ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編② | トップページ | 肱川を船で渡るの気持ちいい~ »

2012年11月 9日 (金)

しらいしってもともとは、とみすや?

少し前の記事になりますが、大洲の油屋でのランチのあと、

折角だからともう一軒、手延べうどんの「しらいし」へ梯子です。

Dsc_0304_2

大洲城のたもとにあり、歴史ある地元では有名なお店。

Dsc_0303

お店の前に置いてあるバイクのおかもちの表示は「とみすや」

お店のおばちゃんに確認すると「私のせいかな~coldsweats01」のお返事

もともとは「とみすや」の屋号だったらしいのですが、

電話に出るたびに、本名で「しらいしです!」と返事をしてきたので、

いつのまにか「しらいし」になっちゃったという、のんびりした話です。

Dsc_0299

「中華そば」は、透き通ったあっさりだしにほのかな甘み。

するすると喉を落ちるように入っていく一杯。

Dsc_0300

「うどん」は、手延べなのでエッジのないスムースな舌触り

麺の太さも不揃いですが、それがまた味わいになっています。

店の雰囲気も昭和をそのまま固めた様な、窓越しの光が似合うお店。

舌もお腹も心も満足して、帰路につきます rvcar

もう一軒うどんめぐりをされたい方は、

高速大洲インターそばの「もり幸 オズメッセ店」もお勧めですよ。

« いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編② | トップページ | 肱川を船で渡るの気持ちいい~ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

AZAさんも行かれていたお店ですね。
さぬきうどんとは違うけどやさしいおいしさなんだろうなという感じが伝わって来ます。
中華そばもラーメンでは無く中華そばという感じですね。

手延べうどん・・・・
この標記はあまり目にしませんよね?
うどんや蕎麦は打つって感覚・・標記・・。
手延べそうめんは映像などで目にしますが・・・


自分らが趣味で行ううどん打ち・・・・
うどん打ちの同じ手法・・・
でも自分ら素人的には手延べ・・・なのでしょうね
打つって・・・表現や作業は難しいのでしょうね?

ついに、お気づきになられましたか・・・
な~んてね。
大洲の人は、誰に訊いても「しらいし」ですね。ホントの屋号を知らない人の方が多いと思われ。
おとなしいうどんがジャンクに豹変する「たぬき」もお試しを~!

はい、AZAさんと御一緒でしたrvcar
こちらと内子かたおかの中華そばは昭和のエキスがたっぷりです noodle

こちらのうどんは素麺のように伸ばしていく方法なので、まさに手延べですwink
時間帯があえばお店の奥の方で伸ばしておられる姿がみられるようですよ。
こんど、syuuさんのうどんも御相伴にあずからせてくださいねdelicious

ほんと、前からこのバイクの表記を見るたびに不思議に思っていたのでが、聞いてみてすっきりです happy01
ジャンクな「たぬき」。知りませんでしたcoldsweats01
次回は是非とも挑戦してみますね。

うどん屋さんなのに、中華そばもあるんですね!

もぎたてで見た事はあったけど、手延べうどん、1度は食べてみたいです。

しかし、どっちの屋号が正式なんでしょうね?
そんな所まで観察してるいけちゃんさんには感心してしまいます。

中華そばもいけますよ happy02
手延べは切っていなので、表面のスムーズさが印象的です。
現在の屋号は暖簾にかいてあるので、「しらいし」のようですよ。細かいところ見るの楽しいですよね note

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55901891

この記事へのトラックバック一覧です: しらいしってもともとは、とみすや?:

« いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編② | トップページ | 肱川を船で渡るの気持ちいい~ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008