ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« Langue de chat でカリフォルニアワイン会 | トップページ | あづま家の辛味噌らーめん  »

2012年12月20日 (木)

ダ・ボッチアーノ

何を買う訳でもないですが、夫婦の休日日課は高島屋と三越の往復散歩。

「あの店、あんな店になってる」とか、

「ああ、ここって何百回も通るけど、なかなか入らんよね~」など、

ふらふらしているうちに、ランチで既食の奥さんが「ここ、おいしいわよ)」

世界大会で優勝したピザ職人がいると聞いて、気になっていたお店

「ダ・ボッチアーノ」に吸い寄せられます shine

20121202_154917

白人顔のきれいな店員さんが、日本語風イタリア語でペルファボーレ sign01

20121202_155452

店の奥には本格的石窯で、名前は「坊っちゃん」からとったのでしょう

まずは、

20121202_155806

「ビザ マルゲリータ(980円)

高温で一気に焼き上げるので、見ているとあっという間に出来上がり happy02

モッツアレラ、トマトソース、オイル、チーズ、バジリコがトッピング。

オイルもあっさり、エッジはふんわり空洞、なかはしっとりです。

20121202_155832

のびのびチーズがこぼれないよう、でも火傷しないようお口からお迎えdelicious

トマトの甘味とバジルのフレッシュな香りがたまらんです happy02

生地の焦げ目は強いですが、まきの香りがついていて野趣味を演出 wink

ワイルドばって~ん good (はずかしかけど、今年中に使わんとねeye

パスタは名前に惹かれて、

20121202_160915

「娼婦風スパゲッティ ボルタルガのせ (1,180円)

Wikiってみると、プッタネスカというパスタで、

娼婦は昼食時にも忙しく、海のものも畑のものもごった混ぜにして、

パスタにして食べたという話に由来するそう flair

海のアンチョビと、畑のオリーブの実が入ったシンプルなトマトソースに、

砕いたからすみがたっぷりまぶしてあります。

パスタもフレッシュオイルたっぷりで、トマトの酸味と塩が効いており、

表面つるちゅる~up、かんでうまうま~happy01と、あっという間に完食。

オリーブピクルスの塩が、きっちりアクセントに効いています。

1354431225340

ここの右下にある階段を下ると、

地下は赤ベースのテーブル、ワインセラー、バーカウンター(動画click

これは、夜にもがっつり頂きにこなければなりませんね。

さて、

店の対面には、沖縄のアイスで有名なブルーシールが開店ring

銀天街までふらふらして、ゲッツに入ってみると、

20121202_145350

三津にあった絵本の「コッコサン」、こちらに移転されたのですね。

歩くたびに新しい発見があり、商店街散歩、とっても楽しいのです wink notes

« Langue de chat でカリフォルニアワイン会 | トップページ | あづま家の辛味噌らーめん  »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

松山にもピッツァのチャンピオンが居るんですね。広島にもピッツァリーヴァという店が有り今年ナポリで行われた大会のチャンピオンが居ます。
お客から見える所でタネを成形しチーズやバジルを載せてオリーブオイルをかけて窯に入れるそして素早く焼いては取り出して切り分けるといった工程が見られます。
もっちりとした生地は所々焦げも有りますが美味しいですよ。
それにしても紹介される松山のお店も知らないお店が多くなりました。
まるで浦島太郎の気分です。

この店もそんな感じでピザを作る工程がみえるので、とってもそそられますし楽しいです happy01
こちらの店の前には、エスプリというケーキ屋さんや、ブルーシールという沖縄のアイス屋さんもあり、楽しい一角になっていますwink
次々と新しい店がふえるので、Komachiやタウン情報誌まつやまなどで、情報収集を心がけておりますeye

本場の薄手のピザですよね!アメリカ無い図された生地が太いのは邪道と思うようになりました。
大きさ9インチ、11インチ、13インチとか選べるのでしょうか?

バーレーンの行きつけのイタリアンは
高級感のある店の雰囲気で庶民的値段でピザを食べてもらう(一緒にお酒も)のコンセプトでイタリアの大会で優勝したイタリア人が店を出しています。この店を見つけたのは、ウエイトレスがミニスカでセクシーと言う前情報です。スケベ心も名店を見つけるのに役立ちます。
30代後半の美人女将が居る居酒屋今度ブログで紹介を

大きさはインチでは選べなかったように記憶していますが、サイズが選べたかどうかは覚えていません。
バーレーンにも大会優勝者がいるのですねwink
こちらのお店のウエイトレスは清楚なスタイルでしたが、中東にもそういう格好が許されるとは意外ですeye
「30代後半の美人女将が居る居酒屋」ですね。しず(http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2011/06/post-dcec.html)の女将はおきれいでしたけど、もう少し若いかなあnotes

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/56275662

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ボッチアーノ:

« Langue de chat でカリフォルニアワイン会 | トップページ | あづま家の辛味噌らーめん  »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2