ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 大洲アポロの定食、おいしい! | トップページ | 亘(わたる)で祝賀会  »

2013年2月15日 (金)

川原で天然ふぐ、雑炊までおいしい!(^^)!

高知まで伊勢海老を食べに行ったり、

八幡浜までバスをチャーターしてフグを食べに行ったりした、

Utoniumさんの、 うまいものを食べる会 

Dscn1717

今回は「創作料理 川原」でフグコースと、小躍りしながら突入です

Dsc_0005

落ち着いた二階の座敷は、ゆったりとしたテーブル席。

いつものように、大将が一杯やりながらの楽しいトークが始まります。

Dsc_0004

「テッサ」

大将のお話しでは、天然物は真っ白な身で、

養殖は細い黒い線が入っているとのこと。

少し厚めに切って歯ごたえを楽しむのがこちらの流儀 

淡白なのに、どうしてこんなに存在感があるのでしょう?

Dsc_0011

でた~~~~

今年初お目見え、おフグさまの白子さま~~

皮はこんがりと香りよく、中は適度に温まりトロリンコで、ネットリンコ

Dsc_0014

沢山ひれの入った「ひれ酒」と合わせれば、

年間で一番1分当りの口に入る値段が高い時間を迎えます。

ヒレの芳ばしさと、白子のねっとりした旨み。

この二つは鉄板コンビですが、非の打ちどころがありません 

Dsc_0020

お口直しは、「自家製野菜のサラダ」

赤カブ、ニンジン、赤大根、セロリにゴマだれが最高

東野の700坪の畑でおばさんがつくっているそうで、水水シャクシャク

Dsc_0023

あれれれ、茶碗蒸しのなかにまで白肌ほっこりの身がはいっています。

銀杏の独特の香りとのコラボ

まさに、フグ尽くし~~~~

Dsc_0027

鍋で野菜もしっかり補給して、

Dsc_0039

ここで、新鮮ワカメの登場 

Dsc_0036

湯の中に入った瞬間に鮮やかな深いグリーンに変色し、

0.34秒しゃぶしゃぶしたら、でポン酢へ、ポン 

海のレタスの様なシャクシャクした食感と、その潮の香りが最高

Dsc_0047001

まってたのよ、からあげちゃん 

両手でしっかりホールドして、軟骨部分も一緒に身をかじりとります。

塩を効かせて衣の香ばしさもじっくり堪能。

ちょっと、ここでビールに戻りますね。

Dsc_0057

ここで、怒涛のエゾ鹿登場で、鉄なべでじううう~~ 

パイナップル、リンゴのすりおろしのたれであっさりいただきます。

前回も頂きましたが、処理がよいので癖がなく本来のジビエ感がいいですね。

Dsc_0071

やっぱ、これ待ちよね~ 

とき卵を、とろとろ~と混ぜ入れてふんわり

Dsc_0079

雑炊ちりめんじゃこの塩けと、漬けものの香りであっさり。

二杯目はスダチをたっぷり絞って、もうたまらん 

いくらでもはいるので夢中ですすり込み、気がつけば満腹満足です 

あれ 

携帯をふと見ると、「かの方」から着信履歴が入っています。

まさか、これから、、、、、、、\(続)(泣)/

« 大洲アポロの定食、おいしい! | トップページ | 亘(わたる)で祝賀会  »

和食」カテゴリの記事

コメント

美味しそうなテッサに白子、テッサの皿は砥部でしょうか?
新鮮ワカメの緑もきれいですね。
最後の雑炊が美味しいのは当たり前ですね。

白い磁器に鮮やかな青。確かに砥部焼かもしれませんね。ワカメのしゃぶしゃぶは初体験で美味しかったです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川原で天然ふぐ、雑炊までおいしい!(^^)!:

« 大洲アポロの定食、おいしい! | トップページ | 亘(わたる)で祝賀会  »

最近の写真