« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月29日 (金)

タイムトンネルでモーニング

グルメ雑誌の「ランチ特集」を見るたびに、

「モーニング特集」もしてくれたらいいのにと思うのは、私だけでしょうか?

舞蘭chi, UCC cafe Plaza, クレピスなどを訪れてきましたが、今日は定番、

Dscn2023

「タイムトンネル」にお出かけ。

Dscn2025

以前、ジンゴズンゴさんのハンバーグの記事を読んでから

頭から離れないお店で、平日ランチができにくい身なの、

とりあえずモーニングでもとやってきます。

Dscn2026001

落ち着いた店内ではステンドグラスからの朝日がやわらかく、

クラッシックが流れています note

私より+10歳くらいのご夫婦が、お互い好きな雑誌に目を落としながら、

時々会話を楽しんでいます。

子供たちの朝支度に忙しい奥さんを置いて出てきているので、

手が離れたら、こんな感じで一緒に休日朝ゆっくりできたらいいなあと

思いながらメニューを拝見します。

Dscn2025_2

基本は白パンか、黒パンか、それとも両方かの選択で、

Dscn2027001

なんとなく黒パンを選びます。

ポテサラは、食感を生かしてあり、酸味が目を覚ましてくれます。

モーニングのトーストは、これくらい厚くないといかんですね。

大口で三分の一くらいかぶりつくと、パンとバターの香りがふんわりspa

カップまで温めてあるホットコーヒーをブラックで、くいっ cafe

もちろんチェックするのはグルメ雑誌の新店情報 eye

後半は黄身をつぶさないように、つるりんと吸い込み、また、くいっ。

ああ、また今週がんばろうと活力がわいてきますね。

Dscn2034

帰りはふと目に留まった、パン屋さんの人形がある「チャームズ」へ。

100円台前半のクリームパン、テリヤキパンなどの菓子パンや、

200円のバゲットなどが焼きたての香りを充満 catfacenotes しています。

Dsc_0208

ほぼハイエンドに近い「ミックスサンド325円

卵の優しい味付けと、フレッシュシャキシャキレタスが、

やわらかいパンにはさまれており、なんともほっこり delicious

メンタイパンは、パリッとした生地の中にしっかり火が通って香りアップ。

その塩気だけで、朝からサクサク入っていきます。

Dsc_0210

クリームパンは、

子供が「うまい、うまい」と一気にたべちゃったので、レポできません。

昔ながらのパン屋さんって感じで、最高 sign01

「三町モーニングストリート」と、勝手に命名でなのです wink

2013年3月26日 (火)

まことやのパン、大好き+長浜探訪

今日は天気sunがいいので、長浜に遊びに来ていますrvcar

Dscn1856

まずは、大洲花園会の新婚さんheart04、まっちゃんおすすめの「かねや」

Dsc_0317

本日の日替わり(730円)は、野菜カレーと日替わりコロッケ

Dsc_0320

時代劇で有名な高橋英樹さんの来店時写真があり、ちょっとびっくりeye

旅番組tv「鶴瓶の家族に乾杯」で寄られたようです。

公営駐車場がないか伺うと、「夕方まで休みだから置いといていいよ。」

自然体のご親切で、うれしくなります happy01

観光地図までいただき、まずはお店近くの魚屋さんのマスコット、

「こぶちゃん」fishに会いに行くミッションをいただきます。

Dsc_0322

こんにちは happy01

さて、あとは歩いて町内を散策開始 run

Dsc_0325

大洲にもある焼肉の店「白玉」

どっちが本店なのでしょう?

Dsc_0326

店の外の水槽に、高級フグとアジが何気なく泳いでいる「川新」

長浜のフグの名店と伺っています。

Dsc_0330

こんなところにも「ちゃんぽん」の文字が!

ほかの看板で確認すると「ながはまちゃんぽん」

これは、お次の候補ですねwink

Dsc_0332

「丸幸鮮魚店」は、知り合いの居酒屋の大将に教えてもらったお店。

店先のある小売店ではないですが、生かしの魚を刺身にしてくれます。

我が家は長浜に来たら、こちらでお願いしており、品質抜群good

Dsc_0335

全国でも珍しい、高校のなかにある「ながこう水族館」

学校の中なので公開日は限定(第3土曜11-15時)clock

こちらの部員をしていた子の親御さんから伺ったのですが、

予算もすくなく部員がバイトなどでエサ代dollarをまかなったり、

自分たちで近くの海に魚fishを捕まえに行ったりしているそうで、

生徒さん達が誇りを持ってやっている姿を、伝え知りえます。

Dsc_0337

その前に長浜高校専属パン屋みたいにあるのが「まことや」

事実、昔は校内の購買部でも買えたそうです。

Dsc_0338001

歴史あるお店のようですが、時代にもしっかりついて行っていますねsun

Dsc_0339

こちらの手作り張り紙もかわいらしい

Dsc_0340

昼過ぎなのに、ほぼ満タンの商品が並んでおり、

終業のチャイムとともに、長高生がこの店になだれ込む姿が想像できます。

Dsc_0341

コロッケぱんや、ちくわぱんなどの菓子パンも、うまそdelicious

さて、散策再開です。

Dsc_0345

「福寿司」

ここの持ち帰り食べたことあるけど、ネタが大きくておいしかったなあ

Dsc_0346

大洲のかっくんが言っていた、おいしい焼き鳥屋ってここやろうか?

Dsc_0351

夕方の長浜大橋、絵になります。

Dsc_0357

漁船にのって肱川あらしツアーができるんですって eye

朝7時までに集合で、要予約ですが、どなたか一緒に行きましょう。

Dsc_0353

ここ、看板をあたらしくしていて、やる気がみなぎっています。

ここも次回候補やな wink

Dsc_0355

食べ物屋ではないけど、ブロガーなら引っかかりますよね。

電気屋で「ラブリー」ってcoldsweats01

Dsc_0358

そして、喫茶店で「さぶ」ってcoldsweats02 

Dsc_0365

買って帰ったまことやのぱん、子供たちにあっというまにたべられますhappy02

今回は長浜総論。

これはまた後日宿題をかたずけに、各論探訪しなければなりません。

 

2013年3月24日 (日)

じみにスゴイ!大洲ええもんセレクション  @高島屋

昔から「展」を愛してやまない私ですが、なんだか落ち着かないと思ったら、

週末の松山は二大物産展sign03(勝手に)でにぎわっています diamond

一つは、「三越春の北海道展」

詳細は、chanranz師匠のレポをご覧ください。

そして、

もう一つは、

Dscn2502001

高島屋の地下で火曜日までやっている

fuji「えひめ大洲ええモンセレクションfuji

upこの山は「富士山」ではなく、大洲の名峰「冨士山(とみすやま)」ですsweat01

Dscn2501

地下の真ん中の1コーナーをすべて貸切。

志ぐれ、あまごの甘露煮などの、ちょっと地味だけど美味しいものがずらりwink

Dscn2503001

「さといもカレー」は、かつてよく氾濫していたので

肥沃な土壌を蓄えた肱川周辺で採れる、

ねっとりと旨味の詰まったさといもを、メインにおしての登場。

これ、売れています bell

Dscn2504

水がきれいなので、豆腐も旨い delicious

「しめとうふ」

出来上がった豆腐をす巻きにして蒸しあげた、手のかかった一品。

それにより豆腐自体が硬く歯ごたえが出た上に、

煮物にするときに、味がしみやすい優れものなのです。

今回並んでいるのは、先日行われた

平成24年度「大洲ええモンセレクション」で選ばれた、ええモンばかり。

大洲花園会の飲み友達も働いているので、ぜひお立ち寄りください。

試食もたくさんありますよ restaurant

いりこを1匹1匹手間をかけ手選別して作った「いわし黒酢南蛮」、

つまみにぴったりで、おいしかったなあ happy02 notes

2013年3月22日 (金)

八幡浜に衝撃、「焼鳥いこい」閉店!

「八幡浜で大変なことが起きるから、集合するようにgood

Yawatahamaを愛してやまない鳥津会会長から、緊急招集bellがかかり、

Dscn2411trim

大洲のかっくんと合流し、夜の八幡浜駅trainに降り立ちます。

Dscn2416

駅前の197号線を渡るとすぐに、「焼鳥いこい」が現れます。

地元の方や、定期的にいかれたことがある人ならご存知でしょうが、

三瓶ご出身のご夫婦が45年間やってこられた地元の名店

Sdim0191tt

既に会長が30本の「串肉(80円)」を注文され、

われわれの到着に合わせて焼き上げられています。

Sdim0193t

こちらの特徴はセルフで焼くことと、この独特のたれ。

ニンニクと唐辛子の利いた甘辛い味噌たれhappy02をたっぷりつけて、

自分の好みの火通りに仕上げて、ぱくり delicious

ご夫婦で一本一本仕込んでおられる串は、エンドレスで食べられますhappy02

Sdim0209t

たくさんの串を一気に並べて、わいわいnotesといただくのがいこい流。

後半はコンロの上で塩をふり、あっさりいただくのも最高happy01

鳥の味をじっくりとたっぷり堪能し、丁寧にはさんである玉ねぎのピリリが、

絶妙なアクセントnoteになっています。

さて、

Dscn2417t

今回、緊急招集がかかった理由がこちらup

45年間この地で愛されていた、いこいさんですが、

3月30日をもってこの店を閉店されるとのこと crying sweat01

三瓶のお店は継続されるので、食べられなくなるわけではないですが、

この明かりが消えるのは寂しいことです weep

Sdim0196t

「カラアゲ(550円)は、懐かしのチューリップ

からっと揚がった皮ごと身を骨からかじりとり、胡椒・塩ベースでじっくりdelicious

Sdim0216t

「ヤキメシ(500円)もこちらの名物。

ぱらぱらご飯に、ピーマン、玉ねぎ、にんじんがアクセントで、

これもネバーエンディング・イーティング wink

さらに、ご飯ものといえば、

Sdim0223tt

「チキンライス(500円)」 chick riceball

トマトケチャップの甘さに、けっこうな辛さプラス。

緩衝材としての卵で、ややマイルドに仕上がっています。

食べるにつれて鼻の頭に汗をかいてきて、ビールのあてにもよし。

これも、かなりウマい happy02 shine

気軽な飲み外食の理想形が完成されていますね crown

Sdim0219t

「串ずり(80円)

塩をきかせて、シャクシャクと歯ごたえとともにくせのない清涼感を堪能

これからは、三瓶まで食べに行くことになりそうです。

大満足のあとは、

Sdim0225t

RONシャズを全身に浴びながらnoteモスコミュールを傾け、

Sdim0229t

味のしっかりした薫り高いコーヒーcafeをすすりながら、

八幡浜を代表するいこいの歴史を、感謝しながらおしむのです sandclock

2013年3月20日 (水)

壱のラーメン、変化が楽しめて好き!

東にうどん屋があると聞けば、朝の5時から出向き bus

南にうまい魚があると聞けば、高速でひとっとび rvcar

今日は、北斎院にあたらしいラーメン屋ができたと聞いて、突入ですrvcar

Dsc_0404_2

おっと、張り切りすぎて開店前の「壱」番乗り  happy02

しばし横の薬局で時間をつぶして、入店。

いきないり自販機で食券制なので、シミュレーションが必要です。

Dsc_0406

メニューでは、一本90円の焼鳥を中心とした居酒屋メニューも豊富。

かしら、ハラミ、てっぽう、シビレなど聞いたことがあるけど

食べたことのない串がそろっており、後日飲める準備で再突入予定

さて、

Dsc_0409

壁を見ると、ラーメンの食べ方が指南eyeしてあり、

Dsc_0410

テーブルの上には、関係調味料が揃っています。

こりゃ、楽しみですねwink

Dsc_0411 

「ラーメン 魚(かつお味) 680円 並」

ラーメン、つけ麺は並・中・大でも値段は同じの太っ腹penguin

コクの奥から魚粉のほのかな香りと甘さが後を引きます。

表面に透明の油膜が張って、縮れ麺にからめながら最後までさめません。

Dsc_0412

「ラーメン しょうゆ 650円 並」

予想に反して白いのでまず驚き eye

背脂がたっぷりですが、見た目とちがいあっさりしたとんこつ。

雑味が少なく、丁寧に作り込まれた気合いを感じます。

Dsc_0415

一旦、どんぶりの底に沈めて、さらに軟らかくしたチャーシューdelicious

分厚くはありませんが、味の存在感は抜群でとろけますん。

Dsc_0417

私はしょうゆ味なので、指南通りお酢、ラー油と黒コショウを追加。

お酢によってまろやかになったスープに、ピリ辛の刺激が加わり、

最後まで飽きず、二杯頂いたようなお得感で楽しくなります。

新居浜からの出店らしく、新店らしからぬ安定したサービスにも納得。

好きです、このお店。

待ってろよ、シビレ~~(って、いったい豚さんのどこの部位?)happy01

2013年3月18日 (月)

鳥津会@北浜大島屋で、ふぐ尽くし!

自称「漢(おとこ)の飲み会」 鳥津会 club

硬派をきどる連中の集まりですが、今日はちょっと雰囲気が違いますshine

Dsc_0208

今日は、フグと言えばの「北浜大島屋」@八幡浜 good

以前、Utoniumさんに連れてきていただいた時に味をしめているので、

かなりテンションを上げての突入 run

Dsc_0209

いきなりこの看板でお出迎えされ、こりゃ入店前からたまりませんねhappy02

久しぶりに宇和島の貴公子のお姉さん、通称「アネックス」が参加されるため、

ちょっと道に迷った彼女を待ちながら、いつもになくそわそわと浮ついた雰囲気。

さあ、ほどなく「すいませ~ん、お待たせして~heart01」と、登場。

自称硬派達も、「いやいや、ぜんぜん、今来たばっかりです~lovely

首も、鼻の下も伸びちゃって、合計3cmは背が高くなった気がします。

さて、

Dsc_0232

広げると名刺サイズはあろうかと思われる「てっさ」

大将のうす引き技術で皿の模様が透けています

最初は遠慮がちに一枚丁寧に奥歯でかみしめて楽しみますが、

3人に一枚の大皿がやってきており、一人分角度120度OK.

せっかくなので、数枚一気に箸ですくって、口いっぱいに放り込みましょう。

ポン酢で引き立ったうまみを、ゆっくり顎を動かしながら抽出します。

これ、ほんとうにひっくり返るくらい幸せ delicious fuji

Dsc_0242

「白子」、でか~~~~~ crown crown crown 

お店にむかう車の中で、幹事の鳥津さんから一言。

「鯵も予定してたんやけど、海が荒れてて採れんかったらしいんよ」

ちょっと残念coldsweats01に思っていると、

「お店のほうから白子を代わりに出すけん、って言われたけどイイ?」

一瞬、頭の中で、え sign02

鯵もおいしいとは思いますが、代わりにフグの白子でいいかですって?

そりゃ、いいもへったくれもありません、大歓迎です happy02 bell

Dsc_0244

炙られた白子の表面は、ピーンと少しだけ張っています。

箸でゆっくりそこをふれると、パット裂け目が入り中身がとろり ring

塊の半分くらいをゆっくり持ち上げ、口のほうから迎えに行きます。

うわ~~ん、とろける~~~notes

こってりしてるけど、キレもいい~~。

カンカンの「ひれ酒」と交互に、くい~~~ note 

これだけ永遠に繰り返したい、脳内モルフィネがんがんでまくりspa

目の前のI先輩と目を合わせて、「これやね」と深くうなずきますcatface good

Dsc_0251

実はフグ料理の中では「から揚げ」が一番好きってかたもよく聞きます。

衣で覆われて蒸された白身のほっこり具合と、

熱を通すことによってうまさがわかりやすくなり、手が止まりませんwink

お店のほうできっちり仕上げた雑炊は、ふんわり卵が加わりさらさらさら。

前半は本来の塩気で、そして後半はタレのポン酢を加えて二段階。

骨と野菜で深みと甘みがくわわり、これも何ぼでも入ります。

ふぐ雑炊って世の中で、喉との摩擦抵抗がもっとも少ない一品ですscissors

Dsc_0265

大満足のあとは、大将と鳥津さんが旧知の中であることから、厨房見学。

この白子、ぷっくらと立派でほれぼれします。

12月末から1月10日くらいまでは刺身でもいけるとか happy01

Dsc_0271001

きっちり手入れされた包丁での皮引きはまさに名人芸fuji

黒い部分は背中で、比較的難しくないけど、

Dsc_0280

こちら小さい突起が並んでいる腹は、風船のように膨れる部位

そのため、とても伸びやすく切らないように均一に表面を剥ぐのは、

相当な年季が必要なようです。

「鯵は、5月以降が旬。

鯵は本来地付きのものなので、八幡浜や宇和沿岸のものが最高。

この時期も脂がのって、うまいんよ。」

「サバは回遊するので、土佐清水あたりが一番うまい!」

同じ種類でも、時期や場所によって違う旬を知り尽くしている

大将の話には、知らず知らずと引き込まれます。

こんな威勢のいい言葉に押されながら、温まった体で外に送りだされ、

次は、もう一つの名物「鯵尽くし」をぜったい食べに来るぞsign03と誓いますwink

Dsc_0293

すっかりご機嫌の一行は、アネックスも一緒にふらふら。

Dsc_0300 

これはまた、いい感じのネオンですね。

Dsc_0302

こんなに落ち着いた素敵なバーもひょっこりあるんですから、

八幡浜、さいこうのサイコウなのです shine shine shine

2013年3月15日 (金)

Ecafe at Kikuei Cafe

英語を楽しむメンバーで月一集まる「Ecafe」

今回は、週末のみ夜間も営業を始めた「Kikuei Cafe」.

トライアルもかねて、あのおしゃれな空間を夜間貸切でお願いしています。

サブタイトルは「蕎麦とワインのマリアージュ」clover

今夜の雰囲気は、ちょっとしゃれていますよ ribbon 

Dsc_0133

「前菜」

真中はソーセージと温野菜

スパークリングで乾杯し、まずは空腹をシンプルなソーセージで抑えます。

時計1時のたらこをねっとりと舌の上で転がしながらお口の準備体操

5時は、カマンベールチーズアンチョビを載せて焼いたもので、

ねっとした口どけと、しっかりとした塩味のコントラストがいいです。

10時には、チーズを干し柿で包んだもので、ドライフルーツですから

はやりワインにはしっかりあうのです。

Dsc_0137

「アボガドと蕎麦豆腐」

そば粉は葛と合わせて、アボガドと同じ賽の目に切りそろえてあり、

舌で上あごに押し当てるだけで、ねっとりと広がってきます。

和えてあるソースは旨味のある和風あじで、これまた旨い delicious

やはりここの大将のセンス、すごいです happy02good

Dsc_0141

ワインに詳しい大将と共通の友人である酒屋さんプレゼンツのワインが、

次々と開栓されていき、会話の温度も少しづつ上がっていきます up

年単位の付き合いになってきた仲間たちを話すことは、

他愛もない日常のできごとや家庭の事。

T君は中国系なので、見た目では日本人と区別がつかず、

最初に島に赴任したため、かなり戸惑いや苦労があったようですが、

持ち前の明るさと礼儀正しさで乗り切ってきています。

Dsc_0145

おどろくほど秀逸なのが「きのこ鍋」

Kikuei自慢のかつおだしに昆布だしを加え、あふれんばかりの山の宝。

かつおのイノシン酸、昆布からのグルタミン酸、きのこのグアニル酸

三大うま味成分フルハウスコンビネーションに完全にノックアウト rock

Dsc_0158

個別に炙られた鴨肉が別皿でそえられての登場。

この旨味かたまり汁は、際限なく飲む手が休まりませんsweat01

鴨を奥歯でかんで、香ばしいじゅわ~spa脂エキスを抽出し口に広げ、

すかさずこの汁を流し込んで、喉の奥の細胞まで行きわたらせる。

Dsc_0167  

すっきりしたシャルドネ系の白を挟んだ、官能的循環回路 note

この味覚の魔法のラビリンスから、抜け出す方法があるのでしょうかhappy02 typhoon

Dsc_0170

来ました!Kikueiの蕎麦 fuji

まずは二八で、やさしく香りとのど越しをするすると堪能します。

先ほどの鍋汁につけて温かく頂くもよし、

きりっと鰹と醤油の効いた冷たいつゆでたぐるもよし delicious

Dsc_0181

出ました!十割 diamond diamond diamond

つなぎなしでのこの細さにまず、むむむやるな catface shine

生のままで、その野性的でひきつけられる香りと、細粒子の舌触り。

岩塩をちょっとつけると、粉のもつ甘みがぐいっとgood前面に姿を見せます。

最後は出汁につけて、これを口いっぱいに頬ばる贅沢に浸りましょう。

こりゃ~、たまらんばい happy02 fuji

Dsc_0190

一年ぶりに中国から帰国中のMちゃんのお土産で箸休め。

酸っぱい弟くんは、どうもプラムのようですね。

甘酸っぱくて、おいし delicious

Dsc_0194

揚げたての天ぷらは、ほっくほく。

Dsc_0197

デザートの「蕎麦がきぜんざい」には、カベルネソービニオンの赤 wine

スプーンの自重だけて切れてしまうふんわり舌喜ばせ蕎麦がきを、

甘さ抑えめのあずきと、ゆっくりと口の中でかくはんしながら、

幸せなひと時をゆっくり回顧します catfaceshine

さて、

二年を超えたこの会は、気がつけばなくてはならない定期交流の場。

二次会のステージカラオケkaraokeで、

半世紀近くを生きてきた日本人が歌うのは、青春80年代洋楽メドレーnotes

アバ?クイーン?名前はしっているけど?

アニメ世代外国の若者は、

どしてこんな歌しってるの?と、不思議視線eyeを向けるのです。

2013年3月13日 (水)

"Ridi" New Open in Ozu

あのBOLTさんデザインのカフェが、本日3月13日大洲にOPEN notes

Dsc_0027

その名は「Ridi(リディ)」 shine

Dsc_0028

場所は、西大洲の大洲病院の裏。

大洲インターを降りてから右折して、肱川橋を超えたら右折。

大洲城の前を通り、八幡浜方面に少し行けば西大洲です。

道からは見えるのですが、すこし入り方がわかりにくいかもeye

かしまスイミングクラブ大洲を左にみて、そこを右折。

病院横の細い道に入り、突き当りを右。ぐるりと後ろを回ればたどり着きます。

google mapのコードpcは、33.505175,132.52563  

Dsc_0040

この日はプレオープンにお邪魔したので夜ですが、

営業は当面夕方6時までで、営業日はこちら diamond

Dsc_0046

こだわりの手作りケーキをいただきながら、別世界に漂いましょう。

happy01 ここ、かなりいいかんじです  cafe cafe cafe

PS: この日はケーキを写真にとる暇がなかったのですが、

Dsc_0104

以前頂いたRidiさんのケーキはこんな感じですnotes

2013年3月11日 (月)

又三郎のDABって凄すぎ!!!

今まで人生で食べた感動した旨いもんトップ3が、入れ替わります crown crown crown

Dsc_0062

大洲のHideさんが、「大阪に行くなら、ぜひここにsign03と連絡をとってくれた、

Dsc_0005

待ちに待った大阪市住吉区長居の「又三郎」のドアを、興奮状態で通過 shine

Dsc_0007

店に入ると、いきなりのDAB(ドライエージングビーフ参考)がお出迎え。

旅行荷物を放り出し、写真の許可を頂いてあらゆる角度から覗きこみます。

Dsc_0012

産地情報が載っており、細かい熟成度合いはお店のHPでも確認可。

しばらくすると、ふるまいの美しい上品なオーナー自ら出て来られ、

この店が入っているホテルのロビーまで御案内頂きます。

張り切って予定よりかなり早く着いたのですが、数分すると席へ。

Hideさんから勧められていた「テイスティングコース(4,200円)を選択。

熟成肉と正肉も食べられるコースで、かなりお得感(詳細はメニューを)。

今日は熟成肉を食べに来たので、コース以外に違う種類を追加します。

Dsc_0025

出ました sign03 いや、やっと会えました happy02 heart01

手前はコースの、岩手県産黒毛和牛 門崎丑フィレ(かんざきうし)」

奥は追加した、高知県産土佐あかうしリブロース(150g4500円)

Dsc_0040

お店の方が眼の前の炭火で焼いて、アルミホイルで休ませる作業を三回。

Dsc_0053

オーナーはあちこちのテーブルを駆け回りながらrun、しあげています。

Dsc_0048

少し身が引き締まってきましたね delicious

Dsc_0051

これが完成まで30分 clock 目の前で繰り広げられるのですが、

ある意味、合法的な胃袋の拷問 happy02 bomb

「これだけの肉の塊焼くのって、大変じゃないですか?」と伺えば、

「大きいと焼きあがった後に、やったった!って充実感がありますよ」と、

軽快でチャーミングな関西弁でお返事をいただきます smile

Dsc_0072_2

diamond 惚れ惚れする肉色と断面ですね~ eye

門崎丑(かんざきうし)フィレ」

さっそく一切れやさしく箸でつまんで、口に運びいれいます。

うわわわ~~、なんなんだろう、口腔一杯に広がるこの芳醇な香り。

一切れが大きいので、食べごたえと存在感があり、

こんなに旨いもんを、こんなに頬ばっていいのと一瞬躊躇してしまうほど。

焼けた部分と閉じ込められ温められた部分の違う香りが、

咀嚼することで、まざりあいながら鼻腔にのぼり、

そのまま前頭葉から脳内全体に、快楽物質を優しく送りこんできます。

食べる行為で、このレベルの快楽がえられることを初体験して、

しばらくぼんやりと炭火をながめていますcatfaceshine

一緒にいった同僚で、普段あまり食に興味を示さないSくんが、

「こ・れ・は」と珍しく感動 delicious

私が今まで食べたことあるステーキとは、別次元の食べもの。

「熟成肉」という、新しいカテゴリーをがっつり舌・鼻・脳に刻み込みます。

Dsc_0076

高知県産土佐あかうしリブロース

先ほどより赤みの血の成分が強めで、少し野趣味が加わっています。

土佐赤牛はcafe cabaretでも何回か頂いてるので、

そのベースにある素性に共通点をかんじるのですが、その分、

熟成によって加わった奥深い香りとまろやかさが際立ちます。

二種類とも、脂の部分も甘みが出て、透明感が印象的 crown

さて、

Dsc_0081

後半はDABではない、正肉。

こちらの焼肉も、あきらかに今まで食べた中でベストone

Dsc_0086

口の中にはいり0.3秒後、爆発的impactに肉汁旨み成分が崩壊。

そのまま噛み続けるにつれて、どんどんエキスと香りdeliciousが広がって、

最後は脂の甘みの余韻も含めて、切れ良く徐々に消えていきます。

まさに、焼肉の序破急 fuji

Dsc_0082

「ホルモン」

Dsc_0094

本来の肉としての性質は、赤肉よりも透き通っています。

部位によってちがう歯ごたえや味の種類や深みの違いを、

正面からじっくりあじわう喜びは、身震いがします happy01

Dsc_0124

これはコース外ですけど、メニューに書いてあったら頼んじゃますよね、

「特選牛の炙りにぎり(一貫330円)

肉の裏に醤油がぬってあり、このままいただきます。

ローストビーフのような仕上がりで冷たくしてあるので、

口の中の温度で少し温まると溶けていきます。

どれをとっても、非の打ちどころがありません happy02 good

Dsc_0104

〆は、あっさり「梅だし茶漬け」で、出しが安心味。

各テーブルの火入れ作業が落ち着いたころを見計らって、

オーナーさんに色々と伺ってみます。

7年前にDABを導入し、肉の種類や熟成の方法を研究してきたとのこと。

国内ではDABの先駆け的存在で、

その努力と苦労は、現在静かなる自信となっているようですgood

熟成に使う肉は、なるべく落としてから新しいものが良いこと。

生産者のところに足を運び、こつこつと信頼のパイプを築かれたようです。

最近はまっている牛は最初に頂いた岩手の「門崎丑で、

東北の方の牛の育て方がすばらしく、感動したはなしまで。

また、土佐赤牛の高知には、社員旅行も兼ねていくこともあるそうなので、

「御案内しますので、愛媛に美味しい魚を食べにきてください」とお願い。

Dsc_0126001

ああ happy02

本当においしく楽しく、大満足で、今度は家族を連れてきたい。

ていうか、この店のために長居に引っ越したくなるのです happy01

2013年3月 7日 (木)

大洲花園会@第八さつき丸 

大洲のゆかいな仲間たちと、月一回の定例会「花園会」 tulip

前回、まっちゃんの声掛けで鮭児を食べに行ったとき、

その魚介類のレベルの高さに驚かされた「第八さつき丸」に集合です。

Dscn1775

彼の友人でもある店長さんが張り切ってくれた「刺身盛り合わせ」

宇和島直送を中心とした地元のブリ、サバ、アジ、ウニが大皿で登場good

個室の雰囲気が一気に竜宮城モードに突入します fish

Dscn1778

「すり鉢入りシーザーサラダ(780円)

仕上げは、目の前でチーズがこれでもかと振り掛けられ、

茶巾に入った半熟卵を崩して絡めます delicious

Dscn1780

「豪快炙り〆さば(680円)

こちらの目の前にやってきてからの、バーナー仕上げ。

サバ皮が香ばしく炙られ反り返り、脂が溶け回ってまろやか~delicious

Dscn1788

「牛カルビの溶岩焼き(680円)

半分量をアツアツの溶岩の上にのせて、一気に煙が立ち上がります。

こちらも目の前仕上げ系ですが、セルフ方式。

さしがあまり強くなく、赤身自身の味わい楽しみたいのでしっかり火入れ。

うん、しっかりした歯ごたえの中から、じっくりと牛汁がにじみでて、最高。

Dscn1800

「豚足の炙り焼き(380円)

九州育ちのよりちゃん、甘南備さん、わたしは奇声をあげてhappy02

アツアツの骨と、こんがりゼラチン豚足皮肉にむしゃぶりつきますdelicious

手をべたべたにしながら、そのグミ感と舌の上の溶け具合に悩殺。

対照的に地元育ちのほかのメンバーたちは、ドン引きcoldsweats02

愛媛には豚足文化が無く、煮るならまだしも、焼くのは珍しいそうです、

こげんうまかもんば食べんとは、勿体なかばい。

でも、そうなると独占状態なので、無理して食べんでよかよ~ wink

Dscn1792

まだまだ山ほど食べたいものがありますね。

こちらのメニューって、写真もきれいでわくわくします。

Dscn1782

本日のおすすめも、けっこういい品ぞろえとCP値高いですよgood

ランチも信じれないくらいお得でおいしいとの情報も。

ここ、かなりおすすめです diamond diamond diamond

次の花園会は、どこかな~~~smile

2013年3月 4日 (月)

ラージボトルって何が違うの?

ダイキナーサリー朝生田店にある、カリフォルニアワイン専門店「壱」

そちらやダイキの関係で定期的に開催されている「松山ノムリエ会」 

今年の第一発目は、道後館で「ラージボトルで新年を」という壮大な企画present

Dscn1743

今夜は、日本を代表するカルフォルニアワインのインポーター、

中川ワインの誠一郎さんも参加して、大々的に開催です shine

Dsc_0091

そもそも「ラージボトル」て、なんの意味があるのでしょうか?

わたしは「お徳用ボトル」だと思っていたのですが、実はその反対coldsweats01

同じ100mLの単価は、ラージボトルの方が割高なんですってdollar

たとえば、一本7,000円のボトル4本分の量だと28,000円ですが、

ラージボトルは同じ量でも+10,000円で38,000円するそうです。

大きい方が長期熟成に向いており、パーティーでも人気なのがその理由。

へ~、知らなんだ~ flair

Dsc_0094

会の始まりは、中川さんから実際のワインオークションの解説があります。

実際カリフォルニアで行われているセリの様子をスライドショウて説明。

1.Silent Auction

    淡々と値段を書いたパネルを積み上げて値段を決める方法。

2.  e Auction

  インターネットを利用した方法。

3.  Live Auction

  「せり」のイメージで、どんどん吊り上げる方法。

今年も6月1日から3日間開催予定で、参加費だけでも数十万円dollar

あちらでは、昔の日本の茶会のような交流会の役割をしているそうです。

その流れで、国際人の必須三大条件の話しになります。

① 英語  new

② ピアノ note

③ オペラ kissmark

らしいのですが、現代では4番目にワイン wine

私の場合は、英語はどうにかなりそうだけど、

後はコードしか引けないフォークギターnotesに、カラオケkaraokeと、酒 bottle

んんん~、おしい bleah (って、どこがwobbly

Dsc_0097

椀物は、「西予産 猪と里芋の煮物」

右手のお皿は、「鮑の湯引き 柚子辛子酢味噌」

Dsc_0105

左は、「DUCKHORN VINEYARDS」のSauvignon Blanc 2011

ブドウはソービニオンブランが4分の3、セミオンが4分の1。

4年前のオバマ大統領の就任式にも使われ、トロピカルな仕上がり。

右は、「LANDMAK VINEYARDS」の"Overlook" Chardonnay 2009

ソノマ、モントレー、サンタバーバラなどの産地のシャルドネ100%ですが、

その比率は年によって違うとのこと。

樽の香りがして、わかりやすい熟成感が味わえます。

Dsc_0096

チーズもダイキナーサリーのワインショップ壱に、

納品されているかたの特別なプレゼンテーション。

まず、黒いスプーンの上は、「ブリアヴァラバン パパイヤ」

生クリームを加えたチーズに、パパイヤの細かいピースがまぶされています。

次の、時計9時方向は、「カマンベール・ド・ノルマンディー」

リンゴの名産地ノルマンディーにちなんで、リンゴと交互のサンドイッチ。

コクのあるクリーミーさと、キレのよいあっさり感。

驚くことに、西予市野村産の「森のろまん」というなの県内もの

これだけの品質にしあげてこられた職人さん、かっこよすぎですhappy01 good

最後、ぜいたくに「ロックフォール・プレミアム」

ブルーチーズの大将みたいなやからですが、

通常3か月のところを、9か月熟成させており、塩気や独特の匂いがまろやか。

これからは、ワインショップ壱に行ったときに、

チーズコーナーもしっかり吟味の必要がありそうです。

さあ、もったいないようにワインが進みます。

Dsc_0115

「PEAY VINEYARDS」の、Pinot Noir-Scallop Shelf 2009

あっさりした印象のブドウ品種ピノでありながら、タンニンの味わいが深く、

本質通り後味はすっきりで、ちょっと驚き happy02

ここで中川さんから、西洋のワイン会でワインをほめる言葉は

「It is a beautiful vinewineがベストだと教えていただき、

己のたるんだお腹と、膨らんだ頬のことpigは忘れ、

カリフォルニア州のワインパーティーにいるような、オホホ・セレブ疑似体験crown

Dsc_0130

「栄螺(さざえ)の共焼き」

取り出したサザエの身にその肝をまぶしてから、殻ごとアツアツに。

きもの苦みと、サザエの弾力がたまらんです。

Dsc_0124

これは、お待ちかねのラージボトル一本目

Dsc_0092

「PARADUXX」のRed Wine 2007

毎年違うデザインの切手がラベルになるのが特徴。

口に入れたとたんに、パッと香りの立つ派手な印象です。

Dsc_0135

こちらは2本目のラージボトル。

Dsc_0093

じゃんけん大会で勝った人は、

このボトルをもらって参加者にサインをしてもらうという趣向。

ラージボトルの会ならではですrock scissors paper

Dsc_0139

はしりの「チーズ真丈揚げ出汁、ふきのとう入り」

こごみとふきのとうの、春を待ちわびた苦いエキスは、印象的。

Dsc_0092111001

待ってました happy02 shine

ワインの中でも今日一は、この「STAGLIN」のCabernet Sauvignon 2008

いままでのとは違う世界の、赤の深い味わいが舌の上で炸裂deliciousshine

余韻が、会話を邪魔しないレベルの心地よい酔いを与えてくれます。

まだまだ深いワインの海溝は、楽しくさほど怖いものではなさそう。

好奇心のみで、なんの知識も戦略もない私の浦島太郎ウミガメ号は、

ゆっくり深みに潜っていくのです wink

2013年3月 1日 (金)

写真家 浅田政志さんとの出会い

3月8日から全国発売予定の、あのバリィさんの写真集。

「いまバリィさんぽ」

Dsc_0001_2

すでに、

いよてつ高島屋の特設コーナー「バリィランド」で先行発売中 happy02shine 

この写真集を撮影したのは、

第34回木村伊兵衛写真賞された写真家「浅田政志」さん camera

自分の家族をさまざまな職業に扮させ、セルフタイマーを使うことで

本人もその作品の中に必ず登場している「浅田家」が、代表作品。

じつは sign03

先日COMSの企画で来松され、縁あってご一緒したのです。

初対面は、前のりされた夜。

Dscn1851

大街道の「壺々炉(こころ)」に集合。

魚料理を中心とした人気店で、この日もお客と活気であふれています。

どんなベテランの大先生がおられるのか?と部屋に入ると、

ラフな格好の優しい笑顔の青年smileが浅田さんだとわかります。

初対面から相手を緊張させないやわらかな雰囲気 spa

Dsc_0187

プロの前でシャッター切るのは、かなりおこがましいのですが、

食べ物を前にすると反射的にcameraD3100を構えてパチリ。

私の本をお渡しすると、ホワイトバランスのことを聞かれたので、ぎくっcoldsweats02

まったくオート任せで、気にしていなかったからチンプンカンプンtyphoon

面の皮が寿浬庵の刺身くらい分厚いので、初対面な上に

新進気鋭のプロ写真家に、「ホワイトバランスってどうするんですか?」

幼稚園生が大学の教授先生におしえてもらうようなものですが、

とても丁寧で、彼の人の良さにすくわれます。

写真集「南予写真 NANYO」の依頼で、南予にひと月住んだ事があり、

養殖産業など、南予にとても詳しいことがわかります。

牛も養殖、豚も養殖なのに、なんで魚だけ天然がいいといわれるのか?

最近はエサや養殖技術が進歩しておりとてもおいしく、地元にある

養殖魚にこだわったおいしい寿司屋情報を教えてもらいます。

これでは、どっちが愛媛在住かわかりませんね coldsweats01

Dsc_0191001

コースの〆は「鯛めし」

炊き立てご飯のおこげの香りと、ほっこり鯛のエキスがたまりません。

さて、

Dsc_0194

翌日朝からCOMSにお手伝い。

いつも朝一で来ているクロちゃんがやってくれており、感謝。

講演の内容は盛りだくさんで、彼が撮ってきた家族写真の苦労ばなしなど。

両親は親だからしょうがないけど、お兄ちゃんはよく付き合ってくれるとか、

鳥羽水族館はオットセイ相手で大変だったけど、

地元なのでとても協力的でありがたかったなどなど note

Dsc_0193

ファンの方がご自分で焼いてこられた「バリーさん」クッキーが配られます。

くまもんについで、バリーさんの写真集を撮り終えており、発売予定。

ゆるきゃらの写真だと簡単におもえそうですが、表情がないだけに、

くまもんの写真集を見るといろんな工夫をされているのでしょうが、

その苦労を見る方に感じさせないが、さすがです。

Dsc_0201001

後半の講習は、どうやってセルフタイマーを使って、上手に写真を撮るか。

ポイントは、カメラを覗いている人以外の参加者に、

どんな構図で、どのような写真を撮ろうとしているかを、明確に伝えること。

実際やってみると、彼の写真集「浅田家」セルフタイマーであるだけでなく、

その場で確認できないフィルム写真であるのことの、すごさがわかります。

Dsc_0206

これは、妊婦さんのおなかと浅田さんの顔が映った仕上がりになっています。

逆光は光がやわらかく回って、

素人が考えるのと違い、きれいに写真が撮れる条件とのこと。

浅田さんの顔がぶれているのは、彼が安産の祈願fujiを注入したから。

写真という事実を映し出す世界に、精神論をもって臨んでいる姿に感動。

私も食べ物に対する執念は、多少の自信があるので、これからは

「おいしそうだね~restaurant」の感動を注入しながらブログ写真を撮ろうっと wink

さてさて、

初日夜、二日目の昼夜に、少人数で一緒に食事するチャンスに恵まれます。

気が付けば私一人がしゃべっているような、聞き上手ear

はっと我に返り、せっかくのチャンスなのでいろいろ聞こうとおもっても、

気が付けばまた私がしゃべっています。

彼の作品を拝見すると、被写体の人たちがとても自然な表情で、

被写体であるほぼ初対面の人と打ち解ける天才だsign01と、感じ始めます。

いい写真を撮るために、人と打ち解けるようにしているのではなく、

人と交流するのが好きだから、形に残したいのでしょう?

ど素人が、芸術家にうかがうのは、はなはだ顔から火が出ますが、

「食べ物写真の撮り方appleを伺ったら、

カメラは固定して、いろんな方向からLEDライトを当てるのはどう?

それで後日さっそく、

彼が持っていた「Fotodiox」社のLEDライトを購入。

このライトは、別売りのバッテリーを後ろにつけると、手持ちすることができ、

画面に映っている二種類のすりガラスと黄色のディフューザーを付けられます。

また、つまみにて光の大きさを自由に調節できる優れもの。

Dscn1964

2000円弱のテーブル三脚でカメラを固定して、

Dsc_0064

左からやわらかい光flairを当てたり、

Dsc_0067

ほぼ真上からやや強めの光を当ててみたります。

新進気鋭の写真家さんとの出会いは、

おじさんフードブロガーにとって、夢のような二日間 happy02 fuji

heart バリーさんの写真集「いまバリィさんぽかわいいですよ heart

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009