« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

鶏割烹 一八でE-cafe

「月に一度、英会話を楽しみましょうnoteと、高尚な目標で始まった

E-cafe (English cafe)ですが、私がおもな幹事である事が災い幸いしてか、

気がつけば、「おいしいもん食べながら、日本語英語チャンポンでやりましょうsunって感じのゆるい集まりになっております。

今回はNative 4人と10年近く住んでいるアメリカから里帰り中のメンバーの妹さんも参加で、17人の大宴会。

Dscn1521

やのひろみさんのブログで拝見してから気になっていた「割烹鶏 一八」におじゃまします。予約電話の時から、とても元気で丁寧な応対で、期待が高まります。

Dsc_0001

飲み放題込み4,000円のコースのスタートは、サラダとチーズ豆腐

日本人新メンバーのT君は大学生で、もうすぐ海外留学の予定。

自分の将来を見すえながら、熱く海外への希望を語る青年の目には、

自分の脂肪を見つめながら、熱い食べ物の写真を撮るオジサンは、

どのように映ったのでしょう?

Dsc_0005

さつま揚げ風の鶏団子は、英国女子Eちゃんもお気に入りのご様子。

Nativeメンバーも食べ物好きが集まっているので、

日本に住んでいて懐かしい食べ物談義が盛り上がります。

弾けるようなカリフォルニアンAちゃんは、ブリトーなどのメキシコ料理を

ひっくり返りそうなオーバーアクションで思い出しています kissmark

もうすぐ来るクリスマス休みまで待ちきれないって感じ bell

Dsc_0006

チキンの一本足は、万国共通でウエルカム notes

日本風に箸を使って食べようとしている彼らに、

日本でも、こういうものは手で持ってたべるんよと伝授。

柔らかくふんわりと仕上がっており、骨の近くまで一気にかぶりつくと、

プルンプルン皮とジューシーな身が一気にはじけて、うわわのわ~~happy02

脂ののった皮と、上品な白肌が合わさって、官能的な揺さぶりです。

Dsc_0007

鶏鍋は、この組み合わせ以外になにがあろうかと思うほどの基本形。

甘めの醤油味で、生卵につけてすき焼き風に頂きます。

西洋では生卵を食べる習慣がなく、

彼らが日本に来て受けたカルチャーショックで盛り上がります。

玉子かけご飯がたべられないって、海外に長期住むのはムリですね~catface

をを coldsweats01 ってことは、釜玉うどんも無い sign01

それは、あり得ないことです。

Dsc_0012

唐揚げも下味の付いたせんざんき。

衣に染みた醤油がからりと揚がった香ばしさと、クリスピーな食感。

それをカリッと噛みこめば、湯気と共に現れる鶏エキス。

それをじっくりと味わう瞬間に国境はないとです fuji

今回は団体コースで頂きましたが、焼き鳥星人としては、

次は少人数でゆっくりカウンターでじっくり頂きたいものです。

Chipさんとブログつながりから始めたE-cafeも、もうすぐ3年目突入 up

各国料理の店を廻っていますが、

Dscn1522

次は、こんなアメリカンなお店にしてみようかな~denim

ロブスター、待ってろよ good

2012年11月28日 (水)

第八さつき丸で鮭児をたべる 

「友だちの店で、鮭児を食べましょう fish

Dscn1411

大洲花園会メンバーまっちゃんの声かけで、大洲の「第八さつき丸」に集合です。

Dscn1413

宇和島発祥のお店らしく、魚関係が充実しています。

さあ、

Dscn1418

いきなり、「鮭児お造り(1,580円)の登場 happy02 shine

Dscn1429

一万匹に一匹しかとれない貴重な鮭のこども sign01

羅臼漁港の証明書まで付いてきてます(仕入れはキロ18,000JPY) eye

味は、とても淡白 happy01

くせも無く口どけもなめらかで、あっという間に溶けてしまいます。

Dscn1431

よせばいいのに、「普通の鮭と比べてみようや」ってわるのりcatface notes

普段食べなれている「ザ・鮭」の味がして、

我々の様な貧乏舌には、こちらの方がしっくりくるかもしれません。

Dscn1420

「赤玉帆立刺身(600円)は、ねっとりとしていながら透き通った舌どけ。

日本酒に合わせて、きりっと流し込むのですが、これはいい wink

地元の物だけに頼らず、仕入れにも工夫されている気合いが、

このような旨いdelicious一品をひきよせるのでしょう。

Dscn1425

地元名産「大洲コロッケ」も、他とは一味違います。

Dscn1426

ともすればあっさりして物足りないこのメニューですが、

茶色がかったソフトな熱々クリーム状で、食べ飽きない仕上がり delicious

Dscn1428

驚いたのは「豚足」 smile heart04

九州では当たり前ですが、四国ではあまり見かけない大好物。

表面はかりっと焼かれており、中のコラーゲンがいい感じの歯ごたえがある柔らかさで、思わずお代わりをしてしまいます。

共食い pig と言われようが、旨いもんは旨い!

Dscn1433

「鰹のたたき」は、さすが南予直送 fish

水っぽさはなく、しっかりカツオの生の香りがしっかり閉じ込められています。

Dscn1440

肉や串類も、素材がしっかりしたうれしいレベル good

正直、チェーン店風の外観に敬遠していたのですが、大きな間違い。

値段もお手ごろで、明るく清潔感があり、スタッフも感じのいい一流店。

またやってきて、色んなメニューを頂きたくなるのです bottle

2012年11月25日 (日)

9時半開演!愛媛すごいもの博@堀之内公園

fuji もうすぐ9時半開幕です fuji パンフは→click

嵐の前の静けさが、堀之内公園を支配しています。

初日はやんごとなき事情で行けなかったので、二日目の今日は早めの偵察run

Dscn1524001

場内放送では、搬入車の制限時間が来たので出てくださいと業務連絡。

それに続いて、「昨日の売り上げは、去年の三割増しでしたsign01」と、

静かに会場を鼓舞しています。

Dsc_0020001

今日も、イベント盛りだくさん。

Dsc_0021001_2

うわ~~、串焼きのいい匂いがひろがっています spa

この時は開場一時間前ですが、私も含めてすでに続々とお客さんが、

何かに取りつかれたように集まり始めています。

Dsc_0022001

このフローズンビール、こないだ旨かったな~ happy02

第一ホテルのカレーも気になるな~ delicious

Dsc_0023001

notes愛媛県警、広島県警マーチングバンドの皆さんnotesも、

朝から旗を振り上げながら、最後の練習に気合が入っています。

Dscn1525001

おお、左下には気合がみなぎって撮影中のフードブロガーの影eye

Dsc_0026001

各店、準備万端 crown

とにかくブースが多すぎて、上手にご案内できませんが、

相当の人数が予想されますので、早めのお出かけをお勧めします。

さて、

会場に向かっていると、朝からランニングしている友人とぱったり。

彼は、超スマート。

かたや、日曜朝から食べ物取材に向かっている私は超メタボ restaurant

「朝から、マメですね~」の褒め言葉に送られてお別れしますが、

人の体形は遺伝子ではなく、生活習慣で決定されていることを痛感。

(昨日深夜1時過ぎにあずま家で〆ていたのは秘密ですよcoldsweats02

まあ、いいや smile

bell さあ、いよいよ会場のゴングが打ち鳴られました bell

夕方は、3時半で閉店なので、急ぎましょう coldsweats01

2012年11月21日 (水)

カレー屋@内子はシンプルでうまい!

「美ゆき」で、全国区間近の「大洲ちゃんぽん」を堪能した翌日帰り道、

おっさんのブログで気になっていた、内子の「カレー屋」に突撃 run

実は何回か店の前は通ったことがあるのですが、駐車場が分からず未入店。

あとから店の裏に駐車場があることを教えていただきます。

Dscn1353

内子座の方から、商店街を松山方面にゆっくり進みましょう。

まっすぐ行けば店の正面ですが、いなりやさん前の三叉路を右に曲がります。

Dscn1352

そうそう、この道に入れば、

Dscn1351

店の裏側の専用駐車場に着くのです。

ブログ「ええかげんにしなはいよ」の田吾作さんが、裏からの入り方を説明されていますが、裏からのほうがなんとなく楽しそう。

さて、

Dscn1344

そんな知恵も働かなかった私は、観光駐車場から歩いて正面から入店。

おっさんが行った時はおばさんもおられたようですが、今日はおじさんだけ。

(この文章upわかりにくいかな?「おっさん」は、おっさんのニックネームです。)

Dscn1347

セルフ・カレーなので、ちょっと戸惑います sweat01

まず、普通サイズのカレー(500円)か、大盛り(600円)を決めて、

それに合った皿を選びましょう。

左の炊飯ジャーからそのお皿に好きなだけご飯を乗っけて、

右の鍋から好きなだけルーをかけます fuji

ルーとカレーは取り放題、かけ放題と宣告されます。

大食いでなければ普通の皿を選んで、好きなだけ乗せることをお勧め。

そうそう、大食いのhideさんも普通盛りを選んで、辛口にしたようです。

Dscn1349

こんな感じで完成 crown

牛、玉ねぎ、にんじんを細かく刻んだ、甘目だけどコクのある仕上り。

家庭の味ですが、プラスアルファーの高い完成度です bell

Dsc_0223

やっぱり頼んじゃうのは、一個30円の「唐揚げ」

下味がついていてジューシー、アツアツ happy01

Dsc_0224

「豚カツ」は一枚180円

厚すぎず薄すぎずの品の良い厚さで、包丁でさくっと切れる音が素敵 notes

揚げたてなので少し時間がかかるので、その間にカレーゆっくり食べ、

後半からカツカレーにしていただきましょう。

欲張ってご飯を入れすぎたので、ここでルーを継ぎ足し、満腹完食 smile

小学生未満は300円と素晴らしい心配り。

店内は内装、食器、システムがそろって清潔かつシンプル。

内子グルメのローテーション入り決定sign03なのです fuji

2012年11月19日 (月)

大洲ちゃんぽんが、ケンミンSHOWで取り上げられた!

大洲の仲間と定期的に集まる「花園会」 tulip

今日の会場は「美ゆき」なのですが、なんとなくメンバーがそわそわ coldsweats01

なぜならこの店とさおやのちゃんぽんが翌日の秘密のケンミンSHOWに取り上げられる予定で、混雑する前にしっかり堪能しようとのハラなのです。

hideさんも、かなり高いテンションで紹介restaurantしてますよ。

Dsc_0192

本日のお任せコースは「サラダ」で開会宣言 crown

シャキシャキと新鮮な歯ごたえと、すっきりドレッシングで準備完了。

Dsc_0194

「くわ焼」は、クワの形をした鉄板にアツアツで登場。

豚、エビがねぎと一気に炒められており、その香ばしさと塩気で、

気が付けば一杯目の生ビールbeerは目の前から消えています。

取っ手の部分は着脱式なのですが、こちらのほうが写真映えするからと、

メンバーがベスト構成を整えてくれます。

会も回数を重ねて、写真を撮ることへの抵抗感も薄らぎ、

だんだんと協力的になってきてくれてるのは、うれしい限りです。

Dsc_0196

おお~と一同が意外な変化球に驚いたのは「合鴨のロースト」

冷やしてあるので身が締まっており、口の中で歯ごたえを楽しんでいると、燻製のかおりの皮の下の部分にある甘い脂がじんわりと溶けてきます。

Dsc_0198 

この「豆腐明太子」は、おもしろい一品。

鉄板の上に盛り上げられた豆腐がのっており、

その表面に明太子のカリカリの層が覆っています。

Dsc_0199

取り分けるとこんな感じ up

温かい豆腐にカリ・ピリthunderとした焦げ目のついためんたい。

豆腐のトロリ感を味わったあとは、キャビアの塩気がひきしめています。

Dsc_0201

高知からやってきた「めひかりの天ぷら」

お行儀悪く指でつまんで、山椒塩をちょいとつけて口にポイ  delicious

深海魚ならではの優しい脂を含んだほっこりした白身を、

さくっとした皮が包み込んでいます。

んんん~ catface notes ちょっと、焼酎をロックでもらおうかな。

Dsc_0202

徐々にこちらのお店の真骨頂に近づいてきました。

ふんわり生地が舌の上で心地よく広がり、

イカのコロコロ感がたまらないアツアツの「お好み焼きミックス」

Dsc_0205

いや~ん lovely

出てきました happy02 「サーロインステーキ」

ニンニクと甘めのたれがしっかり効いたごろごろした塊 punch

Dsc_0209

周囲に遠慮しなくても、一人3-4切れは食べられるボリューム。

かんだら、肉汁とソースがじゅわわわ~~~ん delicious たまらんとです。

Dsc_0216

待ってました、真打「ちゃんぽん」

ケンミンSHOWでは「汁がないちゃんぽん」として取り上げられたそうですけど、

私が考えるには flair

長崎ちゃんぽんが形を変えて伝わったのではなく、

ちゃんぽんの「まぜこぜにする」という意味が

米、中華麺、エビ、キャベツ、もやしなどを一緒に炒める

この店オリジナルの料理につながったのでしょう。

小さいパーツ一つ一つの表面に火が通り、

甘辛のたれがまんべんなく絡んでいるのが、舌の上で踊りだします。

高校まで長崎で育った私としては、長崎発祥の言葉が四国の地で、

地元で愛されている食べ物の名前になっていることに誇りを感じます crown

Dsc_0217

ふんわり卵焼きで、ほんわかとコースが終了。

飲み物込みで一人4,000円程度の会計。

放送数日後に伺った話では、やはり県外から

ぼちぼちお客さんが食べに来られているようです。

大洲ちゃんぽんといえば、、こちらから独立した「さおや」も外せません。

美ゆきはパラパラ、さおやはややドッシリ系で、どちらもオリジナルソース happy01

これからのO級グルメは、 「大洲ちゃんぽん」押しgoodで決まりです。

そうそう、松山でも大手町の「美ゆき」でいただけるのはご存知ですよね。

2012年11月17日 (土)

軽く、より道しませんか?

平日不足しがちな野菜を補おうと、新しくなったJR駅近くのJA「太陽市」へ。

Dscn1297

HPを見ると、「たいよういち」じゃなくて、「おひさまいち」って読むんですねwink

Dscn1298

改装前から比べ物にならないスケールの店内。

愛媛を中心に、新鮮な野菜・果物・魚・肉などが集まっています。

Dscn1306

焼きナスと、トマトスライス。デカイ椎茸はさっと炒めてちょこっと醤油 smile

なんて、わくわくしながら帰宅します rvcar

さて、

夕食までの時間をゆっくりとまどろんでいると、一本の電話 telephone

この時間にかけてくるのは変な不動産勧誘と、あの方しかいません catface

専務 「おお、いけちゃん。ひまか?」

私  「はあ、やることはないですが、久しぶりに家族とのんびりとしようと。」

専務 「ああ、そうか分かったpunch じゃあ、今から迎えに行くけん slate

あれsign02 この会話。どこかが一部かみ合っていませんね coldsweats01

お迎え頂いた車に乗ると、数年前大病から奇跡的復活をしたH君が運転手。

「私も、お電話頂いてでてきたのです」と、その傍らには小学生のぼくちゃん。

世代の違う男四人で、権現温泉spaゆっくりウイークデーの疲れを落とし、

ぼくちゃんも大きなお風呂に僕も喜んでいます sun

きれいになったところで再び車に乗り込み、ふらふらと新しい店探し。

Dscn1313

木屋町の「より道」の前に、車を止めましょう。

ま新しい店内には、お客さんの顔写真が貼ってある焼酎がずらり。

場所柄学生さんも多いのか、メニューの値段設定も良心的。

Dscn1319

「秋刀魚のお刺身(600円)

てかてかの新鮮な身がピーンとたっており、口の中でとろけます。

Dscn1324001

でました bell

今日のメインイベント「串揚げ盛り合わせ(5本500円)

あっさりささ身の衣にたっぷりとソースをつけて、ガブリ。

レンコンも火が通って、ねっとり。

くい~とビールbeerが進む横で、ぼくちゃんはウズラの卵にご執心

子供の頃って、ウズラの卵が宝物のようにおいしかったですよね wink

Dscn1335

「より道 鉄板焼きそば(450円)

お店オリジナルソースの甘辛い香りを放ちながら、じゅうじゅうと登場。

野菜の甘みもしっかり引き出されており、もっちり麺とむしゃむしゃ。

すると、

対面でバターコーンを食べている専務が、

「次は、寿浬庵のバターコーンに梯子したい」と、突然スイッチオン good

ここは軽めに引き上げて、古町の寿浬庵の前に二人だけ落としてもらい、

ナイターを見ながらの二次会が、ワイワイと始まるのです delicious

PS: 最後に、本文とは関係ないですが、

先日、寿浬庵にお願いした蟹パーティーの垂涎のサービスカットを一枚camera

Kani_party

味・量・値段、全てにおいてけた外れのお店なのです。

2012年11月14日 (水)

友人たちと、仁平で魚を堪能

十代からの友人が、「久しぶりに呑もうやbottleって事で、

Dsc_0314

瀬戸内海の魚がうまいと評判の「仁平」で待ち合わせ。

Dsc_0315

外の黒板には、おまかせで2,500円のコースもあるようですが、

彼は酒を飲み始めるとあまり食べないやつなので、単品とします。

Dsc_0318

突き出しのエビは、鮮やかな発色 wink

殻の身離れが惚れ惚れするくらいの気持ちよさで、

その下には、きっちりしまった白肌が、プリリと締まっています。

頭の中のミソもチュウチュウして、突き出しだけで素材と腕の良さが伝わり、

久しぶりの時間を過ごすにもってこいの店に来たと、確信します happy01

Dsc_0321

一人前づつ分けて頂いた、豪華な刺身盛り

紅葉鯛には、ほんのりと脂がのっており、

イカの歯切れのよさと、後半の甘みがなんとも言えませんhappy02

早々に辛口の冷酒を導入し、くい~んupとスイッチが入ります。

気がつけば同僚や、後輩も集まってきて五人酒盛りが開演bell

Dsc_0327

30cm級の鯵塩焼きfish

表面の焦げ目も程よく、脂がふんわりとまわった身をつつき、

くいくいーnoteと酒がすすみ、徐々に会話がなめらなかになります。

Dsc_0329

ハゼやホゴの唐揚げは、からりと揚がっており、

骨ごと食べられるさっくりとした完成度。

素材はもちろんのこと、ここの大将の仕事に一口惚れです。

気がついてみれば、お互いをからかったり、昔話をしながら大笑い happy02

旨いもの食べ、気の合う仲間とこじんまりやるのって最高なのです。

2012年11月12日 (月)

肱川を船で渡るの気持ちいい~

文化の日の天気sunに誘われて、大洲のお祭りに出かけます。

Dsc_0235001

白壁のおはなはん通りでは、古民家を使ったイベントなどが行われており、

昔の街並みを上手に生かしています。

Dsc_0253

赤レンガ館、ポコペン横丁をふらふらと歩いたあとは、堤防を越えて肱川へ。

Dsc_0243

ふと見ると、しもの方から人を一杯乗せた船が連なって向かってきています。

Dsc_0250

対岸に渡ろうと行列ができているので、並んでみましょう。

へへへ、無料です bleah

Dsc_0260

おお、肱川橋の向こうに大洲城。

お祭りの間は、この先の可動堰を上げて、水深を深く保ち、

それによって船が自由に航行できるようにしています。

緑公園の前では、楽しそうにカヌー遊び wink

Dsc_0267

肱南から、肱北地区にわたると、

Dsc_0271

お祭り広場で、地方芸能の出し物をやっています。

Dsc_0276nef

おお、大洲グルメのマスコット「O級くん」とご対面。

カメラを向けると、かわいいポーズcameraをとってくれます。

裏情報によると、中には妖精が入っているとのこと。

Dsc_0279nef001

子供たちに大人気ですが、「みかんちゃ~ん」と声をかけられてます sweat02

さて、

帰りに日本酒でも買おうと、「酒乃さわだ」によると、

Dsc_0282

「五つ鹿」と呼ばれる地域のおどりが回ってきています。

松山では神輿祭りが中心ですが、この辺りでは地域ごとに

少しづつ違う形やテンポの鹿や獅子舞が祭りのイベント

のんびりとした太鼓の音が青空に響くはいいものです notes

Dsc_0284

んんん~、シュールな鹿さんですね~ wink

2012年11月 9日 (金)

しらいしってもともとは、とみすや?

少し前の記事になりますが、大洲の油屋でのランチのあと、

折角だからともう一軒、手延べうどんの「しらいし」へ梯子です。

Dsc_0304_2

大洲城のたもとにあり、歴史ある地元では有名なお店。

Dsc_0303

お店の前に置いてあるバイクのおかもちの表示は「とみすや」

お店のおばちゃんに確認すると「私のせいかな~coldsweats01」のお返事

もともとは「とみすや」の屋号だったらしいのですが、

電話に出るたびに、本名で「しらいしです!」と返事をしてきたので、

いつのまにか「しらいし」になっちゃったという、のんびりした話です。

Dsc_0299

「中華そば」は、透き通ったあっさりだしにほのかな甘み。

するすると喉を落ちるように入っていく一杯。

Dsc_0300

「うどん」は、手延べなのでエッジのないスムースな舌触り

麺の太さも不揃いですが、それがまた味わいになっています。

店の雰囲気も昭和をそのまま固めた様な、窓越しの光が似合うお店。

舌もお腹も心も満足して、帰路につきます rvcar

もう一軒うどんめぐりをされたい方は、

高速大洲インターそばの「もり幸 オズメッセ店」もお勧めですよ。

2012年11月 7日 (水)

いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編②

台風17号真っただ中、朝5時出発で始まった修業ですが、

いつもより少しお腹に余裕がある状態で、

Dsc_0263nef

10時38分、「さぬき一番」に入店します。

Dsc_0265001

今日の腹の具合なら、強敵「背脂入りうどん」に挑戦できるかも?

って、ことで、

Dsc_0267

「さぬきA:背脂入りうどん(650円)をお願いしますgood

Dsc_0268

鶏ガラスープを絡めながら、うどんをわっさと箸でつかむのですが、

この箸を入れた時点で、どれくらいの麺があるのかが実感としてわかり、

最後にとてつもない物をオーダーしたことに気がつきます sweat02

薄切りですがたっぷりと入った肉や、たっぷりもやしをまぜながら、

ゆっくりと箸を進めていきます。

すると突然、

「おおおおお~~~~~~ bomb

隣のテーブルで歓声が上がっているので覗いてみると、

SHIMO-GさんとAZAさんの間に、とてつもない物が運ばれてきています。

Dsc_0271

でました eye thunder thunder thunder

「ごじゃ増し(1,080円)

こま切れと、分厚く切った豚肉が、丼の上で丘を形成 fuji

「あれは、大変だな~」と、他人事のように話していると、目の前に、

Dsc_0274

としさんが注文した「さぬきB:背脂入りラーメン」の、肉ましup脂増しup

この上に乗っている豚肉の量と脂が凄いのなんの eye

麺を少しと、トッピングの肉を助太刀致すのですが、

Dsc_0277

一切れが10mm近い厚さで、縦の長さは拳骨1.5個サイズ。

脂身もたっぷり、とろーり pig で、箸で持ち上がらないほどソフト。

コクもあっておいしいので、出来れば一軒目に来たかったなあ catface

さて、

一連のいっしゅうさん讃岐うどんシリーズでも、一番つらい山場を乗り越え、

さあ、これで伊予に帰れると思っていると、

Dsc_0283

「予定にあるからねwink」と、手綱をゆるめてくれない師匠の指示で、

土砂降りのなか、いちご農園スカイファームへ。

Dsc_0282

お店の方には、「台風来てるの知ってる?朝から二組目よwinkと言われ、

雨除けの為に入れて頂いたハウスのなかは、

ビニールにはじく大きな雨音で、会話が聞こえないほど note

炭水化物飽和状態ですが、イチゴソースがおいしく冷たいので、

これがまた入ってしまい、糖分も飽和レベルを超えて行きます。

一軒目の中西うどんで、楽勝モードに入った己の未熟さを思い知り、

讃岐うどん道の修行の奥深さを、改めて師匠から教わるのです punch

2012年11月 4日 (日)

いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編①

ずっと楽しみにしていた、久々のうどんツアーを翌日に控え、

朝から天気図とにらめっこをしながら、FB上ではメンバーで情報交換。

typhoon大型の台風typhoonが、九州から高知沖にに向かい北上中up

「このままだと、四国に直撃するからむりかな~?」と悩んでいると、

いつもは「また、物好きなんだから」レベルの奥さんも、

今回はさすがに心配そうです despair

進路はすこし東にそれそうなのですが、どう見ても出発時間の松山は暴風域wobbly

けっきょく、いっしゅうさんの「まあ、大丈夫でしょhappy01」の一声で、

予定通り五時過ぎから市内のメンバーを車で拾いに回ります。

Dsc_0228001

運転は上手なSHIMO-Gさんに代わってもらい讃岐へ。

讃岐富士も今まで見たことないような雲がかかっていますね。

Dsc_0229nef

一軒目の「中西うどん」には、7時33分着 clock

店内は明るく新しく、朝から子ども連れを含めて大盛況。

Dsc_0234

「かけ小(230円)と、レンコンの天ぷら(100円)

やや太めでもっちりした麺は歯切れもよく、きっちりきいた出汁に絡みます。

今日は台風モードで5軒しか予定がないので、最初からレンコン天に手を出す余裕ですが、これが実は後半ボディーに効いてくることは、この時点では知る由もなし。

しゃきしゃきとした歯ごたえで、朝天ぷらを堪能です delicious

Dsc_0235

次の店まで移動中に、師匠から予定外の指示。

「手打十段 うどんバカ一代」に到着は8時01分 clock

Dsc_0239

定番の「釜バター小(470円)

麺とバターの塩が効いているので、ほんの少しだけ醤油をかけて、

熱々のうちに、バターと生卵をまぜまぜtyphoonしましょう。

抜群に生きのいいぷりぷりした麺の表面にバターがカルボナーラ状態

表示は小ですが、小さめの大くらいはある麺を、一心不乱にすすりこみ。

伸びもよく、喉越しも最高で、黒胡椒のピリリをアクセントにぺロリです。

Dsc_0242

8時36分に突入した三軒目の「しんせい」も、ぜひ裏を返したかったお店。

Dsc_0247

ゆったりとした店内に、開店時間直後のone番乗り crown

Dsc_0249

名物のタコ天は、煮つけたイイダコを天ぷらにしたもので、注文をうけてから揚げ始めます。ちょっと甘辛で、あさっぱらからbeer←こいつが欲しくなります。

Dsc_0251

こちらの出汁は、三本指にはいる好きな味 happy02 happy02 happy02

「かけ小ひや 210円で、きっちり締まったねじれ麺の弾力と一緒に口に入れると、ふわ~spaとイリコの香りが立ちあがります。

この瞬間の為に、朝から台風の中きたんだよな~~ catface shine

heart04  し・あ・わ・せ  heart04 

さて、

Dsc_0255

9時44分「竜雲うどん」についた頃には、雨風が次第に強まってきています。

こちらも開店と共に突入 run

Dsc_0258

「竜雲のつけ中華そば 小 580円

ご存知のように、「讃岐の小」は「多めの普通」の意味のようです。

玉子がしっかりと入った自家製中太ちぢれ中華麺を、

Dsc_0261

魚節もはいった和風こってり系出汁につけて、すすりあげます。

香り高い麺にしっかりからんで、めちゃくちゃおいしい happy02 happy02 happy02

これだけで、十分つけ麺専門店としてやっていける完成度 sign01

これがうどん屋でたべられる讃岐の小麦愛heart04に、感動すら覚えます。

いい感じでお腹も八分目。

雨足もこれ以上は強くならないようで、一同に安堵感が広がります。

しかし、

これで無事に終わらないのが、いっしゅう師匠のうどん道修業 punch

これから、台風を上回るような試練が待ち構えているとは、この時点で誰が想像しえたでしょう catface sign03

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009