ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« まぼろし探偵、うたう! | トップページ | 徳島ラーメン 麺王  »

2013年4月 7日 (日)

仙人の猪肉を喰らう花園会

仙人からもらった、いのししの肉が沢山 fuji あるんよ」

大洲で月一開かれている花園会のメンバーよりちゃんが、つぶやきます。

「それなら、スッポンを上手に食べさせてくれたわか宮食堂に相談しよう」

ってことで、今回の幹事つるちゃんが、心安くしているお店に相談です。

20130204_183640

会の数日前に、よりちゃんから肉を預かるのですが、

車のトランクに積んでいて検問受けたら、完全につかまりそうな肉塊sweat01

さあ、

Dscn2064

当日、わか宮食堂の二階に上がると既に煮込まれた鍋が並んでいます。

Dscn2065

メガ大鍋のなかで、味噌の香り catface spa がそそります。

Dscn2068

細く切られたごぼうなどの甘みもあいまり、喉の奥がギュイーン happy02sign01

大将に伺ったところ、肉に処理した骨が添えてあったとのこと。

「あの骨がなかったら、この味はでんのよ」と、妹さん。

皮下脂肪は脂分が適度に抜けて、コラーゲンのみがプルンプルン heart04

口に運んで猪骨エキスを舌で味わうと同時に、喉の奥までツルン。

周りの会話も全く聞こえなくなり、その快感メビウスに没頭typhoonしています。

Dscn2069

肉を直接味わえる焼肉も最高 fuji

豚肉の食感に似ているのですが、適度に硬さがあり、

その歯ごたえと戯れていると、野性味のエキスがジンワリ。

玉ねぎの甘みと、ニンニク・黒コショウのアクセントで、

また別のtyphoon快感ラビリンスtyphoonから出られません。

気が付いたころには、真ん丸に膨れた腹をさすりながら、

ぽっかぽかになった体に浸っています。

すっぽん、イノシシと来たら、次はスズメバチの子が食べてみたいなあ wink

« まぼろし探偵、うたう! | トップページ | 徳島ラーメン 麺王  »

肉・焼肉」カテゴリの記事

コメント

岡山の山の中で育った頃、どなたから頂いたのか知りませんがたまに頂き物の猪の肉を食べた事が有ります。
昔の生活ですから肉を食べるのはたまにすき焼きをする時かカレーを作る時位だったので猪の肉が豚肉と似ていると感じる事も無かった事でしょう。
スズメバチの子って何か特殊なものなんですか?

南予で生活してると、イノシシの肉をもらうことは時々あるんですよ。長期間冷凍庫で置いてあった、毛のついた固い肉のこともあれば、今回のように処理のきちんとされた若い雌のこともあり、後者が喜ばれますhappy01
スズメバチに限ったことではないでしょうけど、昔から蜂の子は美味しいと聞いているので、チャンスがあれば食べてみたいということなのですfuji
moscatさん、動いている蜂の子、食べられたことありますか?

10年ほど前に徳島の山奥の山荘みたいなところに泊まった時に出されたのがイノシシの焼肉。
脂がすごいのにしつこくなくけっこうな量が出されていたのに肉のお替りをしてしまいました。
スズメバチならイノシシ再食したいなあ・・・。

蜂の子はハチの巣を取って中に居るのを食べたので動いていたかも知れません。中には蜂になりかけの者も居たと記憶しています。それは食べませんでした。

イノシシはそこそこ見ることがあるけど、蜂の子ってなかなか手に入りませんよね。まあ、見た目のこともありますけどねwink

生ですよね?
興味あるけど、ちと怖いですwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/56940772

この記事へのトラックバック一覧です: 仙人の猪肉を喰らう花園会:

« まぼろし探偵、うたう! | トップページ | 徳島ラーメン 麺王  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2