« 琥tetsuで夜中までやっつけた件 | トップページ | いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編② »

2012年11月 4日 (日)

いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編①

ずっと楽しみにしていた、久々のうどんツアーを翌日に控え、

朝から天気図とにらめっこをしながら、FB上ではメンバーで情報交換。

typhoon大型の台風typhoonが、九州から高知沖にに向かい北上中up

「このままだと、四国に直撃するからむりかな~?」と悩んでいると、

いつもは「また、物好きなんだから」レベルの奥さんも、

今回はさすがに心配そうです despair

進路はすこし東にそれそうなのですが、どう見ても出発時間の松山は暴風域wobbly

けっきょく、いっしゅうさんの「まあ、大丈夫でしょhappy01」の一声で、

予定通り五時過ぎから市内のメンバーを車で拾いに回ります。

Dsc_0228001

運転は上手なSHIMO-Gさんに代わってもらい讃岐へ。

讃岐富士も今まで見たことないような雲がかかっていますね。

Dsc_0229nef

一軒目の「中西うどん」には、7時33分着 clock

店内は明るく新しく、朝から子ども連れを含めて大盛況。

Dsc_0234

「かけ小(230円)と、レンコンの天ぷら(100円)

やや太めでもっちりした麺は歯切れもよく、きっちりきいた出汁に絡みます。

今日は台風モードで5軒しか予定がないので、最初からレンコン天に手を出す余裕ですが、これが実は後半ボディーに効いてくることは、この時点では知る由もなし。

しゃきしゃきとした歯ごたえで、朝天ぷらを堪能です delicious

Dsc_0235

次の店まで移動中に、師匠から予定外の指示。

「手打十段 うどんバカ一代」に到着は8時01分 clock

Dsc_0239

定番の「釜バター小(470円)

麺とバターの塩が効いているので、ほんの少しだけ醤油をかけて、

熱々のうちに、バターと生卵をまぜまぜtyphoonしましょう。

抜群に生きのいいぷりぷりした麺の表面にバターがカルボナーラ状態

表示は小ですが、小さめの大くらいはある麺を、一心不乱にすすりこみ。

伸びもよく、喉越しも最高で、黒胡椒のピリリをアクセントにぺロリです。

Dsc_0242

8時36分に突入した三軒目の「しんせい」も、ぜひ裏を返したかったお店。

Dsc_0247

ゆったりとした店内に、開店時間直後のone番乗り crown

Dsc_0249

名物のタコ天は、煮つけたイイダコを天ぷらにしたもので、注文をうけてから揚げ始めます。ちょっと甘辛で、あさっぱらからbeer←こいつが欲しくなります。

Dsc_0251

こちらの出汁は、三本指にはいる好きな味 happy02 happy02 happy02

「かけ小ひや 210円で、きっちり締まったねじれ麺の弾力と一緒に口に入れると、ふわ~spaとイリコの香りが立ちあがります。

この瞬間の為に、朝から台風の中きたんだよな~~ catface shine

heart04  し・あ・わ・せ  heart04 

さて、

Dsc_0255

9時44分「竜雲うどん」についた頃には、雨風が次第に強まってきています。

こちらも開店と共に突入 run

Dsc_0258

「竜雲のつけ中華そば 小 580円

ご存知のように、「讃岐の小」は「多めの普通」の意味のようです。

玉子がしっかりと入った自家製中太ちぢれ中華麺を、

Dsc_0261

魚節もはいった和風こってり系出汁につけて、すすりあげます。

香り高い麺にしっかりからんで、めちゃくちゃおいしい happy02 happy02 happy02

これだけで、十分つけ麺専門店としてやっていける完成度 sign01

これがうどん屋でたべられる讃岐の小麦愛heart04に、感動すら覚えます。

いい感じでお腹も八分目。

雨足もこれ以上は強くならないようで、一同に安堵感が広がります。

しかし、

これで無事に終わらないのが、いっしゅう師匠のうどん道修業 punch

これから、台風を上回るような試練が待ち構えているとは、この時点で誰が想像しえたでしょう catface sign03

« 琥tetsuで夜中までやっつけた件 | トップページ | いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編② »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

えぇぇ!
中西がこんなにコギレイ(失礼)に生まれ変わっちゃったんですか!?
朝うどんを食べに行ってたのはもぅ5年も6年も前ですが、塩味強めな麺とダシが忘れられません。
勝手を知らぬ人の前で誇らしげに玉数と連動した丼取ってたのが懐かしい^^

普通の人はこれだけ食べたら帰りますね。(笑)
まだこれからですか?

昔の中西はそんなにレトロだったのですね。レジもシステム化されていて、広くてきれいな店内でしたよ wink
この時は置き麺だったので、今度はゆでたて目指してみます。

はい、これからです scissors
これは趣味ではなく、「うどん道の修行」ですからsweat01

私もこの日、東かがわへうどんを食べに行ってました
台風に向って行くのは私達くらいだと思ってたら仲間がいたんですね~
しかもうち以上に遠いとこからcoldsweats01

この後が気になります
いったいどんな試練が・・・flair

あらら、またしても同じ日にまわっておられたのですね。
この後は、以前お会いしたところもまわります。
台風の日は、行列が少なくて空いていました wink

前に一度書かせていただきました。一宮のさぬ一の店主と高校のときの同級生だったものです。 いつも更新楽しみに拝見しています。鹿角の中西、前の古い建物の時より、量が減った気がしませんでしたか? しんせいは、最近南郵便局のところとか浜街道のイオンの北側とかあちこちにできてますが、やっぱり写真の屋島のしんせいがいちばんおいしいように思います。 中西からバカ一に行く途中に栗林の上原屋もありましたね。 またどうぞお寄りください。 さっき聞きましたら、かな泉が昨日で全店営業を中止して会社の清算に入ったとか。高校の時から美術館横のセルフのお店にはなじんでいたので、ちょっとショックです。高松に転勤してきたサラリーマンの人、あそこでセルフのシステムを知った、っていう人も以前は多かったんですけどね、、。一時代が終わった、っていう感じがします。

ごぶさたしております。
Nativeのうどん県民からの書き込み、うれしいですhappy01
中西はこの日がデビューだったのでよく分かりませんが、店内が明るくて新しく朝一から気持ちよく食べられました。しんせい!私も大好きですgood
かな泉は讃岐うどんめぐりをする前から唯一知っていた名店だったので驚きです。時代なのでしょうが、残念ですsweat01

こんにちは。
高松市の郊外に「西村ジョイ」というホームセンターがあって、そこの屋内駐車場の中に一軒のうどん屋があります。
うどん自体はさほどでもありませんが、ここは注文を受けてから天ぷらを揚げてくれます。
これがまた美味い!
大工道具を買いに行ったついでに、天ぷらうどんはいかがですか?

JR栗林駅とうどん屋さんが合体しているのにはおどろきましたが、ホームセンターまで合体しているとは、どこまで驚かせてくれる讃岐文化ですね happy01
ブログでチェック(http://qooocai.blog27.fc2.com/blog-entry-755.html)してみると、チェーンみたいな感じですね。揚げたての天ぷら目ざして、次回ツアーにはリクエストしてみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55898752

この記事へのトラックバック一覧です: いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編①:

« 琥tetsuで夜中までやっつけた件 | トップページ | いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編② »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008