ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« カフェ忠左衛門@小豆島 浄化されます! | トップページ | さぬき一番一宮店の実力 »

2013年5月26日 (日)

生そうめん@小豆島 

お腹も満たされたので、次の食事まで間に、

芸術artに浸りながら、胃袋に隙間を作っていく作業に移行しますpenguin 

Sdim10120024

「つぎつぎきんつぎ」 岸本真之

小豆島から集めた陶器を、金継ぎという技法でつなぎ合わせた作品。

小豆島オリーブ園の中にある、温泉もある施設「サン・オリーブ」

二階の隅に、なにげなくかざってあります。

Sdim10170025

「オリーブのリーゼント」 清水久和

子供たちに一番受けたのは、これ up

勝手に「卵のリーゼント」なんて呼んでいましたが、

オリーブ園のなかに、ユーモラスな物体がある違和感に吸い込まれます。

近所の人が、左に見える口の部分に蜜柑のお供えをしており、

美術品と島の方の距離感が短いことを、物語っています。

さあ、

ぼちぼち、本筋の食べ物に戻りましょう。

Dscn3013

「なかぶ庵」

素麺は、通常乾かして完成しますが、ここでは打ち立て生を食べられます

Sdim10200026

乾麺では味わったことのないシコシコした歯ごたえfuji

それに、きっちり冷えており、つるりとしたのど越し happy02

店内で、

小さい子供さんが泣いているので、ふと眼をやります。

ベビーカー連れのお母さんが、こどもに少し分けた後を、

たぶんいつもそうしているように、さっさと残りを食べてしまったら、

まだ言葉も十分しゃべれない子が、「**ちゃんの食べちゃダメweep」と、

可愛いらしい声でごねています。

とうとう親御さんは根負けして追加注文し、その子も納得。

あんな小さい子にも、おいしさがわかるのだと、ほのぼのですhappy01

次は、棚田に移動して、


Sdim1029_2

「小豆島のひかり」 ワン・ウェンチー

普通に田圃をたがやしている横に、竹だけで組まれた巨大な建造物。

Sdim10400029

象のしっぽのように見える部分のトンネルを通ってドームの中へ

Sdim1056

中は、広い竹のフロアーで、真ん中は足が下せるように四角に切ってあります。

Sdim10420030

自然の風と、竹の青い香りに囲まれながら、フロアーに身をなげ、

空を眺めると、天井には正円の穴が組まれています happy02

Sdim10500031

いつまでもここにいたいような、落ち着きを与えてくれる空間。

ここは、ぜったい訪れることをお勧めしますsign03

diamond 一生忘れえない感覚を、味わうことができますよ diamond

Sdim10540032

さあ、ぼちぼち港に向かわなくてはならない時間watchになってきました。

____________________________

いつも最新情報、お世話になっております eye

Dscn3351

「Komachi」さん6月号 delicious

Dscn3348

私が、大好きな松山のお店をまとめた「勝手に松山グルメガイド」

読者プレゼント five冊付きで、

ご紹介いただいております 
bell

« カフェ忠左衛門@小豆島 浄化されます! | トップページ | さぬき一番一宮店の実力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新人の頃行って以来行っていない小豆島ですから39年近く行っていない事になります。
小豆島といえば寒霞渓と猿の印象でしたがこれだけいろいろ新しいものが出来ているなら機会が有れば一度行って見たいですね。
竹の中でゆっくりするのも良さそうです。
生麺の打ち立てそうめんもいいですね。
お土産はオリーブオイルと新漬けオリーブかな?

瀬戸内海、直島は行かれましたか?

昔仕事で小豆島も度々行ってましたが、さすがに知らない場所ってたくさんあるなと感心してました。
竹で組まれた魔人ブウの家みたいなヤツはイイですね。
中に寝っ転がってずっとお昼寝してたい感じです。

へええぇぇぇw(゚o゚)w
小豆島は昔、取材で散々走り回ったので隅々まで知ってるつもりだったんですが、
今はこんなモニュメントができてるんですねえ。
またゆっくり行ってみたいなぁ。
竹の中に入ると、たぶん1時間はまったりしてしまいそうな予感ヽ(*´∀`)ノ

寒霞渓や二十四の瞳などの昔ながらの観光地にあぐらをかかず、地元発信型の試みが成功してる姿に感心しました。
いろんな地域の交流点でもあった、柔軟な気質がベースにあるのかなあとも、感じました。
直島は半日だけ行きましたが、また行きたい場所の一つです(http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2012/09/post-9e6f.html)。

「魔人ブウの家」は、青竹の匂いもよかったですよhappy01
奥さんと娘が気持ちよさそうに寝ている姿を写真に撮ったのですが、掲載許可が降りませんでしたcatfacenotes

薫平さんみたいに、この島をバイクで走り回ったら、楽しいでしょうねえbicycle
瀬戸内国際芸術祭は、本当に国際的にも有名になっているようで、海外からの観光客も多いようです。
この日で春の部はおしまいでしたが、7月20日から夏の部が始まる予定ですよhappy01

こんにちは。薫平さんところからきました。(*^_^*)
5月26日の小豆島オリーブマラソン大会に参加しました。小豆島の道路通行止めで動きにくくなかったですか?観光もして帰りましたが、あまり時間もなく、どれも中途半端でした。
忠左衛門もおしゃれなところですね。離合が難しいそうですが、車通りは激しいでしょうか?特に食べ物系では、美味しいものを食べれず、残念でした。(^_^;)
棚田にはこんなモニュメントがあったのですね。ヘエ~。+゚​(*´∀`)。+゚
笠ケ滝はぜひいきたかったけれど、14時30分過ぎていたのでチェーンがかけられていました。。゜゜(´□`。)°゜。

メタボの私には夢のような話ですが、あの島を自分の足で走って回ることができたら、気持ちいいでしょうねhappy01
忠左衛門カフェは確かに離合が大変でしたが、あまり交通量は多くなく、大きな道からそんなに遠くなかったので、気にはなりませんでしたcar
何度も訪れたくなる、素敵な島ですよship

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/57233138

この記事へのトラックバック一覧です: 生そうめん@小豆島 :

« カフェ忠左衛門@小豆島 浄化されます! | トップページ | さぬき一番一宮店の実力 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2