ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 肱川を船で渡るの気持ちいい~ | トップページ | 軽く、より道しませんか? »

2012年11月14日 (水)

友人たちと、仁平で魚を堪能

十代からの友人が、「久しぶりに呑もうやbottleって事で、

Dsc_0314

瀬戸内海の魚がうまいと評判の「仁平」で待ち合わせ。

Dsc_0315

外の黒板には、おまかせで2,500円のコースもあるようですが、

彼は酒を飲み始めるとあまり食べないやつなので、単品とします。

Dsc_0318

突き出しのエビは、鮮やかな発色 wink

殻の身離れが惚れ惚れするくらいの気持ちよさで、

その下には、きっちりしまった白肌が、プリリと締まっています。

頭の中のミソもチュウチュウして、突き出しだけで素材と腕の良さが伝わり、

久しぶりの時間を過ごすにもってこいの店に来たと、確信します happy01

Dsc_0321

一人前づつ分けて頂いた、豪華な刺身盛り

紅葉鯛には、ほんのりと脂がのっており、

イカの歯切れのよさと、後半の甘みがなんとも言えませんhappy02

早々に辛口の冷酒を導入し、くい~んupとスイッチが入ります。

気がつけば同僚や、後輩も集まってきて五人酒盛りが開演bell

Dsc_0327

30cm級の鯵塩焼きfish

表面の焦げ目も程よく、脂がふんわりとまわった身をつつき、

くいくいーnoteと酒がすすみ、徐々に会話がなめらなかになります。

Dsc_0329

ハゼやホゴの唐揚げは、からりと揚がっており、

骨ごと食べられるさっくりとした完成度。

素材はもちろんのこと、ここの大将の仕事に一口惚れです。

気がついてみれば、お互いをからかったり、昔話をしながら大笑い happy02

旨いもの食べ、気の合う仲間とこじんまりやるのって最高なのです。

« 肱川を船で渡るの気持ちいい~ | トップページ | 軽く、より道しませんか? »

和食」カテゴリの記事

コメント

突き出しの海老のミソをチューチューするところは、さすが食いしん坊ですね。
私も必ずと言っていい位やります。
美味しい魚と美味しいお酒に仲のいい友が一緒で最高の時間が過ごせて良かったですね。

はい!
生でも加熱した物でも、海老の頭は必ずチューチューしますnote
時々残す人がおられますが、もったいないので頂きます。
少人数の仲間と楽しい時間を過ごすのに、最高のお店でした wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55845399

この記事へのトラックバック一覧です: 友人たちと、仁平で魚を堪能:

« 肱川を船で渡るの気持ちいい~ | トップページ | 軽く、より道しませんか? »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2