ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« DABって、これか! | トップページ | Chiaro di Luna  おしゃれ! »

2013年1月16日 (水)

からりのスペアリブ、うまっ! 

今日は天気がいいので、内子までふらりと出掛けてみましょう。

ご存じ「内子フレッシュパークからり」は、

Dsc_0238

季節の露地物を中心とした野菜の地産地消コーナーの他に、

Dsc_0236

紫いも、じゃばら、もち麦、はったいこなどの「ジェラート」 

特産のかんきつ類であるじゃばらが、あっさり酸っぱ目でお勧め。

あつあつトローリで、食べ応え十分「たこ焼き」 

よもぎの入った皮に、びっしりとあま~い餡が詰まった「大判焼き」

Dsc_0234

太っといソーセージがどーんと横たわったチリソース「ホットドック」など、

一度は食べると、コレ目的に高速を降りてしまうようなおいし物満載

落ち着いて食事をされたい方は、

Dsc_0233

施設の一番奥にあり、川の眺めが素晴らしい「レストランからり」へ。

Dsc_0223

こちらでは地元の旬野菜や、それを使った手作り惣菜が食べ放題のセットをつけることができ、シャキシャキのビタミンを補充できるので、いつもそうしています。

Dsc_0221

本日、私の目に飛び込んだメニューはこちら。

「内子豚スペアリブ山賊焼+和食セット1,300円です。

限定のスペアリブが焼き上がるまで、

セットの野菜(トマト、千切りキャベツ、ブロッコリーetc.)や、

総菜(ネギヌタ、里芋煮つけ、がんもどき、ほうれん草のおひたしetc.)を

たっぷりいただき、わくわくと待ちます。

Dsc_0211

でた~~~~ 

久しぶりに無意識に「でかっ」と口から出てしまうほどの、迫力。

肉汁とソースが焦げて放つ匂いが、脳味噌を前後左右に振動させます。

この肉の塊と、どのように格闘するのかしばし考えて、攻撃開始

Dsc_0215

上にかぶさっていた部分で、尖端三分の一くらいを切ったところ

それでも口いっぱいのサイズ  

噛みごたえがあるけどスジもなく切れていき、奥歯でぐんぐんつぶしていくと、

焦げた味噌と沸点に達したブタ肉汁が、ぐいぐいと圧搾されます。

ピリ辛と、こげの香ばしさで、唾液腺急速解放指令が緊急発動

骨についた部分は、両端をもってかぶりつくので写真は撮れていません。

骨膜にへばりついた部分に容赦なくかぶりつき、

気がつけば口角に味噌ソースがたっぷりついていますが、

ご飯と一緒に口に押し込んでしまいます。

休日昼間に、文字通り肉の塊と格闘  相手にとって不足なし 

Dsc_0231

戦いの後は、川面に映る己の姿を見ながら、余韻に陶酔。

「からり」って、行くたびに新発見のある奥の深い素敵エリアなのです

« DABって、これか! | トップページ | Chiaro di Luna  おしゃれ! »

肉・焼肉」カテゴリの記事

コメント

天気のいい日にふらりとドライブして寄るにはちょうどいい場所ですよね。
レストランへは入った事無かったですけど、こんな魅力的なメニューがあったとは!

バーバキューする時用にからりで買って帰ったウインナーが好評でした。

昨年、栗の季節に内子の町に行ったついでに寄りました。
あっという間に車が一杯になり大盛況でした。
栗や野菜を買い求めました。楽しいですね。

もろみ焼きバーガーにジェラート。
「からり」は近くに行ったら寄ってしまいます。

一時期はトマトソースにもはまっていつも買いに行ってたのですが、松山にも「からり」が出店して買うことができるようになりました。

まさに、ふらりにぴったりのからりですね
私はこの施設のかなで、レストランが一番好きです。
地元の野菜がふんだんに摂れるのでうれしいからです。
ソーセージやハムもいいですよね。総菜コーナーにおいてある、内子豚を焼肉用によく買って帰ります 

はい、毎回露地物があふれていて、内容も季節によって更新されるので、楽しみにしています
ほんと、買いすぎてしまいますよね

かなりお詳しいですね 
こちらのトマトソースはたしかにハマってしまいます。
松山のからりってどこにあるのでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: からりのスペアリブ、うまっ! :

« DABって、これか! | トップページ | Chiaro di Luna  おしゃれ! »

最近の写真

  • 20170402_9_36_45_2
  • Dsc_0034_00003
  • Dsc_0014_00001
  • Dsc_0037_00004
  • Dsc_0025_00002
  • Dsc_0041_00005
  • Dsc_0045_00006
  • Dsc_0048_00007
  • Dsc_0027_00001_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0055_00008_2
  • Dsc_0058_00009