« "Ridi" New Open in Ozu | トップページ | 鳥津会@北浜大島屋で、ふぐ尽くし! »

2013年3月15日 (金)

Ecafe at Kikuei Cafe

英語を楽しむメンバーで月一集まる「Ecafe」

今回は、週末のみ夜間も営業を始めた「Kikuei Cafe」.

トライアルもかねて、あのおしゃれな空間を夜間貸切でお願いしています。

サブタイトルは「蕎麦とワインのマリアージュ」clover

今夜の雰囲気は、ちょっとしゃれていますよ ribbon 

Dsc_0133

「前菜」

真中はソーセージと温野菜

スパークリングで乾杯し、まずは空腹をシンプルなソーセージで抑えます。

時計1時のたらこをねっとりと舌の上で転がしながらお口の準備体操

5時は、カマンベールチーズアンチョビを載せて焼いたもので、

ねっとした口どけと、しっかりとした塩味のコントラストがいいです。

10時には、チーズを干し柿で包んだもので、ドライフルーツですから

はやりワインにはしっかりあうのです。

Dsc_0137

「アボガドと蕎麦豆腐」

そば粉は葛と合わせて、アボガドと同じ賽の目に切りそろえてあり、

舌で上あごに押し当てるだけで、ねっとりと広がってきます。

和えてあるソースは旨味のある和風あじで、これまた旨い delicious

やはりここの大将のセンス、すごいです happy02good

Dsc_0141

ワインに詳しい大将と共通の友人である酒屋さんプレゼンツのワインが、

次々と開栓されていき、会話の温度も少しづつ上がっていきます up

年単位の付き合いになってきた仲間たちを話すことは、

他愛もない日常のできごとや家庭の事。

T君は中国系なので、見た目では日本人と区別がつかず、

最初に島に赴任したため、かなり戸惑いや苦労があったようですが、

持ち前の明るさと礼儀正しさで乗り切ってきています。

Dsc_0145

おどろくほど秀逸なのが「きのこ鍋」

Kikuei自慢のかつおだしに昆布だしを加え、あふれんばかりの山の宝。

かつおのイノシン酸、昆布からのグルタミン酸、きのこのグアニル酸

三大うま味成分フルハウスコンビネーションに完全にノックアウト rock

Dsc_0158

個別に炙られた鴨肉が別皿でそえられての登場。

この旨味かたまり汁は、際限なく飲む手が休まりませんsweat01

鴨を奥歯でかんで、香ばしいじゅわ~spa脂エキスを抽出し口に広げ、

すかさずこの汁を流し込んで、喉の奥の細胞まで行きわたらせる。

Dsc_0167  

すっきりしたシャルドネ系の白を挟んだ、官能的循環回路 note

この味覚の魔法のラビリンスから、抜け出す方法があるのでしょうかhappy02 typhoon

Dsc_0170

来ました!Kikueiの蕎麦 fuji

まずは二八で、やさしく香りとのど越しをするすると堪能します。

先ほどの鍋汁につけて温かく頂くもよし、

きりっと鰹と醤油の効いた冷たいつゆでたぐるもよし delicious

Dsc_0181

出ました!十割 diamond diamond diamond

つなぎなしでのこの細さにまず、むむむやるな catface shine

生のままで、その野性的でひきつけられる香りと、細粒子の舌触り。

岩塩をちょっとつけると、粉のもつ甘みがぐいっとgood前面に姿を見せます。

最後は出汁につけて、これを口いっぱいに頬ばる贅沢に浸りましょう。

こりゃ~、たまらんばい happy02 fuji

Dsc_0190

一年ぶりに中国から帰国中のMちゃんのお土産で箸休め。

酸っぱい弟くんは、どうもプラムのようですね。

甘酸っぱくて、おいし delicious

Dsc_0194

揚げたての天ぷらは、ほっくほく。

Dsc_0197

デザートの「蕎麦がきぜんざい」には、カベルネソービニオンの赤 wine

スプーンの自重だけて切れてしまうふんわり舌喜ばせ蕎麦がきを、

甘さ抑えめのあずきと、ゆっくりと口の中でかくはんしながら、

幸せなひと時をゆっくり回顧します catfaceshine

さて、

二年を超えたこの会は、気がつけばなくてはならない定期交流の場。

二次会のステージカラオケkaraokeで、

半世紀近くを生きてきた日本人が歌うのは、青春80年代洋楽メドレーnotes

アバ?クイーン?名前はしっているけど?

アニメ世代外国の若者は、

どしてこんな歌しってるの?と、不思議視線eyeを向けるのです。

« "Ridi" New Open in Ozu | トップページ | 鳥津会@北浜大島屋で、ふぐ尽くし! »

和食」カテゴリの記事

コメント

ほんとにおいしかったです。…と言いつつ、ちょびっと体調が万全ではなく(多分例年の黄砂+αのせい!)、こうして写真で見ると、もっと食べられたのに!!とすごく悔しいです。
週末は夜オープンされるとのことなので、また是非行きたいです♪
ところで、ぜんざいはやっぱりbrownですか。私はどっちかというとblackだと思うんですけど。

ネイティブと一緒に純和風なお蕎麦を味わいながら英語で会話ですね、英語だけにワインになったのでしょうか。
日本酒の良さをネイティブにも伝えられたらもっとうれしいですがまだ少しハードルが高いのでしょうね。
十割そばがまるで二八そばの様に見えるから凄いですね。

あら、体調不十分には見えませんでしたけど、そうだったんですか?週末夜オープンの時は居酒屋風にいただけそうなので、突撃しなければなりませんねshine
日本語と英語の色表現は違いますよね。青信号はgreenですが、たしかにあれは青じゃあないですもんね。私が小豆を表現するとすれば、reddish brownかなgolf

メンバーのほとんどは日本人なので、結果的には英語をしゃべることを理由に、定期的に飲み会bottleを開いている、って感じです。
実際、私は日本人同士でしゃべっていることが多いです。こちらの対象は勉強熱心でセンスもあるとおもうので、機会があれば一度行ってみてくださいwink

とっても美味しそう!

出席出来なかったのが、非常に残念です。
いつかもう一度、こちらでE-cafeを開いてくださ〜い。

いつも来られている貴女がこの会を逃したのは、とても残念でしたwobbly
今は通常営業で週末は夜もやっているので、また行ける人だけででさっくりと行きましょうwine
いや~、めちゃくちゃよかったのにな~~wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/56829453

この記事へのトラックバック一覧です: Ecafe at Kikuei Cafe:

« "Ridi" New Open in Ozu | トップページ | 鳥津会@北浜大島屋で、ふぐ尽くし! »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009