« 花園町がおしゃれなhanaeに変身! | トップページ | いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編① »

2012年10月31日 (水)

琥tetsuで夜中までやっつけた件

「花のれん」@東京第一ホテルで大満足のフルコースをいただいた後は、

「ここは、まつやま~」の街に出かけて、社会見学 boutique

あっさりとの見学を終えた後は、会でご一緒した方と二人でふらりふらり。

ここぞとばかりに、スマホの地図で行きたい店リストを取り出し、

気になっていた「琥tetsu(こてつ)」に伺います。

Dscn1183

八坂通りの一本勝山寄りの道。

食通の先輩に教えていたいていたので、わくわく happy01 が高まります。

Dsc_0103

おいしいそうなものが並んでいますね good

カウンターと奥に小上がりの、こじんまりとした作り。

もうすぐ夜中だというのに、若い層を中心に繁盛shineしています。

Dsc_0105

突出しは茄子の含め煮

ふっくらとしあがっており、しっかり目の味付け。

店名は大将のお子さんの名前に由来があり、

修業を積んだ後、独立されてから一年ちょっとだそうです。

Dsc_0107

「鰆炙り 1,200円

メニューをクリックして拡大していただければわかりますが、

最初から魚がずらりと並んだ構成で、旬へのこだわりを感じます。

春のイメージが強い魚ですが、実はこれから脂がのってくるんですよね。

Dsc_0108

うひょひょ happy02

表面を軽くあぶってあり、こうばしさが際立ちます。

すこし温められることにより脂が身にまわり、

塩とわさびだけで、柔らかな舌ざわりと、成熟したうまみをキャッチ notes

Dsc_0109_2

「かつおとアボガド わさび和え 700円

スダチをしっかし絞って、わさびの刺激を和らげながらパクリ。

アボガドのねっとりを受け止める塩気が効いており、ビールが進みます。

Dsc_0118

「ムール貝のワイン蒸し 750円

先日Cafe Cabaretでモンサンミッシェルのムール貝を食べたときに習った方法。

向こうの人はこうやって、貝の殻をピンセットのようにして中身を出して食べるそうです。これって、コロンブスの卵ですよ。

グラスワインを合わせて、味のつまった舶来ものを堪能。

残ったソースはパンを浸して、引き続きワイン wine のお供。

冷めかけていた酔いも再び深まり、

連れの方とは、会社の話から男女の相性の話まで盛り上がります ring

Dsc_0122

「ちくわの磯部揚 500円

真夜中ですが、どうしても揚げたてを想像して頼んでしまいました sweat01

マヨたっぷりつけて、さくっと delicious 温かくなったちくわがふわりと smile

これ、理屈抜きにうまいんですよね~~ good

生ビールに赤ワインのグラスもいただいて、一人3,000円ぴったり。

仕入れた魚がなくなると早めに閉めることもあるそうですが、3時まで営業。

また、こんなおいしい夜中の店と出会ってしまったのです wink

« 花園町がおしゃれなhanaeに変身! | トップページ | いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編① »

和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55726185

この記事へのトラックバック一覧です: 琥tetsuで夜中までやっつけた件:

« 花園町がおしゃれなhanaeに変身! | トップページ | いっしゅう師匠の讃岐うどん道修業・台風編① »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009