ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« Langue de chatでお食事会  | トップページ | 元祖もつ鍋 博多屋 本店  »

2013年5月12日 (日)

La Materie in 新居浜

今回の「鳥津会」は新居浜 scissors

Tdscn2825

食材にこだわったフレンチがあると伺い、11人の大所帯です。

店名も、フランス語で素材を意味する"La Materie(ラ・マテリエ)"

Tsdim0668

料理のみ5,000円コース diamond を、お願いしています。

シンプルで、どことなく和の造りも感じられる一部屋を貸しきり、

気さくでお話好きなオーナー notesとメニューについてなど雑談 happy01 

別料金のドリンクは最初からワインwineで、

アウェイになると、判りやすく羽を伸ばすタイプのソムリエS君のチョイス。

Tsdim0671

wine ロゼのスパークリングで華やかに開演です。

S1sdim0674

「地物雲丹を添えた今治産有機人参ムース」

有機だったらなんでも訳ではなく、

県内の有機農業研究会でもトップクラスの方が育てたニンジン。

メレンゲのようにやわらかく、口の中で徐々に融解。

ガツンとした塩のエッジで、ニンジンの甘みとほのかな苦みが際立ちます。

Tsdim0679

「前菜四種」

左上から、

フォアグラ大根

 外側は薄く香ばしくパリッと仕上がっており、中はとろりふんわり。

 余分な脂がなく、すっきりした引き算の勝利を確信

有機牛蒡の小さなポタージュスープ

 思っていたよりドロリと濃厚で、ごぼうのパワーが溶け込んでいます。

 むむ、大地の力が胃袋から体内に吸収されてきました rock

土佐あかうしのローストビーフ 有機伊予柑とぷちぷちマスタードソース

 繊維がほどけるような赤牛肉に程よい酸味と、ミントの涼やかさがアクセント。

地物魚と春野菜のマリネ

 桜鯛のこってりとしたコクが、オイルの中でソフトに変化しています。

wine ボルドーのソービニオンブランに移っていきます。

Tsdim0688

「有機ホウレン草のトマトソースパスタ

内子町放牧牛のリコッタチーズと木の実添え」

あっさりした味付けで、純粋なトマトのグルタミン酸メイン。

ホウレンソウ、松の実、アーモンドとリコッタの初体験の組み合わせを

パスタに絡めながら堪能し、お腹もやっと落ち着いてきています bleah

S1sdim0692

「本日の白身魚と地物オオゾ海老のムニエル

梶田再仕込み醤油と有機レモンこがしバターソース」

オオゾエビとは、地元の漁師の中では車エビよりうまいと評判

ここでは、手を使ってミソ・チュウチュウkissmarkしてしまいます。

淡泊な白身は、ホウレンソウのソースと下に引いてある

歯ごたえの残ったニンジンと合わせて、食感のカルテットを楽しみます。notes

wine ビンテージのあるピノノワールへ。

バラのつぼみのおしり(rose hip)のブラニテであっさり休憩をはさみましょう。

T1212sdim0700

「土佐あかうし赤ワイン煮込み」

ビネガーの効果でしょうか?

最初から箸でいただいてきましたが、ここでもナイフは必要ありません

Tsdim0705

「小さなステーキ丼」

バゲットもいただいていたのですが、今日は食べ物好きの会と聞いてか、

初めての試みで丼を出していただきます。

リゾット風のライスに絡めて、私の胃袋サイズでも大満足 happy02 good

Tsdim0707

「デザート」

コーヒーcafeをいただきながら、ふんわりシフォンとろりブリュレを別腹へ。

とても真面目そうなオーナーさんの、素材に対する情熱を伺いながら、

最後は記念写真まで撮ってしまうほどの盛り上がりです。

クラシカルなフレンチに比べバターや脂が控えめで、

まさに野菜などの素材の印象が強く残ります。

さて、なごりおしい一行は、

新居浜の鉄板「堤亭」で、どて焼きをいただきながら深夜まで二次会。

あれだけ笑ったのにあまり内容を覚えていませんcoldsweats01

どうでもいいことで大笑いできる仲間って、愉快で居心地がいいのです。

---------------------------------------------------

5月12日日曜日の愛媛新聞 eyeglass

20130512_131856_2_2

このブログから、松山のお店をまとめた 「勝手に松山グルメガイド」 beer

今週もジュンク堂さんで、トップテン入りのseven

食べ歩きのお供に、いかがでしょうか smile 

« Langue de chatでお食事会  | トップページ | 元祖もつ鍋 博多屋 本店  »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

これだけの人数で食べられたら料理に合わせて1本づつボトルを開けることができていいですねえ。
メニューの端々にこだわりが出ていて
「梶田再仕込み醤油と有機レモンこがしバターソース」
って香りまで漂ってきそう。
リゾット風のライスにステーキを絡めるっていうのも気になります。
前回のブログで名前なしのコメントは僕です。
すいませんでした。

以前この店で、4人で来店。ワイン6本あけました。。。

4月にパリに行った・・・はずなんですが、恥ずかしながらこんなフレンチ、一度も食べておりません。
だってレストランに行ってませんからね。

更に言うなら、最初にスーパーでフランスビール6本パックなんぞ買ってしまったものだから、ワインも一度しか(それも列車内でしか)飲んでません。

でも中級フレンチなら、価格と品質のバランスは日本の方が上、かも?

そうなんですよ happy01
大人数で行くと、いろんな種類のワインが飲めますものね。
「梶田再仕込み醤油」は、大洲の梶田醤油で売っていますが、こちらもお店でも買うことができますよwink

けっこういいペースで開けたんですね。
今度は声かけてくださいsmile

4月にパリって?台湾にも最近行かれたいたような気が。。。coldsweats01
フランスでレストランにいくと、フランス語がしゃべれないと恐怖を感じませんか?
でもいつかは星のついた現地のレストランに、おしゃれしていってみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/57160135

この記事へのトラックバック一覧です: La Materie in 新居浜:

« Langue de chatでお食事会  | トップページ | 元祖もつ鍋 博多屋 本店  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2