« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月26日 (火)

した道で、のんびり南予探訪 

天気sunもいいので、またしても近くなった南予にふらり rvcar

高速ばかりじゃ忙しいので、昔ながらのした道から鳥坂峠を目指します。

まずは峠に向かう前に、腹ごしらえ。

以前Hideさん達と沖縄料理尽くしを頂いた五志喜めんそーれでランチ。

Dscn1920

遅めの時間だったので、できたての大量の「さーだあんだぎー」が並べられ、

扇風機で余熱をとっている初めてみる風景に遭遇します。

Dscn1909

「そーきそば」

まずあつあつの出汁をすすると、かつおのいい香り catface spa

三種類の鰹だしのブレンドらしく、醤油にも甘さがなくすっきり。

もう一口、もう一口と本能が求めるような秀逸なスープです diamond diamond diamond

Dscn1911

そーき、おも~い happy02 rock

Dscn1915

そーき肋骨ですが、アキレス腱のような透明なこりこりした部分が特徴。

いわゆるスペアリブとは少し違い、透明な部分は肋軟骨。

この部分が食べられる店は、愛媛でも少ないと思います。

沖縄出身の奥さんのこだわりを感じる本物 crown 

麺は硬めの白い中太で、その食感から乾麺でしょう。

Dscn1916

後半、コーレーグースー(島唐辛子を泡盛に漬けこんだ調味料)を追加。

油断していると瓶の口からドボドボと出るので、注意が必要 eye

入れ過ぎて辛くなりすぎたのですが、どうしてもスープから離れられず、

おくさんの残りをすべて飲み干してしまうほどのうまさ good

こちらのお店は、大洲の「愛たい菜」にも惣菜を出しておられ、

「もずくの天ぷら」を見つけた時には、必ず購入している大ファンです。

先ほどの余熱をとっていた「さーだあんだぎー」も売っていますよ。

さて、

胃袋も一杯になり、コーレーグースーで芯からポカポカ sweat01

そのまま一気に宇和町へ突撃。

Dscn1926

開明学校や愛媛歴史博物館は行ったことあるのですが、

その名前から、どうしても行く気にならなかったのが、「宇和米博物館」

Dscn1925

観光MAPを頂きによった商工会の方が、、

「109mの廊下で、雑巾がけのZ-1グランプリをやるところですよ」

「あ~、テレビtvでやっているの見たsign01と、がぜん興味がわきます。

Dscn1929

山の上にあるのですが、かなり大きな施設。

昔の小学校を移築したらしいのですが、

どうして、この町にこんな大きな学校があったのか?

米作りの他に、この地域を支えるどんな産業があったのか疑問です。

Dscn1933

これは、聞きしに勝る長さ wobbly annoy

成人男性が30秒を切るだけで凄いと言われる中、最短記録は18秒19sandclock

世界記録保持者の井上さんは、

他の学校の廊下を使って練習を重ね乗り込んできたとか。

こういう遊びに真剣になる姿って、大好きです happy02

Dscn1940

ほぼ貸し切り状態で、昔からの米作りや活版印刷の歴史を勉強。

Dscn1930

こちらから見下ろせる宇和小学校も立派な建物で、

宿場町と稲作で栄えたこの町が、歴史的に教育に熱心な事がうかがい知れます。

やっと本日の最終目的地。

宇和インター近くの「どんぶり館」

Dscn1953

前もここ通ったけど、この時期の「アイス」はちょっと手が出んなあ。

Dscn1950

どんぶり館だけに、このどんぶり食べてみたいけど、ご飯前なので我慢。

Dscn1948

お刺身美味しそう delicious

アジも小ぶりで脂乗って新鮮!おいしかったですよ fish dash

さあ、帰りものんびりした道。

Dscn1955

「呼呼(ここ)」

白髪のおじさんと、少し若めの髪のきれいな上品な女性。

Dscn1960

呼呼ブレンド(400円)と、本日のケーキはモンブランwink

素朴なスポンジベースで、あっさり頂ます。

昔からあるような気がしたのでうかがってみると、30年以上とのお返事diamond

今日はテレビが流れていますが、スピーカーが立派なオーディオがあり、

あれでジャズでも聴きながら、休日のんびりしてみたいものです。

高速にも負けずに頑張っている「した道ショップ」巡り。

次は、鳥坂峠のラーメンショップかなnoodle

さてさて、

後日、2回目の宇和島「きさいや広場」 fish

Dscn1974

「特上海鮮ちらし(2,000円)

ぜいたくかまして、すいまそんwink

ばってん、払う価値あり!

Dscn1977

やっぱ、タイとかブリとかウニとか、酢飯にあう~ happy02

実は、

この日の目的は、これ down

Dscn1979

宇和の「どんぶり館」で声をかけてくれた、焼き鳥やさん。

あの時言われていたように、「きさいや広場」に出店しておられます。

すでに完売モードなので、急いで購入。

ふふふ、これは今夜の最高のつまみchickができました。

Kokkoya_1

自宅で、懐かしの鶏舎(こっこや)

やっぱり、ここの焼き鳥最高なのです~happy02 happy02 happy02

2013年2月23日 (土)

Ecafe@てまり 

今年最初も、15人と大盛況bellのEcafeが始まります。

Dscn1745

多国籍なレストランを食べ歩いてきましたが、今回は「てまり」で日本料理。

Native2人を含む新人3人が参加で、これは春から縁起がいいや fuji

Misaさんは、前回の記事に書き込みされての参加。

夏には海外旅行予定で、少しでも頑張りたい元気いっぱい子happy01です。

Dsc_0153

本日のメニューは、飲み放題込みで3,980円コース。

Dsc_0158

半分に切った竹筒に入った鳥つみれを少しずつ、沸騰した鍋いれますwink

気づけばわたしが鍋奉行をしていますが、来日して間もないと

大皿に並べられた野菜や具をどのようにして入れていいかわかないですよね。

ふんわり浮き上がってきたつみれは、ホクホクでジュワジュワ smile good

Dsc_0160

「伊予柑ソースのグリルチキン」は、明らかになくなるスピードが速い。

かりっと仕上がったチキンと胡椒に、ミカンの酸味でユニバーサルフード。

T君は瀬戸内海の島に最初に赴任したらしく、とても楽しかったよう。

今日は忙しそうですが、またゆっくり島の話を聞きたいものですsun

Dsc_0163

鍋の後は、「〆のうどん」を投入。

野菜と鳥の出汁を吸ってつるつる、うまし happy01

Dsc_0165

最後は、店名の「てまり」すし。

このいかにも日本を体験してほしかったんです diamond

さて、

Dsc_0170

二次会はご存じ「Hanoi Cafe」

ますてぃーはかなり走りこんでいるので、

お会いするたびにフィットになり、カッコよさが増していますthunder

先日の愛媛マラソンも、大幅に記録を更新しての完走run

「カオソーイ(890円)は、チェンマイのカレーラーメン noodle

上にのっている、皿うどんのような乾燥ぱりぱり麺。

あちらの香辛料満載のカレースープの下には、縮れたソフト麺。

Dsc_0175

ぐわ~と混ぜて、ベビースターみたいな固さだけど長いのんと、

カレースープを吸い込んだ、柔らか麺をごちゃまぜ。

食感の両翼のような二者が、どこぞのベトナム系インド人にまとめられて、

これがまたうまいことなるんですよ delicious happy01 happy02 shine

Dsc_0177

AZAさんと目を合わせて暗黙の了解、ライス投入riceball

おいしいカレーを残すのがもったいなくて、ロングライス・オンザ・残り汁

これ、うまくないわけないやん!と思うでしょ。

そう、うまいんです wink

腹いっぱい大満足で眠くなったの、今日の話はこれで終わりなのだ。。。pig

2013年2月20日 (水)

大街道の眞一、うまか!

炭水化物/揚げ物禁止ダイエット三日目の休日 sun

スマホアプリ「計るだけダイエット」のグラフも、順調に右肩さがりdownwardright

いつものように大街道をふらふらしていると、この看板がドーン bomb

「今日ぐらいはいいかな~catface」と、禁炭水化物を解いての突入です run

Dscn1751

「真一ラーメン」は、ばくだんやの跡にできた九州ラーメンの店。

ちょっと前から開店しているのは知っていたのですが、

今日は体がいつも以上の強力な磁石clipに吸い寄せられていきます。

Dscn1760

奥さんは「真一ラーメン(白)(630円)

甘めの豚骨は、くどくないけどコクもありいい感じのファーストタッチ。

表面の透明油膜が冷めず、寒い日にはありがたいですね。

塩は切れよく効いており、いわゆる豚骨臭は押さえ目です wink

Dscn1758

私は「真一ラーメン(赤)特製赤味噌を丼ぶりセット(830円)麺固め

Dscn1759

お先にセットの「どす丼(小)」から。

シンプルな脂を落とした豚肉に塩コショウベースの味。

炒めた玉ねぎの香ばしいこくとねっとりしたタレを、

生卵とともに麦めしに絡めて、ワシワシと頂きます。

スープをすすって口の中で攪拌すると、腺解放運動が一気にピークdelicious

Dscn1761

おいのはトウガラシが効いとるけん、ジンワリ汗がでて温まると~happy02spa

細めんでも存在感のある舌触りと、キクラゲの細いこりこりで、食感楽しい。

味噌唐辛子との甘味と辛味もあり深みが増してます。

ああ、気がつけば当然のように完食してしまっています fuji

さて、

翌日の体重は、株をやる人なら惚れ惚れするくらいのV字回復up

神よcute なぜ私のダイエットに、次々と試練をお与えになるのでしょう shine

2013年2月18日 (月)

亘(わたる)で祝賀会 

携帯のメールmailtoを開いてみると、かの専務から sweat01

Utoniumさんにお礼を言って店を出た後に、急いでかけ直しますphoneto

「おつかれ~punch、今、どこにおるん?」と、どすの利いた低い声。

「いま川原での食事が終わって、解散したところですけど、、、coldsweats02

「その道を西に向かって、大街道一本手前を北上しておいでやpunch

------------------------------

いつもこのような会話を書いているせいでしょうか?

私のブログを読んで頂いている方にお会いすると、

「専務って、どんだけ傍若無人なのかpunch」みたいな事をよく聞かれます。

嘘ではないですが、私が多少誇張表現bellを使っているところがあるので、

今回は、わたしが彼を慕っている側面をご紹介しましょう。

------------------------------

Dscn1719

「焼鳥 亘(わたる)」は、カウンターだけのこじんまりとした焼き鳥屋さん。

Dscn1724

開店2年目突入で、一人で焼きながら忙しそうに給仕される姿が、印象的 happy01

満席のカウンターに、専務とお尻を半分こで椅子を分ける形で合流。

既に数人の友人とワインで盛り上がっている状態で、焼鳥の追加注文します。

Dscn1720002

「肝(1本150円)

ごろっとしたアツアツの塊に食らいつくと、ふんわりとした上あごタッチ。

生でもなく固くならない温度帯で、ねっとり感がちょうど好み smile

遅い時間に満席な理由はここりありですね delicious

さて、

「あの~、私、もう数分で誕生日crownなんですけど」と、私がささやくと、

「いけちゃん、わかっとるから呼んだんよ happy01

時計が12時を回ったのを皮切りに、

Dscn1730

カウンターの方々にもワインを勧めて、一緒に「ハッピーバスデー」birthdaybell

初めて会う方々にも、「イケチャ~ンnotes」のフレーズまでお付き合い頂き、

誠にうれし恥ずかしありがたしです。

Dscn1726

「つくね」も、ふわふわの仕上がりの中から、アチチ肉汁sweat01

焼き鳥星人としては、新しい母星shineを発見した喜びに小躍りします happy02good

さあ、

すっかり身も心も温まったので、帰ろうとするのですが、

「もう一軒だけ。電話しておくけん、先にホヤケンに行っといて」と言い残し、

専務が小走りに街に消えていきますrun

お店についてカウンターに座って待っていると、

息せき切ってやってきた専務の手には、

なんと、ドンペリeyeが握られてるではないですか eye sign03

「さあ、もう一回、ちゃんとみんなでお祝いしようcrown

そういうと、お店のご夫婦の分の数までビールグラスを並べて、

泡をあふれさせながら無造作に継いでいかれます。

20130116_001859

「じゃあ notes」と、声を合わせて再びHappy Birthday合唱 note note note

人のお祝いごとを、子供の様に無邪気に喜ぶ専務の笑顔に、

すっかり男心をやられてしまうのです smile heart04

2013年2月15日 (金)

川原で天然ふぐ、雑炊までおいしい!(^^)!

高知まで伊勢海老を食べに行ったり、

八幡浜までバスをチャーターしてフグを食べに行ったりした、

Utoniumさんの、crown うまいものを食べる会 crown

Dscn1717

今回は「創作料理 川原」でフグコースと、小躍りしながら突入ですhappy01

Dsc_0005

落ち着いた二階の座敷は、ゆったりとしたテーブル席。

いつものように、大将が一杯やりながらの楽しいトークが始まります。

Dsc_0004

「テッサ」

大将のお話しでは、天然物は真っ白な身で、

養殖は細い黒い線が入っているとのこと。

少し厚めに切って歯ごたえを楽しむのがこちらの流儀 delicious

淡白なのに、どうしてこんなに存在感があるのでしょう?

Dsc_0011

でた~~~~eye

今年初お目見え、おフグさまの白子さま~~fuji

皮はこんがりと香りよく、中は適度に温まりトロリンコで、ネットリンコdelicious

Dsc_0014

沢山ひれの入った「ひれ酒」と合わせれば、

年間で一番1分当りの口に入る値段が高い時間dollarを迎えます。

ヒレの芳ばしさと、白子のねっとりした旨み。

この二つは鉄板コンビですが、非の打ちどころがありません happy01

Dsc_0020

お口直しは、「自家製野菜のサラダ」

赤カブ、ニンジン、赤大根、セロリにゴマだれが最高

東野の700坪の畑でおばさんがつくっているそうで、水水シャクシャクsweat01

Dsc_0023

あれれれ、茶碗蒸しのなかにまで白肌ほっこりの身がはいっています。

銀杏の独特の香りとのコラボ

まさに、フグ尽くし~~~~fuji

Dsc_0027

鍋で野菜もしっかり補給して、

Dsc_0039

ここで、新鮮ワカメの登場 happy01

Dsc_0036

湯の中に入った瞬間に鮮やかな深いグリーンに変色し、

0.34秒しゃぶしゃぶしたら、でポン酢へ、ポン scissors

海のレタスの様なシャクシャクした食感と、その潮の香りが最高happy02good

Dsc_0047001

まってたのよ、からあげちゃん wink

両手でしっかりホールドして、軟骨部分も一緒に身をかじりとります。

塩を効かせて衣の香ばしさもじっくり堪能。

ちょっと、ここでビールbeerに戻りますね。

Dsc_0057

ここで、怒涛のエゾ鹿登場で、鉄なべでじううう~~ spa

パイナップル、リンゴのすりおろしのたれであっさりいただきます。

前回も頂きましたが、処理がよいので癖がなく本来のジビエ感がいいですね。

Dsc_0071

やっぱ、これ待ちよね~ good

とき卵を、とろとろ~と混ぜ入れてふんわりsmile

Dsc_0079

雑炊ちりめんじゃこの塩けと、漬けものの香りであっさり。

二杯目はスダチをたっぷり絞って、もうたまらん happy02

いくらでもはいるので夢中ですすり込み、気がつけば満腹満足です penguin

あれ sign02

携帯をふと見ると、「かの方」から着信履歴phonetoが入っています。

まさか、これから、、、、、、、\(続)(泣)/

2013年2月13日 (水)

大洲アポロの定食、おいしい!

今日は平日遅めのランチを探し、下道を大洲から八幡浜方面へrvcar

20130117_142249

やまけんさんのブログでみて気になっていた「アポロ」へ向かいます。

one本棚一杯の漫画本two広いテーブルthree家庭的な感じのおばちゃんと、

ランチ名店の三大必至条件club がそろっており、いきなり期待が高まります。

20130117_143219

「今日の定食(650円は、

やさい天ぷら、揚げ出し豆腐、イワシ甘露煮、ごぼうサラダ、

豚生姜焼、もやし炒め、ハムポテトおかずのオールスター大集合 baseball

まずは、真中に鎮座した豚肉を御飯にのせて、大きく口にほうばります。

甘辛でしっかりした味で、おかずの王道。

しっかりしたボリュームもうれしいですね smile

20130117_143227

天ぷら系すべて揚げたてアツアツ spa

豆腐がじっくりと出汁を吸っており、旨い happy02 sign01

おあげ、大根、にんじんがたっぷり入った盛だくさん味噌汁

甘めの味噌で、具だくさんでビタミン補給しましょう。

20130117_143239_2

キュウリの漬物ピリ辛

魚のつくだ煮でいただくご飯は、米自体がめっちゃ旨いsmile

ハムにはポテトサラダが挟まれており、嬉しい発見です。

安心満足の家庭の味で、2時過ぎなのに出来立てをいただけるのが最高。

昼は二時半過ぎくらいまでで、日曜お休み。

店の奥に見えた厨房はとても立派で、

やまけんさんが食べた川ガニ飯などの郷土料理も、たまらん映像 camera

昼リピして顔見知りになったら、

郷土料理コースもお願いしたいなあ happy01 と想像が膨らむのです。

2013年2月10日 (日)

裏地桂子さんと、菜根譚にて

南予のかっくんが、「素敵な方なので、ぜひ紹介したい」happy01

Dsc_0430

縁あって、「菜根譚(さいこんたん)」裏地桂子さんとお会いします。

Dsc_0432

以前は野菜中心のメニューの印象でしたが、

お客さんのニーズに合わせて刺身、地鶏、和牛なども追加され、

男子的には嬉しい情報です。

Dsc_0434

東高卒業まで松山で育った彼女は、いまでは全国レベルで大活躍
crown

主婦業の傍ら、

商品や店舗の企画・プロデュース、
オリジナルブランドの立ち上げ、

草月流師範など多方面でのご活躍
crownで、

婦人画報などの女性誌にも、たびたび登場されています eyeglass
中でも、

著書「わたし好みの口福ギフト100味選」は、

全国のお取り寄せを彼女のセンスで厳選した本pencil

さっそくamazonで購入しようと試みますが、

テレビ東京の「ソロモン流」に出演された影響か、売り切れのようです。

Dsc_0436

「燻製もりあわせ」

卵、チーズ、かまぼこ、こうこなどのシンプルな素材が、

いぶされることによって、上品にランクアップ。

これと酒だけで、一升酒ごくりごくりコース
 bottle

さて、

お会いした印象は、思っていたより小柄で、かわいらしい美人。

大洲から参加したAちゃんが、「女子力がありそうな方ですね」

表現していた意味がよく分からなかったので、その辺から話を始めます。

男性には分かりにくい「女性目線」 eye heart03

なぜ注目されるのでしょうか?
と伺うと、

「いけちゃん、だってお金を使うのは女性なのよ」と、闊達なお返事wink 

お金を稼ぐのは男性の方が多いかも知れないが、

実際決めるのは女性だとの解説で、我が家もまさにその通りcatfaceflair

そのシンプルな分析力にハッとさせられ、

彼女の言葉を逃すまいpencilとの姿勢に力が入ります。

Dsc_0440

「原木しいたけアミ焼き」

分厚いどんこのエネルギーが、じんわりと焼き閉じ込められた

山のエキスを濃縮した一品 good

私がいつものように、食べものの写真cameraを何気に撮っていると、

「あのね、食べものの写真は横より、縦がいいわよ。プロの写真を見てみて」

う~んcatface以前やまけんさんに言われたことと同じご指摘にうなります。

素直に従い、縦写真も追加note

Dsc_0441_2

確かに縦の方が見栄えがしますね happy01

話がすこしづつ食べ物関係にシフトすると、

「私、食べること大好きで、それに興味がないって言われたらがっかり」

おお、 食べ物好き周波数が、ものすごい勢いで共鳴notesし始めました。

Dsc_0446

「大洲産 大土芋(おうどいも)含め煮」

別々に仕上げられた素材が、色とりどりに並んでいます。

大土芋のおおぶりでねっとりした食感は新鮮。

裏地さんも、お気に入りのご様子。

こうなれば、遠慮なく色んなことを教えて頂きましょう。

東京を中心としたお勧めの寿司屋、中華、フレンチ店など、メモメモpencil

美味しい店は、本やネットに頼るのではなく、誰に聞くかが一番大切とのこと。

こんな極意を惜しげもなく教えてくれる彼女。

外見は洗練された都会人ですが、

その根底には松山人の人のよさが流れており、うれしくなります happy01

Dsc_0448

「うど、新ごぼう金平」

細く切りそろえられた、こりこりした歯触り土の棒系植物の、

奥歯でかむとにじみでる、密封されていた土養分濃縮エキスが、

ピリ辛の仕上がりの中から、口腔内にあふれ出します。

「すべて美味しいわ」と喜んでいただき、ここをチョイスしたかっくんも一安心delicious

Dsc_0452

「レン根はさみ揚」

レンコンがさっくりともっちりの食感になる絶妙の温度帯で仕上がっています。

山菜の苦みと、はさまれた具の微妙な甘みがいい感じ。

大根おろしをのっけて、ちょっと醤油を垂らして、シャクシャクシャク delicious

さあ、

ずいぶん初対面的緊張感も溶けてきた頃、

「いつも専務と、楽しそうに食べ歩いていらっしゃるわね」と、裏地さん。

思わず、「じゃあ、専務に連絡しましょうか?」と返します。

大きなかわいらしい眼をくりくりしながら、「ぜひ、お会いしたいわ~heart04

Dsc_0453

「ネギごはん」は、この時期の甘やわらかいネギと、

おかかをふっくらごはんにのせて、醤油をかけてかきこみますdelicious

目の前の春に向けて準備段階に入ったネギのパワーが、とても上品。

という事で、

2次会は専務punchと、うどん師匠いっしゅうさんnoodleも合流。

人間力の塊のような方々なので、アッという間に打ち解けます。

私は用事があって2次会で中座したのですが、

3次会は専務が「かみなり」にお連れして、翌日もご一緒されたとのこと。

日頃から度々上京されている専務が、

東京でもっと美味しいものを食べに行くようになるかもしれないと思うと、

ちょっと羨ましくもなるのです。

裏地さん happy01

帰省の際は、また楽しく美味しいものご一緒おねがいします happy02scissors

2013年2月 7日 (木)

NAMAで、外国ビール堪能

四半世紀ぶりの再開を果たした一行は、そのままの懐かしい勢いで街へ。

ふとビルの二階を見上げ、「NAMA」の文字を発見します。

HPがとても充実しているので、ぜひclickpc してみてください。 

昔のピカデリーサーカスの二階に同じ名前の店があったけど、関係あるのかな?

Dscn1691

shine 店の前からビールオーラたっぷり shine

ベルギービールなど、海外の珍しい種類をこだわりの品ぞろえです。

じゃあ、懐かしい日々に、改めてカンパーイ beer

Dscn1700

スターターは、お腹も減ってないので急速メニューのシンプルなものを選択。

トマトサラダで、まずは野菜補ったという安心感をえて、

キュウリにマヨネーズ明太を詰めたものは、ちょっとジャンクべクトルup

砂肝は、すき焼き風の甘辛味つけで、生卵のマイルドさがピッタリです。

Dscn1704

「ドイツ煮込み」

こういうのって、嬉しくなりますね~ happy02 notes

現地ではアイスバインと呼ばれる、代表的な料理。

豚すね肉を塩漬けにし野菜とシンプルに煮込んだもので、

粒マスタードや、練りマスタードをつけていただきましょうsmile

Dscn1712

「Karmeliet カルメリット(945円):アルコール度数8.0%のベルギービール。

世界ビール大会で、ワールドべストエールとして表彰された銘柄 crown

室温になってもゆっくり楽しむためのビールだそうで、

「ぐいぐい飲まずに、ゆっくりお楽しみください」とアドバイスflair

コクが厚いので、会話の間に少しずつ口に含んで転がします。

すっかり懐かしさにどっぷり漬かり、次回の定例会を約束し、

あの頃は無かった、それぞれが主の家庭に戻っていくのですwink good  

2013年2月 4日 (月)

なの花で、四半世紀ぶりの再会

県外で学生生活を送ったのですが、

先日、偶然同じアパートに住んでいた友人をfacebookで発見 eye

fb上に三人の共通の知人がいたことがきっかけですが、

インターネットがリアルの世界を充実させてくれる典型例だと感動。

それも松山に住んでいることが分かり、

二十歳前後をともに過ごした、もう一人の共通の友人とともに、

四半世紀ぶりの再会の算段 wink をします。

「なの花」は、創作料理を中心とした美味しいと評判を聞いていたお店。

カウンターに座って、おもむろに生ビールbeerで乾杯です。

Dsc_0113

「干し柿とほうれん草のクリーム白あえ

香りあるほうれん草は、ゴマの風味でねっとりとコーティング。

シンプルな甘さをもつ硬い干し柿を交互にかじりながら舌で遊びます。

四半世紀ぶりの再会一言目は、「おまえ、肥えたなあ~~pig

そりゃ、あの頃から15kg増えとるけん、いわれんでもわかっとるわいbearing

この遠慮のない距離感footに、四半世紀のブランクなど全く感じません。

Dsc_0114

「ぶり大根の煮こごり」

下の大根おろしは酸味が効いていて、ぶりの脂とバランスがすきです。

確かに私は太りたい放題肥えていますが、

彼はロッククライミングを趣味とするきりっとした体型。

もともと会った時から体型は違いましたが、

そのあとその差が、あからさまに広がってしまっています coldsweats01

Dsc_0117

「ズワイガニとゴマドウフノ重ね煮」

上にのっているのはかに味噌で、豆腐と蟹に少しつづ付けながら頂きます。

小さいですが丁寧に並べてある身の上品な香りを、だしに絡めてつるりsmile

さあ、ぼちぼち日本酒bottleの出番ですね。

Dsc_0119

「ブリとサワラの刺身」

サワラは炙りで、この時期脂のっているからとろけます。

ねっとりしたブリには、すだちかけてさっぱりdeliciousと頂きましょう。

最初の二年だけ一緒のアパートで生活し、私は引っ越したのですが、

彼はそのあと少林寺部のメンバーが集まっている、

正門の前の共同便所下宿に引っ越したんよsmileなんて話で盛り上がります。

Dsc_0124

「金目鯛と蕪の柚子鍋」

ほぼ透明の上品な出汁に蕪の甘味が溶け込んでおり、

鯛の脂とつゆだくの蕪を舌でじんわりと上あごに押し付け、じゅわ~catfaceheart04

ゆずのほのかな香りの余韻をたのしみながら、もう一口いただきましょう。

Dsc_0130

「ウニとイクラの炊き込みご飯」

うわわわ~~ happy02 happy02 happy02

ウニの磯のにおいと、お米の焦げの香りが鼻腔から脳天に突き刺さります。

Dsc_0132

ウニの火が通ったところ濃縮され、イクラはプチプチ shine

飯もちょっと歯ごたえがある程度の固さで、最高 happy01

Dsc_0136

デザートは、「とうもろこしのアイス」

我慢できずに少し削って食べた跡の写真。

とうもろこしの粒はみえず、舌の上ですーと消滅。

素材のほのかな甘味が引き立っています delicious

全体的に落ち着いた雰囲気と自然体の接客 happy01

物静かなご主人が店内全体に気配りしながら、

職人独特の妙な緊張感はなく、カウンターでリラックスして過ごせます。

ベースになる味は出汁と塩梅が絶妙で、とても好きな味。

素敵なお店で再会を果たしたおじさん3人は、

気分が10代に戻り、「次、いこや!」と元気に街に繰り出すのですrun

2013年2月 1日 (金)

もぎたてテレビに、酒乃さわだが出る!

大洲「酒乃さわだ」が、もぎたての取材を受けるとの情報を聞きつけますear

Dscn1770

店主情報によると、もぎたてサイドが当ブログ過去ログも参考にされたとか。

本当なら、光栄極まりないことです crown

「酒乃さわだ」bottleは、

大洲インターから56号をすこし市内に向かい、ユニクロの手前。

愛媛の酒蔵直通の日本酒や、お手頃価格でおいしいワインなどの品揃え。

目をランランと輝かせて酒を語る店主の眼力shineにかかると、

一本しか買わないつもりで入店しても、

店を出る時には、両手にいっぱい瓶をぶら下げていることになっています。

さあ、

「クルーは13時半clockにやってくる」との情報だったので、一時間前に突入run

Dscn1769

リアガラスに店舗が写り込んでいるのでお分かりでしょうが、

ちょうどクルーは店の前まで来ており、

寺尾英子アナウンサーkaraoke達が、お昼に近くのりょう花に入っていくところに遭遇bell

本物が来る直前の様子を、一足お先に突入取材です pencil

「もぎたてです!」と、いきなりドアを開けると一瞬驚いた店主がお出迎え。

散髪は済ませてあり、すらっとしたイケメンにカジュアルスーツが映えます。

気のせいかいつもより少し緊張した感じの彼に、

「もうテレビの人達来て、昼めしnoodleに行ったよ」と、

先ほどこの目でみた、ホットな最新情報を伝えます 
delicious

店内はいつものように、見本のから瓶が並んでいるだけなので、

早速冷蔵庫の中を覗かせてもらいましょう。

まずは、ワインの部屋wine

Dscn1763

むむっ eye

明らかにいつもより、ぎっちりボトルが詰まっている
 happy02

Dscn1768

ここのお店は人気店のため回転が速いので、

こんなにぎっちりボトルが並んでいる事は少ないのですが、

聞いてみると、わざわざ本店の商品も持ち込んで、気合を入れてのお出迎。

Dscn1764

ワイン蔵の奥で、温度帯の低い日本酒bottleの部屋も満杯。

「たなおろし前で、在庫は持ちたくない時期なのですが。。」

それでも、彼の目は明らかにいつもより輝きと緊張感を放っています shine

Dscn1765

さらに奥にある、零度に近い温度帯の小部屋 snow

おお sign03

どこかで見たことのある右足が、ちらり eye

私より先に、甘南備さんが取材をしているではないですか。

さて、

時間の都合で、実際の取材の時間までいることができなかったので、

詳しい様子は2月3日(日曜日)昼11時45分から「もぎたてテレビ」で、

ご一緒に楽しみましょう tv

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009