ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 真ちゃ味で芯からぽかぽか!(^^)! | トップページ | 日曜のモーニング@クレピス »

2012年12月 6日 (木)

Four Seasons、スパイシオイシー!

遅筆がばれてしまうので書きにくいのですが sweat01

今年も張り切って日曜日のラーメン博に向かっています rvcar

出遅れたのか、例年に増して評判がいいのか、アイテム愛媛の前を通ると、

駐車場までは渋滞 bearing で、会場内にも外から見えるくらいの大行列 coldsweats01

空腹になると無口になり怒りっぽくなる、子供のような体質なので、

「じゃあ、そこでラーメン食べよ」と、そのまま「長浜一番」へ。

まあ、皆さん考えることは同じで、お店の前にも既に長蛇の列 coldsweats02

それなら久しぶりにと、

Dsc_0172

宮前川のほとりの「Four Seasons」へ方向転換です。

お店に入ると、あの独特の東南アジアのにおい catface

ちょっと遠いので、なかなか来ていなかった事を後悔するくらい、

胃袋がぎゅい~んと活発な蠕動運動を開始します。

Dsc_0174

奥さんのランチプレートは「タイ式鶏飯 ”カオマンガイ”860円

ご飯を鶏スープで炊きこんであるなじみのある味。

Dsc_0177

私は鉄板 「緑のグリーンカレー1380円

Dsc_0178

文字通りグリーンの液体は、辛さの後にココナツの甘い香りがやってきて、

スプーンが動きをやめません。

全身の分泌腺が、発動命令に緊急出動開始 spa

Dsc_0181

エビは外の薄皮がパリンと割れるもろさで、

中の春雨とプリプリ海老の食感が対照的で、違いを楽しめ、

現地のソースにつけて頂くと、独特のオリエンタル香が立ってきます。

Dsc_0182

赤いスープは、豚肉、ナッツ、トマトが入ったもの。

辛さとトマトの酸味のバランスが絶妙です notes

Dsc_0183

皮がパリパリ

シャンツァイのかおりは、一度癖になると病みつきですね delicious

Dsc_0184

杏仁豆腐みたいなものの上に乗っている黒い粒は、スイートバジルのタネ

もともと真っ黒なタネなのですが、水分を含むと周囲のゼラチンが

白くなって、つるっとした独特の食感。

ハーブ類は大阪の業者と通して現地からの輸入されているらしく、

本場へのこだわりが店内の香り good に表れています。

本格的な味とにおいと雰囲気で、その上、おなかもいっぱい。

やっぱ、このお店、最高なのです bell bell bell

« 真ちゃ味で芯からぽかぽか!(^^)! | トップページ | 日曜のモーニング@クレピス »

韓国・中華・アジア」カテゴリの記事

コメント

最高の店の一つですねfuji
初めて方は、この店ではマスターもしくはマスターの奥様にお任せして料理を出して貰うと、宜しいかと思いますgood
松山にはもったいない店の一つですねscissors
 この店の料理には【愛】がたくさん籠もっていますpunch

あの派手な外観のお店ですね。前を通る事は有るのですが行った事は有りません、美味しそうですね。
広島は昨日初雪が降りました。極寒の広島を脱出してホノルルマラソンを走って来ます。
行って来ま~す。

わたしも最高だとおもいます crown
次回は、予約しておいておくさんにお任せしてみたくなりました。
時々原料調達に現地に行かれるのが、素敵だし羨ましいです。松山から無くなって欲しくないお店の一つですねhappy01

そうです、あのお店です happy01
店に入ると匂いだけで現地に行った気になります。
ホノルルマラソンですか!松山も寒いので羨ましいです。でも、走れないから無理ですね wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/56031990

この記事へのトラックバック一覧です: Four Seasons、スパイシオイシー!:

« 真ちゃ味で芯からぽかぽか!(^^)! | トップページ | 日曜のモーニング@クレピス »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2