず身を清めます。

Sdim1220

2.鐘を突く

四国八十八か所霊場会公式ホームページによると、

撞いてもいいお寺だけで行い、帰りには撞かないように指導されてます。

大きな音をだそうと、鐘撞き棒を力いっぱい引っ張れば、

枠にひもが当たってしまい、うまくいきませんsweat01

突いた後の手をさっさと放すを、棒が何回も鐘にあたってしまい、

カンカンと、余計な音がしてしまいます bearing

物事は、欲張ったり投げ出したりせずに、丁寧に行うべしという教えかと、

山門をくぐってたった数分で、勝手に悟った気になっている、

「にわかお遍路状態」です coldsweats01

Sdim1225

3.本堂のお参り

左手に見えるろうそくの箱の中に、一本ろうそくをともしましょう

お遍路さんたちは白装束のポケットに、たくさんのろうそくを入れています。

箱の中に納め札を納めるのですが、

この札の色は、八十八か所の巡礼の数が増えるにつれて、

少林寺拳法の帯の色のように変わっていきます。

4回目までは白色ですが、、赤、とかわり、100階以上は「錦」。

お札はお寺で売っていて、色は自己申告制 happy01 なのが、

心の広い仏教の精神に通じていて、いいと思いませんか?

Sdim1178

ここで、一回目の般若心経を唱えます。

*少し話がそれますが、車で通勤するときのBGMとして、

何を思ったか、瀬戸内寂聴先生のCD全集を買ったことがあります。

その中で、「摩訶般若波羅蜜多心経」とは、どんな意味かsign02

何度も説明されるので、興味深く覚えています。

摩訶は、サンスクリット語のmaha,マーハの音写で、日本語では偉大。

般若はパーリ語で、 paJJaa,パンニャー。日本語訳は智慧(悟りの智)。

波羅蜜は、サンスクリット語でPāramitā, パーラミター

意味は、彼岸に至った、つまり悟りを開くという事を意味します。

は大切、はお経のこと。

つまり、

「偉大で智にあふれた、彼岸に至るための大切なお経」って意味。

諸説あるでしょうけど、こちらにわかりやすくまとまっています。

*私が驚いたのは、漢字自体に意味があるわけではなく、

サンスクリット語などの「発音記号karaoke」として使われていたこと eye

たとえば、

サンタクロースを、「三太九郎酢」と書いて記録したような感じですcoldsweats01

Sdim1229

4.大師堂のお参り

お寺には必ず、本堂とは別に弘法大師をお祭りした大師堂があります。

そこで、ろうそく、お参り、読経と、本堂と同じことを繰り返しますscissors

Sdim1230

5.納経所で、納経し朱印をもらう。

お寺で売っている納経帳に描いてもらうのが一般的ですが、

白装束や、掛け軸に描いてもらう方もいます。

杖を忘れないようにして、山門で挨拶をして出れば、お参りの完了sign03

さあ、

Sdim1245

GWまっただ中で、並び始めて1時間50分後に口にした、

白楽天「焼豚玉子飯」pig

Dscn3204

かなりお腹が減っていたので、こころがこんな感じになりましたが、

その程度のことで、心を乱しているようではいけません。

Sdim1182

「仙遊寺」の長い登り階段で、精神と体を鍛え、

Dscn3211

「アルム」アルハンブラで当分補給をしながら、修業は継続 wink

彼らは翌日も歩いて回り、地元に帰ってしまいます。

次は難所の一つ、「横峰寺」からの再スタートの予定。

次回も、お伴する予定なので、とっても楽しみなのです happy02 good

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

業務連絡karaoke

先日、チャリティーパーティーでお預かりしたお金ですが、

いつものように、東北復興に使っていただけるように寄付しました。

この活動は先日休止したのですが、やまけんさんを通して

現地の方の為に使っていただくようになっております。

Yamaken

みなさん、ご協力ありがとうございました note

« 丸山@八幡浜  | トップページ | 松前町のオモニで、満腹満足 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

登泉堂、行かれましたね。
うらやましいです。
昨年、一昨年と行きました。今年も行くつもりです。
本物のいちごシロップが美味しいですね。

ちなみにお遍路さんはサインとスタンプとは言いません!

納経と言います。スタンプ→朱印です。

今年もとってもおいしかったですhappy02
私も今シーズン何回か行く予定です。
サントノーレのミルクセーキと悩みますwink

教えていただきありがとうございますhappy01
さっそく本文を訂正させていただきました。
昔は英語表記はなかったですものね。

横峰さん、3月後半でも雪がありました。
確か道中で、道路維持のための通行料がいったような…。
趣のある札所です。

普段は信心も何もしない人間でも、札所を参ると感じる事がある。
特に36番札所「青龍寺」。
波切不動明王から発せられる重く鋭いウェーブには、身体が固まったような衝撃がありました。

般若心経・・・ってけっこう意味が深いのですね。
お経なんて普段はあまり意識せずに、法事の時くらいに接するくらいですが・・・・いろんな国の言葉が集約して般若心経ができてるんですよね。ギャ-ティ・ギャ-ティ・・・なんてどんな意味合いがあるのかは分りませんが、フレ-ズの意味合いを知るってまた1つ興味を覚えました。

※チャリティ・パ-ティの収益金・・・役に立って良かったよね。我々食いしん坊たちは、普段好きなものを食べれるだけでも幸せなんだから、せめてその恩返しを形にできれば本望ですからね。また新しいお祝い事を創作して、世間に恩返しできればいいよね。

この間は念願の、松山の「ことり」で鍋焼きといなりを食べました。
「がんばっていきまっしょい」のポスターを正面に見ながら、のどかなひとときを過ごしました。
高松にお越しの節は、扇町の「松川屋食堂」で中華そばといなりずしを食べて下さい。
何でもない食堂ですが、何でもない所に味がある店です。
ここは「UDON」のポスターが貼ってあります。

あら、大変そうですねbearing
彼女たちは歩いて上がるつもりらしいのですが、その情報もつたえて、次回までにどうするか考えてもらいますね。

36番札所「青龍寺」は高知にあるんですねhappy01
彼女たちはもう過ぎてしまっているので、もうすこし年をとってから、奥さんと行ってみたいとおもいます。
「ことり」訪問、よかったみたいですね chick
すぐ近くに、ちょっと甘めの「アサヒ」もありますので、次回はぜひ行ってみてください。わたしも「松川屋食堂」、たのしみです。

「羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦」の意訳は「渡ろう、渡ろう、彼岸に渡ろう。全てを越えて彼岸に渡ろう。そこにある無上の目覚めに幸あれ。」だ、そうですwobbly
お寺で配られる本に、意訳がついていたら、親しみやすいでしょうね。
チャリティーは、無理のないペースで続けていければと思っています。いつも、ご協力ありがとうございますshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/57348547

この記事へのトラックバック一覧です: 八十八か所のお参りの作法 :

« 丸山@八幡浜  | トップページ | 松前町のオモニで、満腹満足 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2