ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« たにたで、独座観念 | トップページ | 民家の一角で営業 かんらんの自然焼  »

2013年1月 2日 (水)

日曜夜中でも活気あふれるIRODORI 

という事で、ふらりと街を散策 

「あそこ美味しいよ」と評判の「IRODORI」が目に飛び込みます。

Dsc_0075

奥にはテーブル席があり、遅めの時間なのに若い客層を中心に繁盛

うわさ通りの盛り上がりに、テンションぐいぐいアップ   

せっかくなので鉄板の前に陣取り、落ち着いてメニューを眺めましょう。

Dsc_0078

広島で頂いた「中ちゃん」や、松山では「笠組アイアングリル」を思い出す、

瀬戸内海の魚介や、お肉を目の前の鉄板で調理する系のラインナップ 

上から全部と言いたいところですが、まずは白を一本貰って待ちます。

Dsc_0087

鉄板前はきびきびと調理が作られており、うれしくなる活気 

Dsc_0090

お通しは、あん肝ポン酢あっさり仕上げ。

まずは生ビールでくいっと、二次会エンジンスタートです

Dsc_0092

いきなりですが、専務大好きハンバーグは二個入りで半熟目玉焼きのせ。

先ほどは上品な和食をしっかり頂いたのですが、洋食系は別腹 

目の前で、じっくり丁寧にしあげられている姿に、かぶりつき

Dsc_0095

肉汁が詰まりまくって、膨れ上がりまん丸  

溢れだすエキスと、粗びき玉ねぎの甘味とたっぷりデミグラスに絡め、

トロリ玉子黄身をまぶしながら頂くのは、夜中の胃袋暴走行為 

美しく添えられたしゃっきり野菜を挟み、メダボエンジンフルスロット。

こうなると、俺を誰も止められないぜ 

Dsc_0098

次はかきとろ鉄板焼

山芋のなかに浮かぶように牡蠣がふんわり、ふっくら

かつお節と青のりの香りがアクセルを加速させ、

夜中の鉄板ヘアピンカーブへ、ノーブレーキで突っ込こむぜ 

Dsc_0100

温められて滋味が濃縮した牡蠣の身に、甘めの広島たれを絡め、

鉄板に接しているちょっと焦げ目がついたところも、しびれるぜ 

Dsc_0102

イカスミ焼きそばは、 頭が処理してあるモヤシと、長めの葱。

あっさり炒められた焼きそばとの歯応えが、絶妙のバランス。

イカスミの塩気とまろやかさが初体験で、後味あっさり。

このまま、エンドレスで朝まで食べ続けてやるぜ  

イケメン揃いのきびきびした対応に、美味しいもの大集合のメニュー。

松山食べ歩き、日曜夜もまったく油断ならないのです 

« たにたで、独座観念 | トップページ | 民家の一角で営業 かんらんの自然焼  »

和食」カテゴリの記事

コメント

二軒目でこの食欲、還暦を過ぎた私にはちょっと真似が出来ません。
昨夜は年末に打ったそばをけんちん汁に入れて食べました。
今年初めての休肝日です。
牡蠣と山芋も美味しそうですね。

新年快楽!

胃袋を多少はいたわりつつ、今年も美味しいもの探しに邁進して下さいね。
私もず〜〜〜っと後方から、追いかけますので〜♪

あけましておめでとうございます!
今年も美味しい話を腹の底から楽しみにしてます^^

熱い鉄板の前で冷たい白ワイン飲んでる時間が羨ましいです。
新年会にくりだしたくなってきますね^^

4-5人で分けて食べるので、実際はハンバーグも1,2口くらいの量です
飲んだ翌日に改めて写真を見直して、自分でも食べた量にぞっとすることはいつものことです。
そばも自分で打たれるとはすごいですね。一度ご相伴にあずかりたいものです

今年も、英語カフェと言う名の食べ歩き、宜しくお願いします
飲みに行った翌日は朝抜いたりしていますが、やはり年末年始は増えました

こちらこそ今年も絵日記ブログ、楽しみにしています
一度出たら何軒か梯子するのでいつも出ているように見えるかもしれませんが、最近は街にでるのは月1-2回程度です。
今年はどこかでお会いする予感がします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日曜夜中でも活気あふれるIRODORI :

« たにたで、独座観念 | トップページ | 民家の一角で営業 かんらんの自然焼  »

最近の写真

  • 20170402_9_36_45_2
  • Dsc_0034_00003
  • Dsc_0014_00001
  • Dsc_0037_00004
  • Dsc_0025_00002
  • Dsc_0041_00005
  • Dsc_0045_00006
  • Dsc_0048_00007
  • Dsc_0027_00001_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0055_00008_2
  • Dsc_0058_00009